サイトマップ: いたちなあたち(HOME) → 飼い主のつぶやき → 1月
よろしければどうぞ。   前のページ(12月)   次のページ(2月
2008年1月1日(火曜日)くもり時々晴れ 少し暖かい

昨年ちょっと体調を崩したティーですが
今年は元気にスタートをきりました。

← 父のお墓の前で今年一年の健康を誓うティー。

背中には、先ほど自分で落としたモノをしょっています。
お正月に神社で初詣するフェレット
れの字を連れて初詣に行きました。
ちょっと肌寒いなぁ、と思っていたら
神社の係りの方が

「こっちに来て温まるといいよ。」

と、焚き火にご案内してくれたのはいいんですが
れの字を見て

「おや。ねずみだねぇ。
 ねずみさんもこっちに来てあぶりなさい。」

いや、あの。。。ねずみじゃないんですけど。
しかも「あぶりなさい」って。。。
あぶったら焦げちゃうじゃないかっ。

新年早々縁起でもないわ。
「あぶりなさい」と言われて
恐怖におののくいたちであった。
2008年1月2日(水曜日) 晴れ なぜか仕事してきた。

私が毎年お正月に神様にお願いすること。

「今年こそ素敵な彼氏ができますように。」

神様にはそれぞれ専門分野があると気づきました。(遅い)
私がいつも行く神社。
有名でもなんでもない、フツーの神社です。

よく見たら「家庭円満」だって。。。

家庭を持つ前から円満願ってどーするのっ。

先走ったお願いされて、きっと神様も毎年お困りだったでしょう

「だから先に伴侶を見つけなさい。」

ってツッコミが毎年神様から入っていたかも知れません。

今年はソレ専門の神様のところに行こうっと。
コオロギさん。。。お正月だから買ってみました。
そう。ファラオに。ううう。
2008年1月3日(木曜日) 晴れ
コオロギさん、ごめんなさい。
甘えるフェネック
コオロギがほしくて甘えるフェネック
こ・お・ろ・ぎ♪
こ・お・ろ・ぎ☆
ふっ。騙されたな。
(どーしてこうも性格が悪いのかしら、このきつね。)
(くそぉ。可愛い顔して可愛いカッコして。。)
海外旅行に行きたいなー。
今日はイタリア・ローマの特集をテレビでやっていました。

ローマには2回行きました。
ローマのみ9日間滞在したのが最初。
次は南のポンペイとシシリア島の帰りに1日だけ。
懐かしいなー。
行きたいところに行って好きなだけ見て周って。
ちょっと疲れたらホテルを延泊して。
いつもの個人旅行だからゆっくりと周ったっけ。

今年はどこに行こうかな。

とにかく旅行が大好きだから。
化粧もしないしブランド物も1個も持っていない
ビンボーくさい私だけど、旅行にだけはお金をかけちゃう。

旅行ガイドブックで(私にとって)不必要だと思われる項目
1.ショッピングガイド
2.レストラン情報
なのであります。

お土産は「撮影した写真」なので現地で買い物はしません。
うめぇ♪
現地でおコメを炊いて自分で食事を作るので、レストランにもあまり行かないのです。
(でも必ず現地の料理を食べることは忘れない。美味しくてもまずくても必ず食べる。)
国内旅行でも同じです。食べ物と買い物には全く興味がなく、とにかくその場所の歴史・景色・遺跡。
これだけを見にその場所に向かうのであります。

今年はまずは国内旅行からスタートさせるつもりです。そして海外も!行くぞーーー。
2008年1月4日(金曜日) くもり

犬は完璧に順位付けをする動物といいます。
我が家のこおりも類に漏れず。

私はこおりにとってはとにかく怖い存在。
逆らえば恐怖の「出窓の刑」となるのです。(どこかに書いたな。)
そして同時に私はこおりにとっては「うっとおしい」存在。
私さえいなければ、我が家はこおりの天下なのです。

我が家の動物達は各々「強気でいられるエリア」が決まっており、
ティー → テラスと家の周り
こおり → 1階のリビング
ファラオ→ 1階のペット部屋
れぱん → 2階全土

ということで、こおりにとってはリビングは唯一威張り散らせる場所。
ところが最近私がお正月のため家に戻ってきており
こおりの大事なリビングでテレビを観たりPCをいじったり。
こおりにとってはまさに「目の上のたんこぶ」の存在なのです。

