サイトマップ: いたちなあたち(HOME) → 飼い主のつぶやき → 2009年7月
よろしければどうぞ。  前のページ(6月)   次のページ(8月
2009年7月1日(水曜日) くもり

この4日間、サイトを作成するツールがうまく作動せず。
ちょっと動くとすぐストップの繰り返し。

私のツールがぁぁ。

命の次に
れの字の次に
ファラオの次に
母の次に

えーと。ついでに夫の次に

ものすごく大切な私のツールが動かないぃぃーーーー。

と、ウキーッとなっていた4日間です。
未だにうまく動かなくて、これを書いている間も
いつツールがストップするかドキドキなのでございます。
2009年7月2日(木曜日) 曇り  涼しいぞ。

不景気の波は私の勤める会社にも押し寄せています。
出張が多い部長。
今までは国内線JALを使う際には、1000円多めに出して
ちょこっとだけランクアップされた座席を指定していました。
しかし今回の出張では、
同行者の都合上JALではなくANAを使うことに。

部長、座席のランクアップをしようと調べたところ
ANAはJALよりも高いことが判明しました。

「JALはどうしても使えないのか。」

同行のMさんがANAですので。別々の便になさいますか。

「ANAはいくらなんだ。」

えーとですね、
普通席からプレミアムシートにアップグレードするためには
なんと5000円のプラスとなります。

「そんなに高いのか。」
れの字は絶対に肥えた。
はい。どうされますか。
JALであれば、1000円だけの上乗せで普通からJクラスにアップグレードできます。
しかしMさんがANAですので。。。 ANAですとアップグレードするだけのマイレージが足りません。

「。。。(部長考え中。)」

。。。(回答を待つ私。)

「。。。(部長まだ考え中。)」

。。。(あっ。だんだん部長の口がとんがってきた!)

そして、ぶすったれたお顔で部長はおっしゃいました。

「普通でいい。」

思い通りにいかなくてブーたれている子供のような顔の部長。
何だかその顔が切なかったのですが、このご時世ですから。我慢していただきましょう。

2009年7月4日(金曜日) くもり

久しぶりにジムに行って運動。

プールで40分泳ぎっぱなし。(←泳ぐのが好き。)
サウナとお風呂でじっくり温まって。(←サウナ好き)
30分以上ゆっくりストレッチ。(←意外と体が柔らかい。)

ものすごく気持ちよかったです。

7月から正規会員としてジム通いすることになりました。
続くかしらん。
とうとうカメラが壊れちゃったん。。。(涙)
2009年7月4日(土曜日) くもり

結婚してから自分の時間が取りづらいなぁと
(きっとお互いで)思っています。

仕事が終わって帰宅してすぐに夕飯作り。
(カレー・カレー・シチュー・カレー。)
面倒くさいぃぃーーー。

夫と話をしました。
その際に夫からの提案が。

「運動会の玉入れの勝負を決める時のやり方で
 お互いがどれだけ家事をやっているか調べてみよう。」

私:料理しています。
夫:料理の後片付けおよびご飯炊きしています。

私:う。。自分の洗濯物をしまっています。
夫:洗濯機を回して、洗濯物を干して、取り込んで
  たたんで、自分の洗濯物は自分のタンスにしまいます。

私:ご。。。ごみを分別してゴミ箱に入れています。
夫:ゴミだし担当です。ゴミ袋の補充をしています。
そして私のジム用品の準備も
全て夫がしてくれているのでした。
私: えっと。。。
夫: トイレ掃除しています。トイレットペーパーの買い出し・補充も行っています。

私: あうあう。
夫: お風呂掃除しています。シャンプーリンスの買い出し・補充も行っています。

私: れの字の世話していますっ。
夫: (白い目)

ひーん。
2009年7月5日(日曜日) くもり

今日は朝4時半に出てゴルフに出かけた夫。
半年振りのゴルフコンペだそうで、何だか楽しそうに出かけていきました。

そして私はというと。

家庭教師です。

もちろん教わる側です。教える側ではございません。

最近勉学に目覚めた私。
賢くなって、料理の1つでもビシッと作ってみせるのです。
2009年7月6日(月曜日) 曇り

前の会社に、窓拭き業務の人フェチな仲良しの女性がいました。
特定した「この人」ではなく、
とにかく窓拭きをしている人にときめいちゃうのだそうです。

朝一緒に駅から会社にたどり着いたとき
業者による1ヶ月に1度の窓拭きが行われていました。
彼女のハートはどくん・どくん。

「あっ見てっ。窓拭きが始まってる!」

うん。そうだね。

「あんなに高いところにヒモだけで体をつないでいるのよ。」

まぁ確かに。

「あっ。ひょーいって降りてきた!すごーい。
 プロよプロ。あれこそプロの仕事よっっ。」

あの。ハートマークがひらひら飛んでるんですけど。
いたちの小物入れ♪
そして会社の玄関を超えてエレベーターに乗ろうとしたところ、
駆け込みで先ほど空から降ってきた窓拭き男性が駆け込んできました。

