いたちなあたち(HOME) → 飼い主のつぶやき → 2010年1月
よろしければどうぞ。  前のページ(12月)   次のページ(1月その2
2010年1月1日(金曜日) 昼間あったか。

年末に郵便局に行った時のこと。
横で小さな箱を発送したいというおじさんがいました。
係りの人に

「壊れ物ではないですか。」

と聞かれ、おじさんは少し迷い

「壊れ物というのはそのぉ。。。ガラスとかそういうことですか。」

係りの人が「はいそうです。割れ物ではないですよね。」

するとおじさん、ニッコリ笑って

「ガラスとかじゃないです。
 中身は家内が焼いた
バウンドケーキです。」

ばうんど?

「孫が食べたいというので家内が焼いたんです。
ウンドケーキ。」

おじさん、それは
ウンドケーキなのではないかしら。

送料を払って郵便局を後にしたおじさん。

きっと今頃、おじさんが送ったバウンドケーキは
お孫さんの手元に無事に届いていることでしょう。

箱の中でかなり弾むケーキだったでしょうから、
形が壊れていないといいのですけれど。

おじさんが送ったケーキのように
私も今年は弾む毎日を送れたらと思うのであります。
あたちの今年のお願い事。
叶うといいなぁ。
2010年1月2日(土曜日) 晴れ あったか。
ボクは花の似合うオトコ。
青空がまぶしい。
ああボクはなぜこんなに美しいのだろう。
夜に郵便ポストを確認したら、エアメールが入っていました。

まさか。。。差出人はとっくに天国に行ったかと思った人。
彼が、エイズに加えて筋ジストロフィーを患ったと
彼の同居人から聞かされたのは1年3ヶ月前のこと。
もう長くないと言われ
ずっと連絡できずにいました。

「彼は逝ってしまったよ。」

そう電話口で同居人に言われるのが怖くて
連絡せずに時は流れて1年3ヶ月。

彼から届いた真っ白なカード。
何も文章が書かれていない、カードだけのエアメール。

「まだ僕は生きているよ。だから連絡くらいしてよ。」

カードからそんな彼の言葉が滲み出て来て
思わず電話をかけようと受話器を取ったけれど
気づけば現地はまだ朝の5時。

マーク、あなたはまだ生きていたんだね。
明日話をしよう。1年3か月分の話をしよう。
2010年1月3日(日曜日) 晴れ 昨日より寒い

今まで低血圧だったのに
急に高血圧のレッテルを貼られてしまった母。
血圧を測る機械を購入し、毎日計測してノートに記録。

たぶん病院の先生からは
朝昼に測ってください、くらいに言われているのでしょうが
心配性の母は

朝・昼・晩・ばん・バンバンバン・BANG!

血圧が少しでも低い結果が出るまで
オニのように計測しています。

「やっぱりおかしいわ。」

見ると血圧計の表示には『200・76』という数字が。
いやいやまさか。
この数字だと、とっくにひっくり返っているはず。

私と夫が計測すると、普通と思える数字が出るのに
なぜか母が測るととんでもない値が出るのです。

うーむ。

そこで近くのヤマダ電機に車で3人で乗りつけ、
店内にある血圧計で片っ端から母の血圧を測りました。
すると不思議なことに
どれも正常な値をはじき出してくれました。
自宅にある機械だけが、あり得ない数値を母にだけ表示。

やはりこれは

「いい加減遊び歩くのはやめなさい」

と血圧計が母に言ってくれているのではないかと
確信した娘の私なのでした。
今年はボクにもお嫁さん来てくれる?
2010年1月4日(月曜日) 晴れ

布団から顔を出すのに2分。
体を起こすのに5分。
ズルズルと布団から這い出すのに7分。
あーん、仕事嫌いーーーー。

そしてものすごい頑張って出社。
どよーんとした私と反比例して
ものすごく元気な部長。

「元気なもんか。元日早々バイクで転んだ。」

あらま。

「山の峠のでカーブを曲がる時に、
 あっと思ったらタイヤがスリップ。
 体が道路に倒れ、そのままモモからずささささ。
 雪の上をずさーーっと体が滑って
 おわっと思ったらそのまま体がスッと立ち上がった。
 気づいたら俺は普通に立っていて
 バイクだけが俺の前を横倒れたまま滑っていった。」

