いたちなあたち(HOME) → 育児グッズ何買ったの → ベビーベッド、マット
ベビーベッド&マット
母も産院の助産師さんも言いました。

「ベビーベッドはいらない。」

散々迷ったのですが、出産後すぐに購入しました。
大成功でした。
おかげで赤ん坊は昼間はずっとこのベッドに上に寝ています。

子供の居場所が常に和室(畳)ならベッドは不要ですが
我が家のように、
昼間は1階のリビング(洋間)で就寝時は2階の和室(畳)に子供を移動させる場合は
昼間の赤ん坊の寝場所がベッドという固定位置で確保されるのはありがたいです。

選んだのは通常のベビーベッドより背丈が高めのベッド。
これが正解でした。
キャスターつき。ベッドと同じ白色です。
これだけ高さがあれば、ベッドの下の掃除もらくらく。
おむつを交換する回数は計り知れず。
その回数を、無理な姿勢で続けていれば
親の腰が悲鳴をあげます。

そこで選んだのは通常より高さのあるベビーベッド。
身長150cm程度のチビな私には
この高さがとっても助かっています。

また通常のベビーベッドよりも一回り小さいミニベッドなので
場所も取らず移動もしやすく使い勝手バツグン。

中国製のベッドの購入にはとても悩みましたが
それでもこのベッドを買ってよかった!と思えます。

まだ生後2ヶ月の子供なので
ベッドの高さは一番高い位置でセットしていますが
成長してつかまり立ちをするようになったら
段差を下げて
ベッドをサークル代わりに使えそうです。
ベッドがいいからといって
子供が常にご機嫌なわけではありません。
こんな風にブサイク顔でギャースカ泣くことも。
このベッド、四方から全て中が見えるので
どの方向にベッドをセットしても
赤ん坊の様子が見られます。
縦方向の柵は手前に倒れます。
大きくなったらこちらの面をあけて
おむつの交換をすることになりそうです。
生後2ヶ月。
我が家では今はこの側面を常に下げた状態で
ベッドを使用しています。
横側はスライド式で柵が下に下がります。
物置スペースの柵を手前に引くと
ベッド部分の下には物を置くスペースがあります。
物置スペースが広がります。

洋服、小物、おむつ、本。

かなりの量が入ります。
この収納は大助かり。

ベッドを移動するときも、
必然的にこの子供用品も一緒に移動できるので
すっごく助かります。
そしていちいち柵を手前に引かなくても
柵の隙間から
ひょいひょい物が取れちゃいます。
おむつスペース。
紙おむつにおしりフキ。
おむつを柵の隙間からひょい。 おしり拭きも柵の隙間からひょいひょい。
ベッドだけでは固くて寝られません。
購入したベビーベッドにはマットがついていないので
別売りでマットをそろえました。

ミニベッド用のひとまわり小さいマット。
とてもしっかりしていて適度な固さがあって
これも買って大正解のマットでした。
こんな感じのマット。
通常サイズのベビーベッド用マットは大きすぎるので
コンパクトベッド用のマットを買いました。
育児用品何買ったのへ戻る