いたちなあたち(HOME)
よろしければどうぞ。 前のページ(3月)  次のページ(5月)
2006年4月1日(土曜日) 晴れ お花見日和

昨日、会社である人からのメールを開けてびっくり。

いきなり、

「許さん」

と始まったメールでした。 

え?? 私何かした????

と、どきどきして読んだら。。。。。

あて先が私ではなく中国の人でした。。
私のメールアドレスはCCで入っていたんです。
中国の人の名前が 「許」 という人でした。
それに「さん」つけたので、「許さん」だって。
あーびっくりした。
古代円形劇場かと思いきや、
近所の意味不明の建築物です。
舞台かと思ったら、
ステージのようなものは何もなし。
何のための建築物だろう。。。
気になります。
2006年4月2日(日曜日) くもりのち雨

えーと、何匹いたんだっけ。。。(汗)

とあるドッグカフェで集まりました。 わらわらわらわら。

店員さんが つつつー と寄って来て申し訳なさそうに言いました。

「あのー、、、他のお客様にとっては匂いがきついそうで、、、、
 窓をちょっと開けてもいいでしょうか?」

ありゃー。 ちょっと「いたち臭かった」みたいです。

私には何も感じなかったんですけど。
やばいなぁ。 鼻がバカになっているみたいだわ。
2006年4月3日(月曜日)晴れ
職場に怖いドアがあります。 
何が怖いかと言うと、、
開けると ぎょっっ。
いきなり階下が見えるのー。
足をどこに踏み出せばいいの?
2006年4月4日(火曜日) 晴れ

この日記でも何度も書いているように、私の職場は現在55+の男性ばかり。

そんな職場で先日、シニアマネージャーが全員を集めて言いました。

「一人一人が、知識なり技術なりの光る何かを持ち、
 それが集まることで大きな力となるのです。」

ふーむ。。。

って、、、辺りを見渡したらさ、みんな持ってるじゃない。光るモノ。
おでこの辺りとか後頭部とか。。。。??
みんな光り輝いてるわ。 ってことは、この職場は安泰ですね。
そんな職場でいただいたキャラメル。
キャラメルも輝いてますね。
2006年4月6日(木曜日) くもり 寒いなぁ。

時々おかしな日本語を聞くのが私は好き。

今朝も朝のラッシュの駅。駅員さんがマイクで言いました。

「急行が参りまーす。 整列乗車にご協力くださーい。
 前の方から仲良くお乗りくださーい。」

 仲良く。。。? 順序良く、の間違いでは???

マクドナルドで1万円札を出してお釣りをもらおうとしたとき。
バイトのおねーちゃんが元気よく、笑顔で、リズミカルに言いました。

「まずお先に9000円のお返しです。ハイ、ご一緒にっ!1千、2千、3千!」

ご、ご一緒に?? ご確認下さいの間違い???
おっぱいゼリーだって。
ちゃんと2個くっついてました。
2006年4月7日(金曜日) 晴れ

14歳の犬、ティーの耳が遠くなりました。

昔はどんなに眠っていても、
私の足音が遠くから聞こえただけで ヒャンヒャン 鳴いていました。

ところが今では、息がかかるくらいにまで近づかないと気づきません。

でもねぇ。。。犬も人間と一緒。
ティーの悪口言っていると反応するんです。

「ティーって最近毛の艶がなくなったよね。目も垂れてきたし。」

と母と話していたら、のそぉーっと犬小屋から出てきました。
うーむ。 そういう話は聞こえているみたいです。
「ボクは、この間キミが分別してくれた
紙くずです。
今はトイレットペーパーやってます!」
随分元気のいいトイレの紙だわ。
2006年4月8日(土曜日) 晴れ一時雨。 風が強い。

昔には変わった商品があったそうです。

冬の寒い台所仕事をする人の足元を守る商品で、
スリッパにコンセントがついている電気スリッパ。
電気毛布と同じ原理でスリッパになっているんです。

足元から暖かく、ということなんでしょうが
難点はコンセントの届く範囲内しか動けないということ。

想像すると囚人みたいです。

骨董品か何かで売ってないかな。 見てみたいな。
2006年4月9日(にちようび) 晴れ

フェレットショーで恥ずかしいことを言ってしまいました。
1バカの審査が終わった後で、写真のような紙を渡されました。

「うわぁ♪ 14位に入賞したぁー☆☆☆」

と、一人ではしゃいでしまった私。

はれ??? よく見たら、これって。。。

「第14回フェレットショー」

ってことだった。。。。。。  赤っ恥・赤っ恥!
恥ずかしいよーーーーーーっっっ
2006年4月10日(月曜日) くもりのち雨  寒いよー。

いつものように、2匹を転がして遊んでいました。

そして見つけてしまったのです。
ちょろの胸の毛がなくなっていることを!!

