サイトマップ: いたちなあたち(HOME) → 飼い主のつぶやき・2009年 → 1月
よろしければどうぞ。   前のページ(12月)  次のページ(2月
2009年1月1日(木曜日) 晴れ

元日恒例。家族全員でのお墓参り&神社のお参り。
今年は婚約者も加わりました。

神社で真っ先に買ったのは「交通安全のお守り」

車の交通安全だけでなく
私と婚約者の間の交通安全を祈願して。

昨年はかなりの確率で正面衝突していた私と婚約者。
今年はこのお守りが効くでしょうか。

無事に結婚というゴールに走りきることができるでしょうか。

途中で相手が勝手に車線変更するんじゃないかと
お互いに心配する元日であります。
2009年1月2日(金曜日) 晴れ

さてと。今年の目標。

結婚。

以上。

去年も同じ目標でした。
今年も同じ。

あ、ひとこと加えるならば

ちゃんと結婚。

。。。できるかなぁ。うーん。
もう1つの目標。
ファラオのサイトをちゃんと更新すること。
2009年1月3日(土曜日) 晴れ

いとこの夫。
久しぶりに子供と一緒に遊びに来ました。

「実は僕、この間初めて心筋梗塞やっちゃったんですよ。」

え?心筋梗塞??? 大丈夫なの?

「しかしねぇ、ひどいんですよー。」

いとこの夫のぼやきが始まりました。

その日、彼は朝から胃が何だかむかむかしていました。
気持ち悪いなぁ。でもとりあえず会社に行くか。
そして会社についてからも胃の不快感は消えず。 仕方なく会社の近所にある、いつもの町医者に行きました。

普段は(彼いわく)ロクに診察もしてくれない年老いた町医者が、彼の様子を見た途端に
「ちょっとあっちのベッドに横になりなさい。」

何がなんだかわからないまま、彼はベッドに横たわりました。
すると町医者が、先月入ったばかりの新人医師と看護士を連れて彼が寝ていたベッドに近づき言ったのです。

「よく見ておきなさい。これが新鮮な心筋梗塞の患者だ。」

先生っっ(怒)

