サイトマップ: いたちなあたち(HOME) → 飼い主のつぶやき → 2009年12月
よろしければどうぞ。  前のページ(11月)   次のページ(1月
2009年12月1日(火曜日) 晴れ あったか。

午後から別の部署の同行通訳の仕事が入りました。
案の定、何が何だか全くわからないまま終了。

会社に戻ると、私の顔を見るなり部長がひとこと。

「少しは役に立ったのか。」

どきっ。
も、も、もちろんですよぉー。はは。

笑ってごまかし席に着きました。
数分後、別の上司が打ち合わせから戻ってきました。
私の顔を見るなり

「おっ。役に立ったの?」

お疲れ様。 とか お帰り。 とか
そういう挨拶はこの会社には存在しないみたいです。
彦根城の美しい庭。
2009年12月2日(水曜日)
がんばれ。
仕事をするというのは大変なんだよね。
2009年12月3日(木曜日) 雨

友達からの誘い文句につい乗ってしまいました。

「メル友募集してみれば?
 同じオンナ同士で色々話ができれば楽しいよ。」

でも先に気づけば良かったのですが、
私はかなりの面倒くさがりや。
まして知らない人とのメールのやり取りが
長続きするわけがないのです。

先週、友達が勧めるサイトに登録して
放ったらかすこと1週間。
ハッとしてメールをチェックしたら
それこそものすごい数のメールが届いていました。

しかも女性の友達がほしかったのに
あふれんばかりのメールは全て男性から。
「女性のみ」って指定したのにーーー。

でもまぁ女性からメールが来ていたとしても
結局は長続きしなかったでしょうから丁度いいのかも。
「れっちゃん毎日違うところで寝ても
 追いつかへんで。」
夫に言われてしまいました。
確かに。。。 れの字のベッド。
また買っちゃった♪♪♪
2009年12月6日(日曜日) 晴れ あったか。

ああこの2日間、疲れました。
社交ダンスのパーティーがあったのです。
母に半ば強引に勧められた始めた社交ダンス。

最初は行くのがイヤだったのですが
夫ともども
「ここで辞めたら一生やらなくなってしまう。」
と互いを牽制しながら。。。あ、違った。
互いを励まし合いながら
ようやく4ヶ月が経過。

娘の初めてのダンスパーティーです。
それなのに。
なぜか母は朝10時にどこかに出かけてしまいました。

おかしいでしょう。
自分が薦めたくせに。(怒)

私たちより数十年も上の人たちが集まるパーティーに
私たち夫婦は何だか肩身が狭い思いをしながら
何とか1曲披露して拍手をいただき
こそこそと夫婦で壁の花となったのでありました。
おいも食べてるフェレット。
HDさん作成のイラストです♪
2009年12月7日(月曜日) 晴れ

会社のお気に入りの男性、Kさんの小学生の頃の話を聞きました。

可愛い子供だったKくん7歳。
お母様と一緒に小学校の入学健康診断に向かいました。

若い先生に黒いスプーンのような棒を持たされたKくん。
それが視力検査とは全く思わなかったと言います。
黒い棒で片目を隠し、壁に貼ってあるお魚の向きが右か左か。
それで視力検査をしていました。

先生: はーい、Kくん。こんにちは。右目にそれを当ててね。
Kくん:。。。(右目ってどっち?)。。。(おろおろ)

先生: Kくん、こっちね。こっちに棒を当ててね。(先生示す。)
Kくん:(あ、こっちね。)

先生: 違う違う。こっち。先生は正しく右目を当てているけどね
    Kくんから見たら逆だからねー。
Kくん:(先生と同じ手を挙げているのになぜ違うの?)

先生: じゃあそのままこの線に合わせてね。

床にテープで黒い線が引いてありました。
右目に黒い棒を当てたまま線のところまで歩くKくん。

先生: 違う違う。下じゃなくてこっちよー。こっち見て。
    下見ても何もないでしょー?
Kくん:(『線に合わせて』って言ったのになぜ?)

