サイトマップ: いたちなあたち(HOME) → 飼い主のつぶやき・2008年 → 2月
よろしければどうぞ。   前のページ(1月)   次のページ(3月
2008年2月1日(金曜日) 晴れ

返す返すも言いますが、私はインド系の会社に勤めています。
よって私の周りはインド人だらけで、その中には来日して間もない人もいます

「ハツモウデって何デスカ?」

今日のランチの時間に聞かれました。
百聞は一見にしかず。
私は早速インドの同僚5名を連れ立って近くの神社に行きました。

「帽子や貴金属はちゃんと取ってから神様と向き合うのよ。」
「お賽銭はここに入れるのよ。」
「この紐を揺らして、シャランシャランと鈴を鳴らして。」

ここまでは良かったのです。 次に

「手を叩いて神様にお願い事をするのよ。」

と伝えたところ、5人のインド人達はパラパラと一斉に手を叩き始めました。

それは「拍手」というものです。

ここで神様に向かって拍手喝采してどーするのっ。

つ、疲れるかも。この職場。。。
九州に住む薬剤師さんに
調合してもらうオイル。
母娘2人でオーダーしているので
私用には「娘様」とシールが。
母用には「母様」のシール。
なんだか可愛い♪
2008年2月2日(土曜日) 晴れ
このお風呂ヘン。
年末の親戚旅行で泊った温泉旅館。
大浴場ばかり行っていたので、部屋についているお風呂場には
全く見向きもしなかったのですが。
「ねぇねぇ、ちょっと来て。」
いとこのお嫁さんに呼ばれて行くと。。。
お風呂場のドアを開けた時に「ん?」
お風呂が下にある。。。
普通、お風呂って上に伸びるのに。
入りづらくないかい?
2008年2月3日(日曜日) 雪

雪が降りました。
お外に出ると、お隣さんは既に雪かき終了。
しかも我が家の方まで雪かきしてくれていました。なんていいご近所♪

雪というと思い出すのが大学の卒業式です。
私が通っていた大学は冬に雪は当たり前。寒いのも当たり前。

私は12月の卒業を選択したので、冬の真っ最中!の式となりました。
母にも日本から飛行機で大学まで来てもらい
卒業式を見せることができました。

卒業式の朝、鏡の前で5分くらいじーーーーっとしてしまいました。

ひし形の頭にかぶる帽子のようなものと黒いマント。

これを着るために頑張ってきたんだなぁ。。。

そう思ったら、それまでの色々な思いが蘇ってきて涙がじわり。

夜中まで勉強したなぁ。論文書けなくて苦労したなぁ。
あんなトラブルがあったなぁ。お金なくなって困ったっけ。

そんな数年分の出来事が色々と浮かんできてしまったのです。

でも卒業式は笑顔で終わりました。
「やったぞ!卒業したぞ!これから社会人だ!!」
という、将来への希望だけが式の最中にはありました。

ふと上の父母席を見ると、母が1人でおーい・おーいと泣いていました。
母にとっても色々な思いのめぐった卒業式だったんでしょう。

こんな雪の日には懐かしい大学が目に浮かびます。
今度遊びに行ってこようっと。
2年前にも雪が降ったっけ。
さて。明日の交通機関はどうかしら。
2月4日(月曜日) 晴れのち雨

今朝出社すると、2人のインド人同僚が何やらモソモソとしていました。

「何をしているんですか?」

と聞くと、

「ワタシ達ハ今現在、『進化したジャンケン』をシテイマス。」

また出てきたよ。意味不明な言葉が。

ジャンケンは日本固有のものなので、先日通訳の1人がインド人達に
「ジャンケンの遊び方」を教えてあげたらしいのです。
そしてさらにそのジャンケンに「プラスアルファー」したものを
別の通訳の人に教わったとか。

その名も

「あっち向いてホイ。」

でも、2人が「あっち向いてホイ」をやっている姿がどうにも違和感。
何かが違う。。。何だろう。。。あ、そうか。

「ジャンケンぽんっ。アッチ向いてホイッ。」

で、通常はジャンケンに負けた人が顔を上下左右のどこかに向けます。
ところがインド人の彼らは「目」だけを動かしているのです。

よって、あっち向いて「ホイッ」の時だけ
彼らの眼球がぐるぐる回っている状態。

いや確かに根本は間違っていませんよ。だが。しかし。

「あっち向いてホイッ」ではなくて
「あっち見てホイっ」になっている朝の2人でした。
雪道
昨日の写真が「使用前」
そしてこの写真が「使用後」。
私の雪かきの成果が表れています。
そして今日は筋肉痛。
2008年2月5日(火曜日) 晴れ

