いたちなあたち(HOME) → 結婚いたち道 → 準備いろいろ
こんな大変だとは思いませんでした。
引き出物を入れる紙袋の種類も選ぶのね。
結局別の紙袋にしたのですけれど。
婚約者=慎重な用意周到派。前もっての準備を忘れない人。
私=   夏休みの宿題は8月31日にまとめて済ませていた人。

こんな2人が結婚式の準備をするとどうなるかというと。

<招待状をお出しする方々の住所リスト>
婚約者=宛名印刷3日前までには全てのリストを完備。
私=   宛名印刷日当日。「あの人の住所は聞かなくちゃ分からない。」
     「あの人の名前の漢字がはっきりしない。」リストは虫食いだらけになりました。


<ウェディングプランナーさんとの連絡>
主にメールのやり取りですが、メールチェックは婚約者がしています。 
内容を確認し、必要と思われることを私に伝えてくれます。
私からの返信が必要な場合は「返信しておいて。」と、3回くらいリマインドされます。


<両家の顔合わせセッティング>
店は私が決めました。 その後の段取りは全て婚約者。


。。。何だか婚約者が私の秘書のようです。そうか、秘書ってこういう仕事なのかな。
婚約者の態度を見ながら秘書業務を学ぼうかと考えています。
さて。
住所が分からなかったり名前が分からない私の招待客を除いて
招待状をお出しする方々のリストがようやく整いました。

招待状の中身をそろえて確認。
招待客のリストを作成。
封筒の宛名に名前を印刷。
受付や祝辞をお願いする方々にメッセージを同封。

3時間の共同作業。

無言・ため息
「ああまた間違った!」というイライラ声

終わった頃には婚約者と目を合わせて
同じことを思いました。

「結婚式は1度でいい。2度とやるもんか。」
招待状1式。 1部450円。高いなー。
結婚式用の切手
写真だって高いのよ。
カメラマンを自分で手配して当日写真を撮ってもらったら「カメラマン持ち込み料金」が
かかるそうです。

ええ、ええ、もうよぉーーーく分かりましたわよ。
このリストにあるカメラマンから選べばいいんでしょう? そうすればお金がかからないんでしょう?

「カメラマン指定料金が3万5千円。 カメラマンの性別だけ指定する場合は1万5千円です。」

。。。なんですって?

もうどんなカメラマンでもいいです。お宅で勝手に選んでください。

「カメラマンによって撮る写真が変わってきます。アルバムを見てみますか?」
そして登場したアルバム10冊。
10人のカメラマンの作品がそれぞれに収められているものです。
興味本位でペロリとめくってしまった私が悪かったのです。
そう。気づいてしまいました。カメラマンによって写真が違うんです。

コントラスト、撮影の角度、表情の捉え方。
いやぁぁーーーー違うっっ
これじゃあカメラマンを指定せざるを得ないではないですか。

「カメラマンをご指定いただくと、
 式の前に一度お打ち合わせができますよ。」

はぁ。もうそうしてください。
この男性カメラマンにしてください。彼の写真、好きです。
そして見積書には3万5千円が追加されました。
「写真撮影には3つのパッケージプランをご用意しております。
 写真撮影だけのものもありますし、DVD撮影が一緒になったプランもございます。
 また、他にもオプションを組み合わせることが可能です。」

ん?この「挙式撮影」ってオプションはなんでしょうか。

「パッケージに含まれているのは披露宴撮影だけですので、挙式も写真を撮られたい場合は
 こちらの挙式撮影のオプションを組み合わせていただく形になります。」

披露宴だけ撮影してもらっても仕方がないではありませんか。挙式が大切なのに。
それにしても「挙式撮影:20枚」って少なすぎませんか。20枚しか撮ってくれないんですか。

「ええ。挙式は大体撮るタイミングが限られておりますので。
 逆に20枚を超えてしまうと同じような写真ばかりになってしまうんです。」

うっそだぁー。20枚って少なすぎます。でも仕方ない。20枚。。。ちっ。
そして追加される「挙式撮影」オプション代金5万2500円。
「DVDも撮影なさいますか?」

