よろしければどうぞ。  前のページ(1月)   次のページ(3月)

いたちなあたち(HOME)
2007年2月1日(木曜日) なぜかまだ暖かい

近所に気ままにやっている小児科があります。もう70歳を超えた先生。
料金は高いですが、小さい頃から世話になっているので
何かしら体調を崩すと行ってしまいます。

母も同じ先生にお世話になっていますが、先日母が
「先生、あーでこーであーなので(略)レントゲン撮ってください。」
とお願いしたところ、先生は一瞬考え、

「寒いから暖かくなってからにしましょう。」

レントゲン室は離れにあり、暖房を入れないと寒いんです。

帰宅した母が笑いながら怒っていました。
「先生ったら自分が寒いもんだから。。。まったく。」

あらら。母が服を脱ぐのが寒いからレントゲン撮影を断ったんじゃなくて
先生ってば自分が離れの寒いところで働くのがイヤだったのね。
「ここまで歩いて滝まで絶景」
なーんか頭に残るフレーズです。
2007年2月2日(金曜日) またまた穏やかな晴れ

古いアルバムを整理し始めた母。
父の写真がかなりの量のアルバムに収まっていましたが、
母の観点で「いい写真」と「悪い写真」を分けて
いい物は新しいアルバムに。悪い物は燃やしていました。

20冊以上ものアルバムが、小さめのアルバム5冊になりました。

父の写真を整理してしまった母。
寂しい思いをしているのでは、と思っていました。

ところが整理し終えて母は言ったのです。

「あー楽しかった。お父さんと久しぶりにデートした気分よ。」

母のほっぺたが赤くなっていました。

父が逝ってもう10年近く。
今でも母にとって父は最愛の男性のようです。
デジカメのソフトウェアで変換したわけでもない
自然なセピア色の写真の数々。
若い頃の父を見て、
「私はお父さんに似ているなぁ。」と思う私。
だってお父さん、かっこいいんだもの!
2007年2月3日(土曜日) 晴れ
ふらりと途中下車した神田にて。
たべろや。
よってけ。
2007年2月4日(日曜日) 晴れ ちょっと寒いかな。

今日、テレビ東京のペット番組制作会社の方とお話しました。

「心温まる話を持っていて、
 何かしらちょっとプラス(芸など)があるペットを探しています。」

とのこと。

「心温まる話を持っているペットって沢山いますよねー。
 でも、、、その プラス が難しいですね。」

すると制作会社の人がひとこと。

「そうなんです。でも、テレビに映るというのはそういうことなんです。」

その彼のひとことが、何だか心に残りました。

五万といるペットの中で、テレビに映るというのはそういうこと。

その通りです。人間にも同じことが言えます。
「フツー」ならどこにでもいます。
「フツー+α」が群れにうずもれることなく目立つんですね。

なるほどなぁ。
まっ、私なられの字が100匹のフェレットにうずもれていても
すぐに見つけ出すことができるけど。
私にとって、れの字がそういう存在ならテレビに出なくてもいっか。
この葉っぱ、
下から見るととてもキレイ。
上から見るよりもずっとキレイ。
こういう葉っぱもあるんだね。
人間もそうかな。
ある一面だけを見ないで
色々な側面を見なくちゃいけないな。
2007年2月5日(月曜日) 何でこんなに暖かい?

フェレットのお友達がメールで、

「コタキナバルってどこだろう?」

と言いました。私は一瞬

「コギタナイ」

と読んでしまい、自分で自分に笑ってしまいました。

今日母が電話で友達に話していました。
来週から行くカンボジアのことを伝えていたのですが、

「あのね、成田からシェイプアップなのよ。」

なんで旅行なのにダイエット?

シェイプアップじゃなくて、シェムリアップ!(カンボジアの空港)

やっぱ母娘だ。こんなところまでが似ているなんて。
先月疲れることがあったので
行くことに決めたカンボジア。
ゆーっくりしてくるのだ。
2007年2月6日(火曜日) 晴れ あったかー。
テレビの取材、初体験。
今回はれの字にがんばってもらいました。
ごめんね、いっぱい走らせちゃって。
もうずっとずっと大好きで観ている番組です。
この番組に出られるだけでもシアワセなこと。
世の中こういうものでしょうか。
日曜日にペット番組制作会社の方にれの字を見に来ていただいたのですが、
「どうせ取材には結びつかないだろうな。でもフェレットを飼っている人がいるって覚えてもらえたらいいな。」
くらいに思っていました。
ところが昨日電話が入り、
「れぱんちゃん、決まりました。」

年末ジャンボ宝くじなんて、抽選発表の時に組番号が発表された時点で袋ごと放り投げた私。(連番で買ってた)
高校の時、すっごく憧れていた人に連絡したけれど返事は来なかった私。
当たるかな、来るかな、と思っていたものってダメなのですね。
逆に、「まぁムリだろうな。絶対ムリだな、こりゃ。」くらいに思っていたことってうまくいくの。