先生: はーい、じゃあこれは見えるかなぁ?
Kくん:お魚。

先生: 違う違う。そうじゃなくて。
    じゃあこれはどうかなぁ?
Kくん:小さいお魚。

先生: そうじゃなくて(苦笑)

先生の言っている意味が全くわからず、
助けを求めようと後ろを向いたKくん。
そこでKくんが目にしたものは、
「うちの息子がこんなにバカだったなんて。」
と涙を流すお母さんの姿でした。

そんなKくんは立派に成長し、今では課長となりました。
いたちカフェれっとで
おそろいカバンを発売始めました。
2009年12月8日(火曜日) 晴れ

引っ越してから初めてファラオをベランダに出してみました。
通常フェネックは90cmくらい余裕で垂直跳びするので
ベランダの柵を越えたりしないか不安を抱えていた私。

部屋からベランダに降りるのに、
なぜか15cmくらい段差があるこの賃貸アパート。

恐る恐るファラオをベランダに降ろしたところ
ファラオは
「ここはどこだ」
とオロオロ状態。

さらには部屋に上がる15cmの段差を上がることができず
またオロオロ。

ベランダの1m20cmの柵に心配していた私ですが
まさか15cmの高さすら上れないとは。

ファラオよ。フェネックかと思って飼っていたけれど
実は単なる野ギツネだったのではないかと疑っています。
すすきがキレイな季節です。
2009年12月9日(水曜日) 晴れ

通勤途中で毎朝、毎昼見かけるおじさんがいます。
いつも道路をホウキで掃除しているのですが
いつも何かに怒っているのです。

朝、おじさんのホウキの音が角を曲がる前から
しゃっ しゃっ と聞こえます。
そしておじさんの怒る声も
やはり角を曲がる前から聞こえてくるのです。

何に怒っているのかは不明。

昼間、お昼ご飯を食べるためにその場所を通ると
また角を曲がる前から
ホウキの音がしゃっしゃっと聞こえます。

角を曲がるとおじさんがホウキを片手に掃除中。
そしてやっぱり何かに怒っているのです。

ってか、朝から昼までどんだけ掃除しているんだろう。
しかも毎日。

きっと心は優しいおじさんなんだろうけれど。
今度挨拶してみようかな。
寒い日は鍋物が美味しい♪
2009年12月10日(木曜日) 晴れ

旅行会社でいつものように直前の旅行チケットの手続き中、
私の横に中年の男性が座って
関西方面の1泊ホテルつき新幹線パックを予約していました。

担当者:では次に新幹線の予約なのですが。
男性: N700系でお願いしたいです。

担当者:N700系ですね。(時刻表を確認)
男性: 初めて乗るんです、N700系♪

担当者:(無言でPCを打つ)
男性: 座席、良くなったんですよね♪

担当者:ぐ、グリーン車なら違いが実感できるんですが。。
男性: 普通席だとあまり変わらないですか。。。ね。

担当者:若干。。。という感じでしょうか。
男性: 若干違うんですね♪♪確認してみます。

担当者:窓側・通路側のご希望はありますか。
男性: 窓側でお願いします。

担当者:窓側ですね。(カタカタとPCを打つ。)
男性: あ、あともう1つ希望があるんですけど。

担当者:はい何でしょうか。
男性: 入って左側の席でお願いします。

担当者:。。。。???(笑顔)

ここで私の担当者がチケットを用意して戻ってきました。
隣の会話を気にすることなく自分の予約の確認。
しかしどーしても気になる「入って左側」。
耳をダンボにしたら「入って左側」の意味が判りました。
ファラオ。
人の顔を見ると歓喜の舞を披露するため
まともに写真が撮れません。
担当者:はいそれではご一緒に確認をお願いします。
    新幹線、行きが2名掛けの席で帰りが3名掛けの席のどちらも窓側。
    どちらも進行方向に向かって左側のお席になります。
12月11日(金曜日) 雨 寒い

何だかとっても忙しいです。
部長の年末挨拶ラッシュで、挨拶に伺う先と挨拶を受ける先との調整でアワアワしています。
当然のことながら、挨拶に伺う先の予約が優先なので、挨拶に来られる方との調整が難しいのです。

会社Aに伺いたいのに、会社Aから返答がなかなか来ない。
会社Bが挨拶に来たいというのに、会社Aとの予定を確定しない限り会社Bの予定は入れられない。

きっと会社Aも同じ状況で、どこかの取引先(会社C)との約束をしない限り私に連絡ができないのでしょう。
そして私が返事を保留にしてしまっている会社Bでも、
同じように私から返事がない限りは会社Dとのスケジュールが組めない状況かも。

となると、変な話会社Aが待っている返事の先が会社Dだったら。。。?
2009年12月13日(日曜日)
いつものアレです。
車内はガラガラ。 
そりゃ遅い時間ですものね。
今回は4時間も乗ってしまいました。
また前日の夜に旅行会社に飛び込んでチケットを手配。
金曜日の会社が終わってから乗る電車はこんな時間でした。
2009年12月14日(月曜日) くもり時々晴れ