最上階のボタンを押す彼。第2ラウンドでしょうか。

私の横に立つ彼女はソワソワ落ち着きがない様子。
そしてついに彼女は言ったのです。

「きょっ。。。今日はいいお天気ですね。窓拭き日和ですね。」

男性は え? という表情をしながらも 

「そうですね。」

私達の降りる階に到着。嫌がる彼女を引っ張ってエレベーターを降りました。
その後1日中、彼女が興奮状態だったことは言うまでもありません。
そんな可愛い彼女は今日も元気に別の会社に勤めています。

先日会った際に、新しい会社の窓拭きの人にときめいているかどうか尋ねたところ

「今の会社ね、3階建てなの。窓拭き業者がいるんだけど、手で拭いているの。」

あまりときめいていないようです。
2009年7月7日(火曜日) 晴れ

今日は七夕の日。
1年に1度だけ、織姫様と彦星様が会える日です。

織姫さまってどんな人でしょう?

きっと美しくてスタイルが良くて奥ゆかしくて
世の男性が一度は思い描く憧れの女性のような
きっとそんな感じの人なのでしょう。

だからこそ彦星さまは、たった1年に1度でも
彼女に会いたくて天の川までお越しになるんだろうな。

。。。途中で織姫さまが私に摩り替わったら
彦星さまはどんな反応するかしら。

書くのもむなしいので想像だけにしておこうっと。
猫さん登場。
2009年7月8日(水曜日) 晴れ

急遽会社で午後半休をとった私。その理由とは。

昨晩午前1時。色々やっていたら遅くなってしまったものの
翌日の仕事に備えて眠りました。

午前3時。れの字の声で起きました。
見るとれの字が寝る前に食べたお肉のカケラを
1粒吐いていました。

そしてしばらくケッケと吐こうとするれの字。
私オロオロ。
夜間動物病院に連れて行くべきかどうなのか。
私が冷や汗かきながらうろたえつつも
れの字を抱きしめてあやそうとしていました。

ふと気づくと、れの字は私の腕の中でスゥスゥ寝息。
このまま寝てくれれば。。。
れの字を抱っこしながら10分、20分、30分。

午前4時半。ようやくれの字は熟睡しました。
私も横に並んで眠りました。

本日は、夫が午前半休をとり私が午後半休。
病院に連れて行きました。
既に健康体になっているれの字を診せても
あまり意味がないなぁとわかっていたんですけれど。。。

先生に会いたかったのよねー♪♪♪

という冗談は置いておいて、れの字が無事で良かったです。
地獄ラーメン。

れの字を抱っこしながらウツラウツラしていたら、
れの字が死にそうになった夢と
会社を半休したら解雇になった夢を
2本立てで見てしまいました。
2009年7月8日(木曜日) 晴れ

駅でバスを待っていたら
ほっくりほっくり年をとった男性と犬が歩いてきました。

近所のおじいさん。愛犬と日課の散歩です。

私はそのおじいさんがもう少し若くて
連れている犬がまだ元気に走っていた頃から
2人をティーを通じて知っていました。

年月が経ち
おじいさんの背中がやや曲がり
犬の足取りがゆっくりになっても2人は毎日散歩します。

私はティーを失ってから
近所を歩くことがなくなりました。

おじいさんが愛犬を失ったとき
やはり外に出なくなって歩かなくなってしまうのかしら。

おじいさんと犬の後姿に自分とティーが重なります。
あと1日。もう1日。
長く一緒に犬と歩いていけたらいいね。ねえ、おじいさん。
2009年7月10日(金曜日) くもり ものすごい風。