今日の朝11時半から夜7時半まで。なんと撮影は8時間も続きました。
でも映るのなんて20秒から30秒。
それでもほんの少しでもテレビに映るなら素敵よね。しかも大好きな番組に映るなら最高よね。
2007年2月7日(水曜日) 晴れ

私はいつも何でも間際にならないと行動できません。

日曜日からカンボジアに旅行に行くのですが、

航空券を予約したのは昨日。
ホテルは明日くらいに予約。
パッキングはたぶん前日。
ガイドブックを見るのは空港のラウンジか飛行機の中。

母はその点に関しては私と正反対。

全てのパッキングが終了し、持って行くものリストも完璧。
スーツケースを持ち上げては下げて、
中身をもう一度全部詰め直しては、また持ち上げて。

母娘で全く似ていないところもあるものです。
「電車がはいってきます」の後は
句点であってほしい。 と私は思います。
2007年2月8日(木曜日) 晴れ おだやかぁー。
またやっちまった。
やってしまった。。。
買ってしもうた。 Let's Note。
だって小さくて便利そうなんだもの。
それにね、今ならなんとCDドライブもつくし
ウィルスソフトまでついてなんと!!
。。。いくらだったっけ。。。
ああ、来月の請求が怖いよー。
2007年2月9日(金曜日) 晴れ

ティーの15歳の誕生日。
特に何を祝うわけでもないけれど、昨日と同じ今日を送っています。
だから、今日と同じ明日を送れればいいと思いますし
今年と同じ来年を送れるといいな、と思うのです。
ティーと一緒に。これからもずっと。

イベントのたびにお顔を合わせる方のフェレットちゃんが
5歳で天国へと旅立ちました。
今月はお友達のフェレットちゃんが続けて亡くなってしまい
何だか どよーん としてしまっています。

出来る限り、可能な限り、我が家のれの字と長く一緒にいられるよう
思い出をたくさん作っていけるよう、願う日々です。
この袋、れの字が入っています。
このまま福袋として出品しちゃおうか?
2007年2月10日(土曜日) 晴れ 夜 雨

航空券、よーし。
パスポート、よーし。
ホテル、最初の2泊分、よーし。

今回行く場所の地図を見たらホテルだらけでしたので
最初の2泊分だけ予約してあとは現地で情報を得てから
泊まる場所を探すことにしました。

。。。って、こんなこと「準備万全派」の母には言えません。

「ホテルとった?」
「うん。とったよ。」

という会話だけしました。
ホテルをとったことに嘘偽りはないのでまぁよいでしょう。

1つの町に8泊する予定なので、のんびりゆっくり歩きます。

さーてと。どんな出会いがあるかなー。
寄り添うように干されている大根。

れの字はお友達のお家に
本日から預かっていただいているので
今宵は私は1人で布団で寝なくてはいけません。
ううう。男性よりもれの字と一緒に寝たい私。
2007年2月11日(日曜日) 晴れ
何をリサーチしていたのかな。
れの字がPCの上でアンヨを もにもに☆ していました。
何を探そうとしていたの?
「情報は見つかりませんでした。」
そりゃそうだ(笑)
  カンボジアの写真たち

   例によってPDFになります。
  クリックしたらしばらくお待ち下さい。

 <
1日目> 。。 機内食に興味のあるかたどうぞ。
 <
2日目>。。 遺跡めぐり開始。
 <3日目 
その1その2その3>。。。おすすめです♪
 <4日目 
その1その2>。。。地雷博物館
 <5日目 
その1その2>。。。あの国にも行ってみた?
 <
6日目>。。。市場はごったごた。
2007年2月19日(月曜日) 晴れ 寒く感じます。

疲れたー。
今回の旅行ってば、途中で飽きちゃいました。
あの町は3日滞在で良かったのかもしれません。
9日間もいたからなぁ。飽きたなぁ。

ただお蔭で「カンボジアの人の気質」というのが見えました。
エジプトの人よりは、私個人としては好感が持てました。

今日は休むぞー。寝るぞー。
久しぶりにれの字とベッドを共にします♪
2007年2月20日(火曜日) 雨のちくもり
カンボジアの犬のため息
はーあ。
あっちぃーよなぁ。やんなっちゃうよ。
2007年2月21日(水曜日) 晴れ 風がちょっと寒い。

現在失業中の私。
とうとう、生まれて初めての失業保険を申請に行くことになりました。

写真が必要だということなので、駅前によくあるスピード写真でパチリ☆
しかし、生まれて初めてのこの経験。

「これで働かずして金が手に入るのじゃー。」

そう思ったら小躍りしそうになり、ついニマニマしてしまうのです。
これから失業生活に入るというのに笑顔の写真はまずいなぁ。
2回撮りなおして、ようやく悲壮感のただよった写真が撮れました。

