サイトマップ: いたちなあたち(HOME) → 飼い主のつぶやき・2008年 → 10月
よろしければどうぞ。   前のページ(9月)   次のページ(11月
2008年10月1日(水曜日) 晴れ
こんな宣伝文句。
たこ焼き屋さんの宣伝です。
つい買ってしまいました。。。
2008年10月2日(木曜日) 晴れ

インド人の使うエイゴと戦う我ら日本人スタッフ。
そんな中でも明るいと評判のJさん。

彼女が入りたての頃、会議でこんなことをインド人から言われました。

「モンスター。」

勿論、まさかと思った彼女。このままツウヤクできないと思い
インド人に聞き返したのです。

Jさん: もんすたぁ?
インド: イエス。
Jさん: 。。。。。も・ん・す・た・ぁ??
インド: イエス、イエス。

意を決したJさん。日本人のクライアントに対して言いました。

「あ、えーと。。。モンスター。。。です。」

案の定、日本人クライアントは不敵な笑みを浮かべて

「モンスター、、、ですか?(笑)」

そこから筆談タイム。
インド人が書いたエイゴは

「Master」

Jさん、「マスター!!!!」と叫んでしまったそうです。
がんばれ、がんばれ、我ら日本人スタッフ☆
先月行った京都。
大好きな場所、木の根道♪
2008年10月3日(金曜日) 晴れ

先日入った渋谷にある中華料理屋さん。
店内はとても広く、シックな感じで都会風に
インテリアもうまくまとまっていました。

店内は既に8割程度の人で賑わっており、
中でも歓迎会のように盛り上がっているテーブルも。

案内してくれた初老の男性。
品のいい感じで、今後の接客に期待ができそう。

しかしいきなり

「どこ座る?うるさいからカウンターでいいよね。」

はて。
歓迎会のテーブル席がうるさいので、
比較的静かなカウンターの座席に案内されました。

ご飯を食べ終わる頃にまたそのおじさんがやってきて

「お茶持ってきた。」

そう言って、近所のおじさんの草野球試合の差し入れのような
でっかいヤカンでお茶を入れてくれました。
そしてそのお茶はかなり美味でした。
お茶を飲んで清算した帰り際。

「ね?カウンター席で良かったでしょ?
 テーブル席はうるさくて。 今日はどうもありがとね。
 お手手つないでまた来てね。」

えっ?? お手手つないでって誰と?
味も良く、店の雰囲気もおじさんもいい人なんですけど。
大丈夫かなぁ、このお店。。。
2008年10月3日(金曜日) 晴れ

知り合いの女性。

「今日からエイゴを勉強する!」

と言い、
まずは携帯の設定から変えてみようと試みました。
よく使う携帯の表示をエイゴにすれば
自然とエイゴに慣れ親しむだろうという考えだったようです。

そして1週間が経過。

彼女がぼそっとつぶやきました。

「この携帯、使いづらいんだけど。」

いや、それは携帯のせいではなく
エイゴの設定にしたからでは。。。?
何だか気に入ってしまった文字。
おかえりんごー
いってきまんごー♪
2008年10月5日(日曜日) 晴れ

昨日、仕事で大失敗してしまいました。
ご紹介いただいた方の顔に泥を塗ってしまいました。

むっちゃくちゃ落ち込んでいます。

なので今日は短い日記。。。

めいっぱい落ち込んだら、これをバネにして明日からがんばろうっと。
2008年10月6日(月曜日)

先日、とっても迷って迷って
どうしようもなくなった時がありました。

このまま進んでしまっていいのか、
まだ「やぁーめたっ」と言って引き返せるのではないか。

会社を休んで父のお墓に行き、
墓前で わぁわぁ 泣きながら話しかけてしまいました。

15分くらいずぅーっと ぎゃぁぎゃぁ 話していたのですが
ふと、本当に不思議なくらい急に
すーっと気持ちが楽になりました。

まるで頭の後ろで「悩み」という糸が
誰かに引っこ抜かれたかのように、本当に「すーっ」と。

驚くくらい急に悩みがなくなってしまい、
何だか拍子抜けしたような状態で家に帰りました。

今考えても不思議な体験でした。
お花も線香も何も持たず。
それでも父は歓迎してくれたみたいです。
2008年10月7日(火曜日) 曇りのち雨

日本語を少々話す「自称:日本語ペラペラ」のインド人社員のTくん。

今朝、上司のインド人の姿が見えなかったので
「今日は彼は休みですか?」
と、Tくんに尋ねました。

するとTくん。

「彼は墓に行ってイマス。」

墓? インド人が日本に墓を持っているの?
インド人が墓参りを日本でするってどういうことだい?

