いたちなあたち(HOME) → 飼い主のつぶやき → 2012年2月
よろしければどうぞ。  前のページ(1月)   次のページ(3月
2012年2月1日(水曜日) 晴れ 超すごい風

価値観の違いとは何とすごいことかと最近思います。
夫は携帯のゲームをちょこちょこいじるのが好き。
会社の仲良しさんと一緒にやっているゲームだそうです。

そして私はゲームには全く興味がありません。
ネットゲームも一度もやったことがなく
Wiiやら任天堂やらのゲームとも無縁の状態です。

夫は携帯で新聞を読んだり音楽を聴いたり
何やら色々やっているようです。

私がi-phoneで利用するのは電話とメールとネット閲覧。
ネット閲覧も見るのは超限られたサイトのみ。
加えてi-phone暦2年経過しましたが
アプリなるものは1個も入っていません。

夫はあまり遠出はしません。
私は結婚してから滋賀、広島2回、京都、果ては南米ペルーに
1人でふらふら遊びに行きました。

私は部屋で静かにPCに向かって作業をするのが好きですが
夫はテレビをつけて常に音に囲まれるのが好きなようです。

こうしてつらつら書いていると、どうして私と夫が
うまくいかないのかわかったような気がします。うん。
どんぐりさん見っけ。
2012年2月2日(木曜日) 晴れ

今日は何だか暇でした。
ぼぉーっとしながら時間が過ぎるのを待ちつつ
その合間にちょこっと事務作業をしたのですが
ダレダレな気持ちが仕事に見事に表れたようです。

「スキャンした資料が逆さまになってるよ。」

まず最初に上司から指摘が入りました。

ありゃー。すみません。

「ドキュメントを入れるフォルダが違う。」

あ、間違えました。すぐに入れなおします。

「違う資料が入ってるんだけど。」
「文字の大きさがこれとこれとで違う。」
「何これ、日付が入っていない。」

なんか文句多くないですか。

「あなたがちゃんとやらないからでしょうが(怒)」

ひーん。怒られちゃいました。
暇な時に頭をよぎるのは
服の店のリニューアル。
2012年2月5日(日曜日) 晴れ 昨日も今日も昼間はあったか。

住宅ローンを組むのって大変。面倒くさいです。
貸していただけるだけありがたい話なのですが、とにかく面倒。

ローン引き落とし用の銀行口座を開設することにしたのですが
私は平日は銀行に行けません。
しかしこの現代の技術はすごかった。
銀行のATM横にある小さなボックスにはテレビモニターが設置され
そこでテレビ電話を使って新規口座が開設できるのです。
知りませんでした。いつからかしらん。

「このたび新規で口座を開設される理由は何でしょうか。」

(理由?そんなの聞かれるとは。)
えーと。住宅ローンを御銀行で組むのでその引き落とし口座です。

「かしこまりました。少々お待ちください。」

3分後。

「お待たせいたしました。ローン会社の担当者の名前は何ですか。」

(へっ。し、知らない。。1回電話がかかってきただけだし。。)
すみません、わかりません。

「かしこまりました。少々お待ちください。」

3分後。

「申し訳ございません。
 担当者の名前がわからないというのはどういうことでしょうか。」

(ど、どういうことって。。私余計なこと言っちゃったかな。
 単純に新しい口座がほしいだけって言えば良かったかな。)

えーと。単に私が失念してしまっているだけです。

「かしこまりました。少々お待ちください。」

5分後。(長かった。)

「不動産会社はどちらですか。その担当者の名前を教えてください。」

延々と続く「しばらくお待ちください」と
意図がわからない質問の数々。

テレビ窓口を利用した感想は1つ。
『口座を新規で開設するなら普通に窓口で申請するのがベスト。』

健康器具。
最近は主に洗濯物に覆われていました。
心を新たに今晩から
こぎこぎすることにしました。
2012年2月6日(月曜日) くもりのち雨 さむーい。

結婚式を挙げたのは2009年の4月でした。
あれから3年。
とりあえずまだ続いている結婚生活。

そして今年、フェレット友達が挙式すると聞き
私が結婚式で使用したベールをお貸しすることになりました。
でもドレスの都合もあるので
実際にお使いになるかどうかは勿論わかりません。

ドレスとの相性を見てもらうためベールを発送。
。。。するはずが、発送予定日にベールが見つからない!!
クリーニングに出して、それからここにしまったはず。
その「ここ」にあるはずのベールがないとはどういうこと?

