いたちなあたち(HOME) → フェレット&ペットニュース~後ずさり速報~
エジンバラのフェレット、ミッキー。ロンドン旅行ならず

エジンバラからロンドンに列車で旅行しようとしていたフェレットを駅の職員がが発見。飼い主のもとに帰った。

職員がミッキーと名づけたオスのフェレットは、月曜日にヘイマーケット駅で、
ロンドンから到着した電車が駅に入るときに見つかった。
どうやらこのフェレットは列車で500マイルの旅を楽しむ直前だったようだ。

エディンバラに住むこのフェレットの飼い主の話では、
フェレットは日曜日に自宅があるステンハウスから行方がわからなくなったという。

スコットランドのSPCAスタッフの話によると、フェレットは2歳。「ウィーマン」と仮名を与えられた。
フェレットはヘイマーケット駅までの道のりを歩いてきたのかも知れないし、ステンハウスから2マイルの距離を
移動するためにスレイトフォード駅かキングスノウ駅のどちらかから列車に乗ったと推測される。

SPCAのジェニー・スコット氏はこう話す。
「オーナーの友人がニュースでフェレットのことを知り、
飼い主に知らせたことで無事にフェレットが飼い主の元に帰ることができました。
フェレットは、日曜日にエディンバラ近郊のステンハウス自宅から逃げ出し、月曜日の夕方に
ヘイマーケット駅で発見されたというわけです。
飼い主は水曜日の午後に保護施設からフェレットを受け取りました。」

(2011年3月25日 BBCニュースより)
ロンドン旅行はまたの機会にね、ミッキー。
☆おしまい☆

後ずさり速報へ戻る