よろしければどうぞ。  前のページ(10月)   次のページ(12月)

いたちなあたち(HOME)
2006年11月1日(水曜日) 晴れ 朝は寒い
あひるのがー子さんってばいい感じ☆
またアホなことを。。。
がー子運動始めるよー。
首を小さく右にたおしてぇ。
小さく左にたおしてぇー。
はいっ 次は大きく左にたおしてぇー。
はいっ 右にも大きくたおすっっ
ホンマ、お前アホやなー。
健康と長寿の秘訣であります。
2006年11月2日(木曜日) 晴れ 随分涼しくなった。

母が車を買い換えるというので、会社の人から色々情報を得ていました。

「パッソはやめた方がいい。」
「マーチがいいんじゃないの?」

そんな中で、ヴィッツ という車を母に薦めた私。
案の定、横文字に弱い母はそれを「ビス」と覚え、近所の人に、

「ビスってどう?」

と無意味な質問をし始めました。
近所の人と母が立ち話をしていた際、
たまたま側にヴィッツが路上駐車されていました。

「ビスだ、ビスだ。」

と、母と近所の人が車を取り囲んでいたところ、持ち主さんが現れました。
母が事情を話すと、「どうぞ見ていいですよ。」と、
親切にもご自分の車を、全くの他人である母達に見せてくれたのです。

遠慮がない母は、トランクまで開けさせて中を確認。
「うん。やっぱりビスにするわ。」
と納得したのはいいけれど、
普通、人様の車で内覧チェックする人っていないと思うんだけど。
久しぶりに回転寿司に行ったのだけど
とてもじゃないけど
お寿司のネタにならなさそうな物が
くるくる回っていました。

ローストビーフとかカラアゲとか。
そんなんお寿司じゃないよー。
2006年11月3日(金曜日) 暖か。

ペット王国に行きました。幕張は想像以上に遠かった。。。
そのイベント会場で見かけた、「ベタ釣り」。 
前々から、このベタというお魚さんを飼ってみたかった私は早速挑戦しました。
けれど、後から冷静になって考えてみれば、これって動物虐待だよね。。
命を釣るなんて。
(誰か私を釣ってくれ。水の中でも何でも入るからさ。)
と、その後真剣に思ってしまいました。はぁ。
2006年11月4日(土曜日) 晴れ 朝晩は肌寒い

フェレットのお友達が遊びに来てくれました。
人が来てくれるというのは嬉しいものです。
そしてさらに、フェレット好きな仲間であれば話も当然楽しい!

普段一人っ子のれの字の様子を見るのがこれまた面白く、
あっという間に時間が過ぎました。

きゃっきゃ とはしゃいで遊んだり、
ご飯を横取りされて愕然としていたり。

普段1人の生活では想像もできない1日に大満足のれの字。

そんなれの字を見る私は、何だか母親のような気持ちになってしまいました。
そして思ったこと。

子供ほしいなぁ。
夫もほしいけど、子供はもっとほしいなぁ。
でも先に夫を見つけないと子供はできないしなー。
あ、そんなことないわね。子供だけでもできることはできるんだわ。
いやいや、そんなことを考えているともっと婚期が遅れるわっ。

既に娘さんが1人いるお友達と、これから子供さんが生まれるお友達。
そんな2人が羨ましくて仕方のない1日だったのでした。いいなー。
先日関西に行って帰ってから、
エスカレーターに乗るのに
微妙に「どっちに立つんだっけ?」
と迷うようになりました。
2006年11月5日(日曜日) 晴れ

人間、話すタイミングって大事です。

新しく買った小さな部屋は、都市ガスではなくプロパンガスでした。
最初の月の明細が来てビックリ。
全然使っていなかったのに、えらく高い請求が来ました。
すぐにガス会社に連絡すると、「係りの者がご説明に伺います。」

時間通りに来てくださった男性係員。

「こんにちは。お手数おかけします。」
「。。。。。。」
「あ、どうぞ、おあがりください。」
「。。。あ、すみません。お邪魔します。」

部屋に入り、座ってからも黙る係員。
ちょっとちょっとぉー。営業なんだから自分から話しなさいよっ。

「えーと、ガス料金のことなんですけど。」
「あ、そうですね。」
「。。。。割引料金があると電話で聞いたんですけど?」
「あ、はい。こちらのバンフレットになります。」