家の屋根まで突き破るほど家中ひっくり返して
ベールっ ベールっ ベールはどこっ

30分経ち、1時間経ち、もう半泣き状態。

まさかなーと思いつつ夫に電話。

ベールの居場所なんて知らないよね。まさかね。

「僕のクローゼットの右側にかかっているはずや。」

な、な、な、なにぃーーーーーっ?!

「クリーニングから僕が持って帰ってきたとき、
 僕のクローゼットにかけておくでって言うたやん。」

そうかも。なんか記憶が戻ってきたかも。

「でな。」

ベールが見つかって浮かれ調子の私は既に上の空。

「そのクリーニング代、まだもらってないねん。」

お?

「思い出したわ。1万円、もらってないねん。」

おおお?

「帰ったらちょうだいね。」

。。。やぶへび。。。
いいのです。友達がこれでシアワセになってくれれば。
小さいころから決めていた
「結婚するときは長いベール」
ようやく叶いました。
2012年2月7日(火曜日) 雨のちくもり

食べ物に超!うるさいフェネックのフジコ。
今までこのキツネのためにいくら使ったことか。

今朝、台所で何やらシャリシャリ音が聞こえました。
ん?と思って見てみると
昨日の夕飯で作った「れんこんの唐辛子炒め」を
かじっているフジコの姿が。
そういえばフライパンからレンコンが1個飛んだっけ。

というか、唐辛子でまっかっかのレンコン。
それを食べるってどういうことでしょうか。
あれだけエサやおやつを選り好みするくせに
唐辛子レンコンを食べるってどーゆーこと?!

思い返せば数年前、ファラオにも似たような経験が。
妙におとなしいな、おかしいなと思って
台所を覗くと何やらムシャムシャ食べているファラオの姿。

梅干でした。。。

唐辛子レンコンやら梅干やら。
そんなもん台所に転がしておく私も私ですが
それを食べるキツネもキツネです。

フェネックの味覚ってよぅわからん。
最近のフジコのマイブームは
バターロールとスティックパン。
食べてくれるだけでありがたいのですが
できればちゃんとしたフードを食べてほしいものです。
2012年2月9日(木曜日) 晴れ
ただいま戻りました♪
お久しぶりです、おねえちゃま。
ちらりん。
よいしょっと。
あ、転んじゃった。
あたちですよ。
れぱんですよ。
TANAさんにお願いして作っていただいた
等身大れの字。

れの字の詳細ページ

このページだけでこんなれの字を作ってくださいました♪

刺青の大きさや位置、おなかの色合いまで
忠実に再現されているれの字。
もう大感激っ☆

この羊毛れぱんと一緒に、これからお出かけしたいです。

TANAさん、ありがとうございました。
すっごくすっごく嬉しいです。
マロンママさんと物々交換(笑)したうさぎのお耳。
後日もっと詳しくご紹介しちゃうのです。
2012年2月12日(日曜日) 晴れ 途中風出た

ある人を許すことがずっとできなくて
苦しい思いを抱え込んできた2ヶ月。

れの字を否定しなくてはいけないような気持ちになったり
それでもいつかは許さなくてはいけないとわかっていたり
夢に出てきてうなされたり
なんとも憂鬱な2ヶ月を過ごしました。

今日、許しました。

そしてこの2ヶ月、
夫のひそかな努力があったことを知りました。
ある人と私の間に入って問題を解決しようと
動いてくれていたようです。

不細工だし足も目も悪いし理想からほど遠い男性ですが
少しだけ見る目が変わりました。
男性は見た目じゃないのかも知れません。

。。。でもやっぱりかっこいい人が良かった。。ぼそっ。
れの字大集合。
2012年2月13日(月曜日) 晴れ

引越し準備に追われる週末。
荷物をまとめると同時に、新居の準備も始めます。
何度もここで書いていますが私の新居は築40年。
ドモホルンリンクルでも追いつかない老化っぷりです。

よく言えばレトロ。
普通に言えば単なるオンボロ。

和室のたたみなんて、タワシでこすったんですかと
思わず聞きたくなるような状態。

そんな畳をどうにかしようとホームセンターに電話。

「はい?畳の表替えですか。」

いえ、たぶん表替えでは済まないような感じです。

「ああ、新規の畳と交換ですねー。」

(なんかファンキーだな、この畳オヤジ。)

「今は引越しシーズンですからねぇ。」

どのくらいでできそうですか。

「そうですねー、予約状況に拠りますねー。」

2月末はどうですか。もし無理なら3月でも。
3月も難しいなら4月まで待ちます。

「ちょっと待っててね。」と、予約表をめくる音。

「もしもし?2月はねぇ、ほとんどねぇ。」

あーダメですか、やっぱり。

「ほとんど空いてますねー。」

はっ?
またダンボールに囲まれる生活。
この数年でいったい何度引っ越したことか。
「3月にいたっては1件も予約入ってませんわー。わはは!」

(このクソ畳オヤジ。。。気に入った。)

