サイトマップ: いたちなあたち(HOME) → 飼い主のつぶやき・2008年 → 4月
よろしければどうぞ。   前のページ(3月)   次のページ(5月
2008年4月1日(火曜日) 晴れ 風強し。
ティー16歳。やっとこすっとこ生きています。
(おーい、ティー? 大丈夫かい?)
はっ。眠りこけてしまったわ。
大丈夫ですわよ。
ちゃんと自分の足で立てていますし。
2008年4月2日(水曜日) 晴れ

日本語が(自称)話せるインド人の同僚。

日本にいる外国人がよく読む新聞、DAILY YOMIURI(デイリーよみうり)を
彼は定期配達購読していました。
しかし仕事が忙しくなり、新聞を読む時間があまりなくなってしまった彼は
新聞の配達を毎日ではなく土日だけにしてほしい
という旨を電話で新聞配達屋さんに伝えていました。

「デスカラ、デイリー読売をデイリーではなくホリデーにしてクダサイ。」

。。。それじゃあホリデー読売になっちゃうよ。

しばらくすると彼の声が大きくなりました。

「ですから、ジローさんです。ジローさん。 ジローさん!!」

新聞屋さんにジローさんという知り合いでもいるんかいな?

「デスカラ、ジローさん、5679.。。です。」

ああ。電話番号の「03(ゼロ・サン)」と言っていたんですね。
「ジローさん」じゃ配達屋さんも理解不能でしょう。

彼の日本語できちんと配達の希望を伝えられたかどうか。
それは明日の朝、ポストを見ればわかります。

新聞が入っていない。→ ジローさんが助けてくれたのでしょう。
新聞が入っていた。 → 彼の日本語もまだまだね。
「どれにしようかな。」
悩めるきつね・ファラオ。
2008年4月3日(木曜日) 晴れ あったか。

インドの人たちは甘いものが大好きです。
誰かがインドからお菓子を持ってくるともう大変。
わらわら・わらわら
炊き出しの時間?と思えるほど人が集まります。

そしてそのお菓子なんですけど。。
もともと自分でお菓子を買って食べることをしない私にとっては
佐藤のカタマリ
あ、間違った。
砂糖のカタマリ
としか思えない味。

しかも1個1個の個別放送なんて勿論していないので、
それぞれ皆で手でお菓子を切りながら分けるのです。

なるべくなら遠慮したいのですが、インド人のモットーは
(この日記でも何度も言っているように)

「おいしいものは分け合おう。」

私にとっては特に美味しくないお菓子なので無視していると
お菓子にたかる群集が一斉にこっちを向き、

「早く、早く!なくなっちゃうよ!」

と、みんなで「おいで・おいで」の合図。 あはは。。
「ありがとう」
にっこり笑ってお菓子に近づき小さなカケラを選んで1個つまむと

「こっちだよ。こっちの方が大きいよ。」

と、大きめに切れているお菓子を私のために取ってくれる優しいインド人達。
ありがとう。。。
これ、お菓子なんです。
信じられない色です。
表面のアルミホイルみたいな
感じですけど
これは一緒に食べるものなんです。
絶対体にいいわけはない!
けど。。これ好きなんだよね、彼ら。
2008年4月4日(金曜日) 晴れ

出社して1時間後、お腹が空いたので遅い朝食タイム。
昼から夜までずっと会議が入っていることが分かっているので
この辺で食事をしておかねば。

大きな前面窓から外を眺めながらおにぎりを2個用意。
10数階建てのオフィスビルからの眺めはいいなぁ。

でも何だろう。今日は目の前に紐が垂れています。

ま、いいや。ちょっと眺めは悪くなるけれど
紐は気にせずご飯を食べようっと。
いただきまーっす☆

1個目のおにぎりを大きな口でパクついたその瞬間、
目の前に人がいました。

はいっ??