今日いつものようにリビングでPCをいじっていたら、後ろで

チェッ

と舌打ちが聞こえました。
振り向くとこおりが。

犬に舌打ちされるなんて。。。新年早々なんて縁起が悪いのでしょうか。

でもその後でもちろん、こおりを「出窓の刑」に処しました。
早く自分の家に帰ってよ。
カレンダー差し上げるからさ。
2008年1月5日(土曜日) 晴れ 寒い
福袋ってこんなでしたっけ。
本日はTaeさん主催の新年会にご招待いただきました。
初めてのTae家。駅から近くて駐車場もあって素敵な家でした♪
今回はれの字はお留守番。私だけお邪魔しちゃいました。

10人ほど集まったのですが、そのうちの3人が
某ペットショップの福袋を購入しており
3人そろって「ひどいんだよ!」の大ブーイング。

Taeさんにその問題の「フェレット用品福袋」の中身を
全て公開していただきました。

いきなり大きな段ボール箱登場。

この大きさに購入者さんは空ける前からワクワクしたそうです。

ところが。開封すると。。。 
→いきなり目に飛び込んできたのは→。。。
何、このでかい
コロコロローラー。

高さが1mくらい
あるんですけど。

しかも倉庫に
どんだけ長く入って
いたのかしら、
と思わせる古さ。
「宇宙時代にふさわしい」

 宇宙時代って何っ?
 イイパパって何なの?
そしてその銀色ボールについている
不自然な白いカバー。
何に使うんでしょうか?
これまた大きくて重い銀色のボール。
これは何に使うの?
フェレットには絶対使えないでしょ。
大きな箱のダンボールは、↑の意味不明なローラーと銀のボールのための大きさだったようで
あとはスッカスカの箱の中。小さな毛布とおやつが少々。ちんまりと入っていたのです。
購入者さん達は「フェレット用品の福袋だよね?」と確認をしてしまったそうです。
さて問題。この福袋のお値段は?
答え。6800円。高っけぇー!! しかもフェレットに使えるものじゃないし。
昨年好評だったと聞いて、今年買ってみたという人が多いそうですが
来年はもうこのお店で福袋を買う人はいないのでは。。。下手したら返品騒ぎになりかねません。
※掲示板でお答えをいただきました。銀のボールはウサギさん用の「牧草ボール」だそうです。(1月7日)
2008年1月6日(日曜日) 晴れ 穏やか

心の病ってどこから来るのでしょう。
体が簡単に風邪を引くように、心も簡単に病になるといいます。
ということは、体が免疫力が問われるように
心にも免疫力を養うことが必要なのかも知れません。

家族や親しい人・ペットの死
他人からの非難中傷
裏切り
拒絶

こうした「精神に打撃を与えるもの」を体験していくことが
いわゆる免疫力につながっていくのだと思っています。
そしてこうした経験は早いうちにしておくこと。
オトナのおたふくがむちゃくちゃ苦しいように
オトナになってからの傷の方が癒すのに時間がかかります。

私、上に書いた中でいったいどれだけのものを
どの程度経験してきたのかしら。
私の中にはどの程度の免疫があるのかしら。
ハリネズミを見ながら色々と考えてしまった1日でした。
はりねずみ
体がハリだらけのハリネズミも
きっと色々と心が傷つくんだろうな。
2008年1月7日(月曜日) くもりのち雨

会社の同僚でイギリスの彼と遠距離恋愛をしている人がいます。
年末年始に彼の住むイギリスへと去年同様に旅立った彼女。
今日の年始初の出勤で

「私、今年中にイギリスに移住することに決めた。」

えええ?!仕事辞めちゃうの?

「プロポーズされちゃった。」

見ると彼女の左手の薬指にまぶしい指輪が。

いいなぁーーーーー。

彼女のシアワセなその瞬間の話を聞きながら
思わずヨダレをたらしてしまうところだった私。

「びっくりしたの。プロポーズされた時。
 いきなり目の前でパカッてリングボックスの口が開いたの。」

いいなぁーーーーーーーーーーーーー。

私なら嬉しさのあまり私の口がパカッと開いちゃう。

彼女はとても性格のいい女性なので
イギリスの彼氏も見る目がしっかりある男性だと思います。
シアワセになってくれるといいな。
やっぱりこんな
「何コレ料理」
しか作れない私には貰い手がないらしい。
2008年1月8日(火曜日)晴れ
←先日行った中華街。
  中国語の文字がたくさん。
  その中に気になるお店が。
→「喫茶ブラジル」

