いたちなあたち(HOME) → 飼い主のつぶやき → 2011年11月
よろしければどうぞ。  前のページ(10月)   次のページ(12月
2011年11月1日(火曜日) 晴れ

先日、義父の一周忌のお経を聞いていて
いきなりこんな言葉が耳に入りました。

「うんたらかんたら 一周忌の人ぉーーー。」

はいっと手を挙げそうになった話は
先々月この日記に書いたのですが

フェレットお友達のTさんは
ペットの合同慰霊祭でしめやかに聞いていたお経で

「うんたらかんたらーーーー
 午後3時ぃー 15と書いてー 3と読むぅー」

という言葉が聞えてびっくりしたとか。

さらにはNさんもとあるお経を聞いていて

「うんたらかんたらーーー 新発売ぃーー」

腰抜かしそうになったようです。
お経にはそれぞれ意味があるのでしょうが
こうしてみるとお経の研究も面白そうです。
ドイツ料理屋さんのパン。形が可愛いです。
2011年11月2日(水曜日) 晴れ
現代アートの心とは。
白い砂。
この中に砂のような大きさの
ダイアモンドが1つだけ入っているとか。
いつも楽しいことに誘ってくれるNちゃん。
今回も彼女の誘いで
横浜トリエンナーレに行きました。
芸術の心が皆無の私に
果たしてどれだけの作品を
理解することができるのか。
入場料1600円を払って中に入ります。
6万個の画鋲のアート。
角度によって光加減も異なります。
細い通路を歩くと、係員の人が
「作品に手を触れないでくださーーい。」
と叫んでいました。
作品。。。?
単なる白い壁にしか見えないのですが
この立派な国際的アート展の作品のようです。
新聞紙が束ねて置いてありました。 作品タイトル「新聞紙」
個人蔵。
「布の切れ端」
作品。。。国際的アート展の作品。。。
そして入場料1600円。
「無造作に置かれたストッキング」
くどいようだが入場料は1600円。
2011年11月3日(もくようび)
気を持ち直して先に進み、現代アートの心を磨きましょう。
大行列を発見。
もちろん並びました。
列の先頭には望遠鏡が。
作品素材:髪の毛・ほこり
いい加減にせんかいっ
と切れそうになった私でしたが
この作品、右上の望遠鏡から、
左下の白い布の上に小さく乗った
髪の毛とほこり(?)で作った作品を見るというもの。
このアイデアはなかなか面白いです。
結論。現代アートはよくわからん。

でも自分では絶対に行かないであろうこういう展示会に行けたのも
友達の誘いがあったからこそ。

このずぼらな私を忘れずに誘い続けてくれるNちゃん。ありがとう。
お互いフェレットは目に見えなくなったけれど、
Nちゃんの携帯の先に揺れる、ピノちゃんのハーネスで作ったストラップとピノちゃんの写真。
そして私の胸の中いっぱいのれの字。
2匹がつないでくれた私たちの縁だから。大事にしたいですね。
2011年11月6日(日曜日) 雨のちくもり時々雨

昨晩から雨が降りました。
そして今朝はくもり。ということは。。。ちゃーんすっ☆

ミョウガを掘り起こして移動しましょう。

と思い立ってから作業すること6時間。
腰は痛くなるし指も手も足もなんもかんも痛いです。

母が植えてから10年以上経つミョウガ達に加え、
私が今年の春に植えてしまった新しいミョウガ達。
ぜーんぶ掘り起こしたらとんでもない量になりました。

畑を買いたい。

夫に言ったところ、
「何のために?」と質問が。

ミョウガが増えたから。

ちゃんと答えたのに無視されました。

5kgの米袋に10袋のミョウガの花芽および茎。
さてと。賃貸の庭に植えて
残りはプランターに。
楽しみ、楽しみ♪
このままフリーズしそうなくらい大量なファイルを
コピーいたしました。
これと同様、大量のミョウガを大移動させましょう。

日曜日夜9時からの「南極大陸」
友達に勧められて観始めたけれど
なかなかいいですね。

犬の演技もいいし
ところどころで出てくる日の丸が
いつもより美しいと思えるのは
きっと真っ白い景色の中だから。
2011年11月7日(月曜日) 晴れ

いつも仕事中は遊んでいる私なのに
今日は朝から業務がてんてこもり。
遊ぶ時間がないじゃないか、と不条理な怒りを覚えながら
机にはりついていました。

そんなときに限って、周囲の人が会議で席を外し
彼らの内線電話がじゃんじゃん鳴ったりするのです。

ひーん、忙しいのにー。

そう思いながらも1オクターブ高い声で

はい。○○さんの席です。

と電話を取らなくてはなりません。
しかしそんな電話はもちろん、

「おつカレーライスっ☆」

と、人の神経を逆なでするオヤジギャグで始まるのです。
はぁ。とため息をつきながらも

○○さんは席を外しています。

と、気丈にも答えた私。
しかし電話の相手はそんなことは気にしません。

「え?席外してるの?ドライバーか何かで?」

不覚にもこのギャグは私のツボにはまってしまいました。
大笑いする私に電話口で嬉しそうな相手。
しまった。
これでオヤジギャグを助長させてしまうかも知れません。
この迷路の先には電話が1つ。
オノヨーコさんが気が向いたら電話をかけるそうで
いつ鳴るかわからない電話に
みんなドキドキな様子でした。
2011年11月8日(火曜日) 晴れ