窓拭きの仕事をしているおっちゃんでした。
ロープをたどってビルの上から下まで窓を拭いていたのです。

しかもそのおっちゃんの顔が私の顔の位置にありました。
おっちゃんは慣れているようで、
全く気にしない様子で窓拭き続行。

どうも落ち着かない私。
「おひとついかがですか?」
と、2個目のおにぎりをおっちゃんに差し出したくなりました。

みんな働いているんだなぁ。
通勤が辛くてくじけそうです。
水曜日くらいから体が重くて重くて。。。
2008年4月5日(土曜日) 晴れ 昼3時過ぎから寒い。

関東いたち組」のオフ会に無理を申して参加。
すんごく美味しいサンドイッチやら何やらが並んでいます。
お花見気分を盛り上げてくれました。

さらにレフ版なんて登場しちゃって。
レフ版を使うとこんなにも写真がキレイになるんだーと実感。
しかし私の写真撮影能力が乏しいのがネックです。

土曜日の公園は沢山の人で賑わっていました。
誰もかれもシアワセそう。

ちょい遠い公園ですけれど、また機会があったら来たいな。


2008年4月6日(日曜日) 晴れ

便利なネット通販で一番困るのが「過剰包装。」

ダンボールを開けたら新聞紙がいっぱい詰まっていて
新聞紙を取り除いたらプチプチでくるんであって
プチプチを取り除いたら箱が見えて
箱のふたを開けたら透明な袋に品物がキレイに入っています。
そしてダンボールのそこには、
その店が雑誌で取り上げられた際のコピーやら
商品の宣伝チラシやら何やらが落ちていたり。

外箱を開けてから商品にたどり着く頃には
私の周囲が包装紙関係のゴミだらけになってしまうのです。

こういうの嫌いです。

私が本当にしたい買い物の仕方とは、
自分で買い物かばんを持って行き
昔ながらの商店街を歩きながら買い物をして
飼ったものをカバンに裸のまま入れて帰るような素朴な買い物。

そんな町があったら引っ越したくなるかも知れません。
桜が花ごと落ちていました。
かわいそうだなぁ。
2008年4月7日(月曜日) くもりのち雨

昼過ぎに、日本人社員の1人が
ションボリと会議室から出てきました。

「どうせ私なんて。。。」

何があったのかしら。
話を聞いてみると、ミーティングの名前が悪かったとか。

月に1-2度、重役会議があるのですがその名前は
ハイレベルミーティング
と呼ばれています。
役職の高いレベルの人達が集まる会議という意味です。

それに対して今日行われたのは、担当者レベルのミーティング。

クライアントからの会議連絡メールに

「今日はローレベルミーティングがあるのでお願いします。」

ハイレベルに対してローレベル(低級)。。。

「私が重役会議を任せてもらえるわけないのは分かるけど
 代わりにレベルの低い会議にしか呼ばれないなんて。。。」

と、彼女は落ち込んでいました。
確かに名前が悪いです。ローレベルなんて。
ジャーキーをほしがるフェネック
「ジャーキーよこせ。
 そのジャーキーを早く床に落とせ。」
2008年4月8日(火曜日) 雨 風強いなー。

何でもかんでも「さん」をつけるのって最近の流行みたいです。
会社名や店の名前に「さん」をつけるのって日本くらいではないかしら。

先日、マンションの総会がありました。
防犯カメラの件でセコムの営業が来て説明をしている最中。

「エレベーターの前に1台、ゴミ捨て場に1台、
 あとは管理人室さんに1台。」

管理人室さん?

総会の後でスポーツジムに行きました。

スポーツジムの受付で、子供の水泳教室の申し込みをしている母親に
ジムのねーちゃんが「お子さんはおいくつですか?」と聞いたところ

「○○くんが6歳で、お兄ちゃんの○○くんが8歳です。」

自分の子供に「くん」つけて他人に言うなんて。。。
しかも「上の子」ではなく「お兄ちゃん」かい。。。

しかし次にもっと驚いたのはジムのねーちゃんの次の言葉。

「はい。お2人ですね。6歳さんと8歳さんですね。」

6歳さん?8歳さん???

