きつめのきつね(HOME)→ フェネックベビー繁殖記録 → フェネックベビー2014
フェネックの出産準備用品および母フェネックの様子
出産前になると母フェネックのおっぱいが
どんどん大きくピンク色になります。
ただ初産の場合は出産直前になっても
ここまで乳首が目立たない場合があります。

ナイルはまさにそうで、
初産だった2年前は乳首が大きくなったものの
こんなにはっきりと見えることはありませんでした。

そして1年前も
ここまで目立ちませんでした。
お母さんフェネックのおっぱいから
出産直前になると母乳が出てきます。

それが周辺の毛を濡らし
このようにはっきりと乳首の場所が
見えるようになるのです。
お腹が出っ張っているから
うまく座れないのよ。
臨月の私。
でも撫でてほしいから転がっちゃう。
撫でてっ。
お腹なでてっっ。
フェネックの出産立会い用品
陣痛が始まってから慌てないために
用意できるものは事前に用意します。
パネルヒーターに予定日前日から電源を入れておきます。
その上に布製の箱
その中にやわらかい布。

フェネックベビーを母キツネから一時離しておく時、
もしくは状況によっては初日から人工哺育になる際にも
赤ちゃんキツネの体をすぐに温められるよう
箱の中を温かく保っておきます。
水筒に熱湯を入れておきます。目的は2つ。

1.赤ちゃんの体を洗うお湯
2.出産直後から人工保育となったときに
  すばやくミルクを作って飲ませられるため。

そして赤ちゃんを包むタオル。
これにも2つの目的があります。

1.お湯で洗った体を拭くため。
2.産声を上げなかったときに
  タオルでゴシゴシ体に刺激を与えるため。
もともとはフェレットのれぱん用の
強制給餌に使っていたコップとシリンジ。

今はフェネックのベビーの人工哺乳に使っています。
そしてマジック。

なんでマジック?

その理由は、

フェネック出産当日をご覧ください。
きつめのきつね(HOME)