。。。なぜ。。。?
2008年1月9日(水曜日) 晴れ

天気予報って当たるのでしょうか。

今週末から旅行をしようと予約を入れているのに。
天気予報を毎日見ているのですが、どんどん変わるのです。
しかも悪い方に。

曇り→曇り時々雨→曇りのち雨

明日チェックしたら完全に「雨」になっているかも。

どうしよう。
キャンセル料金がもったいないから、予定通り行くべきか。
でも行っても雨じゃあ仕方がありません。

ここでキャンセルしたら、いきなり天気が良くなったりして。
そんなん悔しくて寝られなくなるわ。

あーん、どうしよう。

なんで私が旅行する3日間「だけ」天気が悪いのでしょう?
その前後はそんなに悪くないのに。

迷っている間にキャンセル料はどんどん高くなっていっちゃう。
ファラオに噛まれちゃった。(まただよ。。)
痛いよーん。
2008年1月10日(木曜日) 晴れ

私の母方の祖父は冗談好きな楽しい人だったそうです。
私が生まれる前に若くして亡くなってしまったので
あと数十年後に私が天に召されるまでは会えない存在なのですが。

母はよく祖父に騙されたといいます。
「あなたのおじいちゃんったら、まじめな顔して私にこう言うのよ。」
母の昔話が始まりました。

「英語を教えてやろう。座布団のことを英語で何と言うか知ってるか?」

幼い母が「知らない」と答えると、祖父は嬉しそうに笑い、絶妙な口調で

「スワルトバッートゥール」

と、RやLの完璧な発音を入れて教えてくれたそうです。

「靴は英語でなんと言うか知っているか?」

知らない、と答える母にこれまた嬉しそうに祖父は

「ハクトゥヘゥール」

母は「お父さんすごい!」と尊敬のまなざしで祖父を見つめたのですが、
実際にはそれらが

「スワルトバッートゥール(座ると場を取る=座布団)」
「ハクトゥヘゥール(履くと減る=靴)」

であることに気づいたのは母が学校で英語を習い始めた頃だったそうです。

じーちゃん、やるなぁ。会いたかったわ。
「ニュースくん」
横文字カタカナの名前がついた
この新聞販売機。
でも何かボロボロで。。。
ホントに新聞入ってるのか不明です。
2008年1月11日(金曜日) 晴れ

冗談好きな祖父ではありましたが、
食事の時間は家族にとってまさに「恐怖の時間」だったようです。
ちょっとでも食事の作法がなっていないと
祖父の箸が飛んできて痛い思いをしていたのでした。

ズズッと味噌汁をすする音
親指がおわんの淵から中側に入っていた
お魚を汚く食べた

ちょとした作法のミスは、即効で祖父の「箸飛び技」の対象となり、
いつ祖父の箸が飛んでくるのか
家族中がヒヤヒヤしながら毎食過ごしていたといいます。

箸を飛ばす方が、作法上どうかと思う孫の私ですが
祖父のおかげで母の箸の持ち方や作法は完璧。

そんな母が選んだ夫(父)は、やはり同じく食事のマナーに厳しい男。
私が小さい時から

音を立てて食べる
箸で皿を寄せる
ヒジをついて食べる

こんなことをしようものなら、バシーン!と父から一発くらいました。

おかげで箸を正しくもてるようになった私は
やはりきっと食事のマナーにうるさい男性と一緒になるのだと思います。
大きなホテルの池。
なぜここに犬小屋が?
しかもちゃんと使われている形跡が。。
2008年1月12日(土曜日) 雨 寒いよー。

全くさ。
ここ1年以上思わなかったけどさ。
久しぶりに思っちゃいましたよ。

別にどうでもいいことなのに
無性に腹が立ってしまいました。

ホントどうでもいいことだって自分で分かっているから
だからこそそれを気にしている自分に腹が立ってしまう。
こういうの、「二重な苛立ち」って言うのね。

今週始めたばかりの
ブログにぶちまけました。

何度も言うけれど。。。
どーでもいいことなんだけどっ。
それでもやっぱり腹が立つのよ。

メールの返事なんか書かなきゃ良かった。
もう二度とメールの返事なんか書かないっっ。
買ってみたサプリメント。
だけどれの字には抵抗があります。
ファラオとティーに与えよう。
2008年1月13日(日曜日) 曇りのち晴れ 寒い。

3連休の予定がなくなってしまい(旅行はキャンセル)
ダラダラと過ごす休日です。
時間を無駄に過ごしているような気持ち。

もともと旅行の予定がなければ
それなりに有意義に過ごせたであろう休日。

でも旅行という大きな予定が入っていて、
その予定がなくなってしまい、ポッカリ空いてしまった
時間をどう埋めていいのか分からずにいます。

いいことがあまりないので
自分でいいことを作ろうと思っていたんですけれど。

この3連休。

せっかくの休みですけれど時間の無駄遣いで終わりそうです。
れの字を暖かいところに
連れて行きたかったんだけどな。
2008年1月14日(月曜日) くもり時々晴れ 寒いぞー。