ってか、心筋梗塞って? 彼はパニック。

「さ、救急車を呼びなさい。」

ひとしきり彼を見物した後に、町医者は看護スタッフに指示を出しました。
ほどなく救急車が到着。

大きな病院で手当てしてもらえる。
そんな期待を抱いていた彼。しかしまだ問題はあったのです。

法律によると、病院から病院に救急車で運ぶ際には
搬送元の病院の誰かが一緒に乗って行かなくてはいけないそうです。

「見りゃわかるだろ。こんな町医者なんだ。スタッフ1人でも数時間いなくなったら困るんだよ。」

町医者は同伴を頑なに拒否。とうとう町医者と救急隊員は口論を始めてしまいました。

「おーい。俺はどうなるんだー。気持ち悪いよー。」

ベッドに横たわった彼は放ったらかし。

「私が行きます。」

見るに見かねて看護スタッフが立候補。
彼は無事に大きな病院へと搬送されました。

しかし彼にはまだ悲惨な運命が待ち受けていたのです。

大病院のスタッフが「ご家族は家にいらっしゃいますか?」と彼に訪ねました。

「妻がおります。」答える彼。

病院スタッフが彼の妻(=私のいとこ)に電話を入れ、
彼が救急車で運ばれたので、病院まで来てほしい旨を伝えました。

ところが妻が言ったのは

「どちらの病院ですか?番号は?すぐにこちらから折り返しかけなおしますから。」

そう。妻は「振り込め詐欺」かと思ったのです。

病院に来てください、というだけなのになぜっ。さすが私のいとこ。

いとこの夫。
フレッシュな心筋梗塞と見世物にされ
自分の妻に振り込め詐欺と疑われ

「もうさんざんでしたよ。」

という気持ちも納得できました。
2009年1月4日(日曜日) 晴れ 暖かい。

「小動物飼いたい病」を熱く発症している私。
かねてからずっと飼いたいと願っているスキニーちゃん。
それに加えて、モモンガも飼いたいかも。。。

犬は新しく飼うつもりはありません。
ティーが私の心の中で元気に生きてくれているから。
私にとって、犬=ティー だから。

「いたちときつねを飼っていて他に何を望むの?」

婚約者からのストップがかかってしまっています。

うー。。。1人だったら飼いたいだけ飼ってるのにぃ。。

「私達の婚約の記念にペットを飼いませんか?」

こういう時だけ「婚約」の文字を前面に押し出してみる私。

私にとって小動物って本当に魅力的な存在です。
たったか
たーーん☆
2009年1月5日(月曜日) 晴れ

年始の初出勤。 もう辛くて辛くて。

朝一番に部長に言われた言葉。

「○○という会社の名刺を調べてメールして。」

。。。あのぉ。。。何をでしょう?

「名刺にメールアドレスがあるから。そこにメールして
 『2月のインドの予定はどうなってますか?』って聞いて。」

。。。(まだよくわかっていない私。)。。。

ん? いんど? インド???
ここまで来てまたその単語を耳にするとは。

よく分からないまま、部長の言葉どおりメールしました。

10分後の返事が来て分かったのですが、どうやら2月にインドで
会議があるそうです。部長は、それがどうなったのかを尋ねたかった模様。

「インド行きの往復航空券を調べて。」

はい。

「お前も行くんだぞ。」

はいっっっっ?????!!!!
行きたくない。
絶対行かないぞ。
2009年1月6日(火曜日) 晴れ

「うーん、予定が合わないなぁ。また次の機会にしよう。」

部長のひとことにホッとした私。

「でも近いうちに行くからな。」

はい。行ってらっしゃい。

私は行きませんよ。
絶対に行きませんからっっ。
部長のウォークマンを設定するのも秘書の役目。
2009年1月7日(水曜日) 晴れのちくもり

元来飽きっぽい私。
何をやっても続かないです。
思い立ってはすぐに飛びつくくせに、すぐに止めてしまいます。

このサイトでもそれが顕著に出ておりまして、、、

・携帯でも見られるようなちっちゃなページ→1ヶ月くらいで終了。

・ブログを開設→10回くらいの投稿で停滞。
         あとはブログランキングにクリックしてくれた数を
         何も投稿しないくせに楽しみに見るだけとなりました。
         (ティーの死をきっかけに、ブログは閉鎖しました。)

・音声日記→掲示板に感想を書いてくださった人がいたにも関わらず
      4回ほどの掲載で停滞。

他にもボロボロと思いつくものがあります(汗)

そんな私が買ってしまったもの。それは家計簿。
「はじめてでも簡単に家計管理ができます!」
裏表紙に書かれた強いひとことに引き寄せられて購入。

しかし。。。
失業して職探しをしている間にフェネックのファラオを見つけてしまい
そのまま何も考えずに購入して、銀行の預金残高が3桁にまで落ち込んだことのある私に
果たして家計というものが管理できるのでしょうか。

「使う予定のある大きな金額は、早いうちに封筒に入れて持っておこう。」

そんな気持ちで封筒何枚かに分けて10万ずつ入れて保存したものの、
予定していた大きなお金は、銀行引き落としに指定していたため自動的にお金が口座から落ち

「なんか今月お金足りないなぁ。」
と思いながら日々を過ごし

半年経ってから、引き出しからその現金入りの封筒を見つけて小躍りした私に
果たして家計簿というものをちゃんとつけられるのでしょうか。

この家計簿も5月くらいから真っ白になるような気がしてなりません。。。
2009年1月9日(金曜日) 雨のちくもり

部長は口は荒いですがなかなかのキレモノです。
異例の昇進スピードらしく、
自分の上司を次々と追い抜いて今の地位に上りました。

うらまれることもあるでしょう。
ねたまれることもあるでしょう。

上に立つ人間の宿命です。

「これ、シュレッダーにかけといて。」

と、山ほどの書類を手渡されました。
シュレッダーまで来て、いざシュレッダーしようと思ったそのとき。

あれ?ホチキスの芯がない?

