? いたちなあたち・飼い主のつぶやき・2018年2月
よろしければどうぞ   前のページ(1月)   次のページ(3月
2018年2月6日(火曜日)

この日記の中に幾度となく登場する人物、それは私の母。
その変わりっぷりたるや、常識人の想像の範囲を優に超えます。

母の買い物を助けるために母、私、子供の3人で
週末に少し大きめのスーパーに買い物に行くのですが、
先週、今週と、2週連続に渡って
「やっぱりこの人、変。」
と、娘ながらに母に対して思うことがありました。

例えば先週。

最初は3人一緒に店内を動きますが
やはり徐々にはぐれていきます。
先週は母と子供が共に行動し、私は2人からはぐれました。

しばらくして母達を探すため
私は母が選んだ品物が入った思いかごを腕に下げて
店内をうろうろ。右へ左へ2人の姿を探すのですが
どうしても見つかりません。
母の携帯を2度鳴らしても応答はありませんでした。

店の中を端から端まで歩くこと3往復。
もう仕方がない。先に清算を済ませて2人を待とう。
母が追加で買いたい物があって
それを手に持ちながら私を探しているかも知れないけれど
これだけ歩いても見つからないなら仕方がない。

そして会計レジへと行きました。
とても大きなスーパーなので、レジの数もそれなりにあります。
そして週末はいつも混んでいるのでそれなりに並びます。
どこでもいいや、と、私は1つのレジの列に並びました。

会計の順番を待つ間も、母や子供がいないかと
後ろを見たり横を見たり。
私の会計の番が来たときに間に合えば
母が今手にしているであろう品物も一緒に清算できるのに。

とうとう私は2人の姿を見つけることができないまま
会計の順番を迎えることになりました。
ポイントカードをレジの店員さんに手渡して
一歩前に出たときです。

目の前に、母に良く似た女性と
息子に良く似た子供の後姿が見えました。

ん?

見ると母は目の前のサービスカウンターで
なにやら会計をしていました。

なんだなんだ?何しているんだ?

サービスカウンターの人からレシートを受け取った母は
くるりと向きを変えて私に気づき、
あ。と言って手を振りました。

母と子供がのんびりと私に近寄ってきます。

「あっちのレジで長い列に並んでいたらね、近くにいた人が
 そのくらいの数の清算ならわざわざこんな長い順番待ちしなくても
 あそこのサービスカウンターで会計してくれますよって
 教えてくれたの。」

私の携帯に母からの着信など当然ありません。

私が母を探して店内を右往左往しているときに
母はちゃっかり自分の追加の品物を手にして
何らの迷いもなくレジに並び、親切な近くの人のアドバイスを受けて
早々にサービスカウンターで会計を済ませていたのです。

。。。無言になる私。
いやぁ、列に並ばなくて楽しちゃったわぁ、と無邪気に笑う母。

ピッ。ピッ。ピッ。

レジ係の店員さんが、母が選んだ品物のバーコードをレジに通す音が
私の横でむなしく響いておりました。
よろしければどうぞ   前のページ(1月)   次のページ(3月
2018年2月14日(水曜日)晴れ