遅ればせながら今年の目標。

ひとこと。

結婚。

以上。

だって近所を歩くと呼び止められ、立ったままでコンコンと話をされ
母への電話を私が出てしまうと、母に代わる前に色々と話し込まれ。

話題はたいてい

「もうアメリカへは戻らないの?」
「お母さんの側にいてあげなさいよ。」
「そしてそろそろ結婚して子供作ってお母さんを安心させてあげるべきよ。」

大学を卒業する頃からずっと言われ続けてます。スタートが早すぎ。
結婚さえすれば、これらの話題から逃れられる!

でも最近このテの話題にどう対処すべきかというマニュアルが
私の中でこの数年で完璧に出来上がってきました。
今年はアタシが燃える女。
(どんど焼きにて。)
しかもオバサマ達は何度でも同じ話を「まるで今日が初めて」のようにするので
このマニュアルはこの先ずっと使えそうなのです。

1.基本は「おほほ。」
 →笑っていれば全てがごまかせる。

2.最低限の言葉しか発しない。
 →下手に「出会いがなくてぇー。」などと言おうものなら、
  「そんなことないわよ。最近の若い人は色々と出会いがあるから。。。」
  などと、新たな話題を作ってしまう恐れがあるため。

3.「そうですね。」「はい、ありがとうございます。」
 → この2言だけ言っていれば、最低限の時間で会話から開放される。

というわけで、今年は目標を1つに絞ってそれに目指してがんばるつもりです。(何を?)
フェレットの写真を冷蔵庫に貼ってみる 2008年1月15日(火曜日) 晴れ 朝寒い

インド系の会社では、当然のことながら
毎日周囲でヒンドゥー教が飛び交います。
ほにゃらら むにゃらら
まったく分からないので聞き流しているのですが
よく耳にするフレーズは覚えるものです。

ニンニン・ニンニン
テケテケ・テケテケ

入社当時からやたらと耳にする言葉です。
あっちでもこっちでも

ニンニン・テケテケ

なんだろう、と思いながら気をつけて聞いていたら、どうやら

テケ=YES。はい。
ニン=NO。いいえ。

らしいです。

でも大の大人が電話で
「ニンニンニンニン!」と言っていると、
話の内容はどうあれ可愛く見えてしまいます。
昨年、Akeさんからいただいた写真。
すっごく気に入っています♪
2008年1月16日(すいようび) 晴れ

ちょいと精神的に参っています。
これも免疫力をつける為の大事なステップと受け止めています。
ですが私の弱っちぃ胃が直撃されてしまい、ダウン。

母に一応電話で伝えました。
すると、「初めて」母が私のマンションに来るというのです。
私そんなに不安を煽るような声は出さなかったんだけど。

今まで引越しした時以外は来たことがない母が
習い事の帰りに立ち寄ってくれました。

なんてことはない話をして
なんてことはない時間を過ごして
母は帰って行きました。

それだけのことなのですが、今日は弱い娘でありました。
明日からまた強くなるぞぉー。
小さなセカンドバックをパンパンにした母。
何が入っているのかと思ったら。。。
あはは。やっぱり母はありがたい存在です。
2008年1月17日(木曜日) 曇り 寒い。

知り合いの男性が夢と希望を抱いてニューヨークへ旅立った時のお話です。
英語をそこそこ勉強し、日常会話はこれでオッケーと自信もバッチリ。

ニューヨーク州・フォートワースの空港に着いた彼。
ニューヨーク市内へ向かうバスを探して空港を右往左往。
ふと横に止まったバスの運転手に

「New York?」

と聞くと、運転手のおっちゃんが満面の笑みで

「Oh yeah! Get in!」

彼は勢いよくバスに乗り込み、座席に着きました。

「かっこよくバスに乗っちまったよ。これから俺のアメリカ生活が始まる。」

そして数十分後。 彼が降ろされた場所は

New Ark (ニューアーク)

ニューヨーク州のすぐ隣のニュージャージー州の空港でした。
でっかいバックを肩に下げ、ニューアークの空港で立ち尽くす彼。

「どうりで。。。マンハッタンらしき街並みがバスの後ろ側に見えた。。。」

アメリカに着いた初日から自分の英語力のなさに打ちのめされ、
自信を全て喪失した彼は、その後何とかタクシーでニューヨーク市内へ戻り
イチから背筋を正して英語を勉強し直したのでした。