なんて強運な。
山の峠って、もしかしてガードレールから外れたら
そのまま転落してしまったのではないですか。

「そうだ。危なかったんだ。」

。。。。ちっ。

「何か言ったか。」

いぃえぇ、別にぃ。(にっこり)

お正月早々の私と部長の会話でした。
らんちさんご夫婦からいただいた
デジタルフォトフレーム。
会社に持っていくんですの♪
2010年1月5日(火曜日) 晴れ あったか。

「おい。あの単語のスペルは何だ。」

午前中から何やら部長が英語と戦っていました。
スペルをお伝えすると、ふむふむとご自分の電子辞書を引き始めます。
しかししばらくして、

「ん?」
「なんだ??」

背後からいつもの部長の独り言が。そして

「。。。切れた。」

どうやら部長が使っていた電子辞書のバッテリーが
切れてなくなってしまった様子。

ぶすったれた顔をしながら、電子辞書を引き出しに戻す部長。

「せっかく使おうと思ったら使えなかった。」

かわいそうに。

「まるでお前みたいだ。」

なにぃ?
2010年1月6日(水曜日) 晴れ

先日、超高血圧疑惑が生じた母でありますが
その後やはり

朝昼晩ばんばん

測りまくり、一番低い値を「血圧ノート」に記録しています。

3日に電気屋さんで片っ端から血圧計を使い
かなり迷惑な客になってしまっていましたが
このほどその店で血圧計を1つ購入。

20を超える血圧計が並ぶ中、
その血圧計の購入を母が決めた理由はただ1つ。

「一番低い値をはじき出してくれたから。」

血圧って何のために測るんだっけ。。。

そして家にあった「やたらと高い数値を出す血圧計」は
購入した店に行き不良品だと直談判して
別の商品と交換してもらったそうです。恐るべし母。

「この機械で測ると血圧が高いのよ。交換してちょうだい。」

こんな言い分を聞かされた店員さんはびっくりしたでしょう。

「それはお客様の血圧が高いという事実だと思うのですが。」

なーんてことを、よく店員さんが言わなかったと感服します。
そして今、母の手元にはなぜか血圧計が2台。

きっと今宵も母はその2台を駆使して
オニのように血圧を測り、どちらかがはじき出す
「一番低い数値」
を、満足げにノートに書き留めることでしょう。
「すぐ上」ってアナタ。。。どこよ。
2010年1月7日(木曜日) 晴れ

たった1日の「その瞬間」を境に
今まで築いてきた全てを失い、何もかもが変わってしまう
そんな体験をしたら人は強くいられるのでしょうか。

もしそれが自業自得から来ているのであれば
割とその人は強く生きられるのかも知れません。

となると、私が好きなのりぴーちゃんが
今も強く生きていけるのは
やっぱり自業自得だったからかなぁ。。。

と思い始めたのも、
のりぴーちゃんが結婚した相手が経営していた
お店を偶然にもこの間見つけてしまったからです。

テレビで観たお店だーと、しばらく眺めてしまいました。
2010年1月9日(土曜日) 晴れ
クッキーいただきました。
長風呂の後のような、なまはげさん。
顔色の悪い、なまはげさん♪
2010年1月11日(月曜日) くもり 祝日♪

言葉というのは面白いものです。
人ごみで耳をダンボにしていると、色々と会話が聞こえています。

おじいちゃん夫婦とすれ違った際に聞こえた言葉。

「さっきエリビィータァに乗ったら。。。」

夫と2人で目を合わせました。
今、確かにエリビィタァって言っていましたよね?

そして人は同じ言葉を繰り返す性質があるようです。
食べ放題レストランのデザートコーナー。

おばちゃんA:あらっマンゴープリンがないわっ。
おばちゃんB:え?マンゴープリンがないの?

おばちゃんA:そうよ!いつもあるマンゴープリンが今日はないのよ。
おばちゃんB:あらいやだ。いつもあるじゃないのマンゴープリン。

2人そろって:いやぁねぇもうーー。

うーむ。私も段々ああなっていくのだろうか。。。
よろしければどうぞ。  前のページ(12月)   次のページ(1月その2