いたちなあたち(HOME) → 飼い主のつぶやき → 2012年1月
よろしければどうぞ。  前のページ(2011年12月)   次のページ(2月)
2012年1月1日(日曜日) 晴れ

2012年の幕が開きました。
さて今年はどんな年になるのやら。

去年から何も変わっていない新年。
変えなくては変わらない新年。
何から変えていこうかな。

新しい動物を飼おうかと思うのですが
それがきっかけでれの字への想いが薄れたら嫌で
それが怖くて踏み出せません。

れの字以外の小さな生き物が
私の部屋にいるはずはなく
それを他の動物に許してしまったら
れの字の行き場所がなくなってしまうような気がして。

なんてグダグダ書いているけれど
結局はれの字が好きなだけの私。

れの字、今年も一緒に歩んでいこうね。
今朝、初日の出を浴びた何かを撮りたくて
すぐに撮りたくて
とっさに見つけた被写体がタワシ。
他に何かもっとあっただろう、と
写真を見返して自分で思ってしまいました。
今年の最初の写真がタワシって。。。
2012年1月2日(月曜日) 晴れ時々曇り

お正月が来ると思い出す苦い話。
その昔、親戚の家でお年玉をもらい
自分の小さなカバンに入れて両親と一緒に車で帰宅。

家に着いて車から降りて家に入り数時間。
はっと気づくとカバンがないっ。
お年玉が入った子供用の小さな赤いカバン。
親戚の家にも電話をしたけれど見つからず。

お年玉が。。。私のお年玉が(涙)

そして翌朝、年賀状を確認しに玄関から外に出た私は
赤い小さなカバンがそっと玄関横に立てかけてあるのを
見つけました。
わーいっ♪
しかしカバンを開けると、そこに入っていたのは
ハンカチ、ティッシュ、メモ帳。  だけ。
お年玉だけ抜かれていました。

その話を夫にすると

「その時に何も学んでいないんやな。」とひとこと。

何を言うか。私はちゃんと学んだのです。
『世の中は汚いところ。大人の世界は怖いところ。』
子供心に傷つきつつも大事なことを学んだんです。

「何言うてんねん。学んでいるところがちゃうやんか。
『自分の持ち物を自分できちんと管理する』
 そういう大事なことを全然学んでへん。」

え、そこ?そこを学ぶべきだったの?
納得できません。
私はちゃんと正しいことを学んだはずです。
正月早々納得できない事象が家庭内で発生してしまいました。
おもちが好き♪
私はお雑煮は角切り、焼いて、醤油味の汁。
夫はお雑煮は丸餅、そのまま、白味噌仕立て。

今年は元日に夫の京風雑煮を食べ
2日に私の関東雑煮を食べました。

やっぱり関東風が美味しかったです。
2012年1月4日(水曜日) 晴れ 強風

私の頭を悩ませるもの。それは庭の木。
春に引っ越す先の家は庭にボーボーの木が。

この先5年間程住む予定の家。
あまりお金をかけずに住み倒す予定です。
自分で庭木を管理していくなんて
面倒くさがりな私には無理があります。

しかし背に腹はかえられません。

ネットCMを観ていて おっ と思ったものが。

『この高枝切りバサミがあれば
 こんな高いところの枝もほらこの通り!』

おおー。これは私のための商品か?

『そして今ご注文いただくとなんと!』

なんと?

『この4点をセットにしてお値段そのまま!』

小さな鋏、のこぎり、太枝のこぎり、高枝切り鋏。

要らんがな。

剪定ハサミはあるしノコギリも持っているし。
太枝はのこぎりで切れるし。
私がほしいのは高枝切りハサミだけなのに。

うーむ。あのボーボーの庭木をどうすべきか。
私の憂鬱は続きます。
おみくじ。
みんなの願いが叶うといいね。
2012年1月5日(木曜日) 晴れ

「壊れた。壊れたからちょっと来て。」

上司に呼ばれ会議室に突然連れて行かれました。
なんだなんだ。

「これ、これが壊れたんだよ。サポートセンターに電話してね。」

上司が指差す先にあるのは液晶モニター。
モニターが反応しなくなったと言うのです。
こうしてペンでなぞっても。。。と、上司がペンを握って
液晶画面をペンでピッ。

ん?