昨日は先週スーパーで私が経験した話ですが
今日は今週体験した話を書きましょう。

先週のモヤモヤ感を拭えぬまま、私は母の買い物を助けるため
また車を出して大きいいつものスーパーにやってきました。

お母さん、今日は携帯がちゃんと聞こえるようにしておいてね。

先週はカバンの奥底に携帯を入れていたため
私の着信に気づかなかったという母に
今日こそは何かあったらすぐに出てもらおうと思ったのです。

先週はかごを腕にぶらさげて店内を歩いて辛かったので
今日はかごをカートに載せてお買い物。
母は欲しい品物をかごにポイポイと入れていきます。

ほどなくして私と子供、そして母、と二手にわかれました。

子供が大好きなお菓子売り場で子供に付き合い、
そろそろ母と合流しようと電話をしました。

出ません。

えー。またかい。
私と子供は店内を端から端まで2往復。
そうかこれがデジャヴというものか。

散々歩き回った後で母から電話が入りました。

どこにいるの?と聞く私に母は答えました。

「ちくわのところ。」

。。。ちくわって、どこ。

このスーパーにはまだそんなに慣れていません。
野菜売り場とか魚売り場とか、
万人に通じる場所のチョイスをお願いしたいものです。

「ちくわとこんにゃくのところ。」

わからん。まったくわからん。
でもいいよ。探すからそこにいてちょうだい。

そこで子供と手をつないでうろうろしながら探し当てました。
ちくわとこんにゃくの置いてある売り場の前に
母はいませんでした。

「おばあちゃん、いないね。」

子供がつぶやきました。

そうね。。。動いちゃったのね。
今からそちらに行くって言ったのに、動いちゃったのね。

辺りを見渡しても母の姿は見えません。
ちくわ売り場から見える所まで移動するならまだわかるけれど
姿が見えない場所まで動いてしまうなんて。

先週のことも思い出されて、私の気持ちはイライラ。

すると遠くから母がショッピングカートを押しながら
のんびり歩いている姿が見えました。

いた。

すぐに子供と一緒に母のところに行き、開口一番

どうして動いちゃうのっ。

と声を荒げてしまいました。

今からそっちに行くっていったのに、
どうして待っていてくれないのっ。

母を叱りつけました。

ちくわとこんにゃくのところって言ったじゃない。
動いちゃうなんて信じられない。

吐き捨てるように言うと、母がのんびりと答えました。

「だってちくわとこんにゃくを探していたから。。」

。。。。。ん?。。。。。はい?今なんと?

「この子がちくわの天ぷらを食べたいって言っていたの。」

きょとんとする私の子供を見ながら母が言いました。

。。。。。。。。

私は言葉を失いました。

互いにはぐれて、散々探して、ようやく電話がつながって
今どこにいるのと尋ねたら、
ちくわとこんにゃくのところという超わかりづらい場所を言われ
それでもその売り場を探してたどり着いたのに姿は見えず
ようやく見つけられたと思ったら
ちくわとこんにゃくを探していた、と?

理解ができません。全く理解ができません。
もう私の怒りは頂点に達し、
もう母と一緒に買い物になど来るものかと
強く思ったのでありました。
2018年2月15日(木曜日)晴れ 

いいな、と思って始めたこと。
それはダスキンのモップレンタルです。
今日からお試し4週間。

1か月2000円とのことなので
そこまで高くないかなぁ、と。

2000円を単なるレンタルモップ代と考えず
掃除をするという機会を買っていると思えば
とってもお得なのではないでしょうか。

早速気になっていたところをモップでフキフキ。
小さなモップが大活躍で
壁時計の上部や巾木の上など
思いっきり埃を取りまくっています。

飽きっぽい私のことなので
3か月後にはモップが
部屋のお飾りになる可能性がありますが
それでも今日は色々と拭いて楽しみました。
2018年2月22日(木曜日)くもり 寒いぞ

今日は猫の日。

猫が欲しいけれど飼っていないので
カレンダーを見るたびに「にゃんにゃん♪」と言ってみるだけ。

仕事がどんどん積まれて、もうどうしようと思う反面
出来なかったらそれはそれでいっか、と開き直ります。

わからない作業があったため、定年間近のYさんに尋ねました。
快く教えてくれました。

次にやっぱり作業がわからなかったため、Yさんに尋ねました。
快く教えてくれました。

またまた突っかかったので、Yさんに尋ねました。
じーっと私を見て、Yさんは言いました。

「いつまでも、いると思うなオジサン連中。」

すみませんっと謝る寸前、私は辺りを見渡しました。

Yさんは再雇用が決まっています。
Yさんの横には、61歳のおじさんが座っています。
Yさんの斜め前には、
すでに65歳を超えても勤めている人がいます。
Yさんの斜め後ろには60歳を迎えて
来月から再雇用が決まっている人が。

。。。いつまでもいるんですけど。おじさん連中。。。。
2018年2月26日(月曜日)くもり

私は何といっても家では和食が主流です。
ホテルに泊まって朝食にパンが出てくると
かなりブルーになります。

朝からパンは受け付けません。
昼にパンでは夜まで持ちません。
夜にパンなんて王道から外れています。

というわけで、私はパンをほとんど食べません。

ところが困ったことに
私の子供はパンが好き。

朝からパンを焼けと要求してきます。

絶対にパンなど許さない私と
まぁまぁいいじゃないかとパンを焼き始める母と
朝から口論になるのです。

そして私の敵として対峙するのが
朝食はパンが当然やろとほざく関西出身の夫。

おいこら、あなたがた。
日本の朝はご飯でしょうがっ。

こんな家族の朝食が同じになるわけではなく
ご飯とパンが入り乱れた我が家であります。