「墓に行った後で会社に来る予定デスガ、
 あまり痛いようだと休むかも知れマセン。」

墓参りして何がどう痛くなるのさ。

よぉーく話を聞いてみたところ。。。
そう。

外科・内科・耳鼻科・精神科。そして『歯科』。

あのねTくん、それは「ハカ」と読むのではなく「シカ」と読むのだよ。
でっかいイボガエルを見つけました。
2008年10月8日(水曜日) 雨

次の職場を探している私。
今日は書類選考を通過した会社の1次面接。

疲れました。。。もう仕事探しなんか嫌。

これに通過したら今度は役員との2次面接だそうです。

そんなん嫌ぁーーー。疲れること嫌いーーーー。

← 帰宅したらファラオの眉間にもシワが。

ファラオも今日は何かに疲れていたのかも知れません。

人も動物もストレスの多い世の中だねぇ、と、
ファラオに語りかけてしまいました。
2008年10月9日(木曜日)

クライアントの方がこんなものをくださいました。→

「福利厚生費用の余剰分の公平な分担ということで
 『うにせんべい』が配られました。
 社員全員が公平に分担できるように、
 若手数名が選抜されて、1枚・2枚・3枚、、、と
 数えながら社員みんなに配っていました。」

かれこれ1時間以上かけて枚数を数えて配給していたとか。

なぜ。。。うにせんべい。。。。
油で揚げたおせんべい。
健康を願うはずの福利厚生なのに何故。。。
誰か社員の中でせんべい屋さんの息子がいるのでは?!
倉庫に残ったせんべいを都合よく会社に売ったのでは?!
2008年10月10日(金曜日) 晴れ

どうも人生というものは逆の方、逆の方へ進むらしいです。

一昨日受けた、とある会社の1次面接。
人材紹介の担当者から結果連絡が入りました。

「おめでとうございます。1次面接は無事に通過いたしました。
 次は2次面接で、先方の役員の方との面接となります。」

正直言って、落ちてくれればいいなぁ、と思っておりました。
理由は簡単。
一昨日何も考えずに1次面接を受けたところ、後から気づけば

・東証一部上場企業だった。
・統括本部長の秘書業務というポジションだった。

そんな会社&ポジションに、私が向いているわけないでしょうがっ。
万が一受かったとしても、絶対にストレスが溜まってしまうわっ。

「そんなコト、面接を受ける前から普通分かるでしょっ。」

と言われてしまえばそれまでなのですが、
何せ2年前にマンションを買って
「住んでみたら狭かった。」
という理由で2ヵ月後にその家を売りに出すという過去を持つ私。

何も考えずに物事を処理してしまう性格なんです。

せっかく受かったのだし、とりあえずは2次面接へと向かいます。
統括本部長、かなり性格の難しい人だそうです。
落ちるな、こりゃ。

あーあ。どこかにいい仕事ないかなぁー。
京都のお気に入りの神社その2.
2008年10月11日(土曜日) くもり

2日続けてインド料理を食べている私。
体から香辛料の匂いが滲み出ている様な気がしてなりません。

さて。

外でいただく朝食って
地域によって大きく違うことを知りました。

← 先月行った京都のカフェでの朝食。
  これでなんと450円!あまりの安さに腰が抜けました。

外食は800円が最安値だろうと思っていた
私の固定観念が覆された瞬間でございます。

お仕事が始まる前に、カフェでゆっくりと朝食をとるのって
実は大好きだったりするのです。
こういうカフェが東京にもあるといいのですけれど。
2008年10月13日(月曜日) 晴れ 日差しは強い。

最近よく利用するカーナビさん。
彼女(勝手に女性と判断)ってば普通じゃないです。

日々、
「今日は○月○日、○○の日です。」
と、知ったところでどうにもならないことを教えてくれます。

「めがねの日」だの「ポップコーンの日」だの。
私としては、その日がめがねの日やポップコーンの日に
認定された由来を知りたいのですが
カーナビ子さんは「○○の日」としか教えてくれません。