そして2月末の私の希望日に私の希望の畳を入れてもらうことにしました。
今度ホームセンターに行って、このオヤジの顔を見てみようと思います。
2012年2月14日(火曜日) くもりのち雨

普段甘いものを積極的に購入しない私にとって
今日は私のチョコ消費量の1年分に匹敵するほどの
チョコを買わなくてはいけません。

しかも職場には男性が25人。

去年は8000円かかりました。
ただでさえ引越しでお金が飛んでいくのに
チョコにお金がヒラヒラ飛んで行くなんて。

それでも大事な職場の人間関係は守りたいものです。

小分けになったお菓子を何種類も買い込み、
←こうして袋に詰めていき
それぞれにメッセージを書いて同封。

大変手間はかかりましたが
今年も皆さんに喜んでもらえました。

オンナって大変っ。
今年は1人単価180円。安くてすみません。
2012年2月15日(水曜日) 晴れ

怖いもの。体重計です。
1ヶ月前に購入したかわいい体重計。
これに乗るのが怖いです。
前は毎日乗っていたのですが、最近は3日に1度。
おそるおそる。

いろいろな種類があったなかで
なぜあえてアナログの体重計を選んだか。
理由はただ1つ。「私がズボラだから。」

電池式の体重計なんて買ったら、その寿命は電池1個分です。
最初に体重計に付属していた電池が切れたら最後。
その電池を交換するまで、たぶん1年はかかるでしょう。

そのため電池が不要なアナログ式を選んだのですが
こうも全然乗らないとなると
アナログだろうが電池式だろうが変わらなかったかも。

ああ今日はその3日に1度の測定日。
「1週間に1度乗る」にルール変更しようかと
こっそり考えている私です。
大好きなマイメロディの体重計が
見つからなかったので
キティちゃんにしてみました。
2012年2月16日(木曜日) くもり粉雪舞う

新居に越したら小動物をいっぱい飼うぞ!と
勝手に意気込んでいます。

ハムスター、ラット、うさぎさん♪
ミーアキャット、キンカジュー、キツネ♪

この間ペットショップで見かけたワラビー♪♪♪

しかしそんな私の気配を感じた夫から言われました。

「ええか。僕が家に帰ってきて、
 いきなり室内をワラビーが跳ねていたりしたら
 貴方は出入り禁止やからな。」

ワラビーじゃなくて私が出入り禁止になるんかい。

でも私は負けません。
大好きな動物に囲まれて生活するんだい。
なぜか嫌われることが多いシイタケ。
私は大好き♪
2012年2月19日(にちようび) 晴れ

また大阪に行ってきました。
駅名1つわからない状態で駅の構内を右往左往。
夫も一緒だったのですが
関西を離れて久しいため、新しい路線には不慣れの様子。

駅員さんにお尋ねしたところ、

「ああ、タニロクですね。」

たにろく?あ、谷町6丁目を略すとタニロクなのか。
はい。そうです。その駅に行きたいんです。

一番の近い地下鉄の乗り換えを教えてもらい、
駅員さんにお礼を言って駅の構内を歩き出したときです。

「さっき駅員さんに、無意識に関西弁でしゃべってもうた。」

夫の言葉に耳を500回疑った私。

「いやぁ、やっぱり地元に戻ってくると
 意識しなくても言葉も戻ってしまうんやなぁー。」

何言ってるの、このヒト。

「びっくりしたわ。うんうん。」

アナタがいつ標準語を話したことがあるんですか。

夫にはいつも、なぜ標準語を話さないのかと聞くのですが
夫いわく、自分は標準語を話しているつもりだと。
東京の皆さんとなんら変わりないアクセントで話していると
そう言い張るのです。

私にはどうも夫の言い分が理解できません。
ダンベル続いています。
2012年2月20日(月曜日) 晴れ

家を買ったってさ、どうせさ、
フツーに引渡しが終わらないのが私の人生ですわよ。

物件の引渡しの日。
約束の時間20分前に到着。
売却側も約束の時間10分前に到着。

約束の時間より10分早く引き渡し開始♪
さあ契約スタート。

「すみません。権利書がありません。」

え?はい?何ですって?