そうですねぇ。
たぶん式の後に1回くらいしか観ないのでしょうけれど、
一応記念にとっておきたいです。プランに入っているんですよね。

「はい。プランにはスタンダード撮影が含まれております。」

何そのスタンダードって。嫌な予感が。

「スタンダードとは、三脚を立てて大きなカメラで撮影することです。
 ハンディカメラでの撮影もオプションでお申し込みいただけます。
 メイクルームに入ってお支度の様子を撮影できるのは
 このハンディカメラプランのみです。

一応、その違いを観たいのでサンプルDVDを見せてください。
スタンダードとハンディカメラで撮影した映像を見比べたいです。

そして10分後。

ハンディカメラ追加料金9万円が加算。ちゃりーん。
「アルバムの種類はどうなさいますか?」

6種類のアルバムが机の上にドン。
あ、このタイプのアルバムいいですね。これにしてください。

「あ、こちらは残念ですがお客様が申し込まれるプランにはないタイプのアルバムです。」

んじゃなぜここにあるんですか(怒)

「プランに含まれているのはこちらのタイプのアルバムです。
 もしお客様が気に入られたこちらのアルバムをご希望であれば、増刷という形でお受けします。」

。。。いくらっすか。(だんだん口調もぶっきらぼうになる私。)

「1冊あたりの増刷で5万5千円です。」

やめておきます。
プランに含まれているこの大変シンプルかつ無駄のない地球にも財布にも優しそうなアルバムで結構です。
「ロケーション撮影はいかがなさいますか。」

横浜でのロケーション撮影って素敵ですわね。

「横浜での撮影をご希望ですか?
 そうであれば1ロケーションあたり2万円かかります。」

。。。なぜっ(怒)

「公衆の場での撮影になりますから、
 役所に申請して撮影許可を取る必要があるんです。」

そうですか。。。
では1箇所だけのロケーション撮影でいいです。

「ドレスなどのレンタルはどうなさいますか?」

持ち込みますっ
ドレス持ち込み料金なんて言わないで下さい!!
「あ、大丈夫ですよお客様。ご心配なさらないでください。
 ロケーション撮影は挙式や披露宴と違ってそういう制限がまったくございません。
 カメラマンとご相談の上、納得の行く場所で納得の行くポーズで撮影していただけます。」

はいわかりました。
ではロケーション撮影も入れて見積もりを出していただけますか。

そして待つこと15分。見積書が目の前に現れました。

げ。

65万円

無理無理無理無理無理。フェレット数十匹買える値段ですわよ。

練り直し。
また参ります。
今月末に再度相談に行くことにいたしました。
引き出物・これが一番大変です。
引き出物のことばかり考え続けた2-3週間。
わざわざ時間を作って来ていただく方々に、少しでもお礼の品をと考えあぐねていたのです。

結婚式って当の本人の自己満足でしかない、というのが私の考え方。

別に結婚式をしなくても結婚は紙切れ1枚の提出で完了です。
親戚に互いの伴侶を紹介するなら、両家揃ってお食事会をすれば済むこと。
友人・上司にだって、個別に挨拶すればいいわけで、何も結婚式に来てもらわなくても十分です。

ではなぜ仏教徒の私が西洋式のドレスを着て式を挙げるの?

答えは簡単。 単なる自己満足。人に自分のドレス姿を見せたいだけ。それだけなんです。
そんな自己満足に忙しい人たちにお付き合いいただくわけですから、
引き出物はきちんと時間をかけて考えたいと思っていました。

品物を決めるために、新宿・銀座のデパートをウロウロ。

「あ、これいいな。」「これもあの人にピッタリ。」

歩けば歩くほど目移りするばかり。

そしてようやく決まった引き出物達です。

まず共通してお入れしたのが2つ。
☆スワロフスキーの置物☆
大好きなスワロフスキー。
オーストリアの有名なブランドです。

別にブランド志向ではないのですが、
ここのスワロフスキーは何だか魅力があるのです。

3種類の置物を用意し、
「この人だったらこれ。」
と考えながら入れていきました。
☆お友達が作ってくれた壁掛けドレス☆
可愛い子供服の壁飾りです。
無理を言って友達に作ってもらいました。