通常は目的があって買い物をするのですが
私の母は違います。

昨日もいきなり

「ねぇねぇ、ゆず持って行かない?」

はい?ゆず?

「うん。安売りしていたから買ったの。20個。
 何に使おうかしらね。」

目的がないなら20個も買わないでほしいです。
1個ずつお風呂に浮かべたって
全部消費するのに20日もかかるじゃありませんか。

そしてさらに、

「あ、そうそう。こんなの買ってきたんだけど。」

母が両手いっぱいに広げて見せたのは
何やらよくわからない絨毯生地のカバー。

「何に使おうかしらねぇ。」

だから目的もなく
そんな大きな絨毯みたいな生地買ってこないで。 

さらには

「ねぇこれ何に使えると思う?」

小さな壷みたいな小物入れが母の手のひらに乗っていました。

だーかーらっっ(怒)
一体何個のからっぽの意味不明な小物入れが
我が家に転がっていると思っているのかしらっ(怒)

こうやって物が増えていく我が家なのです。
国会議事堂の前。
パトカーなんていつも停まっていたかな。
2011年11月9日(水曜日) くもり
居酒屋にて。
お酒を注文したら、
1杯目は普通に正式な器に入って出てきました。
2杯目を頼んだら、なぜか器が赤色。
ん?よく見ると、
これってそばつゆの入れ物ではないかい?
店員さんによると
「すみません、外側の器が足りなくて。」
うーむ。店も考えたなぁ。
2011年11月10日(木曜日) くもり 肌寒い

入社2年目、Yくん。最近やたら元気です。

「おはようございます!」

そういって席に着き、にこにこ顔でPCオン。
そんな彼なのでからかい甲斐があるというものです。

「僕、小さいとき鍵っ子だったんです!
 ずっと鍵から首をぶらさげていたんです!」

周囲の社員は全員ドン引き。

「気持ちわりーんだよ!」
「想像しちまったじゃねーか!」
「お前かぁ、昨日オレの車にクビで傷つけた奴は!」

当のYくん本人は
しばらく自分のいい間違いに気づかなかった様子。
はっと気づいて

「うわあ、違うんです。違うんです。
 首から鍵をぶらさげていたんです!」

もう遅いよ、Yくん。
私も想像してしまった。  おえ。
「パ 営業中」と書かれた窓。
ぱ。。。ぱ。。。なんだろう。
○パ○ 営業中」
と見えるんです。 なんだろうなんだろう。
2011年11月13日(日曜日) 晴れ

先日、友人の誘いで屋形船に乗りました。
屋形船。私の想像では、どんぶらこっこ波に任せて揺れながら
暑い夏に赤いちょうちんが夜の波に映し出される様子を見つつ、
うちわを扇ぎつつ船内で食事。
こんなイメージでした。

そう。品の良いおばあさまが和服をはんなりと着こなし
日傘を持って優雅に緑の公園を歩く。
そんな「和っ」というイメージを屋形船には抱いておりました。

ぼろくて風情のある船を想像して港に向かった私の目の前に
現れたのは、ちょうちんもなくエアコン完備、
屋上デッキで夜景を楽しめるる、エンジン全開すごい速さで走り、
トイレもばっちり水洗というハイテクな屋形船でした。

そう。しわくちゃなばーちゃんに
いきなり門人未踏の高速ダッシュをされたかのような衝撃でした。

時代が変われば屋形船も変わるみたいです。
2011年11月14日(月曜日) くもりのち雨
トリエンナーレの作品
遠目にみてきれいと思ったのですが
近くで見たら何百匹もの蝶の羽を使用していました。
こういう作品、大嫌いです。
2011年11月15日(火曜日) くもり

「デンタルフロスを使ってくださいね。」

毎年言われるこの言葉。
会社の歯科検診で先生に必ず言われるのです。

うーむ。そろそろ始めてみるか。

興味はあったものの、何となく手が出せなかったデンタルフロス。
ついに買いました。ついにフロス初体験。

こしゅこしゅ。

うん。何となく汚れが取れた気がします。
こっちの歯もやってみよう。 こきこき。うん。いい感じ。

もう少し奥の歯の隙間もやってみよう。
そう思って奥歯の間にフロスを通したのですが、
入れるのにちょっと苦労しました。
そしてこの時点で嫌な予感がしました。しかし時既に遅し。

