いたちなあたち(TOP)→ もうひとつのいたちなあたち → れぱん、またね。
れぱん、またね。
2010年8月6日(金曜日)午後1時15分頃
れぱんは7歳3ヶ月11日のいたちとしての第1人生を終えました。
今頃は次のいたち人生を始めていることでしょう。
れぱんは生後11ヶ月と2週間で我が家に里子としてやってきました。
前の飼い主さんからいただいたフードが
詰め替え容器に入っていたためブランドが特定できず。

このエサしか食べてくれなくて
私は必死でフェレットフードを買いあさって
同じものを見つけようとしていました。

ふと立ち寄ったホームセンターで
『フード実物大』
として、フードの形と大きさがパッケージに記された
ブランドを発見。

これだ!この形だ!!!

すぐに購入。れの字に与えたところ
ハグハグ食べてくれました。

しかしこのエサ、嗜好性がやたら高くて
他の種類への切り替えが非常に難しくて大変でした。。

その後もれの字のフードの選り好みは激しく
飼い主泣かせのフェレットでした。
ほけぇーーー。
元来、他のフェレットが大好きなれの字。

1日早く我が家に里子としてやってきたマシュとも
うまくやってくれました。

このれの字、どんなフェレットも大好きで
ペットショップに連れて行くと
フェレットが入っているケージが近づくと嬉しそうに
自分からケージに寄って行きました。

マシュが死んでしまってから1週間何も食べなくなってしまい
ガリガリに痩せてしまったっけ。

それでもれの字が好きだった私は
2匹目を飼うことはどうしてもできず
れの字は最後まで1匹だけで育つことになりました。
最初は結構白っぽかったれの字。
お腹が下についてるよ。
マシュ。
我が家に来た時に既に5歳半でした。

私のフェレットに対する勉強不足から
わずか1年で死なせてしまったマシュ。
今でも後悔しています。

その気持ちが、フェレット里親里子掲示板管理につながり
管理上どんな嫌な思いをすることがあっても
マシュのことを思うと頑張れたものです。
すっごく仲良しだった2人。
この時の重みをもう感じることはないんだね。
マシュの飼い主さんからいただいたキャリーケース。
このキャリーでかなり色々なところに行きました。
汚れてきたから同じものを。。と思い後から探したのですが
その時は既に廃盤商品となっていました。
右よーし。
左よーし。
これもマシュの飼い主さんからいただいたもの。

マシュが引っかいてボロボロにしちゃったけど
れの字は気に入って何年も使っていました。
母が作った冬用のハンモック。
これが大好きで、他のどのハンモックにも潜らないのに、このハンモックだけは好んで入っていました。

2004年から実に丸6年間、それこそボロボロになるまで使ってくれたハンモックです。

れの字を見送ってから洗濯をした際に、母がそのボロボロハンモックを目にして言いました。

「よく使ってくれたね。何でそのハンモックがそんなに好きだったんだろうね。」

私はこのハンモックで眠るれの字が好きでした。
トンネル。これも6年間使いました。
何百回潜っても飽きなかったみたいです。

毎日明け方4時くらいから
(私が眠っていて相手にしてくれないので)このトンネルを
くぐってはガリガリ引っかいて遊ぶれの字の音が聞こえました。
トンネルで一緒に遊んでやると
それはそれは喜んで、何度もトンネルを往復していました。
ばぁ☆
ある日曜日、トンネルを掃除しようと持ち上げると
ズシッと、ありえないくらいの重みを感じました。

なになに?

逆さにしたトンネルから廊下に滑り落ちたもの。。。それは
れの字が家の中からかき集めた「宝物」でした。
ごめんなさい。集めちゃいました。。。
一番最初に買ったベッド。
マシュが生きていた頃は2匹で入っていました。
マシュがいなくなってからは1人占め。
くぅーーー。
むっちり太っているなんて言わないで下さい。
くびれがないのが美人いたちの特徴なんです。
あーれー。
私のカバンに入るのが大好きでした。
誰かカバン忘れてますよー。 あたちは忘れられてないですよね。
あたち入りカバン。1個10円。いかがですか。
大きなカバンから
小さいカバンまで何でも入りますの♪
洋服にまみれてみたり
ダンボールに入ってみるのも好きです。
母のポシェットについているマスコットが好きで
マスコットをポケットの中に隠しても
ちゃんと見つけて中から出して
ポシェットごと運んでいました。。。
グレーの車がお気に入り。
我が家の車がグレーだったせいか、駐車場を歩いていると
かならずグレーの車に駆け寄っていました。