と、それから10分間私の方から会話の切り口を切っていきました。
なんで客が場の空気を気遣って話をせにゃならんのじゃ?
妙に疲れました。あの人、絶対職業間違ったと思う。
この中に8匹のフェレットが入っています。
れの字のキャリーの10倍でかい。
ちなみにれの字も中に入れてもらいました
「どこに行ってもシアワセになれるいたちだ。」
と、れの字を見て再認識。
2006年11月6日(月曜日) 晴れ あったか

→こんなに小さなベビーフェレットを見たのは初めて。

ちっちゃくって可愛くて。。。 
そのままポケットに入れて連れて帰ろうかと思ったくらいです。

でも小さい赤ちゃんはやがて大きくなります。
「かわいい」だけではダメな時もあります。
病気にもなります。年をとったら毛の艶もなくなります。

全てのペットが、ベビーから飼われた家で愛されながら
その天寿をまっとうできますように。

ペット王国というイベントで、
何匹もの子犬が売られていくのを見ていました。
子犬を珍しそうに、嬉しそうに見る子供たち。
その心を、10年後、20年後も持っていてほしいと心から願いました。
このベビーフェレットも
やがてどこかの家庭に買われていきます
どうかシアワセになりますように。
2006年11月7日(火曜日) 晴れ 夜寒いな。
お国が変われば紅茶も変わる?
同じ職場の方からのフランス土産。
紅茶好きなのよねー♪と思って開けたら。。
えっっ?
これ、ティーパック???
国が変わるとティーパックの詰め方まで
変わってしまうのね。
2006年11月8日(水曜日) 晴れ

今年の正月早々、机の引き出しが空き巣に入られた人がいます。
プラスティックのボードで隙間を隠し、
防犯対策はバッチリだったはずなのに。

犯人の狙いは、引き出しに入っていたお菓子。
韓国出張から帰った人からもらった、高麗人参のクッキー2枚とアメ玉。

高麗人参のクッキーは見事に全部食べられていたのですが、
高麗人参のアメ玉2個は、1個の包装袋を破った跡があり、
アメに噛みついた跡があるものの結局食べられておらず
もう1個は袋すら破られていませんでした。

犯人のチュー助も味にはうるさかったようです。

高麗にんじんのクッキーは結構いける口だったようですが
人間ですら「まずい」と思えるアメ玉はひとくちでペッペしたんですね。

そして高麗人参をクッキーから摂取して血行が良くなったチュー助は
その後5m離れた人の机の引き出しに押し入っていたのでした。
ペット博で会ったスタンダードプードル
「でっかいフライドチキン」
だと思った。
お目目はクリクリで可愛かったです♪
2006年11月9火(木曜日) 晴れ 少しあったか

6年住んでいたアメリカは好きでもあり嫌いでもあります。
自信がある=傲慢である そんな国だと肌で感じました。

更迭された国防長官の言葉。

「21世紀で初めての戦争に関われたことは良かった。」

はっ?マジ?何言ってんの??
人が死んでるんだよ?「おとぎの国の話」みたいに言わないでよ。

全くもって現実を見ていない男の言葉だと思いました。
戦争というものを、
会議の中だけ、ネットの中だけ、書面の中だけものとして
眺めていたんだな、あの男は。

自分の国がおっぱじめた戦争だけど
異国の地で亡くなったアメリカ兵に、
また、普通に暮らしていただけなのに
いきなり爆弾や銃弾が降ってきて亡くなってしまった一般市民に
心から冥福をお祈り申し上げます。
会社を出る時に見た美しい夕焼け
夕焼けを心穏やかに眺められる
そんな日が戦地にも訪れますように。
2006年11月10日(金曜日) 晴れ 暖かい

いたちって洋服好きなんだー??と思ったのは先週の土曜日。
お友達がフェレットを うじゃうじゃ 連れてきてくれた時。

しばらく仲良く遊んでいたれの字とみんな。
ふと、あきんこさん宅の蘭くんにれの字の洋服を着せてみた私。
するとれの字が豹変。
ダダダダダーーー と蘭ちゃんめがけて走りより、

「ちょっと、何あたちのお洋服着てんのよっ 脱ぎなさいよっっ」

とばかりにすりよったのです。

その横で、ぽんままさん宅のポン太ちゃんに
ピンクのフリフリを着せた途端、今度はポン太くんに突進。

「あっ それもあたちのお洋服じゃないの!何着てるんですかっっ」

と、追いかけ始めたのです。
れの字には、「自分のお洋服」という認識があったようです。
あたしのチャームポイントはお尻。
このツンととがった尻尾がポイント。
2006年11月11日(土曜日) 雨時々くもり 雨だけど寒くない。

