いたちなあたち(HOME)→ 飼い主のつぶやき
2014年7月
よろしければどうぞ。 前のページ(6月) 次のページ(8月
2014年7月3日(木曜日)

「すみません、ハシゴを貸してもらえませんか。」

同じ建物に入っている別会社から声をかけられました。
仕事上のつながりのあるところだったので
その人に廊下で待っていてもらい
オフィスに戻って上司Bさんに確認しました。

「なんで警備の人に言ってくれないのかな。
 なんでウチに声かけるのかな。」

まぁ。。。おっしゃる通りですが
仕事上でつながりが強いところなので
こちらの方が声をかけやすかったのでしょうね。

「もう。。。(ぶつぶつ)。。。忙しいのに。。。
 断っちゃおうかなぁ。。。(ぶつぶつ)
 スタイル良かった?スラッとしてる人だった?」

え? ええ、まぁ。
背は割と高くて細身の人でしたよ。

Bさんの目がキラリンと輝き

「しょーがねぇーなぁー♪♪♪」

急に元気に椅子から立ち上がり
奥の倉庫からハシゴを抱えて廊下へと出て行きました。

相変わらず変な上司だ。

5分後、すごい不機嫌な顔でBさんが部屋に戻ってきました。

「男じゃないか!!!」

はい?そうですよ、男の人でしたよ。

「男なら男って言ってくれないと困るなぁ!
 あそこは女性が多い会社なのに!!」

へっ?

「ハシゴ担いで行って損しちゃったよ。まったく。
 忙しいのに。なんてこった。ぶつぶつ。」

なんのこっちゃ。

Bさんはぶつぶつ言いながら席に戻り
さらにぶつぶつ言いながら自分の仕事を再開しました。

わからん。さっぱりわからん。
影の存在に気付いた子供。
2014年7月6日(日曜日)晴れときどき曇り

赤ちゃん言葉というものが本当に存在するのだと
しゃべり始めた子供を見ながら思います。

どうじょ。(どうぞ)
じゅーちゅ。(ジュース)
にゅーにゅ。(牛乳)
くちゅ。(靴)

アンパンマンにはメロンパンや焼きそばを模した
様々なキャラクターがあるのですが、先日

「かいぱんまん!」

と何度も訴えるので、
てっきり海パンを履いたキャラクターがいるのかと思ったら

『カレーパンマン』

のことでした。
まだまだ私にとっては宇宙語を話す子供です。
フェネックの赤ちゃん。
可愛くなってきました。
2014年7月7日(月曜日)雨ときどき曇り

「今日は業者や顧客のビル来館予定はないですよね。
 会議室使ってもいいですか。」

同じ職場の別会社の人から確認が入りました。

ええ、大丈夫ですよ。お使いください。

そう私が答えようとした矢先に、上司Bさんが割り込んできました。

「えー?来館申請出てないの?」

あれ。どこかの業者からの申請漏れがありましたっけ。

「今日はさ、織姫さんと彦星さんまが来るかも知れないでしょ。」

。。。。。

あ、どうぞ会議室お使いください。

ぽかんとして立っていた別会社の人を会議室に笑顔で案内した私でした。
こんな曇り空でしたが
2人は無事に会えたでしょうか。
2014年7月13日(日曜日)くもり

腰の手術を終えて退院して来た母。
入院前は

「怖い。痛いのは怖い。嫌だ。」

とダダをこね、

「入院しない。自宅でがんばる。」

何をがんばるのかよくわかりません。
いい加減にしなさい、と一喝して
母を病院へと送り出しました。

手術直後から

『背中が痛い。』
『もう無理かも。』
『孫に会えなくなるかも知れない。』

泣き言メールのオンパレードで、果ては

『お母さんが死んだらあの箱を開けなさい。』

どの箱ですか。。。
開けたら何か白い煙が出て来そうなんですけど。

だいたい手術の翌日から携帯でメールができるほど
回復しているではありませんか。

散々弱音を吐きまくって退院。

リハビリが長くかかった、長くかかった、と
本人は自分の弱さを認めてほしいようですが
看護師さんはおっしゃいました。

「むちゃ早かったですねー、退院。
 おめでとうございます♪」

大騒ぎして入院して、退院でも大騒ぎの母でしたが
無事に帰宅いたしました。

『やっぱり100歳まで生きる。』

とメールが届きました。
はいはい、長生きしてください。

ところで、どの箱?
茗荷畑。今年もすごい勢いです。
2014年7月15日(火曜日)くもりのち晴れ

腰痛の原因だった骨の手術を終えて
何やら元気な母。

しかし術後まもないため(=年寄り回復遅いため)
あまり動けず家にずっといる模様。
そしてそのしわ寄せがどこに来るかと言うと
当然私。

「朝おきて散歩に行きました」

ツイッターかと思うようなどうでも良いメールに続き
仕事中の午後3時に

「蚊に刺されたらすぐに冷やす、
 もしくは最後まで刺されると良い、以上、テレビより。」

ワイドショーネタだか何だか意味不明の情報を
仕事中の私のメールに投げ込んできます。

相手にし切れないため放っておくと

「メールが来ない。寂しい」

とダダをこねる面倒な老婆。

こんな母でも息子にとっては大事な祖母らしく
「おばあちゃん♪」
と慕い続けています。

息子よ、女だから老婆だからと言って甘く見ると大変だぞ。
それは私の母だからな。ものすごい破壊力を持った母だからな。
2014年7月16日(水曜日)晴れ 昼間は暑いなー。

