よろしければどうぞ。  前のページ(5月)   次のページ(7月)

いたちなあたち(HOME)
2006年6月1日(木曜日) 晴れ
私はティーのシモベ。
↑このお嬢さん(おばーちゃんだな。)のおしっこです。
どうして一箇所におしっこできないのかしら。。。
↑ これは何?
次はうんPかい。
だから歩きながらうんPしないの!
しかもまたバラバラ。。。
← これ、別に今日だけの話ではありません。

毎朝・毎晩、私はティーが あちこち に落とした物を
拾って歩くのです。

こんな犬に育てた覚えは。。。。     あるかも。。
2006年6月2日(金曜日) くもり

洋服や小物を買うなら、ブランドではなく量販店が好き。
デパートや高級ブティックの何がイヤって、
店の方を見ただけで寄って来る店員さんが苦手なのです。

「お決まりでしたらお声をおかけください。」
そういって優しく引き下がる店員さんでさえ、
店内での私の動きを必ず目で追っています。

もっとひどいのは ピッタリ と横にくっつかれる時。

私が白のシャツを手に取れば、
「そのお色は今はやりで。。。」
と、うんちくが始まります。

ピンクのスカートに目をやれば、
「こちらもいい素材を使っておりまして。。。」
と、聞いてもいないことを教えてくれる。
木の隙間に見えた夕陽。
夕陽は洋服着ないけど、
色々スタイルが変わってうらやましい。
極めつけは、
「お客様の感じですと、こちらのシャツにスカートが大変美しく着こなせると思います。」
と、どこぞやの棚から勝手にシャツとスカートを手にして、極上のスマイルでやって来る。

だぁーかぁーらぁーーー。。。 一人でゆっくり選ばせてよ!

私はやっぱり量販店が好き。
スーパーの2階あたりで、「食料品のついでにどうぞ。」くらいの放ったらかし状態の服売り場で
服を選ぶのが好き。
2006年6月3日(土曜日) くもり 涼しいー♪

秋葉原に初めて行ってみました。
でもすっごくつまらなかった。

汐留にも行ってみました。
やっぱりすごくつまらなかった。。。

なんだろう? 街と人にも相性ってあるのでしょうか。

すたいりっしゅ で いまどき な街って
どうも私の肌には合わないということが分かった日でした。
2006年6月4日(日曜日) くもり

近所にパピヨン犬のハリーちゃんという犬がいます。
ハリーちゃんは、どういうわけか柴犬が苦手。
10m先でも、柴犬の存在をキャッチすると狂ったように吠えます

ある日、曲がり角で ばったり☆ 柴犬の文太くんと
対面してしまったハリーちゃん。
いきなり苦手な柴犬の顔が目の前に現れ、

あたあた ふたふた あたあた ふたふた

「えーと、えとえーと、、あ、そうだっ 吠えなくちゃ!」

そしてハリーちゃん、ひとこと。

「ワ、、、ワ、、、ワ、、、ワンッ」

どもりと共に、ハリーちゃんの声は裏返っていました。
犬も人間同様、とっさの出来事に瞬時に対応できないようです。
お隣さんからいただきました。
くず餅って美味しいのよねー☆
今宵のおつまみです。
2006年6月6日(火曜日) 曇り

朝のバタバタ出勤時。
「あれ?ここにあったシャツがないよ??」 

すると母が、
「あ、あれね、あっちのクローゼットに入れちゃった。」
「えええ! あと20秒で出なくちゃ電車に間に合わないのに!」

二人でドタドタと廊下を走り、
奥の部屋のクローゼットに飛び込みました。
クローゼットにかかっていたピンクのシャツを
母がハンガーから取って、はいっ とばかりに私に手渡し
私はそのまま玄関から外に飛び出す、、、 はずでした。

実際、はいっっっ と母から手渡されたものは
シャツではなくハンガー。
シャツはしっかりと母のもう片方の手に握られていました。
ご近所で上手にバラを咲かせている
人がいます。
毎年眺めてるけど素敵だなぁ。
朝のバタバタで気が動転していた私も、 ありがとうっっ と、ハンガーを手にして玄関へ。