「間違った書類を持ってきてしまいました。
 たぶん権利書は銀行の貸金庫に入っています。」

『たぶん?』

約束の時間に私たち購入側は部屋でボーっとする時間開始。
売却側は売主+担当者+司法書士と連れ立って
権利書探しの旅を開始。

間をつなぐため、司法書士事務所から1人の事務員が来ました。

1時間経過。
売却側の担当者から、私たちの担当者に電話が入りました。

「今どちらですか。ああ銀行に到着しましたか。
 え?ご自宅?ご自宅にあるんですか?」

担当者の携帯越しの会話を聞きながら、
どす黒い暗雲が私達と事務員の上を覆いました。

重々しい表情でパチッと携帯を閉じた担当者。

「銀行の貸金庫に権利書が入っていなかったそうです。
 今から売主様のご自宅に向かうとのことです。」

売主の自宅は、銀行から40分以上かかるところにあります。

そこから1時間半、今にも雨が降りそうな暗雲に囲まれて
暗い時間を過ごした私達+担当者+事務員。

ようやく権利書を持って売却側が戻ってきたのは
最初にみんなで集合した約束の時間から2時間半後。
夫は午前半休から無理やり1日の有給をとるはめに。
私は1日休みをとっていたのでまだよかったけれど。

ぐったり疲れた引渡し日でございました。
私の人生なんてどーせそんなもんさ。
エアコンを新しく購入予定。
お金が飛ぶなぁ。。
2012年2月22日(火曜日)

いつまでもぐったりできず
売却成立後、新居の鍵を持って走った先は新居。
リフォーム業者との打ち合わせギリギリの時間に到着しました。

私の家♪

そう思いながら鍵をガチャリ。

。。。ガチャリ。

ガチャリ?

ガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ

開かないじゃないかっっっ

玄関ドアと格闘しているところへリフォーム業者到着。
鍵がっ ドアが開かないんですっ
すみませんがちょっと待っててください。

すぐに携帯で担当者に電話。鍵が開かないんですけど。

「あー、それ暗証キーになっているんです。」

なんだと?

「すみません。すぐに売主の担当者に解除方法を確認します。」

いい加減にせんかい!(激怒)

担当者2名およびその上司が付き添って夜に詫びに来ました。

しかしこの上司、てんでダメ。
自分の部下の名前を言うのに「うちの○○くん」って
客に対して言う上司がいることにびっくりです。

そんな上司の謝罪ですから、内容もめちゃくちゃです。
むっちゃくちゃ腹が立ったのですが、
社会人としてダメな男に何かを期待するのが間違っていると
気を持ち直して引越し準備を進めるために賃貸に戻りました。
タコ足配線。
新居では止めようっと。
2012年2月22日(水曜日) くもり

朝からドヤドヤと部長クラスの人が職場にやって来ました。
今日は何があるのかしら。珍しいこと。
彼らは始業と同時に会議室に入ってしまいました。

その5分後。
別の場所にいる役員さんから電話が入りました。

「Aくん、いる?」

打ち合わせに入られました。

「あーそうか。Bくんも今日はそっちなんだよね。」

はい。BさんもAさんと同じ打ち合わせに入られています。

すると電話口の役員さん。
2秒ほど黙ったあとで

「クーデター?」

ほえ?

「怪しんだよね、みんなでコソコソさ。」

朝から面白いこと言いますね。
どこの世界に就業時間内に一拠点に集まって
予約した会議室でクーデターの作戦を練る社員がいるんですか。

「だって俺その会議に呼ばれてないしさ。」

弱っっ。さびしかったんかいっ。

クーデター会議は3時間にも及び
その間私は電話番となっておりました。あーつかれた。
エアコンを取った穴。
今回、色々揉めました。。。
2012年2月23日(木曜日) 雨のちくもり

前の前の賃貸を引き上げた理由は、れの字を見送ったから。
前の賃貸を引き上げたのも、れの字を見送ったから。
当時は私の急な職場異動があったため2軒借りていました。

そして今回の賃貸を引き上げる理由。
それはカビ。

カーテンからカバン、洋服はもちろんのこと
ソファーからテーブル、椅子までカビ被害に遭いました。
賃料+余分なクリーニング料金が重なり

もう無理っ

ということになったわけです。

大家さんもお隣さんもとってもいい人達なので
カビを除けばかなり快適な住まいでありました。

それでも家中にカビの胞子が飛びまくっているかと思うと
怖さが日に日に増してきて
家の購入の引き金となったのであります。

だって普通、天井から降ってくる水が顔に当たって
目が覚めるなんてことないもの。
いい家なのにな。結露とカビさえなければねぇ。。
秋冬はマスクをして眠る私。
2012年2月26日(日曜日) くもり 寒いよー。