山ほどの書類はそれぞれ5枚や10枚ずつに
ホチキスで留められていたはずですが
その全てがちゃんと抜かれてあったのです。

ついさっきまで、部長がそれらの書類をいじっているのを
ふと思い出しました。
捨てる書類の確認がてら、私がシュレッダーしやすいように
ホチキスの芯を1つ1つ抜いてくれていたのでしょう。

ちょっと感動しちゃいました。
こういう部下への細やかな心遣いが、
彼を昇進へと導いたんですね、きっと。
きれいな夕焼け☆
2009年1月10日(土曜日) 晴れ

思い切りました。
当初予定していた日より1日早めてもらいました。

れの字の手術です。

何の手術?
お時間のある方は「
隣のフェレット」の「病気」をご覧下さい。

腫瘍の多い生き物との付き合い。
飼い主への挑戦状みたいです。
しっかりと受け止めましたよ。

れの字、一緒に戦おう。
2009年1月11日(土曜日) 晴れ

お世話になっている動物病院。
昨日、れの字の術後を確認する「ついで」に
ファラオの健康診断をお願いしました。

「どこまでやりましょう?」

先生がニコニコ笑います。

どこまでとおっしゃいますと?

「えーと。血液検査ももちろんですし
 超音波検査にレントゲンなんかも撮れちゃいます。」

普段はマジメな感じの先生なので
おちゃめな言い方が何だか非常におかしかったです。

「いいなー。独身かなー。やっぱり結婚してるよなー。」

とずっと思っていた先生だったので
れの字に執刀していただいて光栄なのでございます。
ヘルシーウォーターボウル。
この器から、またゴクゴクとれの字がお水を
たくさん飲んでくれるといいな。
2009年1月12日(月曜日) 晴れ 朝晩寒い。

れの字を引き取りに病院まで行きました。
今日は院長はお休み。 
代わりに私好みの顔立ちの先生が対応してくださいました。

「れぱんちゃんって本当にマイペースですよね。」

ええ。私に良く似ています。

「入院中のストレスもあまり感じていなかったようです。」

あ、でも飼い主に会いたそうとか寂しそうとか
そういう感じはありましたよね?

「うーん、あまりそういうのは。。。」

あ・り・ま・し・た・よ・ねっっ???

「あ、、、えと。。。あったかも。。。
 はい。うん。ありました。そんな感じがありました。
 さっき『お家に帰れるよ。』って出してあげたら
 嬉しそうにしていた感じがします。」

先生を脅迫してどうするの、と思いながらも
久しぶりに今日は一緒にれの字と寝られると思うと
嬉しくてたまらない飼い主なのでした。
「院長、独身ですよ。」
と、今日対応してくださった先生が
ほんわかとおっしゃいました。

何ぃぃぃっっっ?!!
とっくに素敵な女性にゲットされていると
ずっと思っていたのにっ。

そういう大事なことは
れの字の血糖値の次くらいに教えてくださいっ
2009年1月13日(火曜日)

先日お友達と奮発してディナー。

食べ物が美味しいのもあったし
飲み物が美味しいのもあったけれど
やっぱり気の合う友達と
長くおしゃべりするのが楽しいのです

1年半ほど前に最愛のフェレットを
見届けた彼女。
2ヶ月前にティーを見送った私。

「わかる、わかる。」

そんな言葉が何度も出ました。

後悔のないお別れを
れの字ともしたいと
悲しくも思ってしまいました。

いつか来る別れだから。
2009年1月14日(水曜日) 晴れ

本当なら一番楽しいはずの婚約時代。
まだ全く楽しめていません。
楽しいどころか、何だか落ち込んだりイライラすることばかり。

結婚で失うものは「自由」なのだと既に分かってしまいました。

自由に何かを買う気楽さ
自由に予定を設定する権利
自由に遊びに行く楽しみ
自由にインターネットをする時間

全てが結婚によって失われる気がします。

私はまだ彼をそこまで好きではないのも自分で気づいています。
なのになんで結婚するんだろう。
結婚に憧れているだけなんだろうな、きっと。

そして私の婚約者は、私が
彼をそこまで好きではないことも
結婚に不安を感じていることも
結婚に憧れているだけであることも
全て承知の上で引き受けてくれると言います。