ハンガーをカバンに押し込もうとして 「入らない。」 ってか、入るわけがない。

「お母さん!ハンガーもらってどーすんのっ!」
「あらぁ!間違えた!」

電車に間に合ったからいいものの、ハンガーがカバンに入らなかったからいいものの。
親子で朝からボケボケな行動をとってしまいました。
2006年6月8日(木曜日) くもり時々雨

一年前のちょうど今頃、
神奈川でちょっと大き目の地震がありました。
地面が ぐらぁーー と揺れ、会社でもその後大騒ぎでした。

ところが OさんとMさん は違っていました。
オフィスに戻って来ても、

「え?地震なんかあった?」

その頃2人は男性トイレで仲良く並んでお仕事していました。
そこへ地震が。

Oさん:「最近疲れからか、立ちくらみがするんですよー。」
Mさん:「Oさんもですかぁー。私もなんですよ。
     どうも最近めまいがしまして。」

そんな会話をお手洗いでしていたそうです。はぁ。
ティーのお散歩道。
夕陽がきれいね。
ティーがいなかったら、
こんな夕陽を見ることもなかったかな。
2006年6月9日(金曜日) すごい雨のちくもり

ワールドカップが始まります。
前回の開催地は日本でした。 懐かしいです。

何が懐かしいって、ちょうどその時私は日本に帰国したのです。
アメリカではテレビをほとんど見なかったので、
日本に帰ってきてやたらと 

ワールドカップ、ワールドカップ!

と、周囲が騒がしかったのを不思議に感じていました。

そして4年目の今日、ドイツでワールドカップが開幕します。
この4年、私は何をして来たんだろう。
複雑な思いで今日は過ごしました。
アタシ、ボールは蹴ることができないから
踊ってみることにしたわ。
2006年6月10日(土曜日)くもり
貯金箱は税金対策。
これは貯金箱。
毎日お金を貯め、
急な出費にも対応。
ん?
何やら上に乗ってます。
こんなに努力して貯めたのに。
やっと10万円貯まったのに。
来よった。 住民税が来よった。
「アンタ、前年これだけもらったでしょ。
 だからこんだけ払いなさい。」
だって。
働いたからもらったのっっっ
毎朝イヤでも早く家を出て働いたのに。
それなのにそこからまた取ろうっての??
クリップです。
意思の弱い私は、
どうしても途中で貯まったコインを
こっそり「つまみ使い」してしまうので
相当の根気と気力がなくては
開かないようにしました。
(クリップ5個くらいだと平気で開けちゃう。)
2006年6月11日(日曜日) 雨

ふと気が向いて借りてきた「24」アメリカのテレビドラマです。

見ていて4年前を思い出しました。
私はこのドラマで、レギュラーでエキストラをやっていました。

大統領候補役の人は、役柄とほとんど変わらない人柄です。
彼の2人の子供さんも撮影現場に遊びに来ていましたが、
これが全然似てないの。

私もチラリ・チラリと画面に出ていました。
あらー。 今頃になってエキストラをやっていたのだと実感。
当時そういう仕事をしていた頃は、
貧乏のあまりケーブルテレビに加入できなかったのです。
当然、自分の映ったコマーシャルも見ないまま。
後で他人から、「出てたねー。」って指摘を受け、
「えー?そうなの?」と自分で言っていたくらいです。

私はショービジネスの世界がやっぱり好き。
ハリウッドの、あの「ピン」と張り詰めた本番の空気が好き。
。。。戻りたいなー。。。
今度戻ることがあったら
真剣にあの仕事をやってみよう。
もっと積極的に。
もっと大胆に。
本当にやりたいことは、
一度距離と時間を置いたほうが
きっとうまくやれると思う。
2006年6月12日(月曜日)
くもり時々晴れ

朝の散歩道。

← ゴミ捨て場の電柱が
   おかしなことになってます。
ゴミ捨て場は地面の上なのに。
なんでわざわざ電柱に引っ掛けるのかしら。
不思議だなー。
2006年6月13日(火曜日) くもり

