よろしければどうぞ   前のページ(11)   次のページ(2015年1月
2014年12月1日(月曜日)雨のち曇り一時晴れ
女王様、ご懐妊。
やはり思っていた通りでした。
左側のデバさまが女王様になられたようです。
他のネズミより明らかにお腹が大きいです。
妊娠なさった御様子。
これでこの個体が女王様に君臨したことが
証明されました。
よろしければどうぞ   前のページ(11)   次のページ(2015年1月
2014年12月3日(水曜日)晴れ 寒い

2歳の子供。
保育園を出ると空を見上げて

「おちゅきさま。」

と、月を指さします。

少し歩くとまた上を見て

「あ。またおちゅきさま。」

そしてまた少し歩いてから顔を上げて

「おちゅきさまー。」

そして言ったのです。

「おちゅきさま、いっぱいね。」

子供の目には
月がいくつも空に浮かんでいるように見えるのでしょう。
白いきのこ。美味しかった♪
2014年12月4日(木曜日)くもりのち雨

会社の親善イベントのアンケートが来ました。
いずれかを選べ、とのこと。

1.アイススケート
2.屋形船
3.温泉1泊旅行
4.大型客船でのディナークルージング

1人1つどれかを選んで投票するのですが
票がかなり割れてどれも僅差となってしまいました。

取りまとめをするのは新人さん。

「アイススケートがいい。」
「やっぱ屋形船でしょ。」
「1泊して親睦深めないと。」
「こんな時じゃなきゃ大型客船なんて乗れないよ。」

あっちこっちから勝手なことを言われて
どうしてよいかわからなくなっている新人さん。
見るに見かねて上司が名乗りを挙げました。

「仕方ないな。俺が決めよう。」

これは鶴の一声なるか?

「大型客船のプールに屋形船浮かべて
 船の中でアイススケートして船で1泊すればいいんだよ。
 みんなの願いが叶ったイベントになるはずだ。」

なんて役に立たない上司なんだろう。。
秋の脱け殻
2014年12月7日(日曜日)晴れ

今年から年に2回開催されることになった
東京レプタイルズワールドに遊びに行きました。

フェネックのてまりを連れて歩いていると
突然後ろからはがいじめに。
えええっ
なんと、らんちさんでした。
何年ぶりでしょうか。

「その服装、ありえない。」

と、らんちさんのご主人に真顔でダメ出しされながら
真っ赤な服でフェネックキツネを連れてふーらふら。
変なオーラを出していたようです。

しかし。本物のオーラを放つ女性が会場に現れました。
森泉さんです。
他のペットショップの人の話によると
森さんは有名人でありながら
人が集まるペットのイベントにも
プライベートで普通にやってくるのだとか。

少しだけ森さんとお話してみたのですが
テレビで話す口調そのまんま(笑)

美しいオーラを放ち会場を後にした森さんの後姿。

私は2歳の子供に言いました。

「息子よ、芸能人になってみない?
 ほら。ジャニーズとか。」

すると子供は答えました。

「まだよー。」

最近子供がよく使う言葉。「まだよー。」

そうだな。確かにまだ早かったかな。
秋の空。
2014年12月8日(月曜日)晴れ

情というのは愛よりもタチが悪いものです。

私を苦しめる人間が
結局は私を救うのか。

私を苦しめる人間に救われる自分が
ただただ情けない気持ちです。
2014年12月9日(火曜日)晴れ

部屋の出入り口をふと指さして子供が言いました。

「ありぃ?だりか来たよ。」

部屋には子供と私しかおりません。

誰が来たの?と聞くと

「お兄ちゃん。」

怖いです。怖すぎます。
誰がやってきたのでしょうか。。。
雑草と雑草の間で
母と子供が遊んでいます。
こういう写真の構図も
なかなか面白いものです。
2014年12月11日(木曜日)曇りのち雨 少しあったか

師走で忙しいため、みな黙々とPCに向かって仕事をする職場。
カチャカチャとキーボードを打つ音だけがこだまする職場。

上司Bさんが言いました。

「明日持っていくこの資料、もうこのままで印刷していいよね。」

Sさんがそれに答えました。

「はい。ありのままで。」

ん?嫌な予感。

「ありの~ままで~」

アナと雪の女王かい。。。

するとBさん、

「ありのままでも、なすがままでもいいんだけど。」

そしてSさん、

「きゅうりがパパでもいいですか。」

さらにBさん、

「いや、きゅうりがパパは嫌なんだよな、オレ。」

最後にSさん、

「奇遇ですね。私もきゅうりがパパは嫌なんです。」

。。。。。。

そして静けさが戻る職場。
キーボードを打つ音だけが響く職場。

え?なに? 今のはもしかして『会話』?