最近のお気に入りは「女性専用車両」です。
香水がきつい人がいない限り、かなり快適な車内です。

私が毎朝乗る電車は、一番後ろに女性専用車両を設けています。
よって、私も含めてその車両に乗りたい人は
駅のホームの一番後ろ側まで歩いて行かなくてはいけません。

さらに私が乗る電車は、その駅で急行の通過待ちをしています。
すなわち普通よりも長くその駅に停車している形になります。

いつも車掌さんが駅のホームの端っこで
「発車オーライ」の時間を待っています。
そしてその車掌さんがいる車両=一番後ろの車両=女性専用車両
に向かって女性達は忙しそうに歩いたり走ったりしているのです

車掌さんにしてみれば、まるで自分に向かって
たくさんの女性たちが必死に駆け寄ってくる感覚。

いつもちょっとだけ嬉しそうな車掌さんの顔が好きで
毎朝「彼を目指して」ホームの端っこまで急ぎ足の私です。
「ボク溶けたくないの。」
悲壮な表情が何とも言えません。
2008年2月6日(水曜日) くもりのち雪 寒いー

会社の同僚の女性、聞けばバツ1だとか。
前の夫はタイ人だったそうです。

「ひどかったのよ。すぐに別れたわ。」

はて。何がそんなにひどかったのでしょう。

彼女が彼と新婚ラブラブな時。(もちろんそんな時もあったのです。)

彼: ボクさ、13人兄弟なんだよ。
彼女:うわぁ、すごいわね。みんな仲良しなの?
彼: うん。みんなで助け合って生きているのさ。
彼女:素敵(目がハート)。そういうのって大事よね。
彼: ありがとう。ボクは長男でさ、みんなを養わなくちゃいけないんだよ
彼女:まあ、男らしい(さらに目がハート)
彼: だからさ。そんなわけでさ。
彼女:うん?(うっとり。)
彼: 頼むね。

(2秒経過)

彼女:え?何が??

彼は当時、タイで貧しい暮らしをしておりました。
彼女は当時、日本でそこそこの稼ぎがありました。
結果、このような会話になったそうです。
「ココアいれてあげたわよ。」
母が言ってくれました。
「ありがとう。」
受け取るとこんなものが。↑
あのー。。スプーンで混ぜ混ぜしてよ。。
こんなズボラな母でも結婚できたのだ。
私にだってできないはずはない。
2008年2月7日(木曜日) 晴れ

もう足掛け2年の仲良しフェレットのお友達Sさん。
いつもは県を何個かまたいだ場所にお住まいです。
1泊2日で関東の実家にお帰りになるという情報をキャッチ☆

無理を言って職場近くまで来てもらっちゃいました。
ランチ1時間をフル活用してしゃべりまくり。

朝からとても楽しみにしていた今日のランチ。
1時間があっという間に過ぎ、「凝縮おしゃべり」も終了。
駅までSさんをお送りして職場に戻ってポツン。

楽しみにしていたことって、
「その前」と「その最中」は楽しいのですが
それが終わった後って寂しいものです。

Sさん、今日はありがとうございました。
また沢山お話したいですね♪
お土産もらっちゃった。
2008年2月8日(金曜日) 晴れ

職場は特有の匂いがします。
たぶん、香辛料を多く使った料理を食べている
インドの彼らの体から出る日本人には慣れない体臭のせいです。

入社してまず驚いたのが、目の前を
「右手に消臭スプレー、左手に置き型ファブリーズ」
の人たちが横切っていくこと。
数時間も会議をすると部屋に匂いがこもるため、
会議室に消臭グッズを持っていく会議担当の姿だったのです。

最近仕事をしていると体が痒くなります。

あ、痒いっ。

と思って確認すると、虫に噛まれたような跡が。。。

この職場、ダニが繁殖しているのではないかしら。
例の鼻ホジくんが、ダニにエサを与えているんじゃないかしら。

この週末に「防ダニスプレー」を買ってこよう。
消臭剤だの防ダニスプレーだの。
なんて無駄な出費の多い会社なのかしら。
電車の椅子の上にコーヒー缶が。
しかも中身がこぼれてシミになっていました。
誰だ?こんなことするのは。
仕方ないので電車を降りる時に片付けました。
2008年2月9日(土曜日) 雪 寒い。
俺はオトコだ。
フェネック
フェネック
俺、こんなカッコしてるけど
オトコだからな。間違えんといて。
2008年2月10日(日曜日) 晴れ