もう1度ペンで液晶をピッ。

「あれ、おかしいな。」

普通に動いていますけど。ちゃんと液晶に反応していますし。

「そんなことないっ。」

ペンをマジ持ちした上司。ピッピッピッ
鬼のようにペンで液晶を叩き始めました。
液晶はペンが指した機能を正確に弾き出します。

「○○くんが知っている。彼もさっき一緒に困っていたんだ。」

はぁ。じゃあ○○さんを連れてきましょうか。

とその時。

「あ!!!ほら!!!!」

ピッとペンでなぞった場所が反応しませんでした。

ピッ。「ほら。」
ピッピッ。「ほらほら。」
ピッピッピッ。「ほらほらほらぁーーー!!!見た?ね、見た??」

液晶画面が機能しないのに大喜びの上司。
7~8万円で購入したものなのに。
それが壊れたことが証明されたのに何でこんなに喜んでいるのだろう。

わかりました。確かに壊れていますね。

ピッピッと画面をいじり続けていた上司が
私の言葉を聞いて嬉しそうに笑いました。

男の人ってカワイイ。
2012年1月9日(月曜日) 晴れ

サラダバーで順番に並んで進んでいたときのこと。
子供が順序を乱していました。
こういう食べ放題の店では大抵が「流れ」を設けています。
皿を手に取り、食べ物を取りながら進む方向を
ちゃんと考えて設計しているのです。

それを全く考えずにあっちこっちに割り込む子供。
レベルの低い家庭の子供なんだなぁと思っていました。
するとその母親らしき女性も
同じようにあっちこっちに割り込んで
食べ物を取り歩いていました。
やっぱりなぁ。

するとその子供が私の隣にいた母親に駆け寄り
「ねぇねぇお母さん。」
と小声で話しかけました。
「あの人、オトナなのにアイス食べてるよ。」

見ると男性がアイスクリームを選んでいるのが
5mほど先に見えました。

よくわからん子供だ。アイスを食べて何が悪い。

「そういうときはね。」

母親の言葉に耳を疑いました。

「邪魔すればいいんだよ。」

え?なに?なんだって?なんつったこのバカ親?

子供が「そうなんだぁ。」と不思議そうに納得していました。
こんな親が本当に存在するなんて驚愕でした。
私も子供ができたら子供に対して
盲目になってしまうのかしら。
子供が何をしても怒れなくなるのかしら。

と、夫に言ったのですが

「逆だと思っている。
厳しすぎてボクが止めに入ると思う。」

うーん。そっか。そうかも。
2012年1月10日(火曜日) 晴れ

今日から普通に平日は仕事。
いやだよーいやだよーと言いながら昨夜は過ごしました。

それでも働いている理由は、
仕事に救われることが多いから。

給料は最初からものすごく少ないので、
あってもなくても家計はあまり変わりません。
お金よりも気持ちの上で仕事に助けられることが多いのです。

ものすごく落ち込むことがあっても
仕事に行けば多少は気が紛れます。やるべきことがあるので
嫌なことを思い出しつつも、仕事を片付けていけます。
もし仕事をしていなかったら
どこか外に出かける気持ちにもなれず、家で悶々と考え続け
悪いほう悪いほうに頭が動いていくのは間違いありません。

そして仕事を続けるもうひとつの理由。

こんな私でも作業の責任が与えられ、その責任を果たすべく
社内外の多くの第三者とコミュニケーションをとっていきます。
成功したり失敗したり。
自分の性格や仕事を他人から直接に評価されるのは
仕事をしていないと得られない重圧感です。
そんな適度なストレスが私には必要なんだと
年末年始の休みにぼぉーーーーっと思ったのです。

それでもやっぱり朝は辛いかな。。
神社の神様。
今年も私に仕事をくださいね。
2012年1月11日(水曜日) 晴れ 風が超強い

ショートカットキーを調べたく検索をしていたら
マイクロソフトのサイトに到着。

そこにはショートカットキーの一覧が載っていました。
私が求めているのはあるかしら。
探していたのですが。。。
左にキーリスト。右に対応する操作。 削除する操作のショートカットキーが
「削除する」って。
どこにショートカットキーがあるのさ。
2012年1月12日(木曜日) くもり 寒いよー。

本日から出張の上司。
なんだかご機嫌な様子で羽田空港にむかいました。

「それじゃあみんな、後はよろしく。」

お土産楽しみにしていますね。と上司の背中に叫びました。

「何が有名なんだろう?カニかな。カニだな。うんカニだ。
 カニでいいよね。」

えー?!カニをお土産に下さるんですか♪♪♪

「うん。向こうから歩かせるから。」

はい?