ティーを明日手術させることにしました。
最初の病院にちょっと不信感のようなものを抱いていた私は、
時間をおいて別の病院へと連れて行ったのです。

治療費はべらぼうに高かったけれど、ちゃんと質問に答えてくれた病院。
抗生物質で騙し騙し寿命を待つか、リスクを承知で手術に踏み切るか。
獣医さんと話をしてからしばらく迷った私。
ふとカレンダーを見て、今日の日付を知りました。

「わんわん・わんわんの日じゃぁないですか。よし。賭けます。
 手術してください。お願いします。」

11月11日。わんわん・わんわん。

ティーは今夜から入院。手術は明日の夜。

たぶん、悪性の腫瘍。 治る見込み、ゼロ。
ティーよ、それでも私はお前を待ってる。信じて待ってる。
お前がどんなんなっても、私がお前を看取るから。
一緒に真実と向き合おう。
れの字と行ったフェレットショー。
れの字とは色々遊びに行ったけれど
ティーと旅行したことがありません。
ティーが帰ってきたら、
少し遠出をしてみよう。
思い出を作っていこう。
2006年11月12日(日曜日) 晴れ 風が強くてすっごく寒い

新宿、月島、浅草。。。
人間4人、フェレット5匹で東京めぐり。

家にいてもティーのことを考えると泣いてばかりなので、
外の空気を吸いながら気持ちを散らすことができました。

「ねずみ」「気持ち悪い」「ハムスター」「うえー」

様々な名詞と形容詞を与えられながらも
5匹は元気に町を歩きました。

東京は、路線ごとに違う顔を見せてくれるので面白い場所です。
2006年11月13日
(火曜日)昨日よりあったか。

ティー帰宅。

元気なのはいいのだけど、
腫瘍があちこちに転移している
可能性が非常に高い状態。

初めてティーは手術を体験。
怖がりのはずなのに、
私が獣医さんとお話していると
病院の奥へ奥へと行きたがる。
入院ケージのある方角です。
快適に入院していたらしいです。

摘出したものを
くまなく見せていただきました。
その後ちゃんとご飯も食べました
私、ナマモノ関係は平気みたい。

アタクシ、腫瘍を摘出しましたの。
でも他にもいっぱい体の中にありますのよ。
お一ついかが?
2006年11月14日(火曜日) 晴れ すごく暖かい

ティーの調子を見るため、私はこの新しい家から初めて出勤しました。
暮らしてみるとかなり居心地がよく、
「買ってよかったかも。」
なんて今更ながらに思います。

私が一番便利!嬉しい!と思った機能ががこちら→

最初はかなり驚きました。
「お湯はり」ボタンを押して待つこと少々。 いきなり

「お風呂はあと 5分 で沸きます。」

と、やたらに明るい女の人の声が聞こえてきました。

「おおっ しゃべったぞっ。」

そして5分後、そろそろかしらと思った矢先に今度は、

「チャンチャララーーーーン♪♪♪ チャンチャラリリリーン♪
 お風呂が沸きましたっ☆」

音楽が鳴り出し、さっきの女性が尚いっそう嬉しそうに言うのです。
そこまで喜ばれたらすぐに入らないと申し訳ありません。
私はいそいそと服を脱いでお風呂に入ったのでした。
私の実家のお風呂は17年も前のもの。
んなお風呂がしゃべるなんて
びっくりしました。
最近の電化製品は、1人暮らしでも
寂しくならないように
ちゃんと考えてくれているのね。
2006年11月15日(水曜日) 晴れ

私は会社のお昼休みはお弁当を1人で食べます。
誰かと一緒にお昼を食べていると、いつも気が気じゃないのです。
何が、というと、、、食べるスピード。
いつも私が一番最後になってしまい
慌ててご飯を喉に押し込まなくてはいけなくなるのです。
1人で食べる今は、自分のペースでお弁当を食べられるので楽です。