丁寧語が段々歪んでいるような気がしてなりません。
観覧車に乗ってみたかったんだけど。
れの字と一緒だから諦めました。
2008年4月9日(水曜日) 晴れ

人間って不思議だなぁと思うことがあります。

2ヶ月くらい前から仕事で一緒になるインドの人。
最初っから印象が悪くてどうしようもない人でした。

イライラすることばっかり。
早くインドに帰ってよ!って思う日々でした。

しかし最近、そこまで悪い人ではないのかなと
彼に対する気持ちが変わってきました。

お互いで「こいつはまったく。。。」と思っていた私達。
仕事だから仕方なくお互い顔を合わせてきました。
しかしそういう時間が持てたからこそ、
最近互いに「ま、いっか。悪いヤツではなさそうだ。」
と思えるようになったみたいです。

もし最初に「なんだこの人(怒)」と思った時点で
離れて仕事をしてしまったら
きっと最後まで「この人キライ」で終わっていたでしょう。

なるべく人を嫌いになりたくないから
彼と私の間に仕事という橋があって良かったと考えています。
人間って不思議です、ホント。
俺、やっぱ肉が食いたい。
2008年4月10日(木曜日) 雨

1日4時間半。
これが私が通勤に使う時間です。
会社が移転して3週間弱。
そろそろ辛さもピークになってきました。

インド人のスタッフ達も
今まで徒歩5分だった職場が、電車で1時間と変化しました。
最初は
「うわーキレイなオフィスですね。東京はイイデスネ。」

なんて言っていた彼ら。
3週間が経過し、

「。。。チョット遠いデスネ。。。」

ただでさえ浅黒い顔がさらにどんよりしています。

どこか部屋でも借りてインド人とシェアするかな?
と考えたものの、
毎日毎日部屋でカレーのニオイを嗅ぐことになるのは
やっぱりご免じゃ!と思ってやめたのでした。
ペットカフェのグリーンサラダ。
これで350円はとてもお得♪
2008年4月12日(土曜日) くもり

会社に気の会うFさんという同僚がいます。

2ヶ月ほど前、小さなラウンジでお昼ご飯を食べようと
みんなでお弁当を広げた際、彼女の透明なタッパーの中身が
「緑一色」であることに気づきました。

「あれ。。?」

彼女もその色に気づき、次の瞬間
「やだーー!間違えてホウレン草のお浸し持って来ちゃった!」

同じ種類の2つのタッパーに、1つはお弁当。1つはホウレン草
同じ冷蔵庫の同じ段。
彼女は間違えてホウレン草の入ったタッパーを持参したのです。

そして昨日。同じ過ちを繰り返したFさん。

ルンルンでお弁当箱を袋から出したFさんが
真空パックの容器。
なーんか不良品?と思えることがありました。
次に袋から取り出したのは、ビニールに1個だけ入ったジャガイモ。

それを手にして眺めること1秒。Fさんは
「えっっっ?!!!」
と、ラウンジに響くほどの声を上げたのです。

そして机から雪崩落ちそうになったFさん。「やだーーー!!!間違えちゃったっっ!!!」
なになに今度は何とジャガイモを間違えたの?

「今日ね、私すっごくキウイが食べたかったの。だからキウイをラップで包んで冷蔵庫に入れておいたのに。。」

そしてその「すっごく食べたかったキウイ」の真横に、ビニールに入れたジャガイモを置いていたそうです。

ホウレン草の時と同様、仕方なく彼女はそのジャガイモをまたお弁当袋に戻して家まで持ち帰りました。
キウイを食べるために持って来たスプーンも、勿論使われることなくお弁当袋へ逆戻り。

そんな彼女は秋にイギリス人と結婚して渡英します。 
。。。。大丈夫かな。ちょい心配だなぁ。
2008年4月13日(日曜日) 雨 寒いなぁ。。
長期お預かりハリネズミの体重測定
キッチンスケールの上に載るハリネズミ
怒って丸まっている時。
単に眠っている時。
起きた時。
あ、ちょっと増えた。
はかりの上のはりねずみ
案外可愛い顔をしているんですけど。。
うふ♪
体重を量るハリネズミ
このハリのせいで何だかガラが悪く見えます。
文句あるヤツはかかってこい。刺したるで。
2008年4月14日(月曜日) 勝負前日。

