いたちなあたち(HOME) → 飼い主の長めのつぶやき  
単なるノロケです
2匹目を飼おうという気持ちが3%。
フェレットはれの字だけという気持ちが97%。

マシュを見送ってからずっと私の中にある2種類の気持ち。

マシュがいなくなった時に、「じゃあ新しくもう1匹。」という気持ちは完璧0%でした。
マシュが逝ってしまい、2匹が1匹になった。 ただそれだけでした。
というか、マシュが病気になってから「今日は生きてる」と確認する日々に疲れていたので、
変な話マシュを失った後はその確認する恐怖から解放された気持ちでいっぱいで
新しくもう1匹なんて考えはとてもじゃないけど浮かびませんでした。

以来ずっとれの字1匹と暮らしているのですが、

遊びに来てくれた友達と追いかけっこしているれの字や
そのお友達が帰った後で、一生懸命その友達を探しているれの字や
遊ぼうとファラオに話しかけては怒られているれの字の姿を見ると

もう1匹飼った方がれの字のためにはいいのかな、と思うときもあります。

でもどうしても踏み出せません。

やはり私にとってのフェレットはれの字だけで
他のフェレットを可愛いとは思うけれど、れの字は私の中でフェレットの枠を超えた次元で存在していて
れの字以外のフェレットを飼うということがどうしても想像できないのです。

特別かわいい顔をしているわけでもなく、
むしろフェレットショーでは毎回最下位を獲得している本当にしょーもないフェレットなのに。

「ソレのどこがいいの?」

と母は言います。

「全部っ。」

即答する私。

その辺のホームセンターで売られているフェレットの方が可愛い顔をしている時もあるし
わがまま極まりなく、なんでもかんでも「picky」な性格で
外へ出せば「あっちへ歩くんです!」とばかりにグイグイ引っ張って飼い主の気持ちなんかお構いなしで

どーしよーもないフェレットですが
私はやっぱりれの字でないとダメなんだよなぁ。。。


                                                       2008年1月18日