ぬ。。。抜けません。

デンタルフロスが歯の間に挟まってしまい、取れなくなってしまいました。

たふけてーー。

口から白いフロスの糸を垂らしながら、
何とも情けない顔で必死に夫に助けを求めたのですが
夫は私の顔を見るなり視界から突如消え、
気づけば私の足元で肩をこれでもかっというくらい揺らして
ひぃひぃ笑っておりました。

なんて頼りにならない夫だろう。

夫に見切りをつけ、頼れるのは自分だけだと悟りの境地を開きながら
私はまた洗面所の鏡に向かい
必死にフロスを抜き始めました。

途中、ぶちっと無残にもフロスの一部が引きちぎれてしまったものの
なんとかフロス全線を私の歯から取り除くことに成功。

歯の隙間に入り込んだ汚れを取るはずのデンタルフロスなのに
フロスそのものが隙間に入り込むとは。
何とも奥が深い商品でありました。
日本らしいこの言い回し。
要はメニューの値段を上げたことを
伝えたいのに
材料を良いものに変えた、とか
味はさらに美味しくなった、とか。
前置きが長いです。
これが日本の良いところであり
また混乱を引き起こす要因なのかも。
2011年11月16日(水曜日) 晴れ

電車内のアナウンス。
最近は女性の車掌さんも多いので
柔らかい声で次の停車駅を案内してくれます。

本日の案内も女性の声。
ただ、不慣れなのがバレバレな状態でした。

「三軒茶屋、次は。。。さ、三軒茶屋です。
。。。。。池、池尻大橋には停まりません。」

今日から一人立ちを始めたのかも知れません。
緊張しているんだろうなぁ。

そして三軒茶屋を過ぎたときに彼女は言いました。

「お、お客様にご連絡があります。」

ん?なんだろう。どこかで電車が停まって接続が悪いのかしら。

「。。。。。。。。。。」

前置きから本題までが長いんですけど。

「。。。。。。。」

おーい。何のご連絡なんだーい?

「次は渋谷、渋谷です。」

????? それがご連絡?!
その後、ついに彼女の口から
ご連絡らしきご連絡はありませんでした。
何だったのでしょう。 気になります。
横浜。近代的な風景よりも、
本当は田舎ちっくな景色を好む私。
横浜にガンガン新しい建物が建つのが寂しいです。
2011年11月17日(木曜日) 晴れ 風が少し強い

カツカツカツカツ
よく街中で聞えるヒールの音。私はあの音が好きです。

サンダルでだらしなく階段を降りるうるさい音ではなく、
仕事をする女性が颯爽と歩く音。

私もあんな音を出したいと思いながら
靴を選ぶのですがうまく行きません。
しかもなぜか私はヒールを排水溝に突っ込んでみたり
自動ドアの溝にはまらせてしまうという
情けないヒールの使い方しかできません。

それでも今回購入した靴は
かつかつかつかつ♪
うるさすぎず、かつ私が好きな音が出るのです。

仕事で失敗して落ち込んだ日も
自分の靴から カツカツカツカツ と、聞えてくると
胸もしゃんと張って歩けるようになるのです。

新しい靴ちゃん。これからどうぞよろしくね。
履き尽くしたサンダル。
最後はガーデニングで使う靴となりました。
でももう限界なので、
このサンダルちゃんにはさようなら。
2011年11月20日(日曜日) 晴れ あったか。

2週間に1度、ずっと通っているエステ。
でも途中れの字が体調を崩したあたりから
1年半全く通わなくなってしまいました。

れの字にも会ったことがあるエステティシャンの皆さんに
「れぱんちゃん元気ですか。」
と聞かれるのが怖くて。ただ怖くて。

久々にエステのドアを開けたのは
れの字を見送ってから1年経ったころでした。
エステティシャンは総入れ替えとなっていて
れの字を知る人は誰もおらず。
それが逆に心に優しく、また私は通い始めたのです。

本日は2週間に1度のエステの日。

クリスマスが近いですね、なんて話で盛り上がりました。

クリスマスのコスプレ用品がドンキホーテに置いてあって
私、つい着たくなってしまいました。

という私にエステティシャンが明るく聞きました。

「トナカイですか。」

。。。なんで。普通クリスマスのコスプレって言ったら
サンタさんの可愛い服をイメージするでしょーが。

ふん。どうせ私はそんなキャラさ。
ツリーのコスプレって言われなかっただけでも
ありがたいと思わなくてはいけません。

うー。絶対サンタ服買ってやるっっ。
カラオケで全国オンライン採点という機能を発見。
もちろん参加。
人気のある曲だと参加者の数が600人を超え、
12位とか26位とか
どうしても1ケタの順位にならず。

