いたちなあたち(HOME) → あたちのおでかけ → 思い出の彦根城
彦根城で思い出探し
~おねえちゃまのおとうちゃまの面影を探す旅~
お馴染みの新幹線です。
あたち今までに何回乗ったかしらん。
ひかりさん、今日はよろしくお願いします。
はい、タバコは吸いません。
そういえばあたち
ひかりさん初めてかも。

のぞみさんとこだまさんには
お会いしたことがありますけど。
ひかりさんものぞみさんも
乗車券は見た目変わりません。
よくわからないですけど
ひかりさんも走るの早いですね。
あっという間に着いちゃいました。
まずは腹ごしらえ。
お腹が膨れたら次の電車に乗りましょう。
彦根駅。
到着です。
さあっ。彦根城を目指していざゆかん。
あれ。
あれれ。
。。。。お城どこですか。。。。
彦根駅っていうから降りたらすぐお城なのかと思っていました。
あたち間違っちゃいました。
世の中そんなにいたちに甘くないみたいです。
猫さん、お城の場所をご存知ですか。
猫さん?聞いてらっしゃいます?
猫さんのアンヨどこですか。
折り曲げて座っているんですか。
すごいですね。
あたち正座できません。
赤い柱さん、
彦根城への道順を
あたちに教えてください。
はい?
そこの神様に伺えと?
あのぉーー。。。神様でいらっしゃいますか。
彦根城へはどう行ったらよいのでしょうか。
え?すぐそこなんですか。
ここがおねえちゃまの思い出の彦根城なんですね。
はら、もう行き止まりですか。
うわぁ♪嬉しくてあたち駆け出しちゃいます♪♪♪
なんかお城にしては小さい気がします。
この橋も
くぐれないですし。
お城の窓が
あたちでも覗けちゃうのは
どうかと思いますし
せっかく神様に教えていただいたお城ですけど
本当の彦根城じゃないような気がします。
おねえちゃま、
本物のお城を探しに参りましょう。
お城やーい、どこですかー。
あ、お魚。
おねえちゃまおねえちゃまっ
鮎の塩焼き見つけました☆
じぃぃーーーーーーーー。
我慢しなくちゃいけません。
あたちはお城を探すんですから。
素敵な古い町並み。
「ありがとう」っていい言葉だと思います。
はっ。。。
あたちったら
また見つけてしまいました。
うわぁ☆小さなお餅が並んでいます。
ひょいってひっくり返すんですね。
。。。食べたいかも。。。
がまんがまんがまん。
買っちゃいました。。。。
あーん、あたちったら何て意志が弱いのでしょうか。
しょんぼり。
れの字がいたので外の椅子に座ってお餅をいただいていた私に
店員さんがお茶を持ってきてくれました。
しかもこのお茶がものすごく美味でした。
でもこのお餅はとても美味しかったですし
「彦根城」の文字を見つけました。
ん?彦根城は
あちらだそうです☆
こっちで本当にいいのでしょうか。
晴れてきました♪
ああっ。
彦根城が見えてきました。
父と最後の家族旅行で来た場所です。
父はこの頃もう体力がほとんどなく
最後の力を振り絞ってこの城を見に来たと言っても
過言ではありませんでした。

京都からこの彦根城へと移動。
この旅行が私たち家族の最後の旅行となりました。

あたちたちもここで思い出作りましょう。
おねえちゃまのおとうちゃまの足跡が
どこかに残っているといいですね。
それではあたちが彦根城をご紹介しましょう。
見てください、この大きな木。
あたちの手が回らないです。
釘を使わずに丁寧に木を組む職人技。
そんな木の上でちんまり座ってみました。
美しいお城は美しい職人技から成っています。
あたちってば今日はインテリいたちです。
次はお城の外を固める石に注目してみましょう。
実はこの石さん達。よく見ると
こっちは長いです。
その上の段は短いです。
長い・短い、を交互に組み合わせているのです。
この石の組み合わせを何とか組みと言います。
団体ツアーのガイドさんが話しているのを
横で耳をいたちダンボにして聞いていただけですけど
あたちなりのよく説明できたと思っています。
えーとですね、れの字の代わりに人間の言葉でご説明しましょう。
この写真。
長方形の石を組み合わせて壁を作っています。
一番上の石は右側が長め、左側が短め。
次の石は逆で、短い辺の部分が右側で、長い辺は左側に折れています。
こうして長い辺と短い辺を交互に組み合わせることで
より頑丈な壁が出来上がっていくとのこと。
この石の組み合わせには呼び名があるのですが
それは私もれの字同様、ガイドさんの話を聞き漏らしてしまいました。
紅葉って葉っぱ一枚の方が風情があるかもしれません。
だってここまでくるとごちゃごちゃした印象になりません?
天守閣は当然ながら大人気。
れの字を連れていたため天守閣はパスした私です。
お城の外堀を一周する遊覧船。
れの字と一緒に乗りました。
太陽も西側に傾いて。
どんぶらこ。どんぶらこ。
あたち眠くなってきちゃいました。
今回も楽しい旅でしたね。ねぇおねえちゃま。
また遊びにおいで。
☆おしまい☆

いたちなあたち(HOME)