「カニだよカニ。歩かせとくから。」

到着しませんよ絶対っっ(怒)
2012年1月15日(日曜日) くもり

途中1年くらい間が空いたけれど通い続けているエステ。
担当者の動物にまつわる不思議な話を聞きました。

「私が小学生くらいから高校くらいまで飼っていた
 雑種のオス犬がいたんです。」

その犬が死んでから毎年命日には
水とお線香を供えて手を合わせていたのだとか。
そしてある年、カレンダーを眺めながら

「もうすぐあいつの命日だなぁ。」

と思っていた彼女。
前日までしっかり覚えていたのに、どういうわけか
命日当日にすっかり忘れてしまったのでした。

1日過ぎても2日過ぎても彼女はそのことに気がつかず。
命日から3日が過ぎた頃、彼女の下唇が
変なデキモノを伴って腫れてしまいました。

なんだろう、なんだろう。
下唇の腫れに気を取られ、犬の命日をさらに思い出せず。

そして命日から過ぎること1週間。
下唇の腫れも続く中で、彼女がふと あれ?と感じました。

「あいつの匂い?!」

彼女の周りをゆっくりうろうろ歩き回るような
大好きだったあのオス犬の匂いを
彼女は自分の部屋ではっきりと感じ取ったのです。
それと同時に命日を忘れていたことにも気づいた彼女は
慌ててお水とお線香を焚いて手を合わせたのでした。

翌日、彼女を数日悩ませた下唇の腫れはウソのように消え
その後今に至るまで毎年犬の命日の前には
ふわっと犬の匂いが彼女の周りでするというのです。

「あいつにしてみりゃ、数日待っても思い出さない。
 下唇噛んでみても思い出さない私に業を煮やし
 仕方なく周辺をうろうろしたんですよね。
 また同じように歩き回らないとまた忘れるだろうと
 あいつなりに判断して毎年忘れられる前に
 私に思い出させているんですよ、きっと。」

そんな、犬の霊にすら信用されていない彼女は
私にとってはとても優秀なエステティシャンです。
無断駐車にていかなる理由でもおやめください。
ルールを守り、お客様のご理解をお願いします。

。。。日本語イチから勉強し直しなさい。
2012年1月16日(月曜日)くもり

『会社の色は1度目の電話でほぼ決まる。』
私の持論です。

本日、とある会社に電話をしました。
年末にメールで初めてコンタクトをとり
見積もりの依頼をしていた会社。
待てど暮らせど見積もりは来ず。連絡も来ず。

「うわぁ、それは大変申し訳ありません!
 そのメールを受けたAは今外出しておりまして。
 戻り次第Aからご連絡させますので。」

ぜひお願いします。

「もう本当にすいません。頭たたいときますので!!」

へっ。なんとまぁこりゃ私好みの会社じゃないの。

ついでにお尻もペンペンしておいてくださいね。

「はい!頭も尻も叩いておきます!」

なんだか気に入ったぞこの会社。
もう少しだけ見積もりを待つことにしよう。
ペルーで沢山写真を撮ってもらったのに
自分で見返すことがあまりありません。
このページに載せていこうっと♪
2012年1月17日(火曜日) くもり

お義母さんの物忘れが進行しないよう、あの手この手のお義姉さん。
最近では折り紙教室に義母を連れて行っているそうです。

丸の内タニタ食堂の映像がテレビで流れ、
一番人気のメニューが鶏ささみのピカタだと報道されたとき

「そういえば」

と、夫が思い出したように言いました。

夫が子供の頃に義母がよく作ってくれた料理の1つに
豚のピカタがありました。
夫が高校生のときに久しぶりにその味が食べたくなり
義母にリクエストをしてみました。

「でもな、食卓に出てきたのがな、豚の生姜焼きやったん。」

ピカタと生姜焼き。だいぶ違うような。

「ボクが子供の頃に作った料理を忘れてんねん。
 だから思い返せばあの頃から物忘れがあったんやから
 何も姉貴が最近になって大騒ぎするほどのことじゃないねんな。」

そうなんだ。ああよかったよかった。

義母の心配は無用という結論に無理矢理たどり着いたのでした。
ペルーの小さな町で。
2012年1月20日(金曜日) 雪 寒いよー。

雪。朝起きたら窓の外には雪が舞っていました。

頭を確認。痛くありません。
お腹を確認。全然痛くありません。
じゃあ風邪でも引いているかも。こんな寒いんですし。
熱はなし。

健康ってすばらしい。。。

仕方なく身支度をして、覚悟を決めて外に出ました。
寒い。
想像以上に寒い朝です。
会社に着くまでに固まってしまうのではないかと
無駄な心配をしながら1歩、また1歩。