悔しくて選んだこの曲。
最近DVDで観た「星の金貨」の主題歌です。

ようやく手にした1位☆

参加人数がたった17名だということは
ここだけの秘密です。
2011年11月21日(月曜日) 晴れのちくもり一時雨
フジコ元気です。
少し痩せてきましたが
アタシはまだ生きています。
このままファラオの年齢を超えようかしら。
2011年11月23日(水曜日) 晴れのち雨

家がほしいなー。
そう思って、たびたび不動産情報を見て
こんな家ほしいなー。
と、指をくわえて家の写真を眺めています。

しかし時々、んん?と思う表記がちらほら。例えばコレ。→

『この家のここがポイント』

各担当者がその物件のアピールを書く欄があるのですが

『洗面所にドア』

って、逆にドアなかったら困るでしょ。
2011年11月24日(木曜日) 晴れ
やっぱり新築が一番?。
新築はいいと言うけれど
建売だと自分の好きな間取りにはできません。
かといって注文住宅だとお金が高いですし。

新築情報をちらほら見ていたのですが。
古い家を取り壊している写真が
新築物件の一体なんの参考になるだろう。。。
2011年11月27日(日曜日) 晴れ 昨日より寒い。

「おじゃましまーす。」

母がこおりを連れて遊びに来ました。
1時間くらいお話をしたのち、
「そろそろ帰る。」と支度をする母。

私はちょっと手が離せないことをしていたので
玄関への見送りはしませんでした。
すると玄関から母の声が。

「靴、借りるねー。」

耳を疑いました。

用事を済ませて玄関に行くと既に母は立ち去った後。
見ると玄関に母の靴が脱ぎ捨ててあり、
その代わり私の靴が消えていました。

どーゆーことかしらっ(怒)

後ほど電話で尋ねたところ、
履いてきた靴が足に合わず痛くなったとのこと。

どこの世界に娘の家に遊びに来て
自分の靴を置いていく母親がいるのでしょうか。

明日、母の靴を履いて実家に行き
自分の靴を奪還する構えでございます。
「14.壷うどん
 壷に入っている意味は全くありません。」
2011年11月28日(月曜日) くもり

デパートで買い物をしていました。
ベビーカーを押した女性が、ふと立ち止まり
ガサガサ音が鳴るビニールを手に取り
いきなり袋から商品を出し始めました。

ちょっとびっくりして見ていてわかったこと。
その女性は盲目でした。
手探りでビニールの封の場所を探し
そこからビニールの口を開いて小さなぬいぐるみを出して
それをベビーカーに乗っていた自分の子供に近づけて
その様子を探るべく、耳を子供に近づけていました。

子供がおもちゃを気に入ったかどうか。
盲目のお母さんは耳やにおいや空気で感じ取っているよう。

商品をビニールから出し始めたので驚きましたが
考えてみれば、ビニールにきれいに入った状態では
その上から触っただけでは中身のことはわかりません。

あのお母さんにとっては、商品をビニールから出して
視覚以外の感覚に頼る必要があったのです。

見ていてとても切なくなりました。
と同時に、そのお母さんの強さを感じました。

まだ言葉も話せない様子のベビーカーに乗った子供。
あの子がこの先、母の目となり歩く日が
いつかやってくるのでしょうか。
このメニュー、おもしろいです。
2011年11月29日(火曜日) くもり時々晴れ

こおりを「棚の刑」に処す。
本人は全く気にせず
「別に。」
という顔をしているのが気に入りません。
まったくもう。
こおりが腹いせにおしっこをもらしました。
罰として棚の刑に処し、
1時間ほど棚の最上段に置いておきました。
2011年11月30日(火曜日) 晴れ あったか。

この間、エリッククラプトンとスティーブウィンウッドの
ジョイントコンサートに行ってきました。
割と前の席だったので2人の顔がはっきりと見えたのですが、
もともと2人のことを良く知らない私は
どっちがエリックでどっちがスティーブだか最初は判別できず。
エリッククラプトンの大ファンの夫は

「近いわー。泣きそうやわー。」

と、1人で大喜びしていました。

翌日会社で上司に報告。

エリックとスティーブの区別がつきませんでした。

すると上司が

「すぐわかるのに。」

あら、上司もエリックとスティーブのファンなのかしら
と純粋に思った私がバカでした。

「どちらかがメガネをかけているよね。」

ええ。

「メガネをかけている方は、メガネをかけていない人じゃない方で
 メガネをかけていない方は、メガネをかけている人じゃないから。」

(。。。頭混乱中の私。。。)

「すぐ区別つくよねー。」

もちろん無言で席に着き、仕事を再開した私です。
犬に埋もれる小さなチワワ。
よろしければどうぞ。  前のページ(10月)   次のページ(12月