同じ職場の人が歩いて5分の社員食堂に行って食べて帰ってくる頃、
私はお弁当の半分をようやく もそもそ 食べているのです。

そんな社員食堂から帰ったら人が言いました。

 いやぁー、今日は驚いたよ。
 食堂のおばちゃんにさ、女の人が注文したんだよ。

 『きつねうどん下さい。 アゲ抜きで。』
私が食べるのが遅いのかしら。
それともみんなが早いのかしら。
2006年11月16日(木曜日) 晴れ

ティーが手術を受けてから、私の頭の中はティーでいっぱい。
ティーを大事にしなくちゃ。大切にしなくちゃ。
そんな中、れの字が部屋中を走り回ります。
遊んでほしくて、ティーの足に噛みつきます。
ティーが嫌がって、足を ぴょこん とさせるのが面白いらしく
執着心の強いれの字は、何度も何度もティーの足に噛みつくのです。

ティーがとうとうたまりかねて、「ひゃんっ」と鳴きました。
私はとっさに、

「(ティーに)何するの!」

と、怒ってれの字を足で押しやりました。
コロコロと転がったれの字。こっちを見上げて、

「(あたちに)何するのっ。」

という表情。
この飼い主にしてこのいたち。よく似てるわ。
暑いと寒い冬が恋しくなり
寒くなってくると暑い海が恋しくなる。
2006年11月17日(金曜日) 晴れ

世の中には色々な人がいて、フェレットの飼い方も様々。
飼い主が自分のフェレットを心から愛している限り、
私はその飼い主の飼い方で問題ないと思っています。

ハンモックで寝なくてもいい。
おトイレも猫砂だろうとペットシーツだろうとどっちでもいい。
フードも1種類だろうと、数種類を混ぜて与えてもいい。
洋服を着せても着せなくてもいい。
外に出して他のフェレットに会わせても、室内オンリーでもいい。
ワクチンを打っても打たなくてもいい。
そのワクチンの量だって、飼い主と獣医が相談して決めればいい。

その人それぞれの考え方があり、それぞれ自分のフェレットにとって
一番いいと思ってやっている限り、人の飼い方にいちゃもんつけちゃいけません。
人間が1種類でないように、フェレットだって色々なフェレットがいます。
色々な性格のフェレットが、色々な体調や病歴、その飼い主に行き着くまでの
それぞれの過去を持っているのです。
それらを総合的に判断して、飼い主が一番ベストだと思える飼い方なら
明らかに虐待でない限り放っておいていいのではないのでしょうか。

そして自分とは違う飼い方でフェレットを飼っている人とも
真似はできないけれどそういう飼い方もあるんだ、という軽い気持ちで
普通にお付き合いができること。
これが大人のフェレットの飼い主ではないかと最近思うのです。
明日は愛知に旅行です。
こことは違う空気や人。
楽しみです。
2006年11月19日(日曜日) くもりのち雨

愛知県にいた週末。
ネットで知り合ったフェレット友達さんと楽しい時を過ごしました。
ネットってすごいなぁ。。。 と実感。

新幹線に乗らないと行けない場所に住んでいるお友達。
フェレットを飼っていなければ知ることがなかったお友達。
インターネットという微妙な世界の中でずっと確実に続いているお友達。

そんなお友達と出会い、そして実際に会って、お話ができるなんて。

帰りの新幹線でれの字を抱きながら、しみじみ思ってしまいました。

ネットっていいなぁ。
フェレットって最高だなぁ。
一目で気に入ってしまった蛙さん。
2006年11月20日(月曜日) 雨のちくもり
ちょうどいいハンコ
ハンコがそろそろほしいなぁ、と思っていたら。。。
処分市で見つけたハンコの箱。
なぜか私の名字のみ山ほど売ってた。わお。
2006年11月21日(火曜日) くもり

私は登録型の派遣社員なので、職場に物申す時には全て派遣会社を通します。
来月で契約が切れる私は、そろそろ安定した仕事に就きたいことを理由に
今の職場を去る旨を担当者より上司に伝えてもらいました。

上司がどんな反応を示したのかすっごく気になったので
私の営業担当に聞いたところ、

(安定した仕事に就きたいという)そういう理由なら仕方ないですね、と
 おっしゃっていましたよ。

という返事。

自分から辞めると言っておきながら、
「ほんっとぉーーーにいいのねっ?私が辞めてもいいのねっ??」
と、未練がましく思ってしまった私。
だってさ、辞めても困らない仕事しかしてなかったってことだもんなぁ。

