世話よろしくね。
1週間から10日くらい、家を空けますので
きつねの世話をよろしくお願いします。

れの字は私と一緒にいますので世話は不要。
朝。いつもは1時間半ほどケージから出して遊ばせてやるのですが
それだけ長い時間は難しいでしょうから、30分程度で構いません。
でも必ず走り回らせる時間は与えてやってください。

ナイルとフジコが仲が悪いので、 フジコを台所に移動させてからナイルとトトメスを出してください。
フジコのケージから掃除を始めると楽です。
ラムセスとパピルスが大騒ぎしていると思いますが
心を鬼にしてフジコから掃除を始めてください。
新聞紙は上の引き出し。
ペットシーツは下の引き出しに入っています。
フジコに使う新聞紙は2枚です。
新聞紙2枚を下に。
二つ折りにしたペットシーツを上に置きます。
次はナイルとトトメスのケージの掃除です。
トレー式なので、2匹が入ったままで下の新聞紙を交換します。

ペットシーツの上に新聞紙を敷いてあるのですが、
新聞紙だけの交換で済む場合もあれば
ペットシーツごと交換が必要な場合もあります。

たまにペットシーツを引っ張り込んでぐちゃぐちゃにしているときがあります。
こんな時は諦めて、切り裂かれたシーツを手で取り除いてください。
ペットシーツごと交換する場合をご説明します。
縦型のトレーがあると想像してください。
ペットシーツをこうして縦に敷きます。
薄っぺらい1枚の新聞紙を縦に敷きます。
次に1枚の新聞紙を二つ折りにして横向きにします。
一枚っぴらの新聞紙は縦に。
二つ折りの新聞紙は手前に横に。
これでセット完了です。
ようやく子きつねたちのケージ掃除を行います。
最初はラムセスのペットシーツを取り替えます。

ラムセスのケージから掃除するのは、
パピルスがこのラムセスのケージでおトイレするためです。
パピルスはペットシートをわざわざめくって
おトイレする習性があります。

ケージにうんPがこびりついていることが多いので
アルコールフリーのウエットティッシュで
きれいにしてやってください。
ラムセスとパピルスのペットシーツは
キツネ部屋ではなくダイニングに置いてあります。
パピルスのケージの中に入れる
シーツの折り方を説明します。
二つ折りにします。
手前から20cmくらいのところに
折り目がありますので
この折り目を使います。
ペッタン。
はい、出来上がりです。
さあお食事です。
子キツネ達は朝晩ミルクが必要です。
~お食事~

ラムセス&パピルス

【朝】
ミルクを飲ませる。
さらに新しくミルクを作り、昼間飲めるようにケージの中に入れておく。
カリカリフードを入れておく。

【夜】
ミルクを飲ませる。
缶詰の食事
生肉1個ずつ。


ナイル&トトメス
【朝】
子きつねの残りのミルクにカリカリフードを入れる。

【夜】
生肉一式


フジコ
【朝】
カリカリとスナギモフード

【夜】
生肉3個
朝のラムセスとパピルス
まずはミルクを飲ませます。
2種類のミルクをスプーン1杯ずつ使います。
2つの器にそれぞれスプーン1杯ずつ入れます。
水を少量入れて、水に溶かします。
ある程度溶けたら、さらに水を少量足します。
一度に沢山の水を入れないほうが溶かしやすいです。
フジコの器には水を入れてやります。
その器の手前に2個のミルク皿を置いて
ラムセスとパピルスを呼びます。
名前を呼ばれるとすっ飛んできます。
2匹がミルクを飲んでいる間に大人たちの食事を用意します。
似たような缶が並んでいます。
左から
子キツネ用
フジコ用
ナイル・トトメス用
フタに色つきテープを貼っています。
白が子きつね。
黄色はフジコ。
赤はナイルとトトメス。
ナイル・トトメス

子キツネの残したミルクに
スプーン山盛2杯ずつのカリカリフード。
フジコ。
黄色いフタの缶に入っているカリカリを
スプーン2杯。
それとスナギモフードを10粒ほど。
このスナギモフードは冷蔵保存。
子キツネには2種類のカリカリを、それぞれスプーンに軽く1杯ずつ。

ナイル・トトメスが食べ終わったお皿に、新しくミルクを作ってカリカリフードと一緒にケージに入れます。
パウ柄の器に水を入れて
ナイル・トトメスのケージに入れてやってください。
夜。朝と同じく子キツネにミルクを作って飲ませてやってください。
掃除も朝と同じです。
ナイル・トトメス・フジコの生肉
生肉は冷凍庫の中です。
ストックは下の段に入っています。
フジコは細長い肉を3個。
四角いお肉は1個ずつ中身が取れるようになっています。
ナイルとトトメスは
細長い肉が2個
四角い肉を2個。
子キツネは
缶詰2種類
生肉1個ずつ。

缶詰は、左側の大きい缶詰に加えて
右側のような種類の缶詰を少し加えます。
大きい缶詰からはこのくらい。 小さい缶詰からはこのくらい。
この缶詰はそれぞれ1匹分の量です。
これに細長い生肉1個をつけて与えてください。

なお、缶詰ご飯はカタマリが大きいと食べづらいので、スプーンで小さくほぐしてやってください。
☆よろしくね☆