(あいうえお順で♪)
いたちままんさんご夫婦
小梅さん
チエミさん
TFDさん

我が家にお越しいただきありがとうございました。

みんなでワイワイ。フェレット話。
フェレットの話のみ。
フェレットの話しかせず。
フェレットのことだけを考えて9時間。

なしてそんなに話題があるんでしょうか(笑)

フェレットを見ながら笑い話→フェレットのエサ話→
フェレットの遊び話→フェレットの多頭飼育話

えーと、えーと。あとは何を話しましたっけ。
とにかくフェレットにまみれ、フェレットの話漬けの1日。
楽しかったなぁ!!! 皆さんありがとうございました。
美味しいお菓子と楽しいフェレットのお友達。
晴れて暖かい休日のお昼下がり。いいねぇ♪
2008年2月11日(月曜日) 晴れ

最近近所の大きな薬屋さんでは店内音楽の音が少々大きめです。
今日、その薬屋さんでおばちゃん2人が立ち話をしていました。

主婦A:やっぱりこれからは切れ痔なのよねー。
主婦B:今は良くってもさ、
    これからどんどん切れ痔になっていくじゃない?

寒くて乾燥しているこの季節。
これから切れ痔の辛い季節なのかも知れません。それにしても、
切れ痔の薬を買いにきたことをこんな大きな声で話すなんて
珍しい女性たちだなぁ、と思っていました。

主婦A:だから今買い換えてもさ、
    どうせ切れ痔になったら捨てちゃうことになるでしょ?
主婦B:そうそう。
    かと言って切れ痔対応だと値段が高めだしねぇ。
2人そろって: 微妙よねーーーー。

あれ?なんか変。
そこでようやく店内音楽の1曲目が終了し、静寂が訪れました。

主婦A:あと何年だっけ?地デジに切り替わるのって。

おおおおおおおおおおお。(恥)

薬屋で紛らわしい話をしないでほしい。
というか、お店の人ももう少し店内音楽の音量を下げてください
私のことが怖くて仕方のない我が家のこおり。
母の犬です。
おやつを与えようと、こおりの口元に。
くわえました。
でも飲み込まずにこの状態です。
「よし。」
というまで食べられないと分かっている様子です。
2008年2月12日(火曜日) 雨

母の社交ダンスのお友達はみんな楽しい老後を送っています。
音楽に合わせて2時間たっぷり踊り、
その後でみんなで安いレストランで食事を楽しむのです。

おじいさんになってもおばあさんになっても
会話にちょっと冗談が入れられる人でありたいと
母も私も常に思っています。

そんな母の友達の男性。
とても身なりがよく、品のある男性であります。
きっとそこそこ裕福な暮らしをなさっているのでしょう。

「僕の家には車が3台あるんだよ。」

さすが。どんな車をお持ちなのかしら。

「1台は僕の車。2台目は妻の買い物用の軽自動車。」

ふむふむ。3台目は?

「んでもって、もう1台はね。火の車。お金なくってさ。」
私の布団。
めくってみたら。。。
おーい、れぱん。 大事に隠してあるのかい?
2008年2月13日(水曜日) 晴れ

なんて眠くてだるい1日なんでしょう。

ぐわっしゃーーーーーん!!!

ものすごい音に起こされた今朝4時頃。
ティーが何かを倒したのかと思いました。
しかし数分後、

ピーポーピーポー。

コートを羽織って外に出てみると。。。
でっかいトラックがへし曲がっていました。交通事故です。
レスキュー隊が運転手を引っ張り出そうとドアを開けました。
普通ドアって「横」に開くものなんですけど
へしょったトラックのドアは「斜め上に」開きました。

ありゃりゃ。。。大丈夫かな。

人が苦しむのを見たり写真を撮る趣味はないので
部屋に戻って布団の中へ。
その後もパトカーの音やレスキュー隊の掛け声で
全く眠れませんでした。ううう。

今日仕事から戻る際に確認したら
特に花などの供え物がなかったので運転手は無事の模様。
良かったねぇ、ホント。
トラックからはガソリンが流れ出ていました。
仕事から戻る頃には(当然ですが)トラックも
ガソリンもキレイに片付けられており
↑のひんまがったガードレールの一部が
悲しくも残っておりました。
居眠り運転かな、と思える状況。
危ない、危ない。誰も亡くならなくて良かった。
2008年2月14日(木曜日) 晴れ 

朝の電車の中で気づいたこと。
今日ってもしかしてバレンタインデー?

