いたちなあたち(HOME)→ 飼い主のつぶやき → 2013年10月
よろしければどうぞ。 前のページ(9月)  次のページ(11月
2013年10月2日(火曜日)くもり時々雨

子供が歩くようになりました。
いもむしのように部屋の中を転がっていた子供が
自分の足で歩き始めるなんて。

なんかすごいなー。

よちよち歩きの子供の手を引いて
外を初めて歩いてみました。

意外にもこういうの憧れていたかもしれない自分に
気づいてしまいました。

ゆっくりゆっくりの足取りのため
ほんの10分程度の散歩だったのに
私は腕と足に3か所、子供は目の真下に
蚊からのかゆいチュゥをもらってしまいました。。
そしてすぐにバランスを崩して
ペタンと地面に手をつきます。
どうして両手を上に挙げて歩くのでしょうか。
2013年10月3日(木曜日)曇りのち晴れ

いつもは家にいるはずの時間に母が帰宅しませんでした。
夕方に接骨院に寄ってから帰ると
母からメールがきたのは午前中のこと。

接骨院に電話をすると

「今日はお見えになっていません。」

なんと。毎日通いつめている接骨院に来ていないとは。

この時点で夜7時近く。

母の携帯に電話をするものの、呼び出し音がなるだけ。
メールをしても返信なし。

こりゃどこかで倒れたか。事故にでもあったか。

しかし私に連絡が来ないのは変です。
もし事故にあったとしたら、警察が持ち物を調べるでしょう。
母の荷物には、これでもかっというくらいに
私をにおわせるものが入っています。

私の名前、私の写真、私の携帯の番号、私の住所。
高麗人参の焼酎漬け。
パッと見、ぐろいですね。
どんだけ私が好きなんだ?と思うような荷物です。

それなのに連絡が来ないのはおかしい。ということは誰かにさらわれたか?
いや待てよ。あの老婆をさらうとはなんという勇気ある人間だろうか。
はっきり言って娘の私ですら時々放り出したくなるような性格をしているのに。

ないな。誘拐はあり得ん。

最初の失踪疑惑から30分が経過。
私は葬式のことを考え始めました。

誰を呼べばいいのか。母は誰を呼んで欲しいのか。そもそも葬式ってどこに連絡すればやってくれるんだろう。

遺影は?最近母は写真を撮っていないようだし。
ベトナムで民族衣装を着てポーズをとっている写真が居間に貼ってあるけれど
遺影はあれでいいかな。

そんなことを考えてさらに15分。私の携帯が鳴りました。

「もしもし?お母さんですー♪」

ベトナム民族衣装の遺影の人からの電話でした。

「携帯の使い方でわからないところがあったから、携帯の会社に来て教えてもらっていたの。
 でもすごい人数のお客さんが待っていたからこんな時間になっちゃった。」

明るく笑う母の声を電話越しに聞いて
生きているうちに親孝行しなくちゃなぁと思いました。
2013年10月6日(日曜日)くもりのち晴れ

ディズニーランドをデニーズランドと
ウケ狙いで言う人がいるでしょう。

ウケ狙いでも何でもなく、本気でその手のことを言う人がいます。
私の母です。

先月腰を痛めた母。
腰を直角に曲げて歩くほどの腰痛でした。

有名な腰痛治療の大きな病院でブロック注射。
小さなクリニックでトリガーポイント注射を受けて
ようやく少しずつ普通に歩けるようになりました。

母からメールが来ました。

「明日のトガリ注射はキャンセルします。」

どんな注射だろうか。。。

さらには今日、ちびぱん(ひなたさん命名)と遊びなら

「大きなノッポの腕時計を歌ってあげよう!」

古時計です。。。

背の高いノッポも背の低いチビも
腕時計の大きさはさほど変わらないかと思われます。

そんな母に付き合った日曜日。
これもまた親孝行と自分に言い聞かせました。
これまた古いおもちゃの電話。
物置から出してきました。
2013年10月8日(火曜日)晴れ 暑いぞ。