まさか、まさか副腎???

ちょろの飼い主さーん、大至急連絡くださーい!
2006年4月11日(火曜日) 雨

ちょろの飼い主さんと連絡が無事に取れました。
今日は本当は残業の予定だったのですが、ちょろのことが気になって
残業をキャンセルして帰ってきちゃいました。(派遣ってお気楽。)

血液検査、レントゲン。 どちらも異常なし。

ハゲには思い当たるフシがあったりして。。。(汗)

今日、朝からちょろのことを考えていて はっ としました。

そう言えば、土曜日にちょろをお散歩させてみたんです。外へ。
その時にずーーーーっと後ずさりばかりしていたちょろ。
後ずさりって、胸の部分がモロにコンクリートに当たります。
コンクリートにこすれて、毛が擦り切れちゃったとか。。。?

ハゲの原因を作ったのはもしかして私っっ???
2006年4月12日(水曜日) 雨のちくもり

言葉と気持ちは時に うらはら なのだと再認識。

ちょろに対して、気持ちの上で一線を置いていたつもりでした。
でもやっぱりちょろのことも愛していたみたい。

昨日、ちょろの診察ついでに1バカの検便もやってもらおうと
1バカのうんPを採取したのはいいのですが、
病院についてカバンを見てもそのうんPがない!

とにかくちょろを病院に連れて行かなくちゃ、
という思いが強かったみたいで1バカのうんPどっかにやっちゃった。

どこだろう。。。 透明の容器に入ったうんP。。。
1ヵ月後とかに発見したくないよー。 
いつも気になる看板。
何の宣伝だろう。。。?
2006年4月13日(木曜日)

会社の窓から見えた景色です。

山の合間に雲が。

なんて幻想的なのかしら。

。。って、ここはどこだ??

神奈川県って田舎だなー。
2006年4月14日(金曜日) くもり 寒い。

今日の日記は愚痴です。

仕事が面白くありません。 
貧血で体がだるいです。(私は超低血圧。)

あーあ。 私の気分にはリズムがあって、たまにこんな感じで
「とにかく何でもつまらなく思えてしまう」
という時があります。

きっと私はとても欲深い人間なのです。
平凡じゃ嫌。
ちょっとのシアワセじゃ満足できない。
こういう考え方は変えなくてはいけないなぁ。分かってるんだけどなぁ。
Akeさんに送っていただいたハンモック。
かわいいピンクでいい感じ♪
2006年4月16日(日曜日) 雨 まだ寒い。


大きく前へーーならえっっ
小さく前へーー ならえっ。
2006年4月17日(月曜日) 晴れ 朝寒い。

母の知り合いには楽しいお孫さんがいます。
まだ3歳くらいの男の子。

おばあちゃんが、
「習い事に出かけてくるね。お家で待っててね。」
と言うと、
「とても寂しいことでございます。」
と、どこで覚えたのか達者な口をききます。

さらには、神妙な顔つきで近づいてきたと思ったら、
「おばあちゃん、おばあちゃんの子育てが上手だったおかげで、
 パパはあんなにいい子に育ちました。ありがとうございます。」
だって!!
どうやら、男の子のお母さん(お嫁さん)の粋な入れ知恵だったようです。
ぼたん桜はまだキレイに咲いてます。
2006年4月18日(かようび) 晴れ すこし暖かい。

仕事から帰り、2匹を入れたキャリーケースを片手にまた家を出ました。
そしてほとんど真夜中現在。 1匹のみ入れたキャリーケースで帰宅。

預かりっ子・ちょろが里帰りしました。

我が家に来て10ヶ月。 忙しくて中々ちょろに会えずにいた飼い主さん。
やっとお互いの都合がついたので会うことになりました。  
そして、ちょろを見るなりもう離れられなくなってしまったようです。

様子を見にいらしただけなのですけど、、、 ケージも何もないまま、
ちょろだけを抱っこして帰って行きました。

実はお話している間も涙をこらえていた気弱な私。
預かりっ子とは言え、やっぱり10ヶ月間愛してました。
飼い主さんの事情でまたもう1年預かることになるかもしれないのですが、
今はちょろとしばらくお別れします。 ちょろ、また会おうね。
病院の診察台の上。
足がもうガクガクのちょろ。
2006年4月19日(水曜日) 晴れ