そんな彼ももうじき修士を終えて、今度は就職活動に入るそうです。
寒かった箱根の滝。
でも冬の滝こそ威厳があるものです。
2008年1月18日(金曜日) 曇り すごい寒い。

インドの人も日本で働く期間が長くなると日本語を覚えてくるものです。
今日も1人のインド人同僚が

サカナ サカナ サカナー サカナヲ食ベルトォー

と歌いだしました。 また、いきなり

「1番線に電車ガ参リマス。白線の内側マデお下ガリクダサイ。」

と言い出してみたり。
スーパーや駅でよく耳にする言葉から覚えていくみたいです。

でも変な覚え方もあって、
私のお弁当に入っていたトンカツを見て

「ソレハ何ガ入ッテいるのデスカ?」

「お肉ですよ。」と答えると

「ああ、お肉をコロッケしているのですね。」

お肉をコロッケするってなんじゃらほい?

揚げる=コロッケする

と覚えてしまったみたいです。(誰が教えたんだ?)
もうちょっと頑張ってほしいところです。
「閉まるドアーにご注意ください。(店主)」

なぜわざわざ「店主」と書くのかな。
このお店気に入っちゃった。
2008年1月19日(土曜日) 晴れ 昼間はあったか。

昨年末にフェレットのお友達8名と忘年会をした時のこと。
予約していた居酒屋さんにみんなで入り、
お店の人に案内されてそれぞれの席に着きました。

「お飲み物は何になさいますか?」

と聞かれ、各々好きな飲み物をオーダー。
そのオーダーを一生懸命に手元の機械でまとめる店員さん。

オーダーをし終えた私たちは、
店員さんを横目に「しゃべるぞ」モードに突入しました。
そこでノーマルフェレットを以前飼っていたSさん(女性)。
現在ノーマルのフェレットを飼っているKさん(男性)に、

「ねぇ、もう発情した?」

オーダーをまとめていた店員さんの手が止まりました。

そりゃそうだよ。いきなり女性が男性に対して
「発情した?」って。。。しかも何の前フリもなく。。。

フェレットの飼い主さんの集まりって
これだからやめられません。楽しいのなんのって。
最初から最後まで笑いっぱなしで忘年会は幕を閉じました。
今年も楽しみにしています。ね、Sさん♪
たまいたちプチさん。
とっても親切で丁寧な対応のショップさんでした。
このゲストケージで2回も預かっていただきました。
爪切りと耳掃除も無料ですって。
至れり尽くせり。 また行こうっと♪
2008年1月20日(日曜日) 晴れのちくもり
このフェネックをどうしてやろうか?
ひざの上に乗っかったフェネック
フェネックの甘え
おい、首を揉め。
そこそこ。そこが気持ちいい。
フェネック
はて。揉む手が止まったぞ。
どうしたー。
マッサージを続けろー。
マッサージしてくれないと
足上げちゃうぞー。
2008年1月21日(月曜日) 曇り 寒いな。

「集中ハット」

というのが存在する会社に勤めていたことのある同僚。

データ入力が主な仕事というその職場では
文字の打ち込みに間違いがあってはいけないので
その「集中ハット」をかぶった人は、その名の如く
「集中している」
のですから、周囲は気を使わなくてはいけないというのです。

たぶんこのインド系の会社では
そんな「集中ハット」を導入しても何の役にも立たないでしょう
それどころか

「Oh!集中ハット!」
「じゃあ今あなたは集中しているんですね?」

わらわらと人が寄ってきて
逆に集中できない状況になりそうです。
新年会で登場したデザート達。
きれいだなー。
みんな一斉にカメラを構えて写真を撮り始めました
そして私もそんな人たちの1人。
2008年1月22日(火曜日) 曇り 朝晩寒いぞ。

今の会社で会議でツウヤクに入ることがあります。
通ヤクする上で一番困るのが「通訳に徹しなくてはいけない時」
当たり前ですが、通訳はあくまで脇の脇の脇役です。
相手が言うことをそのまま訳してもう一方に伝える。
これが仕事。これだけが仕事。

私のどえらい片言英語+ハートを利かせたぼでぃーらんげーじ。
これをもってしても対処に困る日本人が客先にいます。

まどろっこしい。
遠まわしな表現が多い。
盛大にオヤジギャグを放つ。

「だから何?」「なぜ話が逸れる?」「私にそれを訳せと?」

と思いつつも、その人が言ったことをそのまま訳さなくては。
「ちょっと違うんじゃないですか?」
なんて、思っていても口には出せません。
だって私の仕事はその人の言うがままに訳すことだから。

この人いったいどこに行きたいんだろう?