私だけが悪いのではないと思うのだけど。
絶対に先方の会社も悪いと思うのだけど。

部長にお目玉食らいました。

他の社員も働いている職場。部長はギロリと私を睨み、

「お前っっ 全然役に立ってないというのがわかったかっっ。」

ひょぉーーー。 ごめんなさぁーーーーい。

「会長秘書のMさんは。。。うんたらかんたら。。。
 社長秘書のFさんは。。。うんたらかんたら。。。」

はい。彼女達の仕事振りを見習いたく思っております。

と、部長に怒鳴られている間に私の頭をよぎったのは
先月受けた秘書検定の試験内容。
このパン美味しかった。
『秘書A子は、後輩B子に仕事上で注意をしようと思っている。次の2つ以外にA子が気をつけることは何か。
 ①人前は避ける。  ②他人との比較はしない。 』

部長が秘書検定受けたら確実に落ちると思ったのでありました。
2009年7月12日(日曜日) くもりのち晴れ

金曜日の夜に夫とお芝居を見に行きました。
どぎつい化粧をした人が出てたのですが、
そういう役柄なので仕方がないとしても。。
どうやっても見るに耐えないお顔。

そこで夫に尋ねました。

家に帰って来て、
あの人が1人で「お帰り」って出迎えてくれるのと
私がいっぱいいて「お帰り」って出迎えてくれるのと
どっちがいいですか。

「。。。。。。うーん。どっちやろなぁ。」

なんでそこで悩むの(怒)

「だってアナタが『いっぱい』いるんやろ?うじゃうじゃと。」

ええ、まぁ。

「そりゃ厳しいやろ。どう考えても。」

。。。。なぜっっ。
ひゅーさん、手編みの贈り物ありがとう。
フェネックのステッカーと
いつもの素敵なイラスト。
嬉しかったです☆
2009年7月13日(月曜日) 晴れ 暑いかも。

私達の結婚式に出席してくれたNさん。
実はその当日に、
奥さんが荷物をまとめて実家に帰ってしまっていました。
本当は他人の結婚式どころではなかったNさん。

そして今日、同じく結婚式に列席してくれたSさんが
6月末で正式に離婚したことがわかりました。
4月の私達の挙式日には、
Sさんはきっと離婚話でモメていたことでしょう。

私生活が大変な最中に
結婚式に来てくれたNさん、Sさん。ありがとう。

先月末に離婚したSさん。

家財道具は99%奥さんが
ご自分の新居へと運び出してしまいました。

唯一奥様がSさんのために残していってくれたもの。
それは、

奥さんの新居に入らないであろうバカでかい冷蔵庫1つ。
2011年には観られなくなるアナログテレビ2台。

以上。

Sさん、テレビを残してもらえて良かったですね。
帰ってきて1人の部屋で音がなかったら寂しいですものね。
そしてそんなSさんは今日もなぜか元気なのでした。
ファラオも今日も元気です。
れの字そっくりです☆
高さ20cmくらい。存在感たっぷり。
2009年7月14日(火曜日) 晴れ 暑いぞー。

日曜日にはフェレットのお友達と4時間連続お話大会。
先週はいたちままんさんがfuさんに「れの字人形」を
特注で注文して下さったのが届いて。
今日は仕事でフェレット友達の家の近所まで来たのでメール。
今週末はこれまたフェレット仲間と夕食の予定。

フェレットの力ってすごいなぁ。
れの字がいてくれたお陰で、私の世界は変わりました。

「ありがとう。」

れの字に言ってみたのですが、
ありえない寝相でだらしなく寝ているだけ。

可愛く「どういたしまして♪」なんて言ってくれるのを
期待した私がおバカでした。
うさ耳帽子もいただきました。
2009年7月15日(水曜日)
お箸って奥が深いのね。
東京下町にあるお箸の専門店。
中に入るとお箸がズラリ。
私、お箸とペンは正しく持てるんですのよ。
七角という奇数のお箸を作っているのはここだけ。
2009年7月16日(木曜日) 晴れ あちゅい。

会社のKさん。50代の男性。
とても面白いキャラクターなので私は好きです。

2人で同じPC画面を見て話し合っていた際に、
Kさんが見えないといけないと思った私は
画面の文字を大きく設定しました。 するとKさん。

「あ。私が見えないと思ったんですね。
 目だけはいいんですよ。    少しだけ。」

目が少し良いってどの程度の視力なんだろう?