会社の社員は会議や外出などの予定を
社内サイトのカレンダーに書き込みます。
こうすることで、その人がどこで何をしているか
一目瞭然になるのです。

「くそっ。間違えた。」

職場で唯一マトモに近い男性社員のHさん。

どうしたんですか。

「○○会社の立花さんとの打ち合わせを
 4番会議室でやるように予定表に書きたかったのに。」

書いたんじゃなかったんですか。

「PCの変換ミスで、
 『立花氏』が『立ち話』になりました。」

立ち話。。。

『10月10日14時 立ち話 場所:会議室4』

わざわざ会議室予約して立ち話。。。

「くそぉー。入れなおしだ。」

そういってHさんは
ガシャガシャとキーボードを叩いたのであります。
シカゴの駅前で
悲しそうな目をした馬がいたっけ。
懐かしいな。
2013年10月9日(水曜日)くもりのち晴れ

同じ職場の別会社のKさんが
「突然ですが、結婚しました。」

ええええ!
結婚しない印象の男性だったのに。
独身貴族を謳歌している印象だったのに。

いつ?どこで?どうやって出会ったの?

社内は大興奮。

「えーとですね。。。相手はMさんです。」

Mさん。。。。?  ん?  えええええええええ!

Mさんは、私が育児休暇をとっている間に
私の仕事を担当してくれていた
同じく、同じ職場のこれまた別の会社の人でした。

私が産休・育休の間に私の仕事を任せられる人を、ということで
その別会社がわざわざ中途採用で正社員として雇った女性でした。

私が今年1月に育休明けでのこのこと戻ってきたので
Mさんは別の拠点に異動となったのでありました。

私が産休に入ってから育休を経て職場復帰するまで7か月。
その間にどうやってくっついたのっっっ。

私と子供ってすごくないですか。
私と子供がいなかったら彼らは出会わなかったんだから。

胸を張って ふふん とばかりに私が言ったところ、

「Mさんを雇ったのは俺だ。」

とBさんが出現してきました。

Kさん&Mさんの結婚にどちらがより貢献したのか。
その後、私とKさんはあーでもない、こーでもないと
実に実のない言い合いをしてしまったのでした。
ブーツの形の植木鉢♪
2013年10月14日(月曜日)祝日

また飼っちゃった。。
新しいマウスです。

エキゾチックな小動物(哺乳類)が好きな私。
オオミユビトビネズミの大きさが限界かな。
それ以上大きい動物はスペースがないから無理。
ということで迎えたのはマウスです。

おっとりしていて可愛らしいマウス。
ゼブラマウス・シマクサマウス・ウリ坊マウス
いろいろな呼び名があるようです。

これで私のペットスペースには
トビネズミ、モリヤマネ、アフリカチビネズミ
そして今回のゼブラマウスが暮らすことに。

よろしくね、ネズミちゃん。
2013年10月16日(水曜日)台風の朝

昨晩、台風が近づく夜に
どうしても出掛けなくてはならなくなりました。
車で片道10分程度のところ。

「だめよ。これから台風が来るのよ。」

心配性の母が私を止めました。
いやいや、車もそんないないだろうし
用事が済んだらすぐ戻るから。

母がどう言ったって私が聞かないことは
母が一番よく知っています。
私を諭すことを諦めた母は
玄関で靴を履く私の背後から

「いいわね、蛇行するのよ!」

蛇行してどうするんだか。徐行はするけど。

母の言い間違いに慣れている私は
そのまま何も言わずにスタスタと玄関から外に。

どこまでも心配症の母は
私を追いかけて玄関から外に出て大声で言いました。

「蛇行よ、蛇行!とにかく風が危ないんだから蛇行!」

そして私は車を出して
片道10分の道を、蛇行せずに徐行して進んだのであります。
紙風船。なつかしい。
2013年10月19日(土曜日)曇り時々雨 寒い

子供のおもちゃを買おうと思い
母を誘ってトイザラスに行きました。

まずは母に電話。

調べたら割と近くにトイザラスがあるの。 一緒に行かない?

「え?どこに行くって?」

トイザラス。行こうよ。 車で30分もあれば着くわよ。

そんな私の誘いの電話に
母は最初乗り気ではありませんでした。

「いいけど別に。。。」

子供の乗り物を買いたいって前に言っていたのに。
なんで不満なんだろう。

そう思いながら母と子供を乗せて 車で走り始めた私。
30分後、目的の場所に着きました。

着いたよー。

すると母が妙な顔をしました。

「あら?おもちゃ屋さんなの?」

うん。トイザラスって言ったじゃない。

『トイザらス』なんてハイカラな店の名前を
母が知っていると思い込んでいた
未熟な自分に段々と気付き始めた私。

何だと思ったの?

