いたちなあたち(HOME) → 飼い主の長めのつぶやき  
豊臣秀子ちゃん
れの字の就寝時間は夜10時半です。(その前に散々遊んでいます。)
私の就寝時間は夜11時です。

この30分の時間差を設けているのには理由があります。

今、季節は冬。

いくら毛布と厚手の布団があるとは言ってもやはり寒い季節です。
そこで私はれの字を「豊臣秀吉」的に扱っているのであります。(※)
先に先に布団にれの字を送り出すことで、
私がその布団に入る頃にはれの字の体温で ぬくぬく になっているというわけです。

「秀子、よくやった。」

と、あらぬ名前を臨時でれの字につけ、褒め称えているこの毎日。

れの字にしてみれば大迷惑な話で、先に寒い思いをして一生懸命「ぬくぬく」にした場所を、
私にあっさりとられてしまう毎日なのです。

一応いたちなりに抵抗を試みているようで、私が布団に入ってれの字を押し出すと
小さな両手で 「えいっ。えいっ。」 と私を押し返しています。

「秀子よ、無駄な抵抗はよしなさい。」

我が家は古きよきカースト制度をひたすら守っているので
どうやってもれの字が私に勝てる可能性はないのです。

今日も夜は冷え込みそうです。
れの字、今宵も頼んだぞ。

(※) 豊臣秀吉は、織田信長の草履を懐で温めて信長の信頼を勝ち得たという話。

ここでれの字と秀吉の決定的な違いは、秀吉は自発的に草履を温めていたけれど、
れの字はそんなこたぁ積極的に自分からはやってくれません。
そうするように「仕向ける」のが私・信長のずるがしこさです。

                                                2008年1月28日