しかも先日はすごい案内をしてくれました。

通常、ナビ子さんは右折・左折の際の目印を言ってくれます。

「300m先を右折です。ローソンが目印です。」
とか
「200m先を左斜めです。マクドナルドが目印です。」
といった具合に、方向転換する目印を教えてくれるのです。

しかし先日のこと。いきなり彼女はこう言い放ったのです。

「400m先を右折です。元競馬場が目印です。」

「元」って何じゃい、「元」ってっ。
今は何になってるのさっ。
現状を伝えてくれなくちゃ目印にならないじゃないかっっ。

案の定、競馬場のかけらもない場所だったので
私は右折地点を見事に素通りしてしまったのでした。
右折地点を逃した際に
「ちっ。」
という舌打ちがナビ子さんから聞こえたような
そんな気がしてなりませんでした。
2008年10月14日(火曜日) くもりのち雨

クライアントの1人と話をしました。
我ら日本人スタッフが、クライアントにどう思われているのか。
そんな気になる話をいたしました。

「○○さんは、明るくて丁寧な人だという評判です。」

など、他の方は概ね良い印象をクライアントに与えている様子。

「私はどうなんでしょう?」

と、恐る恐る聞いてみました。すると、

「よくしゃべる人だね、と評判です。」

。。。ちょっと待て。

私はクライアントとは仕事でしかほとんど接していません。
しかも私の仕事はツウヤクです。
人が話したことを訳して伝える、言わばしゃべるのが仕事です。

しゃべるのが仕事のツウヤクなのに
「よくしゃべる印象」
ってどういうことでしょうか。

今日は一晩かけて考えてみようと思います。
木が壁に張り付いています。
なんだか可愛い♪
2008年10月15日(水曜日) 晴れ あったか。

役員との2次面接を終えてきました。
秘書業務なので、その相手とも言うべき役員さん。

「気難しく、ちょっと対応が大変な方です。」

人材紹介の担当者から昨晩、情報をもらっておりました。

そんな人のもとで働くなんて私には無理だろうと
どうでもいいや!くらいの気持ちで面接を向かえました。

役員: 私はですね、、、まぁ変わった人間です(笑)

と言われたのでつい、

私: それならば私も負けられないんですけど。

と答えてしまいました。

どぁぁぁ。。。一体何を言っているのかしら私ったら。

ふっ。落ちたな、これは。

今日、またもう1つの仕事にネットから応募しました。
私の仕事探しの旅は続くのであります。
最近マジックを習い始めた母。
家中にこんなテープが吊るされています。
この家はこれからどうなるのでしょうか。
2008年10月16日(木曜日) 晴れ

人材紹介の担当者から電話がありました。

「おめでとうございます。
 先方企業様が大変良い印象をお持ちになったようです。」

。。。あれ?。。。

「次は3次面接で、人事部長とお話していただくそうです。」

。。。はい? また面接?? 昨日で終わりじゃないの?

書類選考
 ↓
1次面接で人事の担当社員との面接。
 ↓
2次面接で統括本部長との面接
 ↓
ついには3次面接で人事部長との面接。

このまま行くと次は掃除のおばさんとも面接がありそうな勢いです。
2008年10月17日(金曜日) 晴れ

話が来るときは一気に来るものです。
今日、別の人材紹介会社から電話が入りました。
しかし既に就職活動に疲れていた私は
ぼぉーっと受け答えをしていました。

人材:ご紹介したいお仕事があります。
私: はぁ。

人材:コンピューター関連の役員づきのポジションになります。
私:はぁ。(また役員かい。)

人材:契約社員になっていただく形になります。
私:はぁ。(正社員がいいなー。)