引き出物に手作りはどうかと悩んだのですが、
とっても可愛いものに仕上がるのは間違いないと確信。
 
数日というスピード製作でした。さすが。
上述2つに以下のそれぞれを付けます。
☆ディナークルーズのペアチケット☆

お友達や同僚、上司に。

乗船券+ディナーコース料理+ワンドリンクのペア券です。

食べ放題ディナーもあったのですが
落ち着いて船の夜景を楽しんでほしかったので
あえて堅苦しいですがコースにしました。

素敵な船の時間を楽しんでもらい、
また、同じ船上で式を挙げた私たちを
思い出してくれたら嬉しいな、という気持ちです。
☆ランチ食べ放題クルーズチケット☆

2家族に。
小学生2人がいる家族には大人2名+子供2名分。
2歳の赤ちゃんがいる人には大人2名分。

子供がいるのであればディナーよりランチでしょう。
そして料理もコースより食べ放題の方がいいと思ったので、
ちょっとダウングレードにはなりましたが
ランチ食べ放題を選択しました。

そのぶん、小学生のいる人にはマッサージ券を。
2歳の子のお母さんには赤ちゃんの名前が入る
オリジナル絵本お仕立券をつけました。
☆関西のクルーズギフトチケット☆

同じく「船で楽しんでください。」という思いを込めて。
☆ゴルフプレー券☆
ゴルフ好きな人たちに、全国のゴルフ場でプレーできるギフトチケットを差し上げました。

☆レストランディナーチケット☆
遠方から来る2組に。
それぞれのお住まいの近くのフレンチレストランと直接交渉し、
特別にディナーコース料理のギフト券を作っていただきました。
夫婦で洒落たレストランでディナーはいかが?という気持ちです。
レストランオーナーさんが、自宅のPCでギフト券を作ってくれたのには感謝。

☆ホテルギフト券☆
クルージングやゴルフはちょっと。。。という年配の親戚に。
グループ系列ホテルで使えるホテルギフト券を包みました。

(写真、撮り忘れちゃいました。)
☆エステギフト券☆

1人でがんばる叔母さんに。

今も美しいけれど、もっとキレイになってね!
という願いを込めて。
☆よく行くお店のギフト券☆

特定のお店に趣味のものを買いに
ちょくちょく行くのがわかっている上司に。
さて、これらをまとめましょう。
お手紙、お手紙♪
一度に書くと字が汚くなるので
数日かけて皆さんにお手紙を書きました。
お洋服を袋に入れて。
ペーパーナプキン。
4種類そろえました。
ナプキンで包んで袋に入れます。
リボンは2種類。
ここで初めて100円ショップで買ったものを使いました。
あまり安物はどうかと思ったんですが
このリボンは絶対いい!と、かなり気に入ったんです。
こんな感じで結びます。
紙袋に入れると
「ありがとう」の文字が顔を出すのです♪

相当悩んで苦労して作った引き出物1式。愛しい。。。
結局、引き出物に関しては一切式場を通さずに
自分達だけでそろえました。

そしてここで発生する料金。

引き出物持ち込み料。
1個につき500円。

1個って、もし袋にバラバラに入っていたら
チケット1枚でも1個と数えるんです。
そのため私は1つの袋に全てを入れて

これで1個!

と言い張ることにいたしました。
ヘアメイクのリハーサル
髪型もメイクも自分で決めなくちゃいけないんですの。
普段はノーメイクの私が
一体どうなっちゃうんでしょうか。
何かアニメに出てくる人みたいな頭になっています。
サザエさんになりました。
1つ目は
アップ☆
2つ目の髪型はハーフダウンと呼ばれるもの。
そこでウェディングプランナーさんが乱入。
嬉しくてニコニコの私。
この髪型気に入りました。
続いては
お花を横にくっつけて
サイドから髪を下ろすタイプ。
あのね、あのね、こういう髪型にしてもらえませんか。
ワガママな私にお付き合いしてくれたメイクさん。ありがとう。
これこれ。ミッキーマウス♪
あーん。どの髪型にしましょう? 迷います。
結婚いたち道(TOP)