このサイトを開設したのが2005年2月。
紆余曲折ありながらも9年半続けていることになります。

子供が1歳を超えた去年あたりから
日記の更新率がすこぶる悪くなりました。
のんびり、ゆっくりと続けているこのサイト。

さらにここのところずっと家族が長期入院をしているため
ほんっとーーーーに毎日が大変で
気持ちが荒んで殺伐としています。

このサイトの日記を読み返すと
この9年半の私がそこにいます。
最近は不幸せな状態が続いているけれど
いつか読み返したときに
「ああ、このときこんなこと書いているけれど
 あの時は辛かったなぁ。」
と、自分で優しく過去を見られることを願っています。

そしてこのサイトを、あったかーい目で見守ってくれている人がいる。
感謝、感謝な気持ち。
見てくれる人がいれば嬉しくなる。

単純だ、と笑われてしまえばそれまでなのですが
そうよ単純よ、と開き直っちゃいます。

読んでくれてありがとう。
感想まで書いてくれてありがとう。

乾いた砂に水をやると、すぅーっと水が溶け込んでいきます。
そんな気持ちです。

お水をありがとう♪
2014年7月22日(火曜日)晴れ
意味不明な行動。
美味しいお菓子をいただきました。
紙袋に入ったまま、居間に置いていたところ
何やらがさごそやっている子供の姿が。

やられた!

時すでに遅し。

無残に剥がされた綺麗な包み紙が
居間に転がっていました。

あれ?お菓子の箱はどこいった?
なぜか玄関に袋が置かれていました。
中を覗くと、ちゃんと箱が入っていました。
息子よ、教えてくれ。
なぜ包み紙だけ剥がして
ちゃんと紙袋に戻して
そしてなぜそれを玄関に置いたのだ。
2014年7月24日(木曜日)くもり 暑いっ。

確かにそうなんだけど
でも微妙に違うような。。。

そんな商品を1つ知っています。

ハムスターの回し車。
私はマウス用にサイレントホイールを使っています。
滑車がよく、マウスが回しても音がしない。静か。
それがこの商品の謳い文句ですが。。。

ええ。確かに回る部分は静かですが
マウスが勢いよく走り回ると回し車の本体ごと揺れて
地面と本体が当たりまくり、
カタカタカタカタ・カタカタカタカタ。

サイレントじゃなーい。

私は直置きタイプのサイレントホイールを使っているのですが
同じ職場でハムスターを飼っている人は
ケージに取り付けるタイプのサイレントホイールを愛用中。
話を聞いてみました。

「回るところは回しても音がしなくて静かです。
 しかし、ケージと回し車の間に隙間ができるため
 ハムスターが勢いよく夜中に走り回っていると
 回し車とケージが接触して
 カタカタカタカタ・カタカタカタカタと
   夜中ずっと音がしています。」

やっぱりサイレントじゃなーい。

サイレントなんだけど
総合的に見るとサイレントじゃないんです。
キツネもサイレントではありません。
夜中にきゅるきゅる鳴いています。
2014年7月27日(日曜日)晴れのち雷雨

昨晩めずらしく夜中にぎゃぁー!と泣き出した子供。

慌てて駆け下りて子供の部屋に行き

「どーしたのッ」

と聞いたところ、

「う(ん)ち出た!う(ん)ち出たー!」

と、わぁわぁ泣きながら言いました。

えええええ!と思い、
夜中に子供を床に転がして下半身すっぽんぽんにしたんですけど。。。
うんちのかけらもない。

床に転がされた子供が仰向けの状態で
ひくひく泣きながらもう一度言いました。

「むち(虫)出た・・・」

虫かい(怒)

夜中に汚れてもいないおむつを取り替えて、
もう既にどこにいるのかもわからない虫を退治した様子を
渾身の演技で披露して
子供がまた眠り始めました。

わたくし、本業は通訳です。

しかし思う。

子供の通訳はおらんのかいっ。
アルパカの通訳はできそうだ。
2014年7月30日(水曜日)晴れ 朝晩は涼しい。

子供が39度の高熱を出しました。
保育園に預けられず。
よって会社にも行けず。
まぁ仕方がない、と家で看病。

母が家にやってきて、ぐったりしている子供を見て

「かわいそうに。ああかわいそうに。」

と言いながら自分の家にまた帰っていきました。

それからすぐに私が母の家に物を取りに行こうと
家を出て歩き始めた時です。

向かいの家のおばさんが

「子供さん、熱出したんですって?大丈夫ですか。」

。。。ええ。大丈夫です。ありがとうございます。

誰だ、犯人は。
と思うまでもなく。どうせさっき家を出た母でしょう。

てくてく歩いて30秒後。

「お子ちゃま、お熱だって?大変ね。」

5軒先のおばあちゃん。

大丈夫です、と言ってまた歩くこと40秒。

「おはようございます。お子さん、大丈夫ですか。」

実家の隣のおじさんに声をかけられました。

お母さんっっっ(怒)
豆腐屋さんとか魚屋さんとか古新聞回収車みたいに
スピーカー背負って歩いているんじゃないのっ。
言いふらさないでよっっっ。
フェネックベビー
太郎の飼い主さん、決まりました♪
よろしければどうぞ。 前のページ(6月) 次のページ(8月