いたちなあたち(HOME) → 飼い主のつぶやき → 2012年7月
よろしければどうぞ。  前のページ(6月)   次のページ(8月
2012年7月1日(日曜日) くもりのち雨

キツネの赤ちゃんは生後7週間を超え、
ぐんぐん大きくなっています。
でもまだミルクは哺乳瓶。。。
そろそろお皿で飲ませなくてはいけません。

世界最小のキツネであるフェネックキツネ。
1週間前まで、片手にちょこんと乗っていたラムセス。
しかしその大きな前足が物語る今後の成長。
絶対に大きくなりそうなデカい前足。

ラムセスを抱っこしながら夫が言いました。

「世界最小のキツネの中で世界最大になってしまうぞ。」

うー。確かに。大きくなりそうです。

かなりのベタ慣れに育ってくれて
遊ぶのも眠るのも私のひざの上という状態。

人間が大好きで、
隣の家の工事のおじさん達の声が聞こえるだけで
シッポをぶんぶん振って喜んでいます。

大きくなってしまうかも知れませんが
ベタ慣れのままでいてくれればそれでいいです。
2012年7月2日(火曜日) くもりのち晴れ

大衆的なステーキハウスのチェーン店に行きました。
ガムのようなステーキですが
サラダバーもついて安くてお得。

「こちらのお席へどうぞ。」

店員さんに案内されて奥の席へ行く途中、
ふと手前のテーブルにいる男性2人に目が行きました。

彼らの目の前にあったもの。
それはステーキではなく離婚届2枚。

なんでここで離婚届?!

斜め後ろから見ていると
1人の男性がもう1人の男性に離婚届の書き方を
教えてあげているようでした。
もう1人の男性は、時間をかけて離婚届に記入しています。

「よし。じゃあこれは俺が持っていくから。」

そう言って、書き方を指示していた男性が
書きあがった離婚届をかばんに入れ
2人は立ち上がってレジへと向かいました。

個室間のある喫茶店ならまだしも
こんな開放的なテーブルが並ぶチェーン店舗で
一生のうちに1枚書くか書かないかの届け用紙を
書き上げてしまうなんて。

帰宅して夫に話をすると

「んで、僕たちのぶんは?」

と手を差し出してくるではありませんか。
むかっ。
それは私の台詞。離婚を要求するのは私の役目ですっ。
氷がボール型。おしゃれ。
2012年7月3日(火曜日) 曇りのち雨のちくもり

押入れを整理したら沢山のハムスター用品が出てきました。
ケージ、トイレ、ベッド、回し車、おもちゃにサークル。
これだけあればハムスターを10匹くらい飼えてしまいそう。

これは大変だわ。
こんなに用品があるのだからハムスターを飼わなくちゃ。

そういう私に夫が首を傾げました。

「考え方がおかしいやろ。
 普通はハムスターを飼いたいから用品をそろえるものや。」

いやいや。実際に用品があるんだもの。
ハムスターを飼わなくてはいけないわ。

ハムスターはとってもかわいいです。
あの顔と仕草にまた癒されたいなと思いつつ
前に飼ったマロンとの時間を考えると
同じだけの時間を今はハムスターに割いてやれないので
結局は諦めてしまうのでした。
2012年7月4日(火曜日)晴れときどき曇り

我が家で1匹自然に増えたにも関わらず
我が家以外のおうちで生まれた女の子を
家族として連れて来てしまいました。

もはや人間の数よりもキツネの数が上回っています。

顔つきがラムセスと違い『女の子』って感じです。
この女の子赤ちゃんを見ていると
ラムセスが ぶちゃいく に見えてしまい

ラムセスだなんてすごい名前が全然似合わず
むしろ
「まめすけ」とか「ぽち」
と、和名で呼びたくなってしまいます。

新しい家族の女の子キツネ。
これからよろしくね。
2匹で仲良く寝んね。
5分後。寝相の悪いラムセス。
鼻先を女の子にピッタリとくっつけています。
ラムセス、生後2ヶ月にして女の子の温もりを知る。
キツネの縦列駐車。
2012年7月5日(木曜日) くもり

立ち寄ったペットショップにヨウムが1羽いました。
ごにょごにょお話していたのですが
驚いたことに男性と女性の声色をわけていました。

「ごほっ ごほっ」
男の人の咳払い。

「こんにちは。おはよー。」
男性の低い声。

「え、マジで?」
。。。店員さんの言葉を覚えたのでしょう。

そして女性の高めの声で
「あ、そうなんだー。」

すごいです。
ヨウムをテレビのある部屋に置いておいたら
それこそ色々な言葉を覚えそう。

ヨウムがほしくなってしまいました。
夏季休暇を予定しているにも関わらず
新商品を追加してしまいました。
2012年7月9日(月曜日) 晴れ あっつい。
暑いのに熱い2人
室温33.1度にまで上がったサンルーム。なのにピッタリくっついて仲良しなフェネック2匹。
いったい何度まで室温が上がれば 「暑い!」 と言われるのか、今年の夏は試してみようと目論み中。

