? いたちなあたち・飼い主のつぶやき・2016年4月
よろしければどうぞ   前のページ()   次のページ(5月
2016年4月4日(月曜日)雨のち晴れ 桜満開

スポーツジムには常連さんが沢山います。
常連さん同士で仲良くなるのも必至。

「今日は来るのが遅くなっちゃったわよー。」

常連らしき1人のおばちゃんがロッカーに入ってきました。

「どうしたの。」

同じく常連さんが答えます。

「坂本さんのところに行ったのよ。
 そうしたら混んでてさ、2時間も待たされちゃったのよ。」

坂本さんとは近所の病院の先生のことでしょう。

私はそのままランニングマシンへ行きました。
しばらくすると、おばちゃんもジムに入ってきました。
私の隣のランニングマシンに乗ったおばちゃんは

「ちょっと聞いてよー。」

と、隣のマシンでトレーニング中の人に話しかけ始めました。

「坂本さんのところで待たされちゃったのー。
 混む時間をずらすために11時に行ったのに。」

うんうん、そうだったよね。2時間待ったんだよね。

「大変だったわね。」

隣の人はおばちゃんに優しく答えていました。

私はランニングマシンを終えて、
エアロビクスを受けにスタジオに入ると
やはりおばちゃんが元気にやってきました。

「坂本さんのところで2時間も待ったから
 シオタさんのエアロ初級が受けられなかったわぁ。」

おばちゃん、私もう『坂本さん』はお腹いっぱいです。
よろしければどうぞ   前のページ()   次のページ(5月
2016年4月6日(水曜日)晴れ

「血圧計のコードがないの。知らない?」

以前に母が新しく買った血圧計。
これまでは電池で使っていたようなのですが
付属のコードを使って使用したいと思ったそうな。

「ないよー。どこに置いたのかしら。」

うろうろと家の中を歩き回る母。
こういうのって、思わぬところから出てくるものです。
購入した時期にもよると考え
私は母に尋ねました。

いつ買ったの?

「血圧計を買ったとき。」

そう答えると母はまた別の部屋へと消えていきました。

。。。血圧計を買ったときって。。。
そりゃそうでしょう。
どこの世界に血圧計の付属コードだけ買う人がいるでしょうか。

血圧計に付属されているコードを探す母に
いつ買ったのかを尋ねて
まさかこんな答えが返ってくるとは思いませんでした。
2016年4月7日(木曜日)雨

会社の所属部署名が変更になりました。
その名前がややこしくて面倒くさい。

例えば。

プロダクト&サービス本部
プロダクト&サービス部
プロダクト課

どんだけプロダクトとサービスを叫べばいいのか。

「因数分解できそうだ。」

Bさん、ナイス。
数学は嫌いじゃない。
2016年4月8日(金曜日)

今年も桜が散り始めました。
薄いピンクに染まる樹を楽しんだ後は
花びらで覆われる地面を眺めてまた楽しみます。

れの字と一緒に最後の花見をしたのが2010年でした。
その時にとても美しく見えた満開の桜。
その翌年も、そのまた翌年も
同じ場所で同じ桜を同じように見たのですが
れの字と一緒に見たときほど
美しく感じられませんでした。

あれから6年経った今年の桜。
少しのんびりしている私の心に余裕ができたせいか
それともれの字のいない日々に慣れてきたからか
桜をとても美しく感じながら見られました。

同じものを見ても
それを見る人の気持ちや状況によって
こんなにも見え方が変わるものかと
ちょっとびっくりしながら桜並木を歩きました。
美しいなー。
狭い屋根裏がきれいになりました。
2016年4月11日(月曜日)晴れ 風強し

「語源をたどっても曖昧な日本語ってありますよね。」

珍しく真面目な話題で職場スタート。

TさんとKさんが話を始めました。

「納豆と豆腐って、逆じゃないですか。」

Kさん、逆とは何でしょう。

「豆を腐らせて作るのが納豆で
 豆をこして型に収めて(納めて)作るのが豆腐です。
 同じように、気球と風船も逆ですよね。」

ああなるほど。

「わさび漬けだけ仲間はずれです。」

Tさん、その意味は何ですか。

「ぬか漬け、塩漬け、味噌漬けは物をどこに漬けるか
 という単語なのに、
 わさび漬けは付けるもの=ワサビが単語になっています。」

ほお。確かに。

「それを言うなら『置き忘れ』も仲間はずれですね。」

Kさん、今日はどうしたんですか。

「聞き忘れ、とは聞くことを忘れるという意味です。
 話し忘れ、取り忘れ、も同じです。
 でも置き忘れだけは置くことを忘れるんですよ。」

おおおおおお。

たまにはこの職場も真面目に話をすることがあるもんだ。
2016年4月16日(土曜日)晴れ時々曇り

夜のスポーツクラブ。
いつもはまばらに人が泳いでいるだけのプール。
大抵が、1人1コースを占有できるほど空いています。

あれ?今日は人が多い?