よっしゃ。これでしばらく食いつなげるぞ。
職業安定所に足を踏み入れて
とても驚きました。
失業中の人がこんなにたくさん!
2007年2月22日(木曜日)  晴れ

遺跡では皆さんとてもいいカメラを持っていました。
シャッターポイントがたくさんあり、カメラを構える人でいっぱい。

観光客は主に 日本・韓国・中国 から来た人たち。

朝の空いた時間、大学生っぽい男の人2人がカメラを持っていました。
二人がふと、カメラと私たちを見ながらボソボソと話し出しました。

あ、きっと写真を撮ってほしいんだろうな。とすぐに分かりました。

2人のうちの1人がカメラを持って近寄り、
たどたどしい日本語でこう言いました。

「あなたは我々の写真を撮る。」

いつそんなことが決まったんだろう。。。

決まったのなら仕方がないです。「いいですよ。」と快く引き受けました。
海外旅行はやっぱり楽しいです。
2007年2月23日(金曜日) 雨

「おひなさま持ってきて。」

母が言いました。
おひなさまは父の部屋の屋根裏部屋に入っています。
出すのが面倒くさいなぁ。。。と思いつつ、

「おひなさま出さないと結婚できないでしょっ」

という母の怒りの声が聞こえたので ぶつぶつ 文句を言いながら
屋根裏部屋の捜索に向かう私。
見つけました。「おひなさま」と書かれたダンボール箱。

それを持って下におりると母が嬉しそうに箱を開封しました。
そこにあったのは、おひなさま。おひなさまのみ。
持ってきたダンボール箱には おひなさましか入っていなかったのです。

おひなさままで独身かい。

「お内裏さまの箱があるはずだから持ってきて。」

えーーーー。おひなさまって書いてあるんだから両方入れといてよ!
また ぶつぶつ 言いながら屋根裏部屋のダンボールの山をかきわけます。

自分の彼氏すら見つけきれていないのに
なんで人形の婿なんぞ探さにゃならんのだ。

数分後、「おだいりさま」と書かれたダンボールを発見。
無事におひなさまはダンナさまと会うことができたのでした。
おひなさま別居中だったのね。
知らなかったわ。
2007年2月24日(土曜日) 晴れ 風が強くて花粉が飛んでる
窓と電車の楽しい関係
マジックミラーの建物
電車が来ました。
電車が消えました。
電車が割れました。
2007年2月25日(日曜日) 晴れ

母は数年前まで泳げませんでした。

意を決してプールに通い続けた母ですが、最初のうちは

。。。泳いでる?。。。もがいてる。。。?

という状態。
プールの水を しこたま 飲んでレッスンは終わっていました。

レッスンを終え、プールを去る時いつも母はプールにお礼を言ったのです。

「ごちそうさまでした。」

水を嫌というほど飲んでいたので、プールの後は食が細かった母。

あれから数年。

今では とりゃぁーーーー とばかりにバタフライをキメています。
水も飲まなくなり、運動のあとはご飯もおいしくモリモリ食べて。
お蔭で体型もかなり怪しくなったのでした。
私の性格のように
ひんまがった「止まれ」
2007年2月26日(月曜日) 晴れ

とっても美味しいニンニクフライというおつまみを買ったので
お隣さんにおすそ分けしよう!
と思い早速電話。

お隣さんが玄関を開けて「どうぞおあがりください。」
まぁ♪
そこから延々2時間近くお邪魔してしまいました。

ご近所づきあいが薄くなってきたこの時代、
こういう嬉しい驚きは大歓迎です。

我が家も今度はご招待したいと思いつつ、
散らかった部屋を見るとため息が出てしまうのでした。

あーあ。いつ人が来ても大丈夫!なんて部屋を
キープできるような人になりたいなぁ!!

やっぱり私には住み込みお手伝いさんが必要なのだと思う今日。
暗い遺跡から外を見ました。
くもの巣だらけの柱の隙間から光が。。
2007年2月27日(火曜日)晴れ 江ノ島へ遊びに行きました。

昨日お邪魔したお隣さん。
ご主人が定年退職なさって毎日おでかけを楽しんでいます。

「9時半解散、6時集合」

これが奥様とご主人の合言葉だとか。

朝6時に朝ごはんにリビングに集合。
9時半に奥様は習い事へ、ご主人はお出かけ。

夜6時に晩御飯のため、それぞれの外出先からリビングに集合。
夜9時半に、奥様はリビングで好きなことをやり、ご主人は書斎へ。

そしてまた翌朝6時に集合する。。。

なるほど。夫婦円満の秘訣ですね。
私も結婚したらそうしよう。 9時半解散・6時集合!
「金洗えぇーーーー。」
おちゃめな顔をした銭洗い龍。
江ノ島にて。
2007年2月28日(水曜日) 晴れ 風が強い。
ダムの注意報
山梨県のダムの注意報。
かなり細かく知らせてますね。
よろしければどうぞ。  前のページ(1月)   次のページ(3月)

いたちなあたち(HOME)