クリスマスにもバレンタインデーにも盛り上がる気持ちがない私。
彼氏がいても同じなので、もともとイベントに興味がないか
もしくはいい恋をしてきていないかのどちらかです。

朝の女性専用車両。急行通過待ちのホームで
30代くらいの女性が携帯で話をしていました。
声が大きいので周囲に会話が筒抜け。

「は?元に戻るってどーゆーこと?仲良しこよしの友達に戻るってこと?」
「あんたの付き合い方がズサンだったんでしょーが!」

うわわ。別れ話しているよ。バレンタインデーに。

女友達にメールでその話をしたら、彼女は帰宅途中で
「オンナにすがるオトコ」を目撃したとか。

「そんなこと言うなよ。。。くすんくすん。」

男性が女性の前ですすり泣いていたそうです。

様々な想いが交錯するバレンタインデー。
私はれの字と小さなハートを確かめ合おうっと♪
愛知県のお友達にいただいた
可愛いピンクのチョコレート。
これが今年の私のバレンタインチョコ☆
フェネックのシッポ
2008年2月15日(金曜日) 晴れ あったか。

職場に日本人社員待望の品が届きました。
空気清浄機です。

わーい!と、日本の社員達が空気清浄機を囲んでいました。

「これで空気がキレイになるのかな。」
「ホントに動いてるの?これ。」

かすかに すぅぅー という音を立てているだけの空気清浄機
会社が性能の良くない安物を購入したのでは、
と、私たちは疑っていました。

そんな私たちをインドの社員達は遠巻きに見ながら、
「なんで空気清浄機が必要なの?日本は空気がきれいだよ?」
と不思議がっておりました。

「どれどれ?」

好奇心旺盛のインド人社員が空気清浄機に近づいたその時です。

ごごぉぉぉーー!

いきなりすごい音を立てて、空気清浄機が作動し始めました。

うーむ。さすが日本の空気清浄機。
異種なる匂いを嗅ぎわけたようです。

ちょっとムッときていたインド人社員ですが、
私たちは空気清浄機が正常に作動していることに安心して
それぞれのデスクに戻ったのでありました。
きつねのシッポも臭いのです。
2008年2月16日(土曜日) 晴れ

横浜に住む私が東京のホテルに「遊びで」泊まる。。。
こんな贅沢許されるのかしらん。

レディースプランなるものを体験してみよう!と、
フェレットのお友達と早速予約。エステが入った宿泊プランです。

ホテルにチェックインをしてから築地へブラブラと歩いて
お寿司屋さんに入りました。

「まじでぇー?サーモンいっちゃう?」
「マグロが美味しいって当たり前じゃぁーん。ここはマグロ専門店だよ?」
「何モタモタしてんの。寿司は握ったらすぐに食うの!」

えーと。↑は年配の板前さんの言葉でございます。えーん、こわいよー。

ヒヤヒヤしながらお寿司を食べて、お次は楽しみなエステ♪
そしてお酒をベッドの上で飲みながらダラダラとおしゃべり。
こーんな贅沢いいのかしらー☆

1泊の豪華な(?)宿泊プランはあっという間に終わりました。
2008年2月17日(日曜日) 晴れ 風が冷たい。

←このフェレットにも似た下半身デブの携帯電話。

中古で購入し、ずっと使い続けている「プリペイド」携帯です。

本日、ついに私の母が携帯デビューをいたしました。
ばばぁ携帯。。。おっと。シニア携帯という名前の電話です。
新規契約だと本体はどの機種も無料なのに、、、なぜあえてシニアを選ぶ?
と思ったのですが、文字が見やすいというただそれだけの理由だそうです。

母の携帯、なんとインターネットアクセスがあるのですっっっ(大興奮)

