いたちなあたち(HOME) → フェレット&ペットニュース~後ずさり速報~
アメリカ・カリフォルニア州のフェレットオーナー達が法改正に向けて立ち上がる

フェレットはカリフォルニアでは飼育が法によって禁止されています。カリフォルニア州だけではありません。
フェレットはアメリカではハワイにおいても飼育が禁止されている動物です。
このフェレットの飼育を禁じるというカリフォルニアで60年の歴史を持つ法律を今、フェレット愛好家が
変えようとしています。

カリフォルニアで6匹のフェレットを密かに飼育する女性は、

「もし飼育がばれたら6ヶ月の拘留および1000ドルの罰金が課せられてしまうわ。」

と嘆きます。

「フェレットを飼っていない人にとっては、フェレットの飼育を合法化する意味を理解できないのよ。」

フェレット愛好家達は法律改正を目指し、2月27日までに合法化案を出せる州議会議員を探しています。
この運動を率いるパット・ライト氏はこう話します。

「フェレットと共に暮らすことは悪でも何でもない。飼育が違法になっている理由が見当たらない。
 それどころかフェレットが人間のパートナーとしてもたらす利益は沢山あり、
 逆に飼育を合法化すべきとも言える動物だ。」

しかしながら、州の見解としてはフェレットは外来動物であり野生の生態系に有害な動物であるとされています。

「フェレットを飼育するということは大変危険な行為であることを認識しなければならない。
 万が一フェレットが飼育者のもとから逃げ出したらどうなるであろうか。
 フェレットがフェレットよりも弱い動物を食い荒らしてしまうでしょう。」

カリフォルニア州鳥類鳥獣部に所属するティム・ローカー氏は語りました。

フェレット愛好家は2010年、環境に関するレポートをまとめて議会での支援を訴えましたが、
その法案を擁護する議員を得ることはできませんでした。

(2012年2月13日・アメリカフォックスニュースより)

カリフォルニア州で
フェレットを飼っていたおばあさんが
通報によりフェレットの飼育が知られ、
フェレットを取り上げられてしまったときに
心臓発作をおこしたということは
アメリカのフェレット繁殖者から聞きました。

それでもロサンゼルスのペットショップでは
フェレットのフードや飼育用品を扱う
コーナーが結構広く取ってありました。

なんか不思議です。

☆おしまい☆

後ずさり速報へ戻る