そんななか、私は危うくラムセスを死なせてしまうところでした。
完全に飼い主の不注意です。
2012年7月10日(火曜日) 晴れ

ラムセスは、これでもかっというくらいの元気を取り戻し
よく遊んでトイレしてぐぅぐぅ眠っています。
ほっと一安心。

気づけば庭がジャングルと化していました。
すべてかぼちゃのツルです。

私は計画を立てるのが苦手です。
思い立ったらすぐ行動。
ほしいと思ったものは迷わず購入し
やりたいと思ったことはすぐにやらなくては気がすみません。
そのくせ面倒くさがりときたもんです。

このかぼちゃが私の性格を見事に現しています。

株間も気にせずに種を撒き、ツル剪定も何もせず放置。
その結果がジャングル庭です。

調べたところ、かぼちゃの収穫・終了時期はかなり先。
ということは、あと1ヶ月以上もこの状態の庭を
毎日眺めなくてはいけないということです。

。。。ま、いっか。(←面倒くさがり)
2012年7月11日(水曜日) 晴れ 暑いんですけど。

昨日かぼちゃの話を書いたので
いい加減かぼちゃについて調べることに。

『かぼちゃは一日花である。自然界ではミツバチが
 受粉をさせて雌花が結実するが
 家庭菜園においてはそれが望めない場合があるので
 早朝に早起きして雄花を雌花に当てて受粉させること。』

なにっ。1日しか咲かないの?チャンスは1日だけ?

今朝、がんばって早起きして庭に出動。
かぼちゃのツルや葉っぱを掻き分けて雄花と雌花を確認。

受粉♪受粉♪ 受粉させなくては。

雄花を手にしようとすると、なにやら虫が花の中に。
なにぃ?
ついパッパと虫を手で払い雄花をゲット。

雌花♪雌花♪ 女の子のお花はどこかなぁ?

雌花を見つけて雄花を近づけようとすると
なにやら虫が雌花の中に。
人がせっかく早起きして受粉させてやろうとしているのに。
つい手でパッパと虫を払って雄花を雌花にぶっさしました。

受粉成功♪

次の花に進むのですが、次の花にもその次の花にも
虫がぶんぶん群がっていました。
なぜか早朝から虫と花の取り合いを始めてしまいました。

早起きしすぎて頭がうまく働いていなかったのですが
時間が経って冷静に考えると
虫が普通に受粉してくれていたのではないかという
かなり当たり前の結論に達しました。

私が受粉させた花がちゃんと結実するかどうか
この目でしっかりと確認しようと思います。
そうでないと私の苦労が報われませんもの。
あたしパピルスっていう名前なの。
2012年7月12日(木曜日)くもり一時雨一時晴れ 風強し。

午前中に総合病院に行きました。
平日の病院ってお年寄りが多いという事実を知りました。

そんななかで、同い年くらいの女性が
汗をかきながら待合室に入ってきました。
なんだか様子が変。

見るとお腹がぽっこり大きい状態。

病院のスタッフが飛び出てきて

「大丈夫ですか。何分間隔ですか。」
「歩けますか。」
「車椅子持って来ますね。」

にわかに慌しくなりました。
女性がうめき声を上げ、医師が待合室に顔を出し、

「産んじゃいましょう。」

産んじゃいましょう?

すると女性が うううう と汗をたらして泣き始めました。
い、い、痛そう。。。

車椅子に乗った女性。泣きながら廊下の向こうへ消えていきました。

静けさを取り戻した病院で、私の名前が呼ばれました。
診察室に入ると男性の先生が座っていました。

お産って痛いんですよね。

と、聞いた私に男性医師が超自信ありげに

「ええ。痛いですよー。」

なぜあなたにわかるのかしら。

と言いたい気持ちをこらるのに必死になってしまいました。
今日の妊婦さん。今頃は母親になっているのかな。
どこのどなたか存じませんが、「お疲れさまでした。」
2012年7月15日(日曜日) 晴れ 暑い。

レストランにランチを食べに行きました。
一通り食べ終わり、さてお茶でも飲もうかな。
その前にお手洗いに行きましょう。

レストランには何回か来ているのですが
お手洗いにはエアコンがついておらず
トイレ内が店内に比べて暑いことは承知の上。

ま、時代はエコ。節電ですから気になりません。

というわけで、お手洗いを目指して歩くと
ちょうど店員さんがトイレのドアの前にいました。

優しくドアを開けてくれた店員さん。
お礼を言うと、背後で店員さんの声がしました。

「中が大変おあつくなっておりますので
 お気をつけください。」

グラタンか何かですか?