バスとか電車とか。

座席に座る時 隣は空けておくけれど、
できれば誰にも座ってほしくないなーっていつも思います。
できれば気持ちゆったり座りたいなーって。

今日は朝も帰りも、見事に誰も隣に座りませんでした。

ちょっとしたことなんだけど、なんだか嬉しかったな。

電車を降りるのが何だかもったいない日でした。
2006年4月21日(金曜日) 晴れ 素敵な春晴れ

今日の夜から夜行の船で出かけてきます。

いたち連れなのですが、ただのれの字とのラブラブ旅行ではありません。

お父さん、力を貸してくださいね。

と、父にお線香。

がんばってこなくては。

人間、勝負に出る時っていつも嵐。
天気は晴れていても、心は嵐。
会社の方からいただきました。
受話器を頭に載せたいたち♪
2006年4月24日(月曜日) 晴れ

神津島から帰ってきました。
純粋な観光ならよかったのですけど。

人は誰しも、
過去を自分の都合のいいように書き換えて記録してしまうもの。
その能力は人を助けるけれど、
同時に事実を曖昧にしてしまう。
これは私にも、相手にも言えること。

人はこうやって人とぶつかりながら前に進んでいくんだな。

過去の事実について、どっちが正しかったかなんてもういい。
水掛け論。 時間の無駄。

現状だけに目を向けよう。
神津島をこれからも見つめ続けたい。

「島」のいい部分と悪い部分を同時に見つけた旅だった。
「聞いていて不愉快だ。」
「アンタ、今頃何しに来たの。」
そんな言葉に負けるほど私はヤワじゃない。
「こちらも不愉快です。」
「そういう貴方は今まで何してきたの?」
2006年4月25日(火曜日) 晴れ 一時 ヒョウが降った。

先日スポーツジムのサウナで話をした人がいました。
ニコニコと話しかけてくれた人の良さそうな人。

でも始まった話題が「韓国スター」。

何も知らない私が愛想笑いをしていたことに気を良くしたおばちゃんは、
韓国の俳優やら歌手の名前をバンバン出して
一人で盛り上がり始めてしまいました。

一生懸命に話を合わせようとしたんだけど、ちんぷんかんぷん。

パ とか ぺ とか

分かんない苗字ばっかりーー。(←国際結婚はできないタイプ。)
ただでさえ、人の名前を覚えるのが苦手なのに。。。
母の好きな小物たち。
演奏会をやっている模様。
2006年4月26日(水曜日) 晴れ 肌寒い

乳がん検診を受けた、胸のデカい母。

問診表に、身長・体重・生理周期 などなど、自分で記入して
順番が回ってきた時にそれをお医者さんに渡しました。

その問診表をしばらく眺めて、急にお医者さんは大笑い。

そこには、
「乳房の大きさ」
という欄があり、 大・中・小 と○をつける箇所がありました。
本来そこは触診した先生が記入する箇所。

そうとは知らない母が、堂々と自分で 大 に丸をつけていたのです。

看護婦さんも先生も、○をつけた当本人の母も大笑いでした。
私もそこまで自分の何かに自信を持ちたいものだわ。
そんな自称胸のデカイ母の
大好きな小物たちです。
ドアーを閉めて、閉めて下さい。
そこまで念を押さなくても。
コブシがきいてて演歌みたいだねぇ。
会社の重いドア。
なんか書いてある。
2006年4月28日(金曜日) 晴れ

犬を毎朝散歩させている会社の人の話です。

彼の近所には世間の流行(?)に流されやすいおじさんがいるそうです。

デュークサライエのあの変な歩き方で歩いているそのおっちゃん。

「うちの犬が、そのおじさんと出会うたびに過剰に反応して困るんだ。」

犬の目には異様な人間に映るようで、
そのおじさんが足を へんにょへんにょ させて歩いていると
犬もそわそわ落ち着きなくすれ違うのだそうです。

「以前会った時は後ろ向きにずーーーっと歩いてた。」

後ろ歩き健康法がテレビで紹介されたあとだったらしい。。。
お寺に続く道。
粋なお寺です。
2006年4月30日(日曜日) 晴れ 暑いくらい

お隣のおばちゃんのお友達(女性)はとても楽しい人。

左胸の横に変なおできができたのでお医者さんに行ったそうです。
その際、マナーとして左の脇毛を そりそり しました。

診察中にお医者さんが言いました。

「ああ、こういうデキモノは左右にできやすいんです。
 右も見せてもらえますか?」

おばちゃんピーーーーンチッ。

だってまさか両方の脇を見せろ、と言われるとは思わなかったので
デキモノがある左の脇毛しか剃らなかったのです。

結果、 そろぉぉーーと、遠慮がちに右腕を上げて、
ボウボウの右の脇毛をお医者さんに見せることになってしまいました。

その後、お医者さんは彼女となかなか目を合わせなかったそうです。
美しい海の神津島。
この海を
晴れ晴れとした思いで見られる日が
いつか来るのでしょうか。
というか、絶対にその日を迎えるわ!
いたちなあたち(HOME)
よろしければどうぞ。 前のページ(3月)  次のページ(5月)