フェレットって色を認識するのでしょうか。

とにかく車が大好きで
車に乗ればご機嫌ないたちでした。
ハンドルの前で視界をさえぎったり 全然役に立たない助手席のナビでした。
穴があったらとりあえず覗く。
はろー。
もしもーし。
王様の耳はロバの耳ぃーー。
ふがふがふが。。。
おねえちゃまの座布団取っちゃいました。
誰かいませんか?
覗き疲れちゃいました。
潜るのも得意でした。
じぃぃぃーーーー。
おねえちゃまのおやつ取っちゃいます♪
ちょっと目を放すと色々な物が運ばれてしまいました。
おトイレは得意なれの字。
ペットシーツを敷けば、それだけでそこを「おトイレ」と認識してくれる
非常に楽なフェレットです。
若いうちからすっごくおとなしかったれの字。
いたずらも少なく手が掛からないフェレット。
仰向けに転がせばそのままの体勢を保ってみたり
電話の上に乗せればそのままでいてくれる
静かないたちでした。
たくさんお出かけしたね。
初めての新幹線は「こだま」。
大きな船に乗ったね。
おねえちゃまは酔っちゃって大変だったけど
あたちは平気でした。
神津島に着きました。
島の山を極めた最初のフェレットはあたちかも知れません☆
初めての海。
怖いです。。。
飛行機にも乗りました。
石垣島に到着です。
水着が濡れたら干すのです。
セパレートタイプの水着に
浮き輪をつけて。
いたちがいたち川に到着。
乙女いたちが乙女稲荷にお参りです。
初めてれの字を1人置いて私が海外旅行に出たとき。

2週間ぶりに帰宅してれの字を見ると、何だか痩せていました。
「お母さん、れぱんご飯食べた?」

聞けばれの字は食事を摂らなくなってしまっていたと言います。

しかし私の顔を見た瞬間に、くるりと身を翻してエサ入れに向かい、そのままガツガツ食べ始めました。
私はその時まで、れの字にとって自分がここまで必要な存在だったということを知りませんでした。
ひなまつりー。
あたちもお嫁さんになりたいです。
間に入って邪魔しちゃいます。
おままごと☆
トマトいっぱい採れました♪
他のフェレット大好きだったね。

ペットショップに連れて行くと
フェレットのところにばかり行きたがってたっけ。
初めまして。あたちれぱんです。
そんな姿を見て何度も何度も思いました。

「もう1匹飼おうかな。」

でもね、飼えなかった。
私にはキミしかいなかったんだよ。
あたちのお友達になってくださいっ。
他の種類のペットとも仲良く出来ました。
ハリネズミさんにファーストキスを奪われたり
ファラオを座布団代わりに使いました。
ティーおばちゃん♪
ティーが最後に寝込んだとき。
何をお話したのかしら。
天国で元気でね。
おばちゃん、さよなら。
1年間、ちょろというフェレットを預かりました。
れの字と仲良くなるまで4ヶ月という時間を要しました。

れの字は仲良くしようとしたのですが、
ちょろがれの字を受け入れてくれなかったのです。

1年間のお預かり期間を経て、ちょろは飼い主さんの元に帰りました。
その2年後、ちょろは先に天国へと旅立ちました。

今頃はれの字はちょろに追いかけられて
またきゃーきゃー逃げ回っているかも知れません。
最後まで分かり合えなかったポメラニアンのこおり。

れの字がこおりの足を噛んでしまって以来、
こおりはれの字を目の敵にしてしまったのです。。。
よいしょっと。
肩車。。。じゃなくて背中車♪
ファラオ、お尻を失礼します。
ハリネズミさん、針がいっぱいで痛そうです。
一番最初に洋服を着たれの字。

洋服を腹巻にしちゃったり
ハーネスを腰巻にしてみるれの字。
れの字に洋服を着せたくて、れの字が着やすい洋服を作りたくて。
そんな気持ちから出来上がった服がいたちカフェれっと。



れぱん、洋服を着てくれてありがとう。
おねえちゃまとお揃いのお洋服♪
美味しいランチを食べに来ました。
すみませーん、パスタランチ2つお願いします☆
大好きなテレビ番組にも出演できました。
ほんの2分くらいだったけど。
いい思い出になりました。
このアンヨも大好きだった。
このアンバランスな体型も
第14回フェレットショーから第20回まで参加しました。
散々な成績でしたけど、あたち満足です。
だってあたちは
おねえちゃまにとっては
いっつも1等賞だったんですもの。
フェレットらしい寝相でしょ。
かぷっ。
頭にかざぐるま乗せてみました。
ちっちゃな四角の中にも
すっぽり入っちゃいます。
コンパクトないたちなのです。
空飛ぶお花さん
あたちも一緒に飛べたらいいんですけど。
乳母車☆
あたちはおねえちゃまにとって
一番のペットでありたいです。
そりゃーもちろん!
ホントでしょうかしら。
れぱん、首をかしげつつれぱん、またね・2(にっ)へ続くのです。
いたちなあたち

もうひとつのいたちなあたち