行き先不明のバスに乗った気持ちで必死に訳していく私。

私の英語訳を聞いているインド人は、
私が英語が分からないがゆえに変な方向に話が行っているのでは
と、疑問に満ちた気持ちで私を見つめます。

私が悪いんじゃないのよぉ。

入社してかれこれ3ヶ月。

「その人」が会議に出席する日には予め覚悟を決め
その人の話がまたどっか遠くへ走り出してしまった時には
もう必死で追いかけるのはやめました。

横にいるインド人達の頭に「?マーク」が何個飛ぼうとも
気にせずゆっくりと訳していけるようになりました。
進歩だわ。
お友達のひゅーさんに書いていただいた絵。
これもお気に入りで部屋に飾ってあります。
こうして「れの字グッズ」が増えていくのが
私の楽しみの1つなのであります。
2008年1月23日(木曜日) 雪

とうとう雪が降りました。
窓越しに雪を見るのは好きな私。

会社の会議で本日初めてお会いした31-32歳くらいの女性に、
「雪ですね♪」
と、会議の休息時間に話しかけました。

「楽しみだったの?」

と聞かれたので、笑顔で「はい☆」と答えると

「まだ子供なのね。」

と言ってトイレに行ってしまいました。

。。。。えーっとぉ。どぉいう意味かしらぁ。。。

1.「いい年してガキみたいなこと言うな、バーカ」
2.「この子いくつ?まだ20歳そこそこ?」

どっちなんでしょう。

私は楽観的に物事を決め込むタイプなので
勝手に「2」と決め込んでみることにしました。
(どこかから座布団が飛んでくるのは覚悟の上。)

いずれにしても、上から目線で言われたことには間違いなし。
ナメんなよっ。
どうしてティーは
カメラのシャッターを押すと
ドンピシャリで目をつぶってしまうのかな。
2008年1月24日(木曜日) 晴れ 少し暖かい。

昨日が少し遅かったので、今日は早く帰ろうと会社を定時で出ました。

午後6時ちょっと前に人身事故。

電車は上下線とも運転見合わせ+再開のメドはなし。

なんでよーーーーーー。
仕方なく振り替え輸送を選んでえらい遠回りで帰ることになりました。
おまけに電車は混み混み。
途中からバスに乗って回り込むことになったのですが
そのバスが渋滞で全く動かず。

せっかく早く仕事を済ませて6時に会社を出たのに
帰宅したのは10時半。。。。

家に帰って目にしたのは、うんP&シッコまみれのティー。
散歩の時間が待ちきれず、おもらししてしまった様子でした。

振り替え輸送でヘトヘトになって帰宅して
さらにそれからティーの排泄物の処理および汚れたものの洗濯。
ものすごく惨めな気持ちになってしまいました。

でも仕方ない。私は頑張る働きマン。
そしてペットを飼うというのはこういうこと。

負けるもんか。
負けてたまるか。
絶対負けねーからな。(やけくそ。)
人身事故ってさ。。。
なんで飛び込んじゃうのかな。
生きるのが苦しいのは
自分だけじゃないのに。
みんな頑張って生きているのに。
2008年1月25日(金曜日) 晴れ

同じ建物に入っている別会社の方のお誘いを受け
飲み会に行ってきました。
4人ほどの小さな飲み会。お相手は全て40代のおじさん達。

遊びなれている彼らの財布はパンパン。
そう。「名刺」でパンパンに膨らんでいるのです。
そのうちの1枚の名刺を見せていただきました。

「21番 モニカ」

裏面を見ると

「月・水・金 8時から12時」

おーい。。。

1人の男性は、この名刺が先日奥様に見つかってしまったとか。
ぱんだやさん。
可愛いパンダの商品がいっぱいでした。
妻:なに、この名刺?
夫:ん?ああ、外注の会社の人にもらったんだ。

妻:何でピンク色なの?普通名刺って白でしょ。
夫:最近は会社の個性を出すために色付きの名刺って多いんだぞ。知らないのか?