週末に新しくインドからスタッフが来るということで
成田空港まで迎えにいった別のインド人スタッフ。

今朝私の机までツツツーーーとやってきて、

「スミマセン。私はモノスゴイものを見てしまいマシタ。」

あたしゃ毎日インド人の「すごさ」を見せられてますけど。

彼が週末に空港で見たもの。
それは、金髪の外国人カップルが

ランドセル

を2人して背負っている姿。

いや確かにランドセルって高級な革製品で
ポケットもついているし厚みのあるしっかりした造りで。
何でも入るし頑丈だから滅多に壊れないし。

けど。。。だからと言って。。。

聞くところによると、結構体つきのがっしりした男性と
スラッと背筋の伸びたキレイな女性だったそうな。
日本土産の1つだったのかな。
想像すると。。。かなりおかしい☆
みんなのトイレ♪
2008年4月16日(水曜日) 晴れ

念願の掲示板が設置されました。
いたちなあたち・里親里子
新掲示板の登場です。

本当は4月15日(良い子の日)に設置したかったんですけど。
一体この掲示板の設置に何時間かかってんだ?
と、びっくりするくらい時間をかけてしまい
気づけば夜中の3時。

今日も仕事なのに。

こりゃ確実に今日は会議中に寝るわな。
2008年4月17日(木曜日)
とても丁寧な看板。
晴海で見かけたこの看板。
ちゃんと「通路」って教えてくれています。
2008年4月18日(金曜日) 雨 風も強い。

朝の満員電車。
慣れよう、慣れようと思うのですがやっぱり好きになれません。

これだけ沢山の人を運んでいる電車も大変だろうなぁ。。

今朝の電車はまさに「大変そう」でした。

発車するたびに

ぎぎぎぃぃーーーーこん ぎぎぎぃぃーーーこん。

「よいしょぉーーっと。」
という感じです。

そして駅に到着するたびに、

ぷしゅぅーーー。しゅぅ。 しゅぅ。

まるで、
「どーーーっこらしょ。ぜぇ。ぜぇ。」
と言っているかのよう。

電車も頑張ってる。私も頑張ろう。
奥に見えるのは牛車。
牛も毎日頑張ってる。
フェレットがおトイレ中。
2008年4月20日(日曜日) 曇り

ああ日曜日が終わっていきます。
明日からまた朝から晩まで仕事でございます。

今日、知り合いと外出していたのですが

「お昼は何にしますか?」

と聞かれ、色々なレストランをぐるりと見渡しました。
ふと目にした看板。 知人が、

「あれ?こんなところに新しいレストランができたんだ。
 へぇ。ランチ800円。安いですね。入ってみますか?」

その看板にあった文字。それは、

《インド人シェフの作る本格インド料理・ナマステ》

いやぁぁぁぁーーーーーーっっっ

休日くらい見たくないっ。インドという文字もインド人もっっ。

でも言えない。そんなくだらない理由、言えない。
「おほほ。」と笑い、
「今日はあっさりしたものをいただきたいですね。」
と、うまくソバ屋さんへと知人を導いた私でした。
私にとって初めてのフェレット、マシュ。
5歳半で我が家に来て
たった1年で死なせてしまいました。
今でも深く深く後悔していて
今でもマシュを思うたびに
「ごめんなさい」と謝ってしまいます。
2008年4月21日(月曜日) 曇り

インドの人には特技があります。

「カップに口をつけずに水を飲める。」

特にインドの南側では、他人の家に招かれてお茶を出されたとき、
カップに口をつけて飲むことはマナー違反とされているそうです。
そのため皆、器用にカップを持ち上げ、
まるで漫画のように水を しゅー っと口に送り込むのです。

会社の給湯室にはよくインド人がいます。
お茶を飲んでいるのではなく、水を飲んでいるのです。
もちろん水道水。

1つのコップをみんなで廻して、水道水を飲んでいるのです。
コップを上に持ち上げ、器用に傾け、
コップに口をつけることなく滝のように水を口の中に流します。

私も一度挑戦してみましたが、、、、
結果が悲惨だったことは言うまでもありません。
Yuuさんからいただいた大事なティー♪
2008年4月22日(火曜日) くもり

このプロジェクト、こけるんじゃない?