そして色々と話をしていると

「そうなんです。私も大体のことができるんですが
 それだけが出来ないのがタマにキズなんです。」

そしてさらに話をしていると

「ああ。それもちょっとできないんですよね。
 そこがちょっとタマにキズなんです。」

もっと話を進めると

「それも出来たらいいんですけどねー。
 それが不明な点がタマにキズなんですよ。」

。。。どんだけキズだらけなんですか。
オンナの朝は忙しいのです。
2009年7月17日(金曜日) 雨のち曇り

フェレットの友達と横浜でデート。
お食事をしに、とあるホテルに入りました。

「あ、ここ美味しそう♪」

2人でレストランの入り口にあるメニューを覗きます。

『ビーフカレー 4000円』

。。。。

「あ、あっちのフレンチがいいかも知れないわね。」

2人の心の意見が一致して、
そそくさと隣のレストランに移ります。

『夏のお得なディナー 7800円』

。。。。。。。。

「やっぱりイタリアンよねぇ♪」
隣のひっそりと営業中のレストランへ。

『ミートソーススパゲティ 1900円』

ここにしましょう。
もはや金銭感覚が麻痺していた私達はそこに決めたのでした。

今日の私のお会計。
ちんまり盛られたパスタ1皿+
これまたちんまり注がれたグラスワイン1杯で3300円。
そしてお友達との楽しい会話。プライスレス☆
屋形船が似合う季節になりました。
2009年7月19日(日曜日) くもり一時雨

土曜日の夜に、近所に住むフェレット友達と
夜遅くまで飲んでおりました。

彼女のフェレットの具合があまり良くなく
どうしたら良いか悩む毎日。

「教えて。どこが痛いの。何が苦しいの。って思います。」

彼女の言葉が胸に染みました。

そう。そのフェレットを一番見つめて一番愛して
何が何でも治してやりたいと思うのは飼い主。

だから私はいつも思うのです。
飼い主が悩んで考えて出す結論に
第三者の他人が飼い主を傷つけることなんか言う権利はない。

細かい経緯もフェレットの症状も性格も
飼い主ほどわかる人はいないのだから。

その飼い主が出した結論は尊重すべき。
そういつも思うのであります。
かわいいフェレットのお菓子と袋です。
2009年7月21日(月曜日) くもり

私の結婚式で祝辞をお願いした夫の上司、Nさん。
人望厚く夫が尊敬してやまない人なのですが
彼の特徴を言うなれば

1.声がでかい。
2.背が低い。
3.首がない。

まぁ1番目と3番目はともかく、
男性として2番目はたまに苦しいらしいです。

かなり前ですが、夫の会社が創立何周年かの際に
記念のアルバムを会社が作成しました。
それに載せる全社員の写真を撮影。

Nさんは部下の女性と一緒に写真を撮りました。
私もその時の写真を夫に見せてもらったのですが

うーん。Nさん、この新人さんの女性とほぼ同じ身長ですね。
もう少し背伸びした方が良かったんじゃないですか。

私が余計な言葉を言ったところ、夫がNさんをかばう発言。

「あのな。この写真、上半身だけの写真やろ。
 Nさんこの写真撮るときミカン箱に乗ってたらしいで。」

Nさん、ごめんなさい。
Nさんなりの努力をしたのに気づかなくて。

余計なことを口走る私ではありますが
一番最初にお付き合いした男性の身長は150cmでした。
お友達からもらったワイングラス。
フェレットが刻まれてるのーーーー☆
2009年7月21日(火曜日) 雨ときどき曇り
大好きな天気予報。
ほら♪ ドキドキ☆
この天気予報。
雨 どきどき 曇り って見えます☆
2009年7月22日(水曜日) 雨のち曇り

明日から1泊で出張する部長。
秘書の私は事前準備に余念がありません。

飛行機オッケー!
ホテルオッケー!
訪問先までの地図オッケー!
手土産確認オッケー!

これで完璧。もう怒られることはない。

そう自信満々にしていると、
そんな私の心を読んだかのように部長がおっしゃいました。

「おい。明日の現地の天気は?」

はっ。 お天気チェックも秘書の役目っ。
慌ててネットで調べて

明日は晴れです。大丈夫です。

「。。。。。。。」

あのぉ? 晴れですけど何か?

「明後日の帰りの天気は?(イライラ)」

はっ。 すみませんっっ。
(ネットで調べて) 帰りは曇りです。降水確率40%です。

「。。。。。。。」

あのぉ? 傘はいらないと思いますけど何か?