この結婚が吉と出るか凶と出るか。
大きな大きなサイを振るにはまだ手が震えます。。。
部長の韓国土産。
額縁に入った絵かと思ったら。。。
(月曜日に続く)
2009年1月15日(木曜日) 晴れ

「ワンワールドでバンガロールに行くのを調べてくれ。」

相変わらず部長から突発的な指示が出ました。
もう驚かない私。 だいたい想像できるようになりました。

ワンワールドグループに加盟している航空会社を利用した
バンガロール行きの便を調べてくれってことなのね。

はいな。 って、バンガロールってどこだ?
ネットで「バンガロール」と検索したら出てきました。

『インドを知るならバンガロール』

。。。いんど。。。??

「一緒に行くことを念頭に入れて調べておきなさい。」

いやぁぁぁぁぁ。
やっとこさインドから離れたと思ったのに。
インドとは無関係なこの会社に就職したのに。
どうして入社2ヶ月でまた「インド」という単語を耳にするのっ。

しかも「行け」だなんて。
前のインド系の会社でも、さすがにインドに行くことはなかったのに。
どうしてインドと無関係なこの会社で
インドに行くことになるのでしょうか。

ひーん(涙)
「私のことを覚えていてね。」
辞めるときにインドの女性から渡され
今も私のカバンについている小物。
彼女から昨日メールがきていたけれど
「私インド行くかも」
って返事を出したら
彼女は喜んでくれるかしら。
2009年1月16日(金曜日) 晴れ

インドのデリーには成田からJALで直行便があるのですが
バンガロールには乗り継ぎでしか到着できません。

「日の丸しか信じない。とにかく安全な経路を探せ。」

というミッションが部長から出たため
日本-バンガロール間に運航している航空会社を探すことに。

部長、デリーまでJALで向かうとなると
デリーからバンガロールへはインドの国内線になります。

「どこのエアラインだ?」

えーと。『ゴー!エアー』とか『インディゴー』とかです。

「却下。」

あ、『スパイスジェット』っていうのも飛んでいます。

「却下に決まってるだろ。俺は辛いのは嫌いだ。」

部長、そういう偏見は良くないです。
名前がスパイスだからって機内食に辛いものが出るとは限りません。
もう1つ、インドの航空会社ではないですけど香港経由があります。

「どこだ?」

どこでしょう?DRAGONAIRというエアラインです。
ちょっと調べてみますね。どこの国の航空会社でしょうか。

10秒後、私はそれを部長に伝えるか否か迷いました。
しかし部長の目が「早くしろ」と言っているので意を決した私。

ほ。。。ほ。。。香港ドラゴン航空。。。デス。

「どらごん?」

部長は固まりました。

「インド行き、止めるかなぁ。」

止めましょう、止めましょう。
ここは思い切って止めちゃいましょうっっ。
携帯ストラップと、腰からぶらさがる小物
リラックマで統一されている女性。
ふと彼女が持っていた袋を見ると
でっかいリラックマのぬいぐるみが2個。
2009年1月17日(土曜日) 晴れ

れの字の甘ったれは、私が食べさせないと食べません。
朝7時50分に私が仕事に出て
夜6時50分に帰宅する11時間、全くエサを食べません。

低血糖症のれの字にとって空腹は大敵。

私の決断は早かった。

会社から徒歩2分の場所に部屋を借りました。
お昼休みに家に戻ってれの字を食べさせるためです。

不動産屋のおっちゃんは、ぶっきらぼうで楽しい人でした。

この時期は忙しいですよね。

「忙しいんだよ。そんなに忙しくないと思ったのに
 今月だけで4件決まっちゃったよ。びっくりしたな。」

いやいや、1月から3月は賃貸繁忙期でしょう。

「駐車場代、消費税分サービスしちゃうよ。」

と、15750円の駐車場代を15000円に値下げ。
しかし印刷された契約書をよくみたら

家賃 11万5千円。
管理費11万5千円。

ちょっとおっちゃんっっ(怒)
家賃と管理費が何で一緒の金額なのよっ
そんな高い場所借りられるわけないでしょーがっ。
ペット飼育だと敷金が3ヶ月かかるんですよねー。
高いなぁ。。。