そんな話が出てしまったランチタイム。

プロジェクトの基盤となる部署の人が
「なぁーんか怪しいよ、このプロジェクト。」
と、ぼそっ とつぶやきました。

私: え?だって○○さんのチームは
   プロジェクトの基盤になるところじゃないですか。

彼女:だから怪しいのよ。基盤がめちゃくちゃなのよ。
   さらに時間がないから、色々と抜けたままで走っちゃってるのよ。

私: えええ?でも抜けている箇所は
   ちゃんと補充しながら走っているんですよね?

彼女:その補充しているものが壊れているから問題なのよ。
   もうメッタメタよ。

えーと。確かクライアントは会社として既に
今回のプロジェクトについては公示を出してしまっています。
数十億円のお金がもう動いているはずです。

どーすんだ?

ってか、私の運命やいかにっ。(インド人はどーでもよい。)
最近購入したメリーゴーランド。
母のお気に入りです。
2008年4月23日(水曜日) 晴れ

電車の中で眠る人は多いです。
今日、私の前に座っていたのは小柄な50代くらいの男性。
そしてそのおじさんの両脇に座っていたのは
体格の良い40代くらいの男性2名でした。

私の前の小柄なおじさんは静かに本を読んでいました。
すると両脇の大柄な男性達が
こっくり こっくり と眠り始めました。

そして5分後。
小柄なおじさんの肩に、大柄な男性2名の頭が乗りました。

今まで結構電車に乗ってきたけれど
こんな現場に立ち会うのは初めて。

小柄なおじさんは困ったような顔をしながらも
2人を起こすこともできずにいました。

私は次の駅で降りたのですが、思わず電車が動くのを
駅のホームで見送ってしまいました。

動く電車の窓越しに。2人の男性の頭を両肩に乗せて
小柄なおじさんはどこまで行ったのかな。
フェレットショーで初めて当たった抽選会。
素敵なこおりのイラストを描いていただきました。
嬉しいねぇ。
2008年4月24日(木曜日) くもりのち雨

昨夜、いつものようにれの字が布団の中に潜り込んで来ました。
私の右手に甘えて絡みながら眠るれの字。
小さな両手が私の手に ちょこん と乗りました。

フェレットと手をつないで眠っちゃいました。

シアワセを感じながら寝た私。
好きな人と手をつないだ時よりも断然シアワセ。

私、このままでいいかも。
彼氏見つからなくてもいいかも。

思い起こせば前にお付き合いした彼氏にも
私の布団には絶対に入らせなかったなぁ。
私の布団はれの字だけのものだと思っているから。

一度だけ、彼が私の布団の上に ごろん と横になったのだけど
その後、彼が帰ってかられの字が

違うニオイがしますっ。誰ですかコレっ。

とばかりに くんくん 嗅いで、
数日布団に潜ってきてくれませんでした。

彼が布団に入ってきてくれなくても別にいいけれど
れの字が入ってきてくれないのは耐えられません。

れの字と一緒にいられればシアワセだから。
だからこのままでもいいかなぁーっと。
フードをチェックするフェレット
あたちニオイに敏感なの。
自分のニオイには無頓着だけど。
2008年4月25日(金曜日) くもり