夫は変なところで几帳面です。
結婚前に購入したフライパンのテフロン加工が剥げ
そろそろ捨てる時期が来ました。

調理した後のフライパン。
私は、もう捨てるのだから軽く水洗い程度と考えていました。
しかし夫は腕をまくり
洗剤を付けたスポンジでゴシゴシこすり始めたのです。

捨てるからもういいと思うのだけど。

私の言葉に「うん」とうなずきながらも
続けて必死にフライパンをきれいにする夫。

「はいおしまい。3年間ご苦労様でした!」

夫はフライパンに頭を下げてゴミ袋に入れました。

フライパンに労いの言葉をかけるなら
私にだってそのフライパンと同じように
優しくしてもらう権利がある。

そう主張した私に対して夫は
ゴミ袋に入ったフライパンを指差し

「同じように?」

ぷちん。

夫に何かを期待した私が間違いでしたわ。
私より大事にされていたフライパンちゃん、
さようなら。ありがとうね。
2012年2月27日(月曜日) 晴れ 風が強い

母からメールが届きました。

『今日は病院を4つまわって疲れました。』

4つも周る病院って何?
内科、外科、耳鼻科、眼科??

昨日の日曜日、私が机で作業をしていた間中
ひたすらしゃべり続けていた母。
30分以上、ひとりでペラペラ話した挙句

「なんか気持ち悪くなってきた。調子悪い。
 血圧の薬をもう一錠飲んだのがいけないのかしら。」

規定量を超えた薬を飲んで気持ち悪くなられても
どこの医者だって助けられないし
薬を決められた量以上飲もうという神経がわかりません。

ふらふらと立ち上がり、引き出しを開けて
母が取り出したのは ザ・血圧測定器。
今や家庭の医学書と並ぶほどの母の「日々のお供」です。

シュコシュコシュゥーーー。

「うわ。やっぱり。198だって。高い。高すぎるわ。」

しゅっしゅっしゅシュゥーーーー。

「167。」

ぷしゅぅー0----。

「138。よし。下がった。」

どこでどう納得したのか、納得して何か意味があるのか
娘の私には全く理解ができないのですが
計測器がはじき出した数字に納得したところで
昨日の母の血圧測定は無事に終了したのでした。
引越しを控えて
冷蔵庫の中身を使い切ろうと思う気持ちが
あまりに強すぎた結果、
このようにあふれんばかりの煮込みうどんが
無事に完成いたしました。
2012年2月28日(火曜日) 晴れ さっぶいよー。

子供の頃から夢をよく見てきました。
夢を見ることが好きで、一時は夢日記までつけていたくらい。

れの字と一緒に眠っていたころは
その温もりを感じるのを楽しみに布団に入っていました。
れの字を見送ってからは
夢を見るために布団に入るのが楽しみになりました。

昨晩見た夢。

れの字と一緒にプールにいました。
子供が沢山いたので、徐々にいなくなるのを2人で待っていました。
2,3人くらいの子供だけが残ったとき
れの字がプールに入りました。

ちゃんと水泳帽をかぶったれの字が
ビートバンの上に小さな両手を乗せてパチャパチャ泳ぎ出しました。

なんてかわいいの☆

そして体が濡れたれの字を
いつものように左肩に乗せ、その体にすりすり。
好きで好きでたまらなく好きで、可愛くて可愛くて仕方ない
そんな気持ちで目が覚めました。

夢って素敵です。
だってれの字が水泳帽をかぶってビートバンでパチャパチャなんて
実際には絶対にありえませんものありえませんもの。

これからもれの字を夢に見続けていきたいです。
2012年2月29日(水曜日) 大雪のちくもり

朝ぼけぇーっと起きて窓の外を見て げっ。 大雪。
いつもと同じ時間に起きてしまった時点で
遅刻になることを確信しました。

バスは30分来ず。
来たと思ったら途中でバスのタイヤがパンク。
雪道に放り出されて次のバスに投げ込まれました。
駅に着いたけれど案の定電車は遅延中。
ようやく職場の最寄り駅に到着。
歩くのが大変なのでタクシーで行こうと思ったら
図々しいおばちゃんに列を割り込まれてタクシーを強奪され
しくしく泣きながら。。。いやそれはないな。。ぷりぷり怒りながら
次のタクシーでやっとこさ職場に到着できたのは
始業時間から既に1時間も経っていました。

そしてその後ずーっと私は
「私って偉くない?」
出社した自分自身を褒め称えて過ごしたのであります。
よろしければどうぞ。  前のページ(1月)   次のページ(3月