そう。私の携帯電話はネット接続がありません。
メールの送受信文字数が限られています。
うっかりするとプリペイドカードの期限を過ぎ、アドレス消滅になります。

こんな私の携帯電話を差し置いて、
母の方がハイテクな電話を手に入れるなんて。なんか複雑。

そしてもっと憂鬱なのが。。。

母:電話はどう話すの?
私:だからこのボタンを押して、番号を押すのよ。
母:電話が終わったらどうやって切るの?
私:このボタンを押すか、電話を閉じれば自動的に切れるから。
母:そう。で、またかけたい時はどうすればいいの?
私:(イライライライライラ。。。)

この先(たぶん)最低1ヶ月。
週末のたびに長い時間を割いて教えなくてはいけなくなりました。はぁ。
月々1500円ポッキリ。
この携帯で困ったことはありません。
最低限の機能しか利用できないけれど
時々家や会社に忘れていくけれど
この携帯を今後も使い続けます。
2008年2月18日(月曜日) 晴れ 夜はそんなに寒くないぞ。

社内のインドの人からよく言われることがあります。

「あなたはインドの女優のマニーシャに似ている。」

誰や、それ。

彼らが嬉しそうにインターネットでそのマニーシャ何とかという
インドの女優さんを検索して彼女の写真を見せてくれました。
見るとものすごく美しい女性。

えっ。私がこの人に似ているというの?

PC画面上に映る美しいマニーシャ何とかちゃん。
この人が私に似ていると。。。。(歓喜)

「アナタはコノ女性にとてもヨク似てイマス。
 彼女、よくヘアバンドします。アナタもヘアバンドしています。
 そして彼女、よくピンクの服を着ます。アナタもピンク好き。
 とてもヨク似てイマス。」

。。。ちょっと待て。

顔が似ているんじゃないのかっっ?
ヘアバンドとピンクの服だと?
それを「似ている」と表現するのか、おまいらはっ。

すっごく喜んだ後に落とされると、必要以上に落ち込みます。
どうせ私はどらえもんだいっ。
この家の住人さんは
チラシがとってもお嫌いらしい。
2008年2月19日(火曜日) 晴れ

「友達以上・恋人未満」

という、大変都合の良い言葉が存在します。

しかし私はとても短気なので
「友達なの?恋人なの?どっちなのっっ?」
と、すぐに白黒はっきりつけたがる性格です。

ところが本日、こんな言葉を電車で聞きました。

「ほら、あれだよあれ。友達未満恋人以上って言うじゃん?」

ん?

見ると中学生っぽい男の子2人が、知ったかぶり満載で
恋愛談義に花を咲かせている様子。

友達未満で恋人以上?

どんだけ複雑な関係なんだろう。

長い通勤時間に考える楽しい言葉をくれた中学生2人組に
今日は感謝しながら会社にたどり着いたのでした。
築地市場。
この市場の外にはたくさん食べ物屋さんがあります。
そこは「場外」と呼ぶのだとか。なるほど。
2008年2月20日(水曜日) 晴れ 満月で明るい♪

会社に気の合う男性社員がいます。(ちなみに既婚者。ちっ。)

彼が中学生の時のこと。
性への目覚めといいますか、その時の彼の頭はソレでいっぱい。
女の子の裸が見たい。
でもそんな本もDVDも自分で買う勇気はありませんでした。

彼には3つ年上の当時高校生だったお兄ちゃんがいたため
お兄ちゃんの部屋にこっそりと忍び込み
そのテの本を数冊盗んでは自分の部屋で読む日々。
大抵の本はその後きちんとお兄さんの部屋の「元の場所」に戻したのですが
「これはいい!」
と思った本は、どうしても返せず自分でキープしていたとか。
(女の私としては、どのポイントで「これはいい」になるのかが不明。)