「目は口ほどにものを言う」
とはよく言ったもので、最近朝の社バスで変な視線を感じます。

一人の男性なのですが、とにかく「見る」んです。

うえー。気持ちわるーい。

前に並んでいるのに、わざわざ後ろを振り返って「見た」り、
偶然横に並んだら、私の横顔をマジマジと「見た」り。

「見る」というのは暴言を吐くことと同じくらい、
相手に不快感を与える場合があるのです。
明日もそいつに会うかと思うと げぇ って感じです。
このグロテスクな形。
犬用のガム。豚さんのお耳。
2006年6月14日(すいようび) くもりのち晴れ

高校生くらいの男の子が、腰骨ギリギリで制服のズボンを
とめている姿をよく目にします。

今日の電車の中で、50歳は過ぎたであろう小太りのおじさんが
ベルトが緩んで、まさしくあの

高校生ズボンだぶだぶスタイル

になっていました。

高校生のだぶだぶはさ、

「絶対落ちないだろう」

という変な確信を持って見られるのに、
どうしておじさんの だぶだぶ は、見ていて

「お、お、落ちるかも。。。うっ。見たくない。」

という奇妙な不安を抱くのでしょうか。
写真とは関係ないですが
昨日の日記に書いた男性。
今日はなんと同じ電車に
乗ってきた!
電車の中でもずっと見てる。
明日会ったら言ってやろう。
「なに見てんのよーー!!」
2006年6月15日(木曜日) くもりのち雨

こおりはまだ生後1年半。物事をよく理解していません。
散歩の時間を食事の時間と勘違いしているのです。

この時期、お外はこおりにとって誘惑でいっぱい。
特にお気に入りは、干しミミズ。「干し」てないと食べません。

近くのシーズー犬、福ちゃんも干しミミズが好物。
やはり「干し」てないと食べません。

よって、生ミミズが道路で歩きつかれていると、
助けることなく2匹でミミズさんが「干される」のを待ちます。
こおりも福ちゃんも、ミミズが倒れていた場所を覚えているので
翌朝には2匹で 朝イチ☆干しミミズ争奪戦 が始まるのです。

福ちゃんにミミズを取られた朝は、
「アタシが干しといたのに!」
とばかりに、生ミミズがお亡くなりになっていた現場付近を
不機嫌にウロウロと匂いを嗅ぎ回ります。

その横を満足げな顔で通り過ぎる福ちゃん。

2匹の戦いは、この時期今日も明日も続くのです。
明日こそはアタシが勝者よ。
ミミズさん、
おいしいご飯をありがとう。
朝の散歩は食べ放題☆
2006年6月16日(金曜日)雨のちくもり

うー。 気持ち悪い。頭痛がする。

とは言っても、風邪ではありません。 ストレスです。
ここのところ、色々と忙しいのに加えて
さっき、話をするといつもストレスになる人と話をしたから。

私にいつも 黒い気持ち を与える人です。
「ごめんなさい。あの時は本当に申し訳なかった。」
って、何度謝られても、話しているだけで吐き気が出てくる。

この 黒い気持ち とはきっと一生付き合っていくでしょう。
誰だって 嫌な思い・忘れたい出来事 があるのでしょう。
そういったモノとの付き合い方。
自分自身で探さなきゃ。何とか付き合っていける方法を。
楽しくテレビを観ていたのに。
電話一本で体調が崩れた。
2006年6月17日(土曜日) くもりのち雨

ギリシャでのこと。
私が写真を撮っていると、

「撮ってあげようか?」

側にいたイギリス人のご夫婦が親切にも声をかけてくれました。

「ありがとう!」

と、遺跡の前でいつものように派手なポーズ。その後、

「よろしかったらお撮りしましょうか?」

ご夫婦に言うと、

「僕達、カメラは持ってないんだ。心で撮ってるんだ。」 って。

素敵だなぁ。。。 じーんときちゃいました。
ギリシャはとても印象的。
まだ心に優しく残っています。
これだから旅行はやめられない。
次はどこに行こうかな。
2006年6月18日(日曜日) 雨・雨・雨