いつものようにダラダラと泳ぎながら
歩く人専用のコースに
10人以上の人が歩いているのが水中から見えました。

不思議に思っていると、その謎は10分後に解けました。

インストラクターらしき男性が
端っこのレーンのコースロープを取り外しました。
それと同時に、ウォーキングコースの中にいた
10人以上の民が、
一気にアクアビクスのエリアに民族大移動を始めました。

そうか。アクアビクスが始まるのね。

ダラダラと私が泳ぐコースの真隣で
ジャンジャガ♪景気の良い音楽と共に
アクアビクスが始まりました。

泳ぎながら悟りました。

『アクアビクスの横で泳ぐべからず』

水中で元気にダンスをする人々が見えます。
彼らの作る大波小波が
泳ぐ私のコースにまで容赦なく入り込んでくるのです。

「勢いよくジャンプしましょう!!!!」

インストラクターの声が、泳ぐ私の耳にも入りました。
次の瞬間、クロールで息継ぎをする私は

ごぼっ ごぼぼぼ

アクアビクスの民たちの作り出す
壮大な水しぶきが飛んできて呼吸困難状態。

「水をかいて!強く、強く、もっと強く!!!」

まっすぐ泳ごうと努める私の体は
アクアビクスの民たちの作り出す
すばらしい水の渦に飲み込まれ
あっちに流され、こっちに流され。

ひえーーーーー。

もともと長いものに巻かれやすい私は
隣から寄せては返す波にのまれ
アクアビクスの民の一員となって
その後30分間、楽しく水中ダンスをしたのでした。
2016年4月21日(木曜日)くもり

母のクローゼットを一斉整理しました。

これまで何度となく母を促し
服の整理を進めてきたのですが
ことごとく失敗して参りました。

捨てて。
捨てない。

捨てなくきゃダメでしょう。
捨てなくちゃダメな理由がないでしょう。

私が困るのよっ。お母さんが死んだときの後始末がっ。
そんときゃ全部捨ててちょうだいっっっ。

そして親子でにらみ合いの状態になるのです。

私はこれまでの失敗から学びました。

おかあさん、とりあえず全部の服を出しましょ。
それから要るものをハンガーにかけて
要らないものを箱にしまっちゃおう。

そう声をかけたところ、
やや母の態度が懐柔して協力的になりました。

さーてと。今度こそクローゼットの整理の成功なるか?
とりあえず全てを出しました。
とんでもない量の服や小物が出てきました。
2016年4月26日(火曜日)晴れ

フェネックの発情期&交尾のシーズンです。
トトメスの凶暴さが昨年から減ってきました。
今年もそこまでひどくありませんでした。

写真はナイルとトトメスの交尾の様子です。
てまりも今年は緑と交尾したようです。
交尾を実際に見ていないので、
てまり&緑については妊娠は不確かなままですが。

毎年環境をごそっと変えて
フェネックの繁殖に与える影響を調べています。
環境を大きく変えることが影響して
交尾してくれなくなったら。。
という不安はありますが
おかげで色々とわかってきた気がします。

ナイル&トトメス、今年もありがとう。
てまり&緑、初産になるね。一緒にがんばろう。
2016年4月28日(金曜日)

母の部屋のクローゼットの片づけは9割が終了しました。

母が所持していた洋服を全部出してみてびっくり。
何百着あるのだろう。。。500着はくだらない。
下手したら1000着を超えるかも知れません。

しかも都合の悪いことに
母は綺麗好きで片付けもできる人。
このおよそ1000着の服も、季節の変わり目には
しっかりと防虫処理をして箪笥にしまい込んでいたため
1着とも虫などに食われた様子はありません。

しかもなまじ片づけをする人であるため
これだけ服や小物を所持していても散らかって見えないのです。

ここまで書くと、別に断捨離なんてしなくていいんじゃない?と
恐ろしい錯覚にとらわれてしまいそうになるのですが
いやいや、物は減らさないと。

母を促し、褒めて煽てて諭して初日は6時間を費やしました。
少しずつですが服の整理を初めてくれた母。
がんばってもらいたいものです。