日を重ねて段々と「盗み」の度が過ぎた彼。
ある日、「本見ようっと。」とベッドの下に手を伸ばし、
「これはいい」本を取り出してページをめくりました。

そこに1枚の紙切れがはさんであったとか。

「親しき仲にも礼儀あり。」

高校生のお兄ちゃんの字でした。

弟である彼が、本を盗んで どこに隠して どの本の どのページの
その女性に興味があるかを全て見抜いていたお兄さん。

顔から火が出るとはあのことだ、と同僚が話をしてくれました。
しかもランチタイムに。。。
えへ。ボク金魚。
2008年2月21日(木曜日) 晴れ あったか♪

築地のお寿司屋さんで食事をしていた時のこと。
例の板前さん(16日参照)に言われました。

「うっそぉー。2人とも彼氏いないのぉ?何でぇ??
それじゃ今日の寿司代も自分で払うんだよね。
ミツグくんでも見つけて払ってもらいなよ。」

ミツグくん。
色々な品物やお金を貢いでくれる男性のこと。

変な板前さんから3mくらい離れたところから
ポツンとこちらの様子を伺っている若手の板前さんがいました。
その若手板前さんに

「ミツグくんってどこにいるんでしょう?
 どうやったら見つけられるんでしょうかしら?」

と尋ねると、突然話を振られてドキドキの若手板前さん。

「はいっ?えっ??ミツグくんを見つける方法っすか?
 難しいですね。僕はミチオなんですけど。」

いや名前じゃなくて。

お寿司屋さんには私と友達しか客がいなかったので
店内でミツグくんを見つけることはできませんでした。
代わりにミチオくんを見つけました。

そんなマグロ専門店で働くミチオくん。がんばってください。
本店、というのは分かります。
でも「本陣」っていったい。。。
2008年2月22日(金曜日) 晴れ

帰りの電車の中で、男女がお話していました。

女性: 今朝電車の中で痴漢に遭っちゃった。

男性: え、マジで?

女性: 腹が立ったから、駅に降りた時にその人の手をつかんで
     「あなた痴漢ですよね?」
     って言ったら、「違います」って言われちゃった。

男性: そりゃ当然だろ。
     「あなた痴漢ですよね?」って言われて
     「はい、そうです。」って言うヤツいないだろう。

女性: そうだよねぇー。
「眠い。。。」
男性: 聞き方間違ってるよ。
     「あなた田中さんですよね?」みたいな聞き方じゃん、それ。

女性: だよねぇー。でもその時はそれしか浮かばなくて。

男性: で、どうしたの?

女性: 「駅員さんのところに行きましょう。」って言ったら
    「俺、急いでるんですけど。」って言うから
    「私だって急いでるんですよ!」って言ったの。

男性: 。。。漫才?

彼女が真剣に話せば話すほど、何だかおかしくなってしまう会話でした。
2008年2月24日(日曜日) 晴れ 風強し。
ぜいたくな土曜日
高級料亭で夕食。
2人の係りの人がつきっきりで給仕してくれました。
あんこう鍋の料理です。
その後、東京タワーの見えるパークタワーホテルまでタクシーで移動し、ホテル内のパーティールームでカラオケ。
夜12時を回り、終電がない!
ということで、そのホテルから横浜までタクシー☆
って、今晩だけで一体いくらのお金が使われたのかしら。
いえ、もちろん私は払っておりません。というか、払えません。。。 Yさん、本当にありがとうございました。
2008年2月25日(月曜日) 晴れ

先週携帯デビューした母。
さっそくやってくれました。 私が仕事で不在の時でした。

携帯を持ったことが嬉しくて、読めもしないマニュアル片手に
色々なボタンを押しまくっていたそうです。

ビビビビビビビビビビビビビビビーーーー!!

ものすごい音を立てて携帯が鳴りだしました。

ひょー

という感じの母。

パニックになり、色々なボタンをさらに押すのですが
防犯ブザーが作動したようで、一向に鳴り止みません。
マニュアルをめくるのですがそんな時は文字も目に入りません。

あわてて母はその携帯をポケットに入れて外に飛び出し、
助けを求めて近所のインターホンを押し歩きました。
しかしこんな時に限ってご近所はどなたも不在。

閑静な住宅街(田舎とも言う)で
ビービーけたたましく鳴る携帯をポケットに入れたまま、
オロオロと道を歩く母。

300mくらい先で新築工事をしていた大工さんに頼み
ビービーなる携帯が止まるようにいじってもらいました。
しかしやっぱりどこを押してもブザーは鳴り止まず。
とうとう大工さんは携帯の電池を えいっ と抜きました。

やっと戻った静寂な時間。

大工さんにお礼を言って母は家に戻りました。
ご近所の皆さん、騒音でご迷惑をおかけしました。
この光景を見たときは私も
ひょー
となりました。

こんなことをする犯人は1人しかいないのよね。
あのいたちめ。今日こそ現行犯で捕まえてやるっ。
2008年2月26日(火曜日) 晴れ 風がまだ強め。

もーにんぐ娘が全盛期だった頃のお話。
同僚の知り合いが、「やっとこさできた」彼女と
付き合ってわずか半年で別れてしまいました。

動労はその彼女と話をする機会があったので別れた理由を尋ねたところ、

「あたしよりモームスが大事だったみたいよ、あの人にとっては。」

とある日曜日、同僚の知り合いの男性Aさんは
「モームスのコンサートに一緒に行きませんか?」
という掲示板で知り合った同じファンの男性と一緒に
コンサートに行くことになりました。しかしその日は彼女の誕生日。
彼女の誕生日をAさんが知ったのは、チケットを入手した後だったのです。