母が朝、言いました。

「今日は父の日よ。」

私はそれを聞き間違えてしまい、

「え?何が小さいって?」 と答えてしまいました。

そう。。。 私には母が、「今日はちっちゃい日よ。」と言ったように
聞こえてしまったのです。

おとーさん、ごめんなさい。ちっちゃくなんかありませんよー。

← ギリシャの地酒、UZOで一杯やろうか、お父さん?
2006年6月19日(月曜日) 晴れ
ティーったら。。。
やっと晴れたので、
ティーの小屋から座布団を取り出し
外に干していました。
しばらくして ↑ こんなティーを発見。
せっかく外に干しておいたのに。
お、怒れない。。。 かわいすぎる。。。
2006年6月20日(火曜日) 晴れ

この間フリーマーケットへ行きました。
そこで子供服を出品していた、それぞれ子供が3人いるお母さん2人。
たくさんのベビー服を出していました。
れの字が潜って遊べるかわいい服はないかな、と探していた私。

「どれも可愛い服ですよ。あ、こっちに新品のエプロンもありますよ。」

爽やかな感じのお母さんが、私にエプロンを広げて見せてくれました。

「このエプロンで夫婦も仲良し。でも子供は3人まで♪」
「そうそう。もう3人産んだから、後はちゃんとしなくちゃねー♪」

2人の出品者のお母さん達は
ニコニコと笑いながらそんなことを言っていました。
その直後、側にいた3歳くらいの子供が、

「はーい。ちゃんとやってまーす。3人まででーす。」

ええええええ?
お母さん達も「やばっ」って感じで目を合わせ、その後無口になりました。
子供って本当に親を見て育つのね。
アタシのガムなの。
取っちゃいやよ。
2006年6月21日(水曜日) 曇り

朝の駅のホーム。 私はあるものを探していました。

あれ。。?? ない。。。

昨日、ホームの端っこで直径1cm程度のコンクリートの隙間から
可愛い小さな緑の芽が生えていたのです。
でも今朝はもうありませんでした。 育つのが見たかったのに。

すると、いつも同じ電車の同じ車両に乗る母娘が来ました。
小さな女の子がきょろきょろと辺りを見渡し、横にいたお母さんに
「ないね。」「取られちゃったんだね。」

私、思わず話しかけちゃいました。
「実は私も同じことを考えていたんですよ。 寂しいですね。」

私は 小さな芽 とも 緑色 とも何も言いませんでした。
それでも私の言ったことはその母娘に伝わりました。
サントリーニ島のホテルのプール。
こういう色合いで写真が撮れると
なんだか嬉しくなります。
2006年6月22日(木曜日) 曇り時々雨

特別な機械で肌の様子を見せてもらいました。

しょーーーーーーーーーっく。

「何?これ。あたしの肌? うっそだー!
 。。。お願い、嘘だと言って。」

色素沈着があっちにも、ああこっちにも。

1か月分5千円の美白美容液をお買い上げ。
気合い入れて白くするわよ。
色素沈着よ、出て行きなさいっ!
「不要なので配達しないで」
ってお願いしたのに。。。
こういうダイレクトメールってすごく迷惑。
2006年6月25日(日曜日) 曇り
ホームページの調子が悪く、なかなか更新できずにイライラ。

美白美容液がどの程度の功を奏しているかは未だ不明。
そういえば、数年前に神津島を訪れた際に、
小学校の先生が言っていたっけ。

「校庭にある流しで、新しいせっけんだけが盗まれるんです。
 数個ぶら下がっているのに、必ず新しい物だけ。
 犯人はカラスだったんです。びっくりしました。」

うーむ。女の子カラスだったのかしら。
カラスにとってもその年のテーマは「美白」だったのね。
人類も鳥類もテーマは同じなんだろうな。
カラスと私。どっちがテーマをまっとうできるか。
カラスちゃん、勝負だっっ。
母の梅干作りが始まった。
こうなると、もう母は1ヶ月間は
梅の事しか考えなくなる。
話しかけてもうわの空。
毎晩梅に話しかける日々なのだ。
2006年6月26日(月曜日) 雨