妻:ふーん。何この「モニカ」って。外人さん?
夫:その会社おもしろい会社でさ、社内でニックネームで呼び合っているんだって。

妻:ふーーん。何この「21番」って。
夫:その人の座席番号らしいぞ。あ、内線もその番号じゃないかな。

妻:ふーーーん。何この「月・水・金 8時から12時」って。
夫:その人契約社員だからさ、毎日の出勤とは違うんじゃない? ほら、夫の扶養範囲内での勤務とか。

妻:ふーーーーん。で?何この「また来てね(ハート)」って。
妻:なぁ?俺もよくわかんないんだよ。なんだろうなぁ、それ。もしかして俺に気があるのかな。ハハハ。

この時点で彼の額から異常な汗が。
そりゃバレるわな。
2008年1月26日(土曜日) 曇り時々晴れ

「まつげパーマ」なるものをやってみました。

月に一度だけ通っているエステの担当の方が

「まつげパーマやってみませんか? 絶対いいですよぉぉ。」

と、強烈に勧めてきたのです。

「いやぁ、これでパーマかけたらどうなるか。。。」

と答えた私。
そう。私のまつ毛ってかなり長くて太くて濃くて量が多いのです

高校の時、向かいの席に座っていた友達から

「お願い。まばたきしないで。バサバサ音がしそうだから。」

と、妙なお願いされてしまったことがあります。

しかし今回はちょっと興味が沸いてやってみることに。
施術の最中、エステティシャンが

「きゃぁ♪ 長ーーい。どれ使おう?
 大にしようかな。特大にしようかな。」

パーマに使用するカーラーの種類を選んでいる様子。
何でこんなに楽しそう?

そしてパーマ終了。案の定。。。。まつ毛が眉毛に届きそう。。
目からヒョロリとモヤシが生えているようだわ。

「うわぁ☆ くりんくりん☆ エクステなしでクリリン♪」

妙に嬉しそうなエステティシャン。
ただ単に長いまつげを巻いてみたかっただけなんじゃないの?
キッチンのお気に入りの「れの字スペース」
色々いただいたものを、
こうして家中の色々なところに飾っています。
ハンモックは飾れないんですけど。。。(当然)
家中に「れの字」を見つけられるのが嬉しい日々。
<真夜中に書き書き>
本当にやりたい仕事を仕事として
続けていける人はシアワセです。
私は何をやっているんだろうなぁ。。。
満たされない思いでいる日々。
本来やりたい仕事とは全く別の次元にいます。
久々にお酒に酔いたいなーと思って
日本酒をカップ1杯。 酔えん。
くそー。追加でビール1本。 少し酔った。
いつからこんなにお酒に強くなったのかな。
おかげで金がかかってしかたないやん。
いくら仕事が「本来やりたいこと」でなくても
お金をいただける大事な仕事なわけで、
お金もらっている以上、労力を提供せねば。
その労力の対価として、れの字のエサ代が出る。
私がマトモに仕事をしなければ
れの字のご飯は生野菜になってしまう。
ああもう。夜中に何を書いているのかしら。。。
← うーんと。。。。
  今(日曜日・夜)読み返したら「なんやこれ?」です。
  昨夜は頭がぐちゃぐちゃになっていたので、、、
2008年1月27日(日曜日) 晴れ 風が冷たいね。

いたちと一緒に寝るようになるなんて思ってもいませんでした。
そしてほとんど毎晩、「ある音」で起こされます。

ぶりぶりぶりっっっ

すごい音です。

隣の部屋でれの字がおトイレする音。
吹き抜けの廊下をはさんで存在する私の部屋とれの字の部屋。
吹き抜けのハウリングが手伝って、
何とも言えない「ぶりぶり音」が廊下にこだまするのです。

あまりに大きな音なので、当初はゲリP?と思い
慌てて起きて確認をしていたのですが、
見るからに健康そうなうんPばかりなので最近は確認を怠っています。

いたちはおトイレの場所を決める動物なので、れの字はこの寒い中
私の寝室の私の布団から夜中に抜け出し
隣の自分の部屋のおトイレできちんと用を済ませます。

別々の部屋で良かった。。。と、今では心から思います。
隣の部屋ですらすごい音で起こされるのですから
同じ部屋だったら、、、毎晩「その音」で飛び起きていたことでしょう。
「ひだまりにょろっと」のユーリさんが
販売なさっている大人気の寝袋。
早速注文しちゃいました♪
2008年1月28日(月曜日) 晴れ 少し暖かいぞ。

土曜日にインドから来日し、本日初出勤のスタッフくん。
座席が足りない為、小さな臨時の机で壁に向かって座っています
彼にとっては目の前が壁ということもあり
誰にも見られていない錯覚に陥るのでしょう。

午前中から鼻をホジホジ。
ピンと伸ばした人差し指で左の鼻をホジホジ。
次に右の鼻の穴に指を突っ込んでホジホジ。
そしてその手をパラパラこすってブツを下に落とすのです。

その様子が私の視界にくっきり入るんです。
いやぁぁーーーーやめてぇぇーーー!
しかも3時間くらい、ずーーーーっと鼻をほじってる。
どんだけホコリぽいところで生活しているのかしら。

お昼休みを終えた午後からは
とうとうホジくるモノも底を尽いたのか
今度はずーーーっと爪を噛み始めました。

そしてその様子も私の視界にくっきりと。。。
いやぁーーー やめてぇーーーー!!