家賃と管理費合わせて毎月12万円。

生きるというのはお金のかかることなのね。
2009年1月19日(月曜日)
これも秘書のお仕事なのかしら。
「土産をもらった。」
部長から渡された風呂敷に包まれたもの。
絵画かな?と思って開けたら。。。
いきなりグロテスクなものが目に入って
一瞬腰が抜けるかと思いました。
急遽、コンビにでサランラップとゴム手袋を購入。
会社の古い流し台に来て
息を止めて包みを開封っ
えーん、臭いよーーーーー。
ぜぇぜぇ。
ようやくまとめました。
もちろん1本もらって家に持ち帰り
「高麗人参酒」を造っている私です。
2009年1月20日(火曜日) くもり 寒いかも。

「お返しします。」
「確定するまで持っといて。」

机の上で私と婚約者の間を行ったり来たりするネックレス。
10月にプロポーズをお受けしたときにいただいたものです。

いつ婚約破棄になるかどうか。 
瀬戸際でうろちょろしている私。

ところが今日、母からメールが入りました。
「終わりました。痛かったけど我慢しました。」

アートメイク?刺青ではないのですが、
皮膚に色を入れていくメイクだそうで
母はアイラインを引いてもらったようです。
針を刺すのでかなり痛いらしく、
ボロボロ泣きながら痛みに耐えたとか。

結婚式で新婦の親として人に見られるから。
キレイにしなくちゃ。

そんな気持ちで痛みをこらえたという母。

げ。。。結婚が危ないなんて言えなくなっちゃったよ。
見えにくいですが、
ガラスの中に白鳥の親子がいます。

この置物が素敵なので
引き出物に加えたいと思うのですが。
2009年1月21日(水曜日) くもり

2002年9月、アメリカの同時多発テロ。
それがきっかけで結婚したカップルがいます。

今の会社の同僚の話では
前に社内恋愛を隠していたカップルがいたのだとか。
その2人がつきあっているとは誰も知らず
みなさん普通に仕事をしていたとか。

2002年9月11日。
ニュースが入り、アメリカ出張者の帰国が困難になっている旨が
社内に通達されました。

「出張じゃないけど、
 Aさんって確か今ハワイに旅行中じゃなかったっけ?」

「Bさんが旅行先のハワイから電話してきたらしい。
 今回のテロの影響で帰国が延びそうだって
 言っていたらしいよ。」

あれ?? Aさん in ハワイ? Bさん in ハワイ , too?

そしてバレちゃった社内恋愛。

その後結婚した2人は社内から「テロ夫婦」と呼ばれ
数年後にテロの影響ではないのですが離婚したそうです。
お酒はビールより焼酎が好き。
2009年1月23日(金曜日) 雨のち曇り時々晴れ 暖かいかも。

部長は明日まで出張中です。

昨日、部長から社に電話が入り事務の女性がその電話に出ました。

「部長からの電話ですけど代わる必要があるかと聞いておられます。」

どうしようかなと思ったのですが、とりあえず言いました。

「すみません、それでは電話を回して下さい。」

そして電話を回してもらうと

「何だ?」

と部長がひとこと。 
えーと。。。用件を話すと

「そんなことどうでもいい。じゃあな。」

電話を切られてしまいました。
しまったーー。出張中は忙しいのだから、用件はちゃんと優先順位をつけ
今伝えるべき内容かどうかを判断するのが秘書の役目でした。
今伝えた用件は、確かに今でなくても十分事は足りたものだったわ。

そして今日、また部長から電話が鳴り、事務の女性が出てくれました。
私に代わることなく電話が切れた後で、ちょこちょこっと彼女が近づき

「部長からの電話でした。代わりましょうかと言ったのですけど
 『どうせ大した用事はないだろうから代わらなくていいよ。』って。」

なにぃ?