今日は天気いいね。
そうだね。
みたいな普通の会話と変わらない会話?え??

まるで天気の会話をしたかのように
なんら違和感のないような雰囲気で黙々と仕事をする人たち。

そのなかでめちゃくちゃ違和感を感じていた私。

私がおかしいのか?
職場がおかしいのか?
木の枝の下に子供の姿。
この構図も好き。
2014年12月14日(日曜日)晴れ

今日は選挙。
選挙は権利ではありません。義務だと思う私。

さてさて、今読んでいる本です。
桶川の事件です。
誤植も見られますが、
現場の生の状況を知ることができます。

女子大生は最期に道路にしゃがんでいた、
というのが赤の他人の私ですら胸が痛みます。
道路に倒れこんでいたのではなく
道路に座っていた。。。

いつも思うこと。

守りたいもの、失いたくないもの
そうしたものが1つも存在しない人が
この世の中では一番強いのではないか、ということ。

亡くなった被害者には守りたいものがありました。
家族です。
守りたいものが彼女にはあったのに
彼女自身を守ってもらうことはできなかった。

半分くらい読んだところです。
やるせない気持ちとともに、残りのページをめくっていきます。
2014年12月17日(水曜日)晴れ 風が冷たい

廊下の一部が汚れていたので
既に帰宅した掃除のおばさんの控室に掃除機を借りに入りました。
掃除機どこかなー、と探していると
同じ職場の1人、Sさんがすっ飛んできました。

「ダメよ、ダメ、ダメ~」

部屋に入るなり
私がようやく見つけた掃除機を指さし

「その掃除機はダメです。掃除のおばさん達に怒られます。」

え。そうなんですか。

「あっちの大きい掃除機を使って下さい。」

やや離れた机の下にある掃除機を指さすSさん。
私が持っていた小型の掃除機を元の場所に戻し
彼が指さした大き目の掃除機を取りに行っている間
何やら机に小さな紙を貼るSさん。見ると

『掃除機をお借りしました。
 平成26年12月17日 13:30』

手書きではなく、
既にPCで作成済みで
何枚も備蓄しているとみられるメモ書きでした。

「こうしてお知らせしておかないと後でおばさん達に怒られま
す。」

そんなに怖いんですか。
というか、
そんなに掃除機って借りる機会ってあるものなんですか。

「ありますよ。お菓子こぼしたときとか。」

子供かい。

掃除機にはコードがきれいに巻かれ、
美しく紐で結ばれていました。

「この姿を目に焼き付けて置いてください。」

???

廊下の一部を掃除機で ごぉー っと掃除し
さて元の場所にしまいましょう、というとき。
心配になったと思われるSさんがまたやってきました。

「ちゃんとしまっておいてくださいね。元の場所に。元通りに。
 そうでないとおばさん達に怒られますからね。」

いやどんだけ怖いんじゃい。

掃除機のコードをくるくる巻いて
付属品をしまいながら、はて紐はどうやって結んであったっけ?
うーん。思い出せない。

ま、いっか。

私がそうつぶやいて適当に紐をコードに結ぼうとしたその時。

「ダメですっ。その『ま、いっか。』が命取りになるんですっ。」

必死にコードをぐるぐると機体に巻きつかせ
紐で美しく結んだSさん。

「これでよし。これで怒られることはないだろう。」

どんだけ恐ろしい目に遭ったのかしら。

掃除のおばさん達とは毎日楽しくお話ししているんですけど。

機材を借りるとどんな恐ろしい目にあうのか
明日会ったら聞いてみようっと。
ごろりん転がって甘えるキツネ。
2014年12月18日(木曜日)晴れ

あの、つかぬことを伺いますが
Sさんと何かあったんですか。

仲良しの掃除のおばさんに尋ねてみました。
おばさんは笑いながら言いました。

「結構多いのよー。
 勝手に掃除機使っちゃうの、みんな。
 掃除機のゴミをためるところを掃除して
 充電しておいてくれればいいんだけどね。」

昨日私が最初に手にした小型掃除機は充電式で
ゴミが紙パックではなく
直に掃除機内に溜まる形のものだとか。

朝、おばさん達が出社して掃除を開始しても
すぐに途中で充電器が切れてしまうだけでなく
中を確認するとゴミがたくさん溜まっていて
掃除の途中で持ち場に戻って
充電器の交換をしたり、
中を掃除しなくてはいけないことが頻発したのです。