凍ることもなく無事に会社に到着してしまいました。
そして社内メールの嵐。

『寒いですねー!』『電車、大丈夫でしたか。』
『こっちはもううっすら積もっています!』

そして最後に

『私たち頑張ったよね。もう帰っていい?』

朝9時半までに10通ほどの駄メールを交わし
通常の仕事に戻ったのでありました。
社内メールは私用に利用しちゃ
いけないんだぞメェー。
2012年1月22日(日曜日) 雨のちくもり

私の「小動物飼いたい病」がまた発病しました。

キンカジュー飼いたい。
フクロモモンガ飼いたい。
マングース飼いたい。
ラットほしい。

そしてふと立ち寄ったペットショップで
ワラビーがもぐもぐエサを食べている姿を発見。

ワラビー♪なんてキュートなの♪♪

この時点で私の小動物飼いたい気持ちマックス。

店を出た後、夫に言いました。

あのねっ。ある日玄関のドアを開けたら
ワラビーがぴょんぴょん家の中を飛んでいることが
あるかも知れないけど気にしないでね。

「気にするわ、普通(激怒)」

えー。そんな気にしなくてもいいのに。
2012年1月23日(月曜日) 
くもりのち雨のち一時晴れかと思いきやまた雨そして雪

私の肌にまったく合わない業務が1つあります。
1年弱、間違い・失敗・訂正・やり直しの繰り返し。
なんでこの単純な仕事ができないのか
自己嫌悪にどっぷり落ち込む業務です。

あれ?また数字が合わない。。。
このシートとこのシートで数字が合わないんですけど。

2人の男性社員が私の机に来てくれました。
んー? 2つのシートを比較する彼ら。

「こっちのシートは976って入力されているけど
 あっちのシートは967だよ?」

あ。。。。間違えた。。。
また間違えてしまいました。またやってしまいました。
ひーん。

そしてエクセルに涙目で向かうと、
ん?このシートの関数、ちょっと変わっている。。?
そう。そのエクセルのシートは私が思う「通常」とは
違う動きをちょびっとしていました。

「それは俺も先週気づいた。ちょっと違うんだよね。」

1人の男性社員の言葉に私の目は瞬時にキラッ☆

そーかぁ。だから私いままで間違ってたんだぁー♪

私の声にコーヒーを噴き出す人がいました。
「。。ま、前向きだね。。。」

はーい。そうでないと仕事なんてやっていられませんもの。
雪っ。また雪です。
明日会社行けるかしら。
2012年1月24日(火曜日) くもりのち晴れ

朝は路面が凍っていました。
そろぉーり、そろぉーり歩きながら会社に着きました。
到着して早々、男性社員から

「裁縫道具を持っていませんか。」

と聞かれました。
どうしたのかと思ったら会社の前で転倒して
スーツのズボンが破れてしまったとのこと。
ありゃりゃー。

「駅から超!慎重に慎重に歩いてきたのに
 会社の敷地に入るその1歩目で転びました。」

ありがちー。
破けちゃうくらい強く転んだなら、相当痛かったのでは?

「いえそんなに。スーパータイツ履いてますから。」

すぅぱぁたいつぅー?モモヒキのことですよね。

「いえ。スーパータイツです。」

モモヒキですよね。

「いえ。スーパータイツです。
 最近はふんどしもアンティークパンティーと言うそうですし」

あんてぃーくぱんてー?