「『俺は無事に元気に生きていると伝えてくれ。』だそうです。」

はぁ、そうですか。

「あ、あと『こっちは寒いから服を買いに行く。』と言っていました。」

だから私が現地は寒いですよって情報渡していたのにっ。
「俺は晴れオトコだ。問題ない。」
って、変な返事をしていらしたのよねっ。
やっぱり薄着で行っちゃったのねっ もぉ。
駅で荷物の入ったスーツケースが
ポツンと1つ置かれていました。
酔っ払いが蹴飛ばした途端
荷物が少しはみ出てしまいました。
いったい誰のスーツケースだろう。
なぜここにあるんだろう。
2009年1月24日(土曜日) ちょっと雪が降った♪

「ずっとずっとずぅーーーーっと買いたかった。
 今日こそ買うから。」

意気込む母を家具屋さんに連れて行ったお正月休み。
もう何年も欲しかったという「白いソファー」を買うために。

家具屋でウロウロすること2時間。
ようやく「これっ」と決めた真っ白のソファー。

そのソファー代金、私の新しい部屋の敷金にしたい。

そんな言葉をこらえながら、母のソファー購入に付き合いました。
そのソファーが本日届きました。

母がソファーを見ながら
「いいわねぇ。やっぱり白はいいわ。買ってよかった。」
と嬉しそうにしている姿を見て、
ソファー購入に付き合って良かったなぁと思ったのも束の間でした。

ファラオの部屋を掃除してリビングに戻ってきたら白いソファーがない!
あれ? えっ??
何このカバー。。。
前のソファーにかかっていたレトロなカバーがまたかかってるんですけど。

「白だもの。汚れたら困るからカバーしておいたわ。」

お母さん、何のために2時間も家具屋を歩き回って
「とにかく白」にこだわって
20を超える数のソファーに試しに座ったり寝転がったりしていたのでしょう。

カバーかけちゃうなら白いソファーだろうが黒いソファーだろうが同じでしょうが。
2009年1月25日(日曜日) くもり

結局、会社近くのお部屋はキャンセルしました。
最初に聞いていたのと条件が変わってしまったから。

とても気に入った不動産屋のおっちゃんだったので
キャンセルの旨を伝えるのはとても心苦しかったです。

しかし、定期借家であることや
敷金が2ヶ月償却であることを最初に知っていたら
借りることはない部屋だったので。。ごめんね、おっちゃん。

2年しか住めないのに
礼金、仲介手数料、さらには敷金2ヶ月償却じゃあ
えらい高い家賃になっちゃうもん。

「あまり甘やかさないほうがいいですよ。」

今日、獣医さんからも貴重な助言もいただきましたし。
ペットは甘やかせばその分どんどん甘えてしまうのだとか。

心を鬼にして、自分かられの字が食べてくれるように
努力していくことにいたしました。
何だかおかしい日本語です。
大人気だから在庫があるって変ですよね。
さらに在庫がない場合もあるそうです。
2009年1月26日(月曜日) 晴れ

婚約者が使っていた白くて大きな絨毯。
(一応)白好きな母が「捨てるなら下さいな。」と言うのは
至極当然のこと。

白い絨毯が我が家にやってきました。
大きくて毛先も長くてふわふわでいい感じ。
私も気に入りました。

しかしやはり甘かった。
10分後、グレーとピンクのカバーで覆われていました。
さすがに今回は私も
「これじゃ白くないでしょっ」
と、他人が聞いたら相当当たり前のことを
口にしたながら怒ったため
母は仕方なく押入れの奥にあった白いフリースを縫い合わせ
『白の絨毯を汚れから守るための白いカバー』
を作り上げました。
(とは言っても、生地を並縫いしただけ。)
しかしれの字はウワテでした。
絨毯と白いカバーの間に入り込み、クックル鳴いて遊び始めたのです。
「「きゃぁ!絨毯が汚れるー!臭くなるぅーーーーー!!」
大騒ぎしながら、れの字を絨毯から追い出す母。
そんな騒ぎにメゲないれの字。 また絨毯とカバーの隙間でキャッキャと遊ぶのでした。
そして今日、普通に朝家を出て、普通に仕事して
普通に帰宅した私の目に
世にも奇妙なものが映りました。