堪忍袋の緒が切れてしまったおばさん達。
そこへたまたま掃除機を使ってしまったSさんが
こっぴどく怒られてしまったのだそうです。

「警備員さんも他の人もよく使うんだけど
 その時はたまたまSさんだったのよ。」

なんて運の悪いSさん。

「それからはこんな形で知らせてくれているの。」

見せてくれたのは
掃除のおばさん達が互いに使っている連絡ノート。
ページを開くと2つも3つも4つも5つも
例の『掃除機を借りました』メモが貼ってありました。

なるほどね。

私は今後の平和のために
掃除機を借りる時は細心の注意を払うことを
心に決めたのであります。
冬はやっぱり湯たんぽ♪
2014年12月23日(火曜日)晴れ

母と買い物に行きました。
フリースの室内着を2着手にした母。

「どっちが良いと思う?」

と私に意見を求めてきました。
選んであげようと思ったのですが、
ふと気になることがあったので尋ねてみました。

室内着、持っていなかったっけ?

すると案の定の返事がかえってきました。

「うん。この間新しいの2着買ったから。」

このあいだ新しいのを2着買った「から」?
おかしくありませんか、その接続詞。

2着も買ったのに何でまたもう1着買うの(いらいら)

「予備に買っておこうと思って。寒いから。」

予備の室内着は3着も要らんでしょうっっ(怒)

速攻で母から2着の室内着をもぎ取り
元の売り場に戻した私。

こうやってこの家は物が増えて行ったのね。
これからは断固として阻止しなくては。
大量の物を処分中。
2014年12月28日(日曜日)晴れ

家の整理をしている関係上
最近はゴミ捨て場と仲良しになっています。

今日はビン、缶、金属の日。

袋を抱えてゴミ捨て場に行くと
明らかに瓶や缶ではないものが
入っていると思われる黒い手提げ袋が。

チラリと中を見ると、手帳やノート。

ゴミ袋を置く際に
間違って一緒に仕事の手提げ袋も
ゴミと共に置いて
そのまま仕事に行ってしまったのでしょう。

こういうこと、あるよね。
と、帰宅してから母に言いました。

ゴミを捨てることに神経が集中して
一緒に持っていたゴミではない物も捨ててしまう。
あるよねー。

すると母も大きくうなずきながら言いました。

「あるある。私もコロを捨てたこともあるもの。」

はい?

「ゴミを捨てに行った帰りに
 気づいたらコロがいなかったのよ。
 間違ってゴミと一緒にゴミ捨て場に置いてきちゃったの。
 慌てて振り向いたら、ちゃんと後をついてきていたの。」

。。。。。

「あるわよねー。」

ない。
絶対にない。
青い空♪
2014年12月30日(火曜日)晴れ

レコード大賞を観ています。
普段はテレビをほとんど観ないのですが
年末は少し時間ができるので
こうしてぼんやりとテレビを眺めています。

あと1日で2014年も終わります。

レコード大賞に出ている人たちにとっては
楽しい1年なのかな。
私にとってはあまり良い年ではなかったな。

でもテレビで歌う人たちの笑顔の裏には
きっと色々な黒い気持ちがあるんだろうな。

ぼーんやりテレビを観られる時間。
うん。シアワセかもなぁ、私。
4つ口コンセント。
今回の増築に導入しました。
2014年12月31日(水曜日)晴れ

紅白を観ています。
ものすごく気分悪い状態です。
ほんと、今年は良いことがなかった1年でした。

そんな腹立たしい気持ちで
今年を締めくくる状態ではありますが
フェネック達には八あたりはできません。
年越し蕎麦をプレゼント。
くれっ。
ソバくれっ。
これがホントのきつねそば。
2014年。あまりいい年ではありませんでした。
来年は少しは泣かないで過ごしたい。