「帰りの東京の天気はどうなんだ(怒り爆発)」

ああああっっ。 気が利かなくてすみませんっ。

秘書の道はまだ険しいのです。
国産プレミアムのハムを
夕飯にいただきました。
プレートがとても気に入ったので
しばらく冷蔵庫に飾るの♪
2009年7月23日(木曜日) 曇り

「おい、手土産考えたか。」

午後からの飛行機に乗るために羽田に向かう前に
部長が私におっしゃいました。

え?先日「手土産のご希望はありますか。」と
メールでお伺いした際、ひとこと
「ない」
との丁寧なご回答を下さったではありませんか。

「あのな。会長秘書のMさんだったらな、
 『手土産にはこんなものがありますがいかがですか』
 と、いくつか既に購入して見せてくれるぞ。」

いえですから、わざわざ手土産について
伺ったではないですか。そうしたら部長が「いらない」
っておっしゃったんですよ。

「『いえそうは言ってもこういうものがありますよ。』
 って言えるだろ。」

えええ?

「まったく気が利かない。」

そう捨て台詞を残して部長は羽田へと向かわれました。

上司の言うことには全て従う。それが秘書。
でも部長の言うとおりにしていたら、
お友達と旅行を計画中♪
単なる手土産の押し売りではなってしまうと思うのであります。
ラスクちゃん。早く体重が元に戻るといいね。
元気なカカオちゃん。
2009年7月24日(金曜日)

車で2分程度の場所にお住まいのフェレットのお友達。
わけあって我が家に遊びに来て下さいました。

ワインを持って来てくれちゃったので仕方なく飲むことに♪
そうそう。仕方がなかったのです。
だってせっかくのワインですもの。
横であきれる夫には目もくれず
私と彼女でワイン1本きれいに飲んじゃいました。

ワイングラスはもちろん先日お友達からもらった
フェレットの絵柄が入ったものを利用。

そう言えばこのワイングラスをくれた友達。
この間食事をした際、待ち合わせ場所で会った途端に

「ねぇねぇひどいのよぉーー。」

待ち合わせ場所は女性をターゲットにしたモール。
主に女性用の服や雑貨のお店が入っている建物でした。
話を聞くと、彼女は水着を買おうと思い
受付にいる涼しげな顔の女性に聞いたというのです。

「水着が売っているお店はどこですか。」

すると受付の女性はすかさず確認したのです。

「ご婦人ものですか。」

えーと。整理しましょう。

場所:女性客中心のショッピングモール。
彼女:1人で水着を買いに来た人。

ご婦人用の水着以外に何かあるのでしょうか。

「ワタシいくらなんでも海パンで泳がないネ。」

しょげる彼女は
なぜかどこの国だか分からない話し方になっていたのでした。
フェレットのお友達を家に連れ込んだのが10時。
彼女をご主人の元にお返ししたのが午前3時。
。。。きっと次回からご主人に
「あの人と会うのはやめなさい。」
なんて言われちゃうかも知れません。
2009年7月26日(日曜日) 晴れ 風強い。暑い。

朝から気合を入れて実家の草むしり。
思えば去年の10月に6時間以上かけて
夫(当時は婚約者)と草むしりをやったっけ。

確か初めてのデートが8月で
プロポーズされたのが10月上旬で
初めての草むしりが10月下旬でした。
草むしりを終えた時に夫が叫びました。

「ケーキカットはせぇへんでっ。
 2人の初めての共同作業はこの草むしりやっ。」

ああそんな日もあったなぁと
虚しく思いながら今日は朝から草むしりです。

そして山場に来ました。家庭菜園の場所です。
数ヶ月前、

家庭菜園がやりたいです。
どれが雑草かしら。
と私が言い出し、ホームセンターで野菜の種や苗を買って来ました。
そしてその後は案の定ではあるのですが、

土をならしたのは夫。
種や苗を植えたのは夫。
肥料や水をまいたのは夫。

すなわち全部夫がやっていたというわけです。

これではいけないと思って一念発起。雑草を抜いて野菜に力を与えよう。
そう思った私は数ヶ月ぶりに庭に上陸。(←普段は虫がいるだろうから家から庭に足を踏み入れない人。)
いざ家庭菜園っ。

。。。そこで私は根本的なミスに気づいたのです。
まず、何を植えたのかを全て覚えていません。
次に、かろうじて植えた記憶のある野菜の葉っぱの形を知りません。
よって、野菜と雑草の区別が全くつかない状態に陥ってしまいました。