昨日、「彼氏なんていらないかも。」と言いました。

。。。。やっぱほしいなぁ、彼氏。。。。

今日、夜ご飯をレストランで食べていました。
ちょうど時間的に混んでいたので、
入り口には待つ人たちの列ができていました。

カウンター席でゆっくりと静かにご飯を食べていたのですが
何だか他の人を待たせているのが申し訳なくて
食事が済んだ後ですぐに会計を済ませた私。

メニューを見ながら待っているのは
金曜日の夜を仲良く過ごすカップルばかり。
「どれにする?」
なんて、寄り添いながらメニューを見ている彼氏と彼女達。

いいなぁ。。。

家では犬・いたち・きつねに囲まれ
会社に行けばインド人に囲まれ。

このままじゃやっぱりダメだよなぁ。。うーん。。。
加湿器が気になるフェレット
1年のうち8割は稼動している加湿器。
これなくして夜は過ごせません。
フェレットのぬいぐるみ
2008年4月27日(日曜日) 曇り

「同棲ってどう思う?」

友達に聞かれました。
彼氏と同棲をしたくてたまらない彼女。
でも彼は難色を示しているそうなのです。

同棲かぁ。確かに便利です。

待ち合わせなんて必要ないし
メールの回数も電話の回数も減るし
会いたい時はいつでも同じ空間にその相手がいます。

でも私はこの
会いたい時に目の前にいる
って、結婚までとっておきたいと思うのです。
結婚したらイヤでも側にいるんですし。
恋人の時くらい、「会いたいなぁ」と思える時間が
たくさんあってもいいんじゃないかしらん。

「彼がね、《同棲したら新鮮味がなくなる》っていうの。
 ひどくない?」

と、かなりご立腹の彼女。

「ごめんね。。。私も彼と同じ考えかも。。」

と友達に答えたものの、彼氏ができた途端に
「これは是非とも同棲したいわっっ」
なんて鼻息荒くなっちゃったりして。
フェレットのお友達のブログも
「そろそろフェレットショーが近づき。。。」
なんて言葉が増えてきました。
私も同じです。
フェレットショーに持って行く
ぬいぐるみが仕上がりました。
ゴールデンウィークは準備で追われそうです。
2008年4月28日(月曜日) 晴れ いい陽気。

インドの人の名前って覚えにくいです。

最近私の上司になった男性。 お名前が

ラマランガラジャン

と言います。

らまらがじゃがじゃがじゃががががが。

いつも名前を呼ぶのにつかえてしまいます。
そんな私の苦悩に気づいたのか、彼が

「ワタシのことはランガと呼んでクダサイ。」

早く言ってちょうだい(怒)
お蔭でようやく仕事がスムーズに進むようになりました。
じゃんがらじゃん♪
2008年4月29日(火曜日) 祝日

電子レンジが壊れました。→

さーて、この電子レンジは一体何歳でしょう?
私は記憶が曖昧だったので母に尋ねたところ

「は・た・ち。」

とのこと。

20歳!! ぴっちぴち☆ のはずですが実はボロボロ。
よくもまぁ20年も頑張ってくれたもんです。

我が家は物持ちがとてもよく、
「大体の家電は20-30年持たせている!」
と母が胸を張ります。

人間も物持ちが良いらしく、私もまだ嫁に行けていません。
この家、物持ち良すぎやねん。
うたたねするフェレット 2008年4月30日(水曜日) 晴れ

耳慣れない外国語とは厄介なものです。
耳慣れない=耳が慣れていない
簡単に言うなれば、大変耳障りということです。

インド系の会社ですから、
当然ヒンディー語が飛び交っています。
延々とヒンディー語が聞こえてくると
はっきり言って腹立たしくなります。

びにょびにょ へらへら ぼらぼら

うるさーーーーーいっっ

「ここは日本なのよっ 日本語で喋りなさいっっ」

と叫びたくなるのですが、

「ここはインド系の会社だっ
 ヒンディー語で会話して当然だろっっ」

と返り討ちされるのは目に見えて分かっているので
ただただひたすら我慢する毎日。

やっぱ限界かも。この職場。ランチタイムはカレー臭いし。
いたち語なら耳に心地よいだろうなぁ。
よろしければどうぞ。   前のページ(3月)   次のページ(5月

いたちなあたち(HOME)