「トイガラスだと思った。」

トイガラス?

「台風が近いから、雨どいとガラスを直すのかと。
 あなたの家の窓が壊れてしまったのかなぁって。
 トイと硝子の店に行くのかと思った。」

とい・がらす。。。

幸いにも我が家は雨どいも窓ガラスも健在なので
私と母は普通にトイザラスで
子供のおもちゃを買って帰ったのであります。
目的の乗り物を買いました。
2013年10月21日(月曜日)曇りのち晴れのち曇り

「すみません、また噛まれました。」

迎えに行った保育所で先生に言われました。
ははは。またかい。

子供って噛むらしいです。
私の子供は誰かを噛みはしないのですが
その代わりなぜかよく噛みつかれています。

「お友達がベッドで寝ていて、
 ちびぱんくんはその子に興味があって近づきまして。
 ベッドの隙間から指を入れたら噛まれました。」

。。。そういう動物、知ってる。。。
ケージの隙間から指が入ってきたら
とりあえずガブリしてみる。そんな動物、知ってる。

先日噛まれた時は、

「ちびぱんくんがハイハイしているお友達に
 興味があって背中に乗っかりまして。
 その子の口の目の前に、
 ちびぱんくんのホッペがちょうどあったので
 がぶっと噛まれました。」

なぜ山に登るのか。
なぜならそこに山があるから。(登山家の言葉)
なぜ噛むか。
なぜならそこにホッペがあるから。(保育園児の気持ち)

保育園には動物や登山家がたくさんいるようです。
そして私はキツネに噛まれました。
2013年10月28日(月曜日)晴れ あったか

昨晩、子供が急に熱を出しました。
それだけならいいのですが、 ブルブルッと体を震わせました。

痙攣っっ??

そしてさらには

「うぅぅーーーー」「わぁーーーー」

と声を出し始めました。

これはまずい。
すぐに小児救急に電話をかけて症状を伝え
夜にやっている病院を紹介してもらいました。

子供を包んで抱えて家をサンダルで飛び出し
私の車が置いてある駐車場まで
はっはっと息をきらして必死に走りました。

思い起こせば10か月前。
子供の呼吸が急におかしくなり
雪が積もる夜道を今日と同じように子供を包んで
はぁはぁ白い息を吐きながら
走って走って病院まで連れて行ったっけ。

熱を出してうなり続ける子供を抱いて
走って走って駐車場まで行って
子供を車に乗せて走ること30分。
病院に着いた頃には子供の表情も落ち着き
先生の診察も終えた頃に
はっと我に返った私。

私ったらほとんどパジャマで
髪の毛も洗いざらしのボサボサで
サンダルつっかけて子供を抱きかかえていました。

ひょーーー。恥ずかしい。

こそこそとお会計を済ませて病院を後にしました。
病院の駐車場に停めた車に
子供を乗せてドアを閉め
ふと上を見上げたらきれいな秋の夜空が見えました。

さあ帰ろう。家に帰ろう。
今夜は子供を見ていなくちゃいけないから
寝られなくなるなぁ。
でも帰ろう。家に帰ろう。子供と一緒に家に帰ろう。
こういう寝相、れの字にそっくり。
2013年10月29日(火曜日)

子供の熱が下がらず、会社を休んで看病しています。
子供の昼寝時間を利用して
ネズミのケージを掃除しました。

そろそろ出産を迎えるメスのネズミ。
育児に集中できるように別ケージに入れていました。
ケージに入れた小さなハウスを持ち上げると
お腹の大きなネズミの姿が見えました。

うん。順調、順調。がんばって出産してね。

ハウスを元通りにしてから
他のマウスケージを掃除。
妊婦ネズミのケージもきれいにしちゃおうかな。。。
そう思ってもう一度ハウスを持ち上げたら

うぉっ。赤ちゃんがっ。

さっき見た時は妊婦さんしかいなかったのに
この短時間で3匹産んじゃったのね。

ちっこいネズミのちっこい赤ちゃん。
また成長が楽しみです。
体長1cmに満たない赤ちゃん。
よろしければどうぞ。 前のページ(9月)  次のページ(11月