いたちなあたち(HOME) → もうひとつのいたちなあたち → フェレットロス
フェレットロス
~キミがいなくても1人で歩いて行けるまで、もう少しだけ一緒にいて~
食べたくないなら食べなくていいです。
泣けるなら、とにかく思い切り泣きましょう。
話を聞いてくれる人がいるなら、ありったけの思いを話しましょう。
誰もそばにいなくても、1人でも誰かに話すような感じで今の気持ちを話しましょう。
そうすることで感情が溢れ、涙がこぼれて止まらなくなるかも知れませんがそれでいいんです。
泣けなければ無理に泣かなくていいです。
天使になったフェレットに話しかけましょう。 今までの思い出話をたくさんしましょう。
苦しければ苦しいほど、あなたのフェレットへの愛情が大きかったんだと認識しましょう。
フェレットロスの道。扉は4つあります。

1つ1つ、ゆっくりと開いていきましょう。

途中で前の扉に後戻りしちゃってもいいんです。 
だってあなたはフェレットと一緒に進んでいるんですから。 フェレットは後ずさりが得意な動物。
前の扉に戻ってしまったら、それはフェレットが後ずさりしちゃったから。

一緒に仲良く、ゆっくりと。
焦らずに。焦らずに。 フェレットと一緒に、第4の扉を完全に開くまでがんばらずに歩きましょう。
~第1の扉~

・涙が止まらない

・何をやっても辛い

・食欲がなく1日中何も食べなくても平気

・遺体や骨壷から離れられない

・体の様々な箇所に痛みがある

・寝られない

・何もやるきはおきず、寝たままの状態

・ただただただただ辛く悲しくてどうしようもない

・誰とも話をしたくない

・学校にも仕事にもいきたくない
フェレットと一緒に後ずさりして、前の扉に戻ってしまっても大丈夫。 またゆっくりと一緒に次の扉を開けていこう。
~第2の扉~

・場所を問わずいきなり涙が溢れてとまらなくなる

・「本当にあの子はいなくなってしまったんだ」という現実が
 ふいに頭をよぎり、例えようもない喪失感に襲われる

・失ってしまったという現実を知って恐怖感に襲われる

・おもちゃやフードなど、残してくれたものを見るのが辛い。
 それらを見たくない。

・意識的に、もしくは無意識に姿を探してしまう

・いつもいた場所や表情を思い浮かべてたまらない気持ちになる

・いつもいた場所や表情を思い浮かべてたまらない気持ちになる

・今まで楽しかったことを楽しめない。笑い話を聞いても笑えない。
 喜怒哀楽のうち、「哀」以外の感情を失う

・少しずつ食欲は戻るが、まだ完全ではない

・アイスクリームなど、すっと喉を通るものだけを受け付ける

・人との会話がうまくできない

・考えると心臓がぎゅぅと締め付けられるように痛い
フェレットと一緒に後ずさりして、前の扉に戻ってしまっても大丈夫。 またゆっくりと一緒に次の扉を開けていこう。
~第3の扉~

・突如涙がこみ上げてくる回数が減ってくる

・食欲が戻ってくる

・「あの子はもういないんだ」という事実を少しずつ認め始める

・少しずつ笑みが出てくる

・それでも自分が回復してきているということに罪悪感を覚える

・人と会話ができるようになる

・いきなり水道を全開にしたような涙から、ゆっくりと
 蛇口をひねって流れてくるような涙に変わる

・まだ思い出の場所には行けない。思い出のものを見られない。
フェレットと一緒に後ずさりして、前の扉に戻ってしまっても大丈夫。 またゆっくりと一緒に次の扉を開けていこう。
~第4の扉~

・「あの子はいつも一緒にいる」という気持ちで、
 前を向いて歩けるようになる

・穏やかな気持ちで遺品を見られる

・たくさんの思い出を「楽しかった」と振り返ることができる

・いつか「正しいそのとき」が来たら
 またあの子に会えるのだと思うと嬉しくなる

・「そのとき」まで自分は一生懸命生きようと思う
これからも一緒がいいね。
いたちなあたち

もうひとつのいたちなあたち