? いたちなあたち・飼い主のつぶやき・2015年4月
よろしければどうぞ   前のページ(3月)   次のページ(5月
2015年4月1日(水曜日)くもり

『happy(ハッピー)』というドキュメンタリー映画を
DVDで借りてきて観てみました。

シアワセには大きく分けて2種類あるといいます。
外なる幸福と内なる幸福。
外なる幸福は、お金やファッション、豪邸といった
物理的に自分の体の外側にあるものから得られる幸福。
内なる幸福は、目標達成やボランティアといった
目には見えなくとも自分の心で得られる幸福。

後者の幸福の方が前者のそれよりも
幸福感が深く長引くのだとか。

簡単に幸福感を得るトレーニングがあります。
瞑想です。
瞑想は簡単なようで難しく
自分で自由に瞑想にのめりこむには
ある種の訓練が必要になります。
とは言っても、それは瞑想CDを聞いたり
比叡山で行っているような
単発瞑想クラスのようなものを受けたり。
その程度のもので段々瞑想の技術を身につけられます。

瞑想をすると脳内にセロトニンが多く分泌され
これが人間の脳が幸福と感じることができる材料となります。
そして瞑想によって得られる幸福感は
とても長く続くのだそうです。

よくある宗教の手口では
この瞑想を新入りや見学者に試してもらうことで
彼らに幸福を感じさせ、
その宗教が素晴らしいものだと錯覚させます。

DVDを観て、自分自身の内なる幸福を
どんどん増やしていきたいと思うようになりました。

4月1日から長々と真面目なことを書いてしまいました。
満開の桜。
今晩から雨だから週末まで持たないかな。
よろしければどうぞ   前のページ(3月)   次のページ(5月
2015年4月5日(日曜日)曇り時々雨

「買ってきたのよー♪これ着て♪」

母が西松屋の袋から取り出したのは
母いわく『パジャマ』
しかし私の目には『普通の外服』

母に逆らうと面倒なので
寝る前に子供に服を着せてみました。

肩パットのようなものが入っていて
ピシッとした着心地の上着に
腰の後ろ側にリボンのついたズボン。

なんて寝心地の悪そうな『パジャマ』。

「あらー、着てくれたの?
 かわいい、かわいい、すごくかわいい♪」

喜ぶ母の前で
そんな服で寝かされることなど
予想もしていないであろう2歳児が無邪気に跳ねていました。

18時。子供を布団へと誘います。
ゴロゴロ寝心地悪そうに転がりながら
18時20分。子供はようやく眠りました。

夜中に起きないといいけどなあ。
桃の花
2015年4月8日(水曜日)みぞれのち雨 さみぃー。

「夜逃げされました。。。」

どんよりと雲を頭に乗っけながら出社したMさん。

誰にですか。

「ハチに。」

はち?

Mさんの家のベランダの右側と左側に
蜂が2つも巣を作り始めたは1か月前のこと。
布団や洗濯物を干すたびに

「今日も巣作りがんばってんなぁ。」

と声をかけていたMさん。

しかし今朝、数日前から巣のまわりで蜂を見かけなかったMさんが
巣が2つとも空っぽになっていることに気付いたというのです。

「蜂に夜逃げされました。。。2つも作っていたのに。巣。」

居心地が悪かったのでしょうか。

「わかりません。私にとっては居心地のいい家なのですが
 蜂にとって2つともの巣を放置するほどの
 何かがあるのかもしれません。」

そして蜂にすら夜逃げされてしまった家に
Mさんは今日も元気に帰って行きました。
きつめのきつねのモバイルサイトを
作成したのですが
ブラウザによって見え方が異なってしまい
修正に四苦八苦しています。
2015年4月12日(日曜日)晴れのち曇り

「おばあちゃん、お散歩行こ♪」

おばあちゃんっ子の2歳児が私の母を誘いました。

「いいわよー♪」

孫がかわいくて仕方がない母は二つ返事で
子供の要求を呑んで
公園に行くと言って2人で家を出ました。

30分後、確認したいことがあったので
母の携帯に電話をしました。

「あ、いまね、美容室にいるから。」

美容室?

「子供の髪の毛、切ってもらってるから。」

はっっ?

母がかれこれ20年お世話になっている
馴染みの美容室に迎えに行くと、

満面の笑みとともに愛おしそうに孫を見つめる母と
何が起きているのかよくわからない様子の子供と
申し訳なさそうに私を見ながら子供の髪を切る美容師さんと

三人三様の表情が見てとれました。

「公園から歩いていたら美容室が見えたから。
 思い立って切ってもらったのよー♪」という母。

「びようしちゅに来たの。」と言う子供。

「ママに無許可で切るのはどうかと思ったんだけど。。。」
と、私と私の母を交互に見ながら言う美容師さん。

私がそういうことはあまり気にならないタイプだから
特別問題にはなりませんが
これがこういうことをとっても気にする嫁で
母が私の実母ではなく姑だったら
ものすごーく大きな問題になったと思うんですけどっ(怒)

ま、子供の髪がサッパリしたからいっか。
2015年4月14日(火曜日)雨

今日も職場は賑やかです。

「これやっておいてくれる?」

上司Iさんからの作業指示がAさんに入りました。

「はい。どのようにやればよいでしょうか。」

Iさんから紙切れ1枚を渡されたAさん。
当然ながらIさんに作業の流れを聞きました。

「よくやっておいて。」

「。。。『よくやっておく』。。。ですか。」

「うん。頼むねー。」

「えっと。あの。もっと具体的にお願いします。」

「そぉ?じゃあ説明してあげよう。」

お願いします、とAさんはIさんの隣に座って
具体的な作業内容をふむふむと聞いていました。

この職場に来てまだ1年しか経っていないAさん。
普通なら「もう1年」なのですが
この職場では「まだ1年」と解釈されることに納得したもようです。
小さなサクラ
雌のトビネズミのトビ子。
骨折しちゃったかも。
しばらく安静状態です。
2015年4月18日(土曜日)晴れ 風強い