これを見たとき、私はしばらく動けなくなりました。

ぬ、ぬ、縫い付けてあるよオイ。。。

信じられません。

カバーが絨毯に縫い付けてあったんです。

お母さんっっっっ(激怒)
2009年1月27日(火曜日) 晴れのち雨

「れっちゃん、入りたそうやったけど
 入れへんからイライラしてたよ。」

お茶を出した私に、
遊びに来ていた婚約者が言いました。

ん?ああ、れの字が絨毯とカバーの間に入りたいのに
どこかの誰かが縫い付けちゃったから入れなくなったのよね。
んでもって、
「いたちが入らなくしてやったわ。」
と、勝ち誇った表情でふんぞり返っていたっけ。。。

「目を疑った。」

と言う婚約者。

そうですよねぇ。
親子なのに信じられません。母がこんな性格だったとは。
改めてびっくりしました。
本当の親子かと疑いたくなります。真剣に。

すると婚約者はじぃーーーーっと私を見つめ、

「心配せんでいいよ。他人の目から見るとそっくりやから。」

なんだと?
それにしても汚い縫い目。
「潜られると困るから大急ぎで縫った。」
とは言っても。
2009年1月28日(水曜日) くもり一時雨

「私はコレで痩せました。」

そんな話題で持ちっきりだった今日のランチタイム。

「私、流行の腰くびれビデオで痩せた。」

というAさん。
ふーん。あれって本当に痩せるんだー。

「そう言えば、隣のチームのBさんは
 ビリーキャンプで痩せたって言ってた。」

「そうなの?すっごい痩せたなーと思っていたけど。
 あのビデオで痩せたんだー。」

「うん。すっごいお腹が出ていたのにね。
 今ではもうペッタンコだもんね。」

。。。私もやろうかな。お腹出てきたから。。。

「でもそのお腹には『夢と希望』が詰まっていたんだって。」

しぼんじゃったらダメじゃんっ。
「大阪ちよ子」
。。。気に入った♪
2009年1月29日(木曜日) 晴れ

内臓の病気は全て脳からの指令。
知り合いから聞きました。

人は生きていく以上、かならず何かしらの
悩みやストレスを抱えて生活しています。
完全なストレスフリーな人生なんて絶対にありません。

少しでも前向きに生きていければ
内臓の病気は防げると、知り合いは言いました。

本当なのかしら。

今いっぱい悩んでいるけれど
この悩みを「悩み」と思わずに前向きに進めたら
何か変わるかしら。
2009年1月31日(土曜日) 雨のち晴れ

昨日は本当に落ち込むことがあり、
どうしてこんな思いをしなくてはいけないんだろう。
と、ただただ涙が出ておりました。

真夜中の12時過ぎに遠く離れた友達に電話。
かなり迷惑をかけてしまいました。
それでも夜中に彼女は私を励ましてくれました。
どれだけその友達の存在がありがたかったことか。

今日、かなりテンション低く動物病院へ行ったのですが
れの字の血糖値が正常範囲内になっていることを知り
そんな下らない落ち込みは吹っ飛んでしまいました。

とりあえず、れの字の血糖値に対して
マックのコーヒーで乾杯☆

れの字、一緒にシアワセになっていこう。
ずっとずっと側にいてほしい。ただそれだけだよ。
ふぇれっトーク、健康記録&いたち記念日の機能が稼動いたしました。
よろしければどうぞ。   前のページ(12月)  次のページ(2月