先週1週間で、急にティーが老けました。
ティーは14歳と4ヶ月。 まだまだ元気!と思っていたのに。

小さくなったお尻
白くなったまつ毛
ちょっとしたことでよろける足

人間も動物も、老いたものの側にいるのは寂しいことです。
いつかは看取らねばならないものの側で
当たり前のように生活することは悲しいことです。

母とティーとれの字とこおりと。
一人っ子の私には、
一人で受け止めなくてはいけないであろう死が
この家に確実に存在します。

「その時」を、私はちゃんと乗り越えられるでしょうか。
不安です。
耳も8割は聞こえなくなりました。
でも私への忠実な思いは
ティーから消えることはありません。
その健気な姿と
よろけながらお座りする姿を
涙なしでは見られないこの頃です。
2006年6月27日(火曜日) 雨

母は週に3回、別々の教室で社交ダンスを習っています。
そのうちの一つが、最近通い始めた区の公民館なのですが、
誰でも利用できる公民館には変な老人が多いそうです。

先日、目を疑うような光景を目にしたとか。
以下に書く描写は過大描写でもなんでもなく、実在する人物です。

・頭にコーヒーが入ったカップを置いて
・それを紐でくくって頭上に固定。
・その周りの髪の毛にキンキラのラメのモールを巻きつけ
・派手なフリフリ衣装
・胸にはパットを詰めて
・しましまの膝までの靴下

という、80歳にもなろうかと思われるおじいちゃんが
公民館のソファーで新聞を読んでいました。

そりゃー人生残り少なければ、やりたいことをやって死にたいと思う。
けど。。。。けど。。。 
公民館では有名なおじいちゃんなのだそうです。
れの字の遊んだ後は
いつもこんな感じ。
お片づけしなさーーい!!
2006年6月28日(水曜日) くもり

世の中には謎の生き物が多いです。

← 。。。 これはなに??

血を吸う類の生き物に見えます。 うえぇーーーー。

彼らにしてみれば、
人間こそがその うえぇーー の対象なんだろうけれど。

こういう生き物とも共存していかなくてはいけないのよね。
なんと言っても、我が家の庭にいらっしゃったんだもの。

でもとりあえず向かいの空き地にご移動願いました。
丸首の頭です。動いています。
何の生き物かしら。
2006年6月29日(木曜日) 晴れ

会社の建物内が全面禁煙になって半年。
タバコを吸いたい人は、
今までは「喫煙室」に通い詰めていたのですが
外の喫煙コーナーまで行かないと吸えなくなったのです。

会社の目的は明らかで、

「禁煙しましょう。」「タバコを止めて健康になりましょう。」

タバコを吸いたい人は、3階から階段をエンヤコラと降りて
外の喫煙コーナーに行き、
吸い終わったらまたエンヤコラと階段を上って職場に戻る。
その手間をわざと課すことで、禁煙へと導こうという会社の作戦。

しかし、ぜぇぜぇ言いながらもおじさん達はタバコを吸いに
毎日何度も階段を上り下りしています。

「いやぁ、足に筋肉がついて体重が落ちたよ。健康になった。」

と喜んでいます。 何か違くない?
美白化粧品のチェックに
余念がない我が家のれの字。
どうしていたちは袋が好きなのかな。
2006年6月30日 (金曜日) 晴れ
最近のネーミング
ソーダニエル
スイカルロス
会社の人から可愛いアメをもらいました。
会社の保険の会報みたいな冊子に、今年1年生になった子供の顔写真と名前がありました。
すんごいです、子供の名前! 凝りに凝った名前です。
私は自分に子供が生まれたら(ってか、その前に結婚しなさいって話になるんですけど。)
「れぱん」と名づけようかと密かに考えています。
よろしければどうぞ。  前のページ(5月)   次のページ(7月)

いたちなあたち(HOME)