店員さんに再度お礼を言って中に入りましたが
なんだかおかしかったです。
キツネの子供に何を怒っても
全く理解はしてくれません。
トイレのしつけができない動物なので
お気に入りのクッションに粗相されても
ひたすらひたすら我慢です。
2012年7月16日(月曜日) 何なのこの暑さは。

3連休です。
確かに休みです。連休です。
連休と言えば、朝はダレるのは仕方がありません。

かと言って

← これはないと思う。

9時になっても夫が起きてこないので
夫の部屋のドアを開けたら
ありえない夫の姿を目撃しました。

どうしてどうやってどう寝返りを打ったら
こんな姿勢になるのか
イマイチわからないのですが

この写真を撮ってから
静かにドアを閉めた私でありました。
夫の頭の方向には引き戸があり
そのドアを開けるとすぐにラムセスが見えます。
たぶん、朝早く起きてラムセスと会話でもして
その後にまた意識を失ったものと推測します。
2012年7月17日(火曜日) 晴れ むちゃくちゃ暑い

今週末にテレビに出るタレントキンカジューを連れて
ペット友達が夜遊びに来てくれました。
キンカジューって顔がとってもキュート♪

食べ物はバナナ等のフルーツが主。
ゆえに友達の家ではキンカジューを飼い始めてから
バナナ購入量が一気に増えたとのこと。

フルーツが主食の動物を飼うのって大変です。
果物は新鮮でないとダメですし
金額も高いし運ぶのも重たいし。
でも自分の動物のためですから仕方がありません。

「バナナダイエットがテレビで取り上げられた翌日は
 バナナが店頭から消えてしまって大変だった。」

と友達が言います。
このクソ暑いなか、このメニューは無理だと思う。

「ショッピングカートの中にバナナが入っている人を見て
 あなた達は単に痩せたいから買っているんだろうけど
 こっちは『バナナが買えるか買えないか』が死活問題に関わるんだぞ!
 って思った。」

そういえば黒酢健康法なんて特集がテレビで放映された夜に
私がいつも飲んでいる黒酢が、スーパーの棚から消えたことがあります。

ということは、「フェレット特集!」なんてテレビがあったら
フェレットの飼い主が突然増えたりするのかしら、と
くだらないことを考えてしまいました。
2012年7月18日(水曜日) くもり

とある番組で、
子供が肥満になる要素は3つあると言っていました。

『から揚げ・マヨネーズ・おばあちゃん』

から揚げとマヨネーズは別として
『おばあちゃん』が肥満の要素としてあることを
私はキツネを通じて理解しました。

今年で10歳のフジコ。

ラムセスが生まれてから様子が変。

キャベツやらエサやらおもちゃやら
口にくわえるとすぐにラムセスに持って行きます。

体力的に子供の遊びには長く付き合えないらしく
ちょっとかまってやると
「もう疲れた」と休むフジコ。

しかし食べ物やおもちゃに関しては
これ食べなさい、あれで遊びなさい
と、ラムセスを甘やかし放題です。

ラムセスをフジコだけに任せると、
とんでもなく我侭なキツネになりそうで怖いです。
おばーちゃんがあれ買ってあげるからね。
2012年7月19日(木曜日) 晴れのちスコール

私は年に数回、実家の物を整理します。
物がとても多い我が家。
下手に収納能力が抜群の家のせいか、母が不要なものまで
ご丁寧に美しく収納してしまうため
私の判断で不要と思われるものを捨てまくるのです。

汚れたカップ
意味不明の置き物
使わない犬のおもちゃ

などなど
袋に入れて捨てるのですが
捨てる曜日が決まっているため袋を自宅に持ち帰ります。

ゴミをわざわざ自分の家に持っていくのも理由があります。
そう。
ちょっと目を離すと、私が不要と判断して袋詰めしたものを
母がホームレスのようにガサゴソあさって取り出して、
元の場所に しれっ と戻してしまうのです。

家の中でホームレスが出現する我が家。
私と母との戦いは続きます。
かぼちゃのツルを剪定しました。
腰痛いよー。
2012年7月22日(日曜日) くもり 涼しい♪

「これとこれ。どれにしようかな。」
と迷うことってよくあります。
そんなとき私はどちらにも決められず
どっちも購入してしまう癖があります。

タイムセール!バーゲンセール!見切り品!在庫限り!

こんな言葉にめっぽう弱く
ペット用品に至っては、安売りをしていると
同じものでも山ほど購入してしまう癖があります。

そのため私の部屋と倉庫には
同じ物や色違いがゴロゴロ転がっています。

夫とテレビを観ていて、

あっちの素材とさっきの色合いとを合わせると
いい感じに仕上がると思うんだけどねー。

と私がつぶやくと
「ぷっ。」
と夫が嫌な笑いをしました。

何笑っているのかしら。私は違いのわかるオンナよ。

むっとしながら夫に言うと

「違いはわかるんやろうけどな。
 何が正しいかがわからへんのよな。」

むかぁー(怒)
これは前々からこの道路を使っている人を
対象にした看板でしょう。
最近こういう表現をよく見かけます。
「駐車場待ちはできなくなりました」
という看板もこの近くにあります。
なーんか変。
でも正しい?
2012年7月23日(月曜日) 晴れときどき曇り  また暑くなった。
パピルスも成長中。
暇だわー。
アンヨをかじかじ。
くんくん。