遅い自己紹介の時間が来て、社内の人達に挨拶回りを始めた彼。

「ナイス・ツー・ミーチュゥー。マイネームイズ・○○。」

と、握手を求められた私の顔はこわばり、
ひぃぃぃぃぃ。。。
と思いながら震える右手を差し出しました。

そして私は軽く握ったのに、彼は力強く握り返してくれました。
あぅあぅあぅあぅ。。。。

不本意にも固い握手を交わしてしまい、引きつる笑顔でご挨拶。
その後即効で手を洗いに行ったのは言うまでもありません。
箱根のお土産屋さんで見つけた
とっても可愛いリスの置物。
うわぁ☆ 全部買ってお部屋に飾っちゃお!
ハイテンションでこの写真を撮り、
値段を見てびっくり。
1個3150円。。。
一気にローテンションになってしまいました。
でもこのリスちゃん達が忘れられないんです。
今度箱根に行ったら絶対買っちゃおうっと。
フェレットのアンヨぴーん
2008年1月29日(火曜日)雨
「Home Sweet Home」とも☆さん宅の
ひまわりちゃん。
→アンヨをピーンと伸ばしてるの♪
フェレットの可愛い足
可愛らしいアンヨ。
いつか我が家にお迎えしよう。   ん?
本日相互りんくしていただいた
「ふぇれっと新報」さん。
久々にツボにはまる素敵なブログを
見つけてウキウキでございます。
2008年1月30日(水曜日) 晴れ 暖かい

職場の建物に入っている別会社の女性達から
私の同僚インド人達への苦情がありました。

苦情内容は、
「インドの人からのしつこい誘いに困っている。」
とのこと。

建物の入り口付近や喫煙所などで
「今週末は何しているの?」
「今夜ディナーでもどう?」

そんな日々の誘いが延々数ヶ月も続いているとか。

「申し訳ありません。すぐに対処いたします。」

社内の人事統括者に問題を挙げて対処を依頼しました。

ん?ちょっと待てよ。

ワタクシ、かれこれ3ヶ月ほど勤めておりますが
「一度たりとも」それらしき誘いは受けておりませんの。

ちょっとどーゆーことかしらっ。
社内の女性をすっ飛ばして、受付嬢だの別会社の女性だの。

誘われたって答えは「NO」だけど
誘われないなんて寂しい話です。(いいのよ、どうせ。。。)
かわいいデザート。
ピンクの方は甘ったるくて苦手でした。
白い方はレアチーズケーキ☆
ケーキの中でも一番好きなケーキ☆
もちろん美味しくいただきました。
2008年1月31日(木曜日) 晴れ 寒いかな。

技術の発達は電化製品によく反映されます。
我が家の新しい冷蔵庫。れの字よりもおしゃべりです。

「室内温度は3度です。」
「冷凍庫内の温度を0度に設定しました。」

「単なるお知らせ」をいちいち鼻高々にしゃべっています。

今日、誤って冷蔵庫の中に入れてあった食材を
バラバラと床に落としてしまいました。
慌てて拾っていたのですが、その側から

「ドアーが開いています。」

わかってるがな。今拾ってんだから。
拾ったらまた冷蔵庫の入れるつもりだからドア開けてるのよ。

すると、
3日前からストレスの多い仕事。
夕飯をがっつり食べる気力もないので
蛍イカを買って来ました。
「ドアーが開いています。ドアーが開いています。ドアーが開いています。」

だぁー!!うるさいっ。

仕方なく食材を拾い終わる前にドアだけ閉めました。すると、

「室内の温度は8度です。」

と言い放ち、いきなり音を立てて作動し始めました。
たぶん私がドアを開けたことにより、設定していた温度より
室内の温度が上がったために急いで温度を下げようとしているのでしょう。

これみよがしに動きおって。 あー言えばこー言う。
この冷蔵庫は絶対にオンナに違いない。
よろしければどうぞ。   前のページ(12月)   次のページ(2月

いたちなあたち(HOME)