? いたちなあたち・飼い主のつぶやき・2015年6月
よろしければどうぞ   前のページ(5月)   次のページ(7月
2015年6月1日(月曜日)晴れ

始まってしまいました、
フェネックの人工保育
可能な限り避けたいと思っていたのですが。

寝不足な日々との戦いになりますが
これがべた慣れフェネックの成長につながります。

がんばろーっと。
よろしければどうぞ   前のページ(5月)   次のページ(7月
2015年6月6日(土曜日)くもり時々雨

他の人にはドン引きされるのですが
本日のAKB48の総選挙を楽しみにしていた私。

可愛い女の子は大好き♪

今回は彼女達の家族が出演していたのですが
残念だったのは
彼女達の全員が自分の家族を他人に言うときに

父、母、祖母

といった常識的な呼称を使って話せなかったこと。

お父さん、お母さん、おばあちゃん。

それは身内の間で呼ぶときに使う呼称であり
他人に言うときに使うものではありません。

こんな普通のことを普通にできないなんて。

しかも私が「この子はしっかりしているに違いない」と
思った女の子が。。。うーん、残念。

でもやっぱりみんな可愛いですね。キラキラしています。
それがなんであれ、何かに向かって頑張る女性は美しい。
2015年6月9日(火曜日)雨ときどき曇り
テレビ番組でフェネックが紹介されました。
テレビ朝日の制作スタッフさんから
メールをいただきました。
しかもエンドロールには「きつめのきつね」と
表示されているではありませんか。
むちゃくちゃ嬉しいです♪
昨日のスペシャル番組でクイズに使われました☆
サイトに掲載している写真を
喜んでお貸ししました。
スタッフさんが選んだのは4枚の写真。
そのうち3枚目で正解が出ました。
2015年6月12日(金曜日)雨のちくもり

仕事と育児(人間+キツネ)に追われると
ろくにテレビも観られなくなります。

そんななか、月曜日は家事をやりながら
ずっとQさまを観ていました。
そしてフェネックが登場した途端、

きたーーーーーっっっ

とガッツポーズ。

テレビの大きな画面いっぱいに
我が家の可愛い子ぎつねの写真が映る興奮に耐えられず
洗濯ものを放り出してリビングで喜びの舞。

それはさながら一昔前のコサックダンス(?)
だったそうで、
夜に一人で うほっうほっ と踊る姿は
不気味なものを感じたと後から家族に言われました。
2015年6月14日(日曜日)くもり一時晴れ

先月、毎回楽しみにしているイベント、
東京レプタイルズワールドに行ってきました。

珍しい動物が展示販売されているのですが
今回はエミューの赤ちゃんがいました。

うわー。。。

私と同じくエキゾチックアニマルが大好きな友人夫婦と
ケージ越しにエミューの赤ちゃんを眺めました。
まだ小さな赤ちゃんエミュー。

エミューかぁ。

そうつぶやいた私に、友人男性が反応しました。

「広いところが必要だよね。走り回れるような。
 大きくなったらエサの調達もがんばらないと。
 背丈もこれくらい高くなるから
 目だよ。目に気を付けて。
 くちばしで目をつつかれる可能性があるから。」

いや別にそんな本気のアドバイス要らないんですけど。

しばし見つめあう私と友人男性。

いやだから、ほんとに要らないから。飼わないから。
これ以上飼えないし。無理だから。

友人男性の家にはワオキツネザルやらプレーリードッグやら
キンカジューやら犬4匹だか5匹だかが
うじゃうじゃと生活しています。

かたや私の家にはフェネックやらオオミユビトビネズミやら
ハダカデバネズミやらゼブラマウスが
うろうろ歩いています。

確かにエミューも連れ帰りそうな勢いの私たち。

いやいや、そこは違うから。
お互いにそんな確認をして、また別行動。

1時間後。再度イベント会場で会った私たち。

私はオオミミトビネズミを購入。
彼らはミーアキャットを購入。

。。。増えちゃったね、お互い。。。
2015年6月15日(月曜日)晴れ

フェネック飼育歴10年にして
初めてやってしまいました。

フェネックを逃がしてしまったのです。

ありえません。
興奮して寝られません。
こんなことが本当に我が身に起きるとは。
2015年6月16日(火曜日)くもり

昨日の光景が脳裏に焼き付いて離れません。

パピルスが3mの高さから飛び降りて外に逃げ出していく姿。
道路を走り去っていく後姿
2m先まで近づいてくるけれど、
またスッと別の方向に行ってしまう姿。
逃げた直後は私を信頼して、私の後をついてきたその姿。
しかし猫に邪魔をされて、あらぬ方向に駆け出してしまった姿。

