明日は京都 ・ 紅葉の秋を体験
←もう出てもいいでしょうか?


   →あは☆
     また新幹線さんだ。
とーきょー、じゃなくて きょーとですって。
鞍馬天狗さんってば
お鼻長ーい。
落ち葉カサカサ 電車コトコト
皆さん、お参りしてますかぁ?
あたちもお参りしよっと。
階段多くありません?
。。。まだ続くんですか?。。。
もうイヤイヤなのー。
登りたくないのー。
抱っこしてもらってやっと到着。
階段はもうイヤ。
←天狗のおみくじさん


   →天狗さんが
     ゴロゴロ入っています。
     
     あたちの運勢は
     いつも大吉なのよん。
端から。。。
赤い橋を渡るとシアワセになるの。 端まで渡っちゃう☆
大地を踏みしめて参りました。
でももう限界です。

おねえちゃま、抱っこぉぉぉーーー。
こういう1枚だけのもみじさんも素敵です。
こういう沢山のもみじさんもいいけれど。
紅葉の秋。
あたちも染まる秋。

秋っていたちを詩人にさせるのね♪
えへ。
あたちと同じ背中してますね。
←あのね、あのね。
  今更なんだけどね。


  →あたち、お着物着ているの♪
(木の根道)
いやぁん、根っこさんってば迷路みたい。 出口はどこですか?
くぐっても
くぐっても
出口がないんですぅ。
あー、おねえちゃま見っけ。
もみじさんのお手手と
かわいさでは引き分けぇー。
あたちのお手手とくらべっこ♪
うー。。 いちょうさんの美しさには負けちゃうかも。。
ひだまりにょろっとのユーリさん宅にお邪魔しちゃいました。
太陽くん、そこはですね、、、
そこはあたちのですね。。。
あたちのキャリーなんですってばぁー。
←超マイペースな太陽くんであった。
それがなにか?
←ベストを着たフーカちゃんと。



   →ドレスを着た太陽くんと。
あっっっ 太陽くんが倒れています!
太陽くん、大丈夫ですかっ?
今助けを呼びますからね!
あーよく寝た。
ユーリおかあさーーん!太陽くんが大変ですぅー。
せっかく心配してあげたのに。 もう心配しないもんねっ。 心配なんかしないもんねぇー!
ついて来たってダメだもんねー。
でもまた来るからね♪ え?また来るの?
←フーカちゃんはお手がお上手。


    →太陽くんもお手がお上手。


めちゃくちゃ可愛い!
「お手」するフェレットっっ!!
2日目:減光庵から紅葉探し
一族300人が自害した
そのすさまじい光景は
今も血の跡として残り
私たちに伝えている。


天上にはっきりと見える
指の跡、足跡、血の海の跡。

光明寺から観光客の波を避けて
地元の人しか通らない坂道
頑張って降りますよ。
ちょっと疲れました。一休みね。
あ、あそこですね。
吟松寺
下を向いても
上を向いても
紅葉だらけ☆
←なんかお尻に感じるものが。



   →やーん、もみじさんだったのね。
あたちも紅葉に染まります。
舞妓さんに出会えた♪
あたちもキレイになれるかな。
「しょうざん」に来たら
3日目:母の念願?のお稲荷さん
おやつないかしら。
やっぱりこういう溝が好き。
一体何百本あるのでしょうか。
マトモにくぐったら1時間はかかるそうです。
←あの、
  すごく言いづらいんですけど。


   →頭にですねっ、
    葉っぱが乗ってますよ。
もしもーーーしっ
どなたかいませんかぁ??
(組み紐体験しました。)
京都、楽しかった。
また連れて来てね♪
☆おしまい☆
いたちなあたち(HOME)