家庭菜園にこんな盲点があるとは。不覚です。
2009年7月27日(月曜日) くもりのち雨

出張から無事に戻った部長が
自分の席でメールをチェックしていました。

いきなり ははは と呆れたような笑いの後で

「おい。俺がいなくなったらお前どうする?」

と、まるで夫婦の愛を確かめるかの如くおっしゃいました。

何かしら何かしら何事かしら。

部長がいなくなる→秘書がいらなくなる

なんてゴロのいい流れなのかしら。言い易いじゃないの。

「困りますっ。」

と、強い姿勢を見せつつお答えしたのでした。
結構使えるペットシーツ。
2008年7月28日(火曜日) 晴れ

知っている人のフェレットが病気だと知ると
何だかずどーんと落ち込んでしまいます。

色々なことがあって疲れてしまうと
これまたずどーーんと落ち込んでしまいます。

落ち込むポイントは沢山あるのですが
シアワセのポイントってあまりないように思えます。

「ほんのちょっとのことをシアワセに思おう。」

そんな格言を常に意識しているのですが現実は厳しく。

なんか色々疲れたぞーーーーー。

久しぶりに旅に出たくなりました。
2009年7月29日(水曜日) 曇り時々晴れ

昨日の夜にネパール料理を一緒に食べたMさん。
心理カウンセラーのお勉強中だそうです。

「幻覚を見てしまう病気の人がいても
 私はそれがその人の世界だと考えればいいと思います。
 私達には見えないものがその人には見える。
 いくら周囲が『そんなものは見えないから。』と
 言ったところで、その人には見えるんですから。
 その見える世界がその人にとっての現実です。
 だから、見えている現実を現実として
 その人が受け入れられればそれでいいんです。」

なるほどなぁ。

マイナス要素を受け入れて取り込んで。
その世界の中で覚悟を決めて生きていく。
そうすれば、それはそれでシアワセなのかも知れません。

だって今自分が見えている聞こえている体験している
この現実は変えられないんですもの。

現実が変わらないなら自分が変わっていくしかない。
その世界を受け入れられるように。愛せるように。
こんなれの字の食い散らかしも現実。
ああ、れの字がますます肥えていく。。。
2009年7月30日(木曜日) 曇り時々晴れ

会社の人気者・Wさん。
ハンサムさんで背が高く、スタイル良しで性格明るし。
皆に愛されるキャラクターの持ち主です。

コピーの使い方でちょっと小技が必要になりました。
Wさん、わかりません。
事務の女性にお尋ね・お尋ね。
私も小技ゲットのために、彼らの横にちょこんと立ちます。

事務の女性:この画面でここを押してください。
Wさん  :ここね、ハイ。

事務の女性:あ、違います。その隣です。
Wさん  :俺指太いからさー。

。。。あなたドラえもんですか。

そんなWさんは今日も元気に営業に出かけていきました。
氷川丸って夜もきれいです。
2009年7月31日(金曜日) 晴れ時々くもり

もう無理です。(=離婚しましょう)

と私が言い出したのは昨日の夜。

洗い物をしてくれて
トイレ・お風呂掃除をしてくれて
洗濯・洗濯物たたみもしてくれて
私が飲み会で飲んだくれても
渋谷までも六本木までも嫌な顔一つせずに迎えに来てくれる。

私にとってこんないい夫はいないと思うのだけど。

ちょっとしたことが気に入らなくて許せなくて
けちょんけちょんに夫をけなしてしまった昨夜。

夫のタヌキのような大きな体もふさふさのシッポも
しょんぼりと小さくなってしまいました。

私のワガママから来ることなんだろうし
お互いの認識の違いから生じたことなんでしょうけれど
とにかく私はワガママで気が強く
相手のちょっとしたことに腹を立ててしまうのです。

無理なんですけど。もうお互い違う道を歩きませんか。

そう問いかける私に

「明日また話そうや。今話しても無理やろ。」

と夫。

夫は自分の部屋に戻っていこうとして、
「おやすみ。」
と小さく私に言いました。

意地っ張りの私は当然無視。

しょんぼりした夫がドアを力なくパタンと閉めました。

あーあ。ダメだなぁ。どうして私はこうなんだろう。
ちょびっと反省した夜なのでした。
ふわふわの綿帽子を見つけました。
よろしければどうぞ。  前のページ(6月)   次のページ(8月