思い出したくないのに
目を開いていても閉じていても
あの時の光景が浮かんできてしまうのです。

私、この3年間本当に嫌なことに耐え続けてきました。
その嫌なことは未だに私を苦しめますが
私の中で強制的に区切りをつけたことで、すこし楽になりました。

そんな3年間の私の苦悩は、もしかしたら
慣れていないフェネックを屋外で素手で1人で捕まえられる、という
奇跡とも言える今回の事象の為にあったのではないかと思いました。

人間はいつも幸せと不幸せが同じ数だけある、といいます。

まさに私の3年間の苦しみが今回の奇跡の為にあったかのようです。

と、1人で思いふけっていました。

ん?

待てよ?

フェネックを外に逃がしてしまう時点で
最高級の不幸を味わっているではないか。
そのフェネックを無事に捕獲できたことで、
その不幸せが帳消しになっているのではないか。

おろ?

私の3年間の苦しみは?まったく関係なし?あれぇ?
ヤマネもびっくり。
2015年6月19日(金曜日)雨 寒いなー

私の職場のある建物の中にある別の会社に
最近新しい人が入ってきました。
名前はレーモンドさん。

何やらとても偉そうな感じの雰囲気なので
レーモンドさんとよく話をしている
上司Bさんに尋ねてみました。

レーモンドさんって何者なんですか。

わたし、真面目に聞いたんです。
いつもそうですけど
私は職場ではまじめなんです。
私以外の人たちが不真面目なだけで
私はいたって真面目です。

なので私は真面目に聞いたのです。
上司Bさんに、真剣に尋ねたのです。

レーモンドさんって何者なんですか。

しかし私が間違っていました。
この職場で、真面目なんて言葉は通じないということを
私はすっかり忘れていたのです。

「アーモンドの親戚じゃない?」

はあ????

上司Bさんの返事に耳を疑うと同時に
周囲にいた他の社員の目が三日月になっているのが
すぐに見てとれました。

嫌な予感がします。

Sさん「レモンの過去形かも。」

レーモン・・・ド。。。

Hさん「ダイヤモンドの弟でしょ。」

もう結構ですっっっ(怒)
初めて間近にトラを見た時
その迫力に圧倒されました。
2015年6月21日(日曜日)雨

母の携帯はよく鳴ります。
携帯が鳴らない日はありません。友達が多いのでしょう。
しかしここ数年、母は同じことを口にします。
今日も誰かからの電話を受けた母が、
その電話を切りながら言いました。

「1人、また1人と死んでいってしまう。」

母の年齢になるとだんだん知り合いが亡くなったり
ぼけて施設に入ってしまいます。
今回はダンスの友達が病気の治療のために遠くの病院に行くと
連絡があったとのこと。

「年を取るって寂しいわ。
 こうやって友達がどんどん減っていっちゃう。」

ため息をつく母。

そのタイミングで母の携帯の着信メロディが鳴りました。

「おでんわでーす。」

母の携帯着信音を覚えている2歳の子供が言いました。

「はーい。」

と、嬉しそうにのんびりと携帯を取りに行く母。
10分ばかり自分の部屋で、電話をかけてくれた人と話をして
また私と子供がいる居間に戻ってきました。

その瞬間に、また母の部屋から携帯の着信音が。

「おでんわでーす。」

子供が言いました。

「はーい。」

母はまた部屋に戻って行きました。

そして今度は30分近く話し込んでから
ようやく台所に戻って来てお茶の準備をし始めました。

そのとき、また母の着信音が。

「おでんわでーす。」
「はーい。」

。。。友達、ぜんぜん減ってないじゃん。。。

それとも新たに補充しているのか?
2015年6月28日(日曜日)晴れのち一時雨

最近音楽番組が多いです。
チラチラと観るのですが

うーん。。。

何でこの人、もしくはこの人達が
人気があるんだろう。曲が売れるんだろう。

そう思う人や曲が多い気がします。

大型テレビの画面に耐えがたい容姿や
その辺のカラオケ屋で歌っているかのような歌唱力。

全ては運なのかな。
運を掴んだ人の勝ち。
不細工でも音痴でも、運さえ勝ち取れば一流扱いされるのかな。

よく言います。
容姿と肩書きで人生の9割が決まる、と。

でも私は思うのです。
運で人生の9割が決まる、と。

ならば。
運よ、私にやってこーいっ。
天敵に襲われずに老衰で一生を終える
野生のシマウマはとても少ないです。
それこそ、運が生死を左右しています。