母が夫に嬉しそうに話をしました。
「見て。買っちゃったのよ。」
手にしたのは分厚い本1冊。

『家庭の医学』

そう。母の愛読書最新版です。

「今まで読んでいたのが20年も前のものだったから。
 新しい方が新しい情報が載っていると思って。」

まぁそりゃそうですけど。

「でね、心臓に関するページを読んでいたら
 もう全部当てはまるのよ。」

最近母は不整脈の疑いを持たれており、
『心臓』という言葉に敏感。
今朝も私が起きたら置き手紙がありました。
『○○病院に行ってきます。お昼に帰ります。』

そんなこともあって最新版の本を購入したのでしょう。

「書いてある症状が当てはまるのよ。
 それを読んでいたら息苦しくなっちゃって。
 もうたまらなく心配になって心臓がドキドキしたの。
 これは不整脈が危ないと思って
 朝一番に病院に行ってきたのよ。」

。。。。ん? 横で聞いている夫も首をかしげます。

「お茶入れるわね。」

母が席を立ったとき、夫が つつつ と寄ってきて

「なぁ、それは家庭の医学を読んだから
 動機・息切れがしたんじゃないやろか。」

私もそう思います。
でもそれはヒヨコが先かタマゴが先か、の話になるので
とりあえず今は黙っておきましょう。
新幹線ですら乗り物酔いする私。
2009年12月15日(火曜日)

電話越しに人に何かを教えるのは難しいものがあります。
電話で相手に何かの機械の操作を一生懸命教えている人を発見。

「はい。はい。そうです。ええ。
 『はい』を押してもらってハイ。
 あ、違います。『はい』です『はい』を押して下さい。はい。
 はい?何ですか?
 ああはい。ええ。そうですね。そのまま進んでください。
 あ、その画面が出ましたか。 
 ではそこでまた『はい』を押してくださいはい。
 はい。」

たぶんこの人も私の『ハムエッグ』と同じで
人生で使える『はい』の回数のリミットに達しているに違いないです。
今後もサイトリニューアルは続きます。
全ブラウザに対応できなくちゃ
意味がないですもの。
サイト作りは難しいですが楽しいです。
2009年12月16日(水曜日) 晴れ

部長の年賀状印刷が終了しました。
1枚1枚それぞれコメントを書く予定の部長。

部長、年賀状が出きました。

どさっと容赦なく机の上に年賀状の束を置く私。
ギロリと私を睨み、うーむと言いながらペンをとる部長。
そして私は席に着いたのですが、案の定。。。

「やだなー。」
「めんどくさいなー。」
「お前をおちょくってる方が楽しいなー。」

意味不明な部長の独り言を
背後から浴びせられることになったのでありました。
2009年12月17日(木曜日) 晴れ

何だか夫と大きな意見の対立が見えてしまった本日。
将来的に暗雲が立ち込めています。(私の中で。)

さて、先週の土曜日は暖かかったので
広島に行きました
コートを着ている人もパラパラいましたが
途中で暑い・暑いと脱いでいる人も目立ちました。

れの字との思い出1つ♪
1人と1匹の楽しい2人旅でございました。
2009年12月20日(日曜日) 晴れ

駅前のポストに手紙を投函しに行きました。
ポストから1mほど離れたところで
背中をまぁるく丸めたおばあさんが、
自分のカバンに手を入れて一生懸命動かしていました。
たぶん、投函する手紙を探しているのでしょう。

おばあちゃんの右横をすり抜けて
女性が1人、ポストに手紙を投函しました。

「あ、すみません。」

おばあちゃんはそう言って体を少しずらしました。
次に私がおばあちゃんの左側からポストに手を伸ばして
手紙をポトンと入れました。

「ジャマしちゃってごめんなさい。」

手をカバンに入れたまま、小さくつぶやくおばあちゃん。
いいのに別に。ジャマなんかじゃ全然なかったのに。

カバンの中を探す手伝いをしてあげようかな、と思ったとき
おばあちゃんがようやくカバンから目的のものを取り出しました。

背丈が低いおばあちゃんが、震えながら伸ばした手に持っていたのは
たった一枚のハガキでした。
そのハガキを、おばあちゃんは「年賀状」のポストに入れたのです。

投函し終えて、小さく震えた手を下に下ろし、
ゆっくりと体の向きを変えて、おばあちゃんは坂を下りていきました。

年をとったおばあちゃんが
一生懸命書いた、たった一枚の年賀状。

おばあちゃんの年齢からすると、毎年どなたかが亡くなって
1人、また1人と年賀状を出す相手が減って
今日おばあちゃんが出した年賀状を受け取るその人は、
きっとおばあちゃんが年賀状を出せるたった1人の人なのでしょう。

