いたちなあたち(HOME) → フェレット里親里子 → 寄せられた質問とそのお答え
フェレット里親・里子についての質問とそのお答え
質問:ケージつきでフェレットがほしい、と言われたのですが。
 答え:
 お相手が「ケージも」と言うのであれば、フェレットと一緒に差し上げてはいかがでしょうか。
 もう貴方様には必要のないものですし。。。 
 ケージを売る予定があるなら別ですが、そうでないのなら一緒にお嫁・お婿に出しましょう。
 前の晩には一緒にケージでフェレットと愛を確かめ合うこともお忘れなく。
質問:ワクチン代はどっちが持つべきでしょうか。
 答え:
 フェレットの年齢にもよりますが、どっちが持ってもいいのではないでしょうか。
 ワクチン代はせいぜい5000円から高くても1万円です。
 ごちゃごちゃ言わずに出しましょう。
 よくレストランのレジで、

 「奥様、私が。」
 「いえいえ、私が。」
 「そんなそんな、私が払いますから。」

 と悶着しているオバチャン達を見習って、お互いを思いやりましょう。
質問: お試し期間って何ですか?どのくらいの期間ですか?
 答え:
 想像してみてください。貴方は今、ホテルのカフェにいます。
 これから貴方の娘さんを、どなたかの息子さんに会わせようとしています。
 さぁ、やってきました。 お互いなんかいい感じです。

 あとは若いお二人に。

 そして若い二人はホテルの日本庭園を散策。。。

 これがお試し期間だと思ってください。
 フェレットと新しい里親さんの相性を見る期間です。
 1-2週間が妥当ではないでしょうか。
質問:どうも相手が気に入らないのですが。
 答え:
 さっきのお見合いを思い出してください。
 お見合いは、若い二人の相性だけではうまくいきません。

 貴方とその相手との相性もとても大切なのです。

 相手がどうしても気に入らない場合は、丁重にお断りすることも視野に入れましょう。
 が、若い二人がラブラブなのにそれを引き裂くのもかわいそうです。
 貴方はその里親候補とこれからどんなお付き合いをしたのでしょうか。2通りあるでしょう。

 1.年に数回でいいから、近況を写真つきで送ってほしい。里親とはずっと付き合っていきたい。
   → 相手が気に入らない=気に入らない相手とずっと付き合う
      でも大抵、自分が気に入らない相手は、相手も自分を気に入らないものですが。。。
      ですのでお断りも視野に入れましょう。 
      ただ、他に貴方のフェレットを引き取ってくれる人がいますか?

 2.フェレットを引き渡したあとは、あまり里親とベタベタしたくない。(その方が里親も気楽だろう)
   → そうであれば、貴方が気に入らない相手であっても貴方のフェレットが気に入った人なら
      里親になってもらいましょう。

 ここでいう、「気に入らない」というのはあくまで相手の性格や相手との相性のことです。
 フェレットを転売しそう、虐待しそう、なんていうのは論外です。
 そんな雰囲気を感じ取ったら、例え貴方のフェレットが既にその相手に恋をしていても
 ここは心を鬼にして引き離す。これが飼い主です。
 「お前も今に分かる時が来るから。」
 と、ぶみぶみ言う娘さん(息子さん)を説得し、新しい里親を探してください。
質問: 相手を信用するには?また、相手に信用してもらうには?
 答え:
 まずはお互いの自宅の電話番号を交換し、その番号で一度はやり取りしましょう。
 できれば身分証明も交換して見たいところですね。
 でも最初から何でもかんでも相手に教えないこと。
 住所、電話番号、家族構成、これらは個人情報ですから扱いにはお気をつけください。

 でもフェレットの個人情報は惜しみなく提出しましょう。
 フェレットの種類やカラー、年齢。
 女の子フェレットだって、身長(?)や体重といった情報を偽ってはいけません。
 ずん胴なウエストだって素直に申告しましょう。
 ちなみに我が家のれの字はウエストがずん胴どころか、腹が出っ張ってます。
 でも本人はあまり気にせず今日もご飯をモリモリ☆食べています。
質問: フェレットを里子に出すなんて無責任だとなじられました。
 答え:
 んな当たり前のこと、わざわざメールで言わなくてもいいのにねぇ。

 ズバリ、無視しましょう。
 もし時間と気力があるなら、誠心誠意、メールを返しましょう。相手も分かってくれるでしょう。

 ただこれだけは忘れずに。
 どんな理由であれ、一度飼ったフェレットを里子に出すのは無責任なんです。
 引越しだろうが、家族のアレルギーだろうが、どんな理由だろうが無責任なんです。

 「本当に無責任な人は保健所に出すはず。」

 そうですね。無責任にもレベルがあります。
 捨てたり保健所にためらいなく持っていくのは無責任の中でも最低の無責任です。
 どうせ無責任なのですから、無責任の中でもマシなレベルの無責任を目指してください。
 貴方のフェレットに、最高の里親を見つけてあげてください。

 なんて偉そうなことを言っている私ですが、私は逆に
 里親になるには無責任なタイプ
 でした。
 マシュをいただいた時、フェレットのことを全く勉強していませんでした。
 フェレットがハンモックで生活するということすら知らなかったのですから。

 だから私は、無責任から始めたフェレットの里親として出来る限りのことをフェレットにしてやりたい。
 フェレット里親・里子の掲示板管理もその一つだと思っています。
質問: れぱんさんにうちの子を引き取っていただきたいのですが。
 答え:
 ありがたいお誘いですが、現在私はれの字とラブラブな状態です。
 れの字がメスだと分かっていながら、禁断の園に足を踏み入れてしまいました。
 もう後戻りできません。 れの字、ひとすじ、御堂筋。
 今はれの字以外のフェレットは考えておりません。
 最後に。
 里親・里子の掲示板を継続していく中で、質問を個別にいただくことの多いこと。(※)
 一つ一つに丁寧に対応しておりますが、返事すらする気持ちのおきないメールもあります。

 用件だけを1-2行書いてあるだけのメール

 これには返事を出していません。
 メールは手紙と同じだと思ってください。 誰からの、誰宛のメールなのか?
 他人である私にいきなり手紙を送って来るのに1-2行、自分の用件や質問だけを書かれても不愉快です。

 あととても多いのが、質問をするだけしてきて、丁寧に長い返事をこちらが出したら後はなしのつぶて。
 これにもう正直、頭に来ます。
 こういう方にはそれ以降、どんな質問が来ても返事はしていません。
※現在、フェレットの里親・里子について個別メールは受け付けておりません。
全ては個々人の判断・責任において解決してください。 (2007年7月更新)
 きつい表現、言い回しが多いページになりました。
 私にもこんな一面があるのよーん。
 「知ってるよ。」
 って声が聞こえてきそう。(汗)
いたちなあたち(HOME)