「あたしの誕生日とモームスのコンサートとどっちが大事なのっ?」

と詰め寄る彼女に、

「もう友達とコンサートに行く約束をしてしまっているんだ。
 俺は友達より彼女を優先するような男じゃない。友達の方が大事だ!」

と彼は反論。 
ん?彼女の頭の中はぐるん・ぐるん。
これ面白いので明日。。。☆
えーと。今回あたしよりも優先する「友達」って掲示板で知り合った単なる「コンサートに行くだけの人」だよね。
「友達」っていろんな種類あるけどかなり底辺の友達だよね。
その「友達」を優先するってことは、あたしは「底辺の友達」に負けるってことで、
さらにいうなれば結局はあたしよりもモームスを優先しているってことだよね。

この時点で彼女の頭の中のスロットが「777」をヒット。ちゃりーん☆

「さよなら。」

その後彼女はもーにんぐ娘をテレビで観るのがイヤになったそうです。
2008年2月27日(水曜日) 晴れ

← ここに書いてある日本語を紹介(?)しようと思ったのだけど。

なーんか、「なんで」「何を求めて」このサイトをやっているんだろう?
と考え込んでしまうような出来事がありまして。
(いや些細なことなのですが)

初心にかえる必要が出てきました。

ここは私とれの字のデート場所。
私とれの字がシアワセならそれでいい。

そうよそうよそうなのよ。

離れていてもネット接続があれば、
様々な表情のれの字を見ることが出来るから。
そのためにこのサイトがあると思えばそれでいいのです。

やーめたやめた。考えるの止めた。

(今日のつぶやきはホントに「つぶやき」になってしまいました。)
2008年2月28日(木曜日) 晴れ

社内の日本人社員と、日本語が多少話せるインドの人とで
カラオケに行ってみよう、ということになりました。
メールを全員に回し、出欠確認をとるのですが
1人の日本人女性社員が「歌が下手なので今回はパスします。」
というお返事メールを出しました。

それに素早く反応した「日本語ができる」インド人の男性社員。
以下のメールを彼女に送ったそうです。

「メール頂きありがとう!
 自分の現状を伝ってもらったありがとうね!
 けれども皆さんも歌手がないですのでできるだけに歌います。
 この出会いの目的は、誰が完全に歌えますか言う事がないです
 だから是非参加してください。よろしくね!」

んで、このメールを読んだ日本人女性は
「やっぱり行かないぞ。」
という気持ちを改めて持ったとか。

うーん。。。彼は優しい気持ちでもう1回誘ったんだろうけど。
悲しい空回りです。日本語ってムツカシイネ。。
同僚に誘われてあゆのコンサートに行くことに。
曲を覚えなくては!
ということで、その同僚からDVDを借りました。
フェレットの肝臓の薬
2008年2月29日(金曜日) 晴れ うるう年なの。

とても不思議なことが毎朝あります。
その謎を解きたいような、解きたくないような。

朝、家から駅まで6-7分歩くのですが
ほぼ同じ時間に家を出るので、
ほぼ同じ場所でほぼ同じ人たちとすれ違います。

いつも缶コーヒーを飲みながら前から来て、
自動販売機のゴミ捨てにその空き缶を入れる男性とすれ違います。

それまでは良かったのですが、ここ最近気づいたこと。
彼とすれ違ってから20秒後くらいに
彼と同じ顔の人とすれ違うのです。

今日も同じ現象がおきました。
彼とすれ違って20秒後にまた「彼」とすれ違うのです。

双子さん?でもそれならなんで毎朝別々に歩くのでしょう?
仲が悪い双子さん?? いやいやそんなはずは。。。

月曜日からまた通勤。
確かめてみたいようなこのまま「不思議」にしておきたいような。
れの字の肝臓の数値がちょびっと高かったので
肝臓を保護するお薬を飲ませています。
よろしければどうぞ。   前のページ(1月)   次のページ(3月

いたちなあたち(HOME)