ま、いいか。どちらにせよ有給は全部使い切っちゃったし。

。。。Kさんやーい。本当に私がいなくても寂しくないのかぁーーい??
来年1月からは晴れて無職の
プー子ちゃんになります。
平日、ゆっくり旅に出てみよう。
2006年11月22日(水曜日) 晴れ

昔、(小)コロ(しょうころ)という犬を飼っていました。
(小)コロは私が小学生の時に目の前で車に巻き込まれて即死しました。

今でも鮮明に覚えています。
(小)コロの小さな体が、車のタイヤで1回転した光景。
ドラマのように、スローモーションに映りました。

その夜、閉めた雨戸の向こうから(小)コロの声が聞こえました。
父に言っても母に言っても信じてもらえなかったけれど、
(小)コロの声は私の耳にはっきりと聞こえました。

その10日後、私は虐待されていた犬を引き取りました。
その犬を連れて行った場所は(小)コロとよく遊んだ公園。
その公園を後にする時、また公園の方から(小)コロの呼ぶ声が。
急いで公園に戻るとピタリとその声は止むのです。

公園を後にしては(小)コロの声を聞いてまた公園に引き返す。
何度も何度もそれを繰り返し、とうとう私は声を振り切りました。

それ以後、(小)コロの声はどこからも聞こえなくなりました。
今でも私は思うのです。
パスネットを使うようになって
切符を使用しなくなりました。
旅に出ると切符を買います。
なんだか懐かしい気持ち。
今日は(小)コロの命日。
じーんと思い出しました。
(小)コロが死んだあの晩、雨戸越しに声が聞こえた時に雨戸を開けていたら。
公園から声が聞こえた時に、公園にしばらくいてあげたら。

まだ子犬のうちに死んでしまった(小)コロは寂しかったのでしょう。
もう少し、あの子の魂と一緒にあの時遊んであげればよかったな。
2006年11月23日(木曜日) くもりのち雨

給湯器の販売の人と話をしました。
どうしてもワンランク上の給湯器を売りつけたかったらしいのですが、
その人の丁寧語が妙におかしくて
興味もないのに長々と話を聞いてしまいました。

「マンションさんの場合は、
  一軒屋さんと違って給湯器の清掃が必要なんです。」

マンション。。さん? 一軒家。。。さん??

「マンションさんの場合はですね、毎月お掃除していただかないと
 お水がよく流れてくださらないんです。」

お水が。。。流れてくださる。。。

「そこで弊社といたしましては、マンションさんのオーナーさんに
 いい給湯器をつけていただくことによって、
 気持ちよくお水にもお湯にも流れていただき、
 給湯器の寿命を延ばしていただくことによって
 長い目で見れば今お持ちの給湯器よりもお値段もお安くおなりになる
 と考えているわけです。」

お湯やお水が流れていただいて、お値段がお安くおなりになるのね。

最初は面白かった変な丁寧語が段々耳障りになったため、
「2-3日考えます。」
と言ってその販売員を追い払ったのでした。
ティーの抜糸も終わりました。今後は
腫瘍と仲良く余生を過ごしてもらいます。
ティー、一緒にがんばろうね。
2006年11月24日(金曜日) 晴れ 寒い

中国土産。
相変わらずどうにもならない日本語が。
2006年11月27日(月曜日) 雨

母に紅葉を見せたくて京都に一緒に行きました。
雨が降ってしまったけれど、濡れた紅葉はしっとりと美しく
雨なりの楽しみを見つけました。

京都にはとても大切で、とてもとても悲しい思い出があります。
母にも同じ思い出があるので2人でしんみりと歩きました。

人にはそれぞれ場所に思いを残します。
・思い出すと悲しくなる場所
・せつない場所
・考えると楽しくなる場所
・嫌な思いのある場所

京都は私にとっては大切な場所。

でも夏には行けないな。
あまりにも悲しすぎて、まだ夏の京都には行けないな。
迷いの窓と悟りの窓。
紅葉も窓を通すと違って見えます。
人生も同じかしら。
同じ人生でも、見方を変えると
違った人生になるのかしら。
2006年11月30日(木曜日)
火曜日から飼い主ダウン
そぉなんですねーーーー?
ノロウィルスだなんておまぬけな名前の
ウィルスにかかったんですって?
だから私の散歩も
5分で終わったんですね。
よろしければどうぞ。  前のページ(10月)   次のページ(12月)

いたちなあたち(HOME)