人材:年収は1000万から1300万円になります。
私:なんですってっ。

急に大声で食いついてしまいました。

でもやっぱり応募は止めておきました。
だって絶対にウラがありそうなんですもの。
タンドリーチキン。
おいしかったなー。
2008年10月18日(土曜日) 晴れ

自分が自分の気持ちに正直なのか
全く分からない日々が続いています。

ちょっと違う

そんなことを思いながらいるのですが
このまま進めばそんな思いも消えていくかもという期待と、
積もり積もっていつか爆発するかも知れないという危機感。

何か違うような気がする

でも戻れないし戻る気もないし。
進むしかないのだから、覚悟を決めてサイを振ります。

人は時に大きな大きな博打をするんだなぁ、と
しんみりと思ってしまう日々なのです。
2008年10月19日(日曜日) くもり

電車に乗っていた際、とある駅でドアが開き
スーツケースを持ったおばちゃんが乗ってきました。

お見送りの人がいるようですが私には見えません。

ドアが閉まり、電車が動き出した時におばちゃんが
「あらあらあら。。。」
と、笑いながらつぶやきました。

何だろう?と思って窓の外を見ると、

30代くらいの女性が、
手を振りながら電車を追いかけていました。
お見送りの女性のようです。

東京の地下鉄で、手を振って電車を追いかける女性。
なーんか、ドラマか映画のワンシーンのようでした。
いまどきそんな女性、いないです。

素敵だったなぁ。
あんな風に見送られて、おばちゃんも嬉しかったでしょう。
インドに帰る同僚のお土産購入にお付き合い。
こんなん買ってるし。。。
日本人だったら普通買わない色を選んでいました。
2008年10月20日(月曜日) 晴れ

先週末にタクシーに乗った時のこと。
やたらとおしゃべりな運ちゃんに遭遇しました。

「宮崎から出てきて1年なんです。」
「ようやく道にも慣れてきました。」
「まだまだなんですけど、頑張りたいと思います。」

信号待ちの交差点。

いきなり運転席から後ろを振り向き、両手を差し出しました。

なんだ??

その運ちゃんの手には、
松ぼっくりが ちょこん と乗っていました。

「差し上げます。」

そしてタクシーは目的地に着き
私は松ぼっくりを片手に清算して降車しました。

きっとお昼ご飯の時間に公園で見つけたんだろうなぁ。
東京でがんばれ、タクシーの運転手さん!
色々なことを考えながら
今度は私がお昼ご飯を食べながら
松ぼっくりをぼんやり眺めておりました。
2008年10月22日(水曜日) 晴れ

インドでは、自分の祝い事の際には自分で物を配ります。
今日も一斉メールが回ってきました。

「僕に男の子が生まれました。
 チョコレートを机に置きますので皆で祝ってください!」

もちろんメールが流れてから5分後には
わらわら・わらわら
公園の配給かと思えるほど、インド軍団がチョコに群がります。

自称日本語が話せるNくん。
入社まもない日本人スタッフ・Kさん。

Kさん:このチョコはどなたのお祝いですか?

Nくん:あそこに立っている人デス。
Kさん:あ、皆さん今チョコ目がけて歩いて来ているので
    皆さん立っているような。。。
秋に道を歩いていると
この花の素敵な匂いがするんですよね♪
Nくん:白いシャツの人デス。
Kさん:すみません、皆さん白いシャツを着ていらっしゃいるんですけど。

Nくん:ですから、あの白いシャツにちょっと色が黒い人デス。
Kさん:皆さんそろって若干色が黒いような気が。。。

延々と続くかと思えるようなやり取り。
2人共真剣なので余計におかしかったです。
2008年10月23日(木曜日) 晴れのち雨

インド人は携帯の着信音も大きめ。
しかも着信音楽は「フィーリング」で選んでいる様子です。

どう見てもいかついオヤジなのに
いきなり鳴り出した着信音は「森のクマさん」

かなり楽天的な性格であろうに
鳴り出す音楽は絶望的な音だったり

あげくの果てには、映画「着信アリ」の着信音を
あろうことか自分の携帯の着信音にしている輩もいたりして。

私、あの映画は全作DVDで観ているんです。
だからあの音が鳴るとどうも落ち着きません。

ちなみに「着信アリ」の私の中での評価は、

1作目→よくある日本のホラー映画。
2作目→かなりストーリー性に富んだ面白い映画。
3作目→どうにもならない駄作。

2作目が一番オススメ。
かなり悲しい内容のホラー映画でしたけど。。。
フェレットフードの選択方法。
本当に難しいです。
れの字の血液検査の旅はまだまだ続いています。
れの字よ、キミにとって最適なフードはどれだい?
2008年10月24日(金曜日) 雨

