いたちなあたち(HOME) → 飼い主の長めのつぶやき  
フェネックって痛いのです
頭のいいフェネックがいるのなら会ってみたい。
最近心からそう思います。

飼い主がダメということはしない。
トイレをきちんと覚える。
せめて「待て」くらいできる。

そんなフェネックがいたら紹介してください。

我が家のファラオ。
食べ物に貪欲で、あまりに貪欲なため飼い主に噛み付くことがあります。
お腹を撫でろ、と言うわりには、実際にお腹を撫でると噛み付きます。
これら2つは飼い始めてすぐに痛い思いをして悟りました。

そして新たに最近、お風呂に入れたあとにファラオの性格が凶暴になることが分かってきました。

昨日久しぶりにファラオをお風呂に入れました。
体を洗っている間はいたっておとなしく、素直に洗われています。
豹変するのは洗い終わった後。
部屋中を走り回り、泣き叫び、飼い主に噛み付くのです。

しかも敵意むき出しに噛むのではなく、そろぉーっと寄ってきて「ん?」と思っていると
「がぶり!」
痛いっぅtぅ (←もはや言葉にならない)

きつねの歯は犬の歯のような並びなので、噛まれるとかなり痛いです。
噛まれた痕は、まるで裁縫の針で皮膚をギギギーーーと削ったような感じになります。

これはちゃんとしつけなくてはいけません。
噛むことはいけないことだ、と教えなくてはいけません。
甘噛みと本気噛みは違うことだと知ってもらわなくてはいけません。

そこで側にあった毛糸の帽子。
噛まれた直後にファラオのお尻をその帽子でベシッ。

するとどうでしょう。

ぎゃぁぁっぁぁぁぁーーーーー!!!!

けたたましい奇声を上げ、口を開けて威嚇してきたのです。

負けるもんか。
飼い主の方が立場が上なんだと教えなくては。
甘やかすと先々とんでもない怪我をすることになる。

れの字が間違ってとばっちりを食うと大変なことになるので別室へ移動させ、
私はファラオを1対1で向き合うことになりました。

毛糸の帽子を振り上げる私。
ぎゃぁぎゃぁ威嚇しながら向かってくるファラオ。

決死の戦いの火蓋が切って落とされました。
耳を水平に下げ、明らかに怯えるファラオ。
怯えながらも鋭い歯並びを見せながら威嚇してきます。
私は片方に毛糸の帽子。そしてそれだけでは不安だったので、もう片方の手にハンガーを握り締めました。

長いにらみ合いの末、私が一歩近づくと、シュパッと素早くファラオが逃げました。
追いかけがてら、帽子で再度ベシッ。

「ファラオ!噛んだらいけないんだ!私はお前の飼い主だよ!立場は上なんだからね!!!」

通じもしない日本語で大声で言いながら、私はファラオを部屋中追い掛け回しました。

逃げながらも奇声を発し、時折牙を向けるファラオ。
まだ分からんのか。 このボケきつね。

再度逃げたファラオ。
今度は背中を見せたな。

えいっと背中から捕まえました。
きえぇぇぇ!と叫ぶファラオ。(どうしてフェネックって奇声を発することが多いのかな。)

ファラオの体を掴み、目線を合わせ、
「噛んだらいけない!私はお前の飼い主だよ!二度と噛むんじゃないっっっ!!!!」
と、これまた大声でファラオを怒鳴りつけました。

ファラオの長い耳は完全に水平状態。
降参の表情を見せました。

私は帽子とハンガーを置いて、ファラオを許してやるためにまた部屋に放しました。

ぎゅるるるぎゅるるる。。。

捨て台詞を吐きながら部屋の隅っこで丸くなるファラオ。

しばらく放っておいたら段々ファラオの方から近寄ってきて
最終的には「ごめんなさい」と、ちょこんと小さな手を出してきました。

まぁ今回は許してやろう。

でもこういう戦いはきっと今後も続くんだろうな。 私がファラオの飼い主である限りずっと。
                                                          2008年1月21日