私が世間から遅れているのかしら。不安になります。
「フェネックは野性味があり警戒心が強い
動物です。」
絶対ウソだ。
2012年1月25日(水曜日) 晴れのち雪 やっぱ寒い。

新しいこと、始めてみようかな。
なんて思いながらPCに向ってカタカタ作業を開始しました。

面倒なことを自分から背負って何が楽しいのか
それでも何か楽しいから始めてしまうんだろうなぁ。
始めれば自分は変わります。
それがいい方向に変わるか、残念な方向になるか。

残念な方向に進んだら止めてしまえばいいのです。

始めるのは勇気。止めるのも勇気。投げ出すのもこれまた勇気。

投げ出す勇気がなくて抱え込んでいるものが
私にはどれだけあるのでしょう。
これからもそれらと一緒に生活していくのでしょう。

しかし今から始めることは
嫌なら止めてしまえばいい。
止める覚悟を決めてスタートすることもあるみたいです。

すがりつかない。しがみつかない。抱え込まない。

1年やってみて、楽しいより辛い気持ちが勝るようなら
とっとと放り出して逃げましょう。

前に。とりあえず小さな1歩。
箸袋に箸置きの折り方が。
2012年1月28日(土曜日)くもり

引越しを1ヵ月半後に控え、
荷物を徐々に片付け始めると同時に
色々な業者と日にちの相談やら何やらで電話。

インターネットもその1つ。
NTTのインターネットを新しく申し込み
NTT東日本から申し込み内容の確認の電話が入りました。
しかし。

1回目。ネットからの申し込みについての確認。
2回目。免許証のコピーのファックスが必要だという電話。
3回目。実際の工事日と電話番号の選択についての電話。

この3回ともに全て、
私の現住所、新住所、名前から引越し状況から
PCの台数、バージョン、ネット接続箇所、
もう何から何まで同じ確認をさせられました。
なんで同じことを3回も、
各8分間に渡って確認しなくてはいけないのでしょうか。

「以上で確認は終わりですが、質問はありますか。」

と聞かれ、

なんで同じ確認を3回もする必要があるのか教えてください。

と質問したい気持ちをむっちゃくちゃ押さえた私です。
ちょっと前のめりの箸置きができました。
2012年1月29日(日曜日) 晴れ 風がちょー強い。

日帰りで大阪に行きました。
早朝の新幹線。目を閉じて静かに座っていた私の耳に

「ちょっと外見てちょうだい。」
「あらー雪で真っ白じゃないの。」

おばちゃん達の声が飛び込んできました。
私の左後ろに座っているようですが
目を開けるのもかったるいので、そのままぐぅぐぅ。

「きゃはははははっ」

魔女の笑い声で目が覚めました。
うるさいなー。
目を開けて左後ろを見ます。おばちゃん達の姿はありません。

あれ?

恐る恐る前方に顔の向きを変えると
4列も前に座る3人の魔女の姿が。

うそーっ。てっきり後ろに座っていると思っていました。
声というものは通常後ろから前に響きます。
しかし魔女3名の声は前にも後ろにも響き渡っていたようです。

「お医者さんでね、『体調はどうですか』って聞かれたの。
 でも私、『体重はどうですか』って聞こえちゃって
 『はい、重いです』って答えてしまったのよぉー。」
「きゃっはっはーーー!!!」
「体調は?って聞かれたのに体重は?って(爆笑)」
「『重い』って答えたのよぉー(爆)」
「きゃっはっはーーーー!!!」
「体調が体重ーーー!!!」

。。。新幹線に響き渡る魔女の雄たけび。。。。

日本のおばちゃんのおしゃべりパワーを
これでもかっというくらい見せ付けられました。
見事に失敗したヒルズダイエット。
2012年1月30日(月曜日) 晴れ

フェネック2匹が寄り添って。
アタシは1人が好きなのよ。
ちょっと来ないでよ。
来ないでって言ってるでしょ(怒)
今度来たらパンチするわよ。
2012年1月31日(火曜日) 晴れ

先週大阪に行ったときのこと。
実は私、大阪初めて♪
京都は何度も行っているのですが、大阪は初なのです。

地下鉄を歩いているときに期待してキョロキョロ。
でも違う。期待していたのと違う。

嘘つきー。

夫に言いました。

大阪のおばちゃんは派手な服を着ているって
言っていたくせにー。みんな普通じゃないの。

「あほやなぁ。」

夫はニマニマ。

「コート脱いだらすごいんやで。
 みんなヒョウ柄着てはるんやで。」

むむむ。みなさんコート着ているから確認できない。。
派手好きの私はこちら関東で浮いた存在。
そんな私が大手を振って町を歩けると思ったのに。
みんなフツーだなんて寂しいです。

今度は夏に来ようっと。
ねーちゃん、いつも空気読めないカッコだもんね。
よろしければどうぞ。  前のページ(2011年12月)   次のページ(2月)