お箸が「おかし」
ケンカが「じゅんかい」

2歳児の舌はうまく廻りません。

近所の谷口さんのおばさんに道で会いました。

「谷口さん、おはようございます。」

私が挨拶をするのとほぼ同時に子供も大きな声で言いました。

「タニシしゃん、おはようごじゃいましゅっ。」

げ。

すみません、すみません。
谷口さんに頭を下げる私。

「あはは。おしゃべりできるようになったのね。」

寛容な谷口さんに感謝をしつつ別れました。

状況が理解できていない子供に説明をしました。

タニシさんじゃないのよ、タニグチさんよ。

「タヌキしゃん?」

動物が大好きで動物の絵本やDVDばかりを見ている子供にとっては
「タニグチ」という単語は
タニシやタヌキに変換されてしまうのでした。
2015年4月20日(月曜日)曇りのち雨

まともに付き合うか付き合わないか
瞬時に判断を要求される私の職場。

「あの人名前だれだっけ。」

別の部署の人の名前をどうしても思い出せなさそうなYさん。
えーと、うーんと、と必死に脳みそを動かしている様子。

「ヤマダさんじゃなかったですか?」

何とか思い出そうとしている人の邪魔をするのが得意なFさん。

「ヤマダ。。。でしたっけ。違う気がします。」

思考を一時止めてFさんの意見に答えるまじめなYさん。
すぐにまた、えーと、うーんと、と思いだそうと努力を再開。

「タムラさんではないですか?」

Fさんがまた邪魔をしました。そのとき、

「そうだ!ヨコタさんだ!」

ようやく思い出すことができたYさん。
ヨコタさんだった、ヨコタさんだった、と嬉しそう。

「思い出せてよかったですね。
 俺の助言が役に立ちましたね。」

ん?という様子のYさん。

「似てますもんね。ヨコタさんに。
 ヤマダさんもタムラさんも。」

「どこが似ているの。」

「似てるじゃん。どの名前も3文字だもん。」

似てないしっ。
横浜で一目ぼれした小物入れ。
こういう出会いって結構大事だと思う。
2015年4月22日(水曜日)曇りのち雨

本日も職場は賑やかです。

なかでもまだ水曜日という週半ばだというのに
なぜか元気にウケないギャグを懲りもせず口にする上司Bさん。

今日は何だかお元気ですね。
ストレスでも溜まっているんですか。

上司に付き合う良き部下の私。

「溜まってるよ。順調に溜まってるさ。
 ってか、溜まってないの?
 普通に会社に来て普通に仕事をしていたら
 当然普通にストレスが溜まると思うんだけど溜まってないの?
 ってことは仕事していないんじゃないの?」

。。。よくしゃべりますね。

「そんなことはない。
 しゃべっていない時は静かだぞ。」

。。。。。。。

付き合うのを止めた私は
黙々とPCに向かって仕事を再開したのでありました。
2015年4月26日(日曜日)晴れ

母の10kg洗濯機を借りてお洗濯。
ドラム式ではないので洗濯物を取り出すのも大変。

私の洋服、子供の肌着、母の下着。

ん?

私の洋服、普通のワンピース。
子供の肌着、普通のグンゼ。
母の下着、真っ赤なパンツ、紫のレースひらひら、真っ黒スケスケ。

なんなの、なんなの。
とても老婆が履くようなパンツに見えないんですけど。
どうみても20歳そこそこの女の子が履く勝負下着です。

いったい何に勝負する気なんだろう、母は。
美しいツツジ
2015年4月28日(火曜日)晴れ

ここ1か月、ずーっと悩んでいることがあります。
いつもなら思ったときにすぐ行動する私ですが
さすがに人生を左右する決断となるので
この1か月悩んでいる、というわけです。

折りしもゴールデンウィークに突入するので
しっかりと考え抜こうと思います。

はぁー。悩むなー。
2015年4月29日(水曜日)曇り時々晴れ

ズーラシアに行きました。
広い。とにかく広い。
でも動物漬けの時間は楽しいものです。

今日は天気も良かったので
ほとんどの動物が屋外展示でした。
天候の悪い日にも動物が見られるように
ズーラシアでは主だった動物たちを
室内でも見られるような施設を設けています。

しかしこんな良い陽気でも
その施設は閉じられることなく解放されているので
みんな騙されて空っぽの施設に入って行きます。

私たちも例外ではなく
そうした施設に入っては

『本日チンパンジーは屋外展示です』

という簡易看板を目にして外に出る、を繰り返しました。

そしてやはり間違ってキリン小屋に入ってしまい

『本日キリンは屋外展示です』

また看板を目にして慌てて外に出た時に
少し出遅れた私を探した子供が夫に尋ねている声が聞こえました。

「おとうしゃん、おかあしゃんは?どこ?」

そして夫が答えている声も聞こえてしまいました。

「お母さんは屋外展示やと思うで。」

なんだと。なんだって?
休日でしたが
まぁまぁの混み具合でした。
それでももちろん動物は
バッチリすべて見てきました。