まぁるい背中を見つめながら
おばあちゃんがシアワセな新年を迎えられるようにと
勝手に願ってしまったのでした。
おばあちゃんにも
メリークリスマス☆
2009年12月21日(月曜日) 晴れ

いつもお世話になっているIさんのご招待で
表参道の天ぷら屋さんで忘年会。
占いを信じるかどうかという話になった時に判明したこと。
実はIさんの奥様が
そういうスピリチュアルなことが大好きだとか。

「10万円くらいする水晶を買って
 毎朝 ぽーん とか音を鳴らしてるよ。」

へぇー。

「この間は前世を見てもらって、
 かなり当たっていたみたいで喜んでたな。」

前世って見てもらって何か得になるんですか。
どうせ見てもらうなら、
今生きている自分を見てもらった方がいいのでは?

「いや、何かすごくスッキリしたらしいよ。
 前世が宇宙人だってことがわかったみたいだ。」
天ぷら屋さんの場所に向かう時に気づきました。
右が迎賓館。
左の先の方にあるのが、
のりぴーちゃんが住んでいたマンションです。
まだカメラマンが3名ウロウロしていました。
。。。。はい?

「かねてから自分は宇宙から来ていたのではないかと思っていたらしくてね。
 だから前世が宇宙人だってわかって、もうその場で涙が止まらなかったそうだ。」

あのぉ。。。つかぬことをお尋ねしますが、
日常のどんな時に自分が宇宙から来たのではと疑うことがあるのでしょうか。
そこのところをピンポイントでお伺いしたいんですけど。

「じゃあ今度妻に会ってみる?」

是非!
2009年12月22日(火曜日) 晴れ わりとあったか。

「何だか会社に疲れました。仕事辞めてもいいですか。」

と、夫に聞いてみました。すると

「いいも悪いも。。。別にどちらでもええよ。
 貴方が働きたかったら働けばいいし、
 働きたくなかったら家におってもええし。」

その言葉を聞いて、頭の中に広がる『麗しき平日の昼下がり』

ワイドショー見ながらのんびりくつろいだり
平日ランチ食べにお出かけしてみたり
銀行も役所の用事も平日にガンガン行けちゃう。
ああ、す・て・きっ☆

そして夫が言いました。

「その代わり家におるんやったら家事は貴方の担当な。」

え?

「今ボクがやっている、食器洗い、洗濯、トイレ掃除、お風呂掃除
 その他もろもろ貴方がやるんやで。」

。。。。。。。。。。。。。。。。

明日は会社が休みで嬉しいですねー♪
明後日からまた元気に仕事に行きましょうねー♪ お互い♪♪
ウェディングドレス。
いいなー。もう一度着たいなー。
2009年12月23日(水曜日)祝日

土曜日に食べた天ぷらはとっても美味しかったです。
思い出すのはアメリカの田舎に住んでいた時。
天ぷらが食べたくなって、車で1時間半飛ばして
ちょっと大きな町の日本料理屋に入りました。

日本料理屋とは言っても、店名が『THE TERIYAKI』
まぁおおよその想像はつきます。

メニューにあった「ベジタブルてんぷら」を注文。

食事が来るのを待つ間、周囲で食べている人たちの
料理をチラチラと見ておりました。

あれはもしかしてメニューにあった「牛丼」かしら。。
どうみても牛肉ぶっかけ丼だわ。

あっちの麺はもしかして「やきそば」かしら。
どうみてもヌードル油炒めじゃないの。

そして奥からどんぶりを持って店員が出てきました。
そのどんぶりから大きな葉っぱが飛び出ていました。
いやいやまさか。
何で私めがけて歩いてくるのよアナタ。

目の前にドンと置かれたそのどんぶり。
ええ確かに私が頼んだのは「ベジタブル天ぷら」です。
でもどんぶりの中にあったのは

サニーレタスの1枚豪快揚げ
キュウリに衣をつけて揚げたもの
ほうれん草の行き倒れ

アナタ達、全員一度日本に行って、
どんな野菜を天ぷらにするか勉強して来いっっ

と心で叫びながら食べたのでありました。
このお上品な天ぷら♪
これぞ天ぷらですわよ。
2009年12月24日(木曜日) 晴れ 少しあったか。

今日はクリスマスイブ。
会社のおじさんに、明日のクリスマスは
子供に何か買ってあげるのかを聞きました。

「いや、昨日のうちに買いました。
 サンタの早割りってことで。」

サンタの早割り?

何かしら。20%オフとかかしら。
ボクにサンタは来ないのか。
2009年12月25日(金曜日)
今日はクリスマス♪
つながれているせいか不機嫌そう。。。
酒屋さんの外につながれていたサンタさん。
緑色の糸でつながれながらも
音楽に合わせてライトを振っています。
やっぱりこのおっちゃんを見ないと
クリスマスって気がしません。

カーネルさん、
あなたがアメリカの片田舎のガソリンスタンドで

「お腹を空かせたドライバーのために。」

と始めたフライドチキン。

今や海を渡って日本までも
アナタのチキンが売られています。

クリスマスは家族の日。

私もれの字とファラオと一緒に過ごします。
。。。。あれ?
2009年12月27日(日曜日) 晴れ 風が強い

「窓拭きをしてほしいんだけど。」

母に言われて夫婦で実家に出動。
窓拭きは勿論夫の担当。
窓拭きがやりやすいように道具を買いに行くというので
母も私も車に乗って主人が運転しました。

途中、母の携帯が鳴りました。

「はーい、もしもし。
 ああ○○さん?うん元気よぉ?
 今日はね、娘と婿さんがね、窓拭きと」

ここでなぜか1秒の間が。そして

「換気扇を掃除してくれるって言うんで
 来てもらってるのよー。いいでしょー。」

勝手に換気扇掃除が増えてるよおい(怒)
2009年12月28日(月曜日) 晴れ あったか。

クリスマスの雰囲気が一気に消え去り
町は私が好きなお正月モードに突入。

今日は仕事納め。

午前中から私の足取りは軽く
午後には職場の上空をふらふらと飛んでいたような。

部長のいつもの嫌味もパワハラも
私の耳では年末工事が順調でトンネル増強のせいか
しゅっしゅぽっぽ♪とトンネル通過。

あまりに嬉しいため時々ターンして「いえい!」なんて
言っちゃうような自分をけん制しつつ
本日の業務を無事に終えました。

休み休み。嬉しいな。
2009年12月29日(火曜日) くもり 寒いぞ。

フェレットを2年前に亡くしたお友達。
時々ディナーに付き合ってもらっています。

30日に会えるかな、なんて話をしていたところ
今日こんなメールが入りました。

「やっぱり30日ダメになっちゃった。
 ごめんね!今年は友情より愛情を取るわ☆」

最近気になる男性といい感じだった彼女。
年末デートの予定が入ったのですね。 いいなーーー。

「友情より愛情」なんて素敵。
私も今年は
「夫婦愛より恋愛」
をとらなくちゃ。

今年もあと3日だけど。
ねーちゃん、オレでよけりゃ相手するぞ。
2009年12月30日(水曜日)
あつさんから嬉しいプレゼント☆
週末にお会いしたあつさんからいただきました。
ありがとうございます♪
んまぁ☆ なんとれの字のポーチです。
しかもピンクです。 うわーーーーい。
飼い主の私が言うのも何ですが、
すっごく可愛い写真に大満足!
そしてガブ母さんのお店の箱が。
いたちクッキー。
わざわざ買いに行ってくださったのですね。
どれも可愛くて食べられません。。。(困)
2009年12月31日(木曜日) 晴れ 風が強い
今年もあとわずか。
いつも行くペットショップ。
入り口から入ると店のおじさんがニッコリ。
「これね、今日できあがったんです。じゃじゃーん。」
入り口横にカバーがかかっていたワゴン。
おじさんに言われるまで気づかなかったのですが
おじさんが嬉しそうにカバーをはずしました。
そこにあったのは福袋とかかれた紙袋の数々。
「福袋なんですけどね、
 もう(買って)いいですよ。」
ふーん。でもサイズは大丈夫かなぁ。。。
するとおじさんが何やら片手に戻ってきました。
ん?
おじさんが手にしていたのはホチキス。
まさか。
おじさんはプチプチと紙袋のホチキスを外し
中を色々見せてくれました。
もはや福袋の定義がよくわからなくなった私でしたが
一番かわいい色が並ぶ洋服が入った福袋を選びました。

これだけ入って3000円♪→

さてさて今年もあとわずか。

休みに入って毎日れの字とシアワセな二度寝。
れの字が腕枕ならぬ脇枕を要求するので
私は寝返りが打てない日々ではあるのですが
1人と1匹で布団から同じように顔を出して
くぅくぅ眠る姿はきっと可愛いはず。(と自分でも思う。)

こんな日々が来年も続くかな。
今年はどんな年だったかしら。

1.(ようやく)結婚しました。
2.初めて賃貸というものに住みました。

これくらいでしょうか。なんやかんやと楽しかっです。

このままでいいから、れの字と一緒に穏やかにこれからも過ごして生きたいと願うのであります。
よろしければどうぞ。  前のページ(11月)   次のページ(1月