いつにしよう、いつにしよう、、、と思いつつ
本日会社の日本人スタッフ&インド人上司に伝えました。

午後の会議から戻ってきたら
私のデスクにこんなメッセージが。→

嬉しいものですね、本当に。
← また、こんなメモを下さった方もいました。

私が会議に行っている間、

「さっき食べたランチが全て胃から出るような驚き」
「このプロジェクト始まって以来の興奮・大騒ぎ」

が起きていた模様です。。。
ちなみにこのメモを下さった方は

「この驚きはここでは表現しきれない!」

と叫び、そのまま廊下に飛び出して行ったのを
他の日本人スタッフが目撃しています。

皆様、お騒がせして申し訳ありませんでした。
そしてさらにこんなイラストまでいただきました。
この鯛がマスクをしている理由は。。。
こちらに書いてあります。
2008年10月26日(日曜日) くもり一時雨 ティー入院

知り合いとイタリアンを食べてまいりました。
皆さんほとんど「初めまして」の方々だったのですが、
なぜか場は最初からガンガン盛り上がってしまいました。

「男性はどこに変なDVDを隠すんだろう。」

男性が数名いる場であるにも関わらずそんな話題になり、
独身・一人暮らしの男性は

「1人暮らしだから、何も別に考えずに棚に普通に並べてるよ。」

そうか。隠す必要ないものね。
コピーした普通の映画と同じ並びに変なコピーDVDがあるそうです。

「目印が必要だからタイトルの右斜めに○がついてる。」

。。。自分がコピーしたDVDくらい覚えておいてくださいな。

さらには奥さんの家族と同居の男性。
お義母さんが部屋の掃除に入ってしまうので、
変な場所には逆に隠しづらいのだとか。 そこで

『愛と青春の旅立ち2』

この『2』がポイント。

先日、彼の奥さんがご主人の棚を見て、
「ん?この映画、続編って出ていたっけ?」

興味を持った奥さん。ついそのDVDを観ちゃったらしいです。
そこには派手な続編が繰り広げられていました。

何か男性って面白い。。。可愛いというか、なんというか。
東京タワー。
夜になるとふとこのタワーを
探してしまうのです。
余談: 

半年前に会社を辞めて、現在イギリスで暮らしている友達からもメールが。

「婚約おめでとう!超超超びっくりしたよーーー!」と。

彼女には年明けにご連絡しようと思ったいたのだけど。どこから情報が?!

さらに2ヶ月前に退社した女性2人の耳にもしっかり情報が入った模様です。
どんどん外堀が固められてきました。 もう逃げられないっっ。かも。
2008年10月27日(月曜日)晴れ

まだまだ決断できません。したくありません。

私が自分で考えます。

誰にも頼らない。
誰の意見も聞きたくない。
婚約者にすら意見されたくない。

考えなくちゃ。
後悔しないように考えなくちゃ。

ティーのため、じゃなくて、結局は私のため。
私が後悔しないため。

キレイ事を全て取り去ったら
そんな自分勝手な気持ちしか残ってない。
2008年10月28日(火曜日) 晴れ

今週いっぱい勤める会社でしたが、今日でひと段落つけてきちゃいました。

「ティーはまだ大丈夫だろう。」

という、変な飼い主の勘が働き、「今日しかない。」と出社しました。
目的は「もしかしたら今日が最後の出社日になるかも知れません。」と
インド人上司に話をしに行き、机の整理をしに行くこと。

恥ずかしいことにパンパンに目が腫れていたので
あまり詳しく説明しなくても周囲には状況を理解していただけたようです。

1時間でその目的を済ませたものの
職場は片道2時間15分かかる遠い遠い東京の外れ。
ほぼ6時間後に帰宅してティーの生存を確認してホッといたしました。

これで完全に気持ちをティーに向けられます。
今日出社して良かった。

安楽死という選択肢は私にはやはり選ぶことができませんでした。
特に痛がる様子も苦しい様子も見られませんので、
薬でティーの心臓を止めるのではなく
ティーが自分で自分の心臓を止めるまで、私は待つことにしました。

穏やかに流れるティーとの最後の時間。

でも生命力の強いティーのことだから、
案外と長い時間ティーと過ごせるような気がしています。

明日は秋晴れのテラスで一緒に色々と思い出話をしようと思います。
2008年10月31日(金曜日) 晴れ


呼吸が止まって
心臓が止まって
体が動かなくなっても
しばらくティーの温もりを感じていました。

さよなら、私のティー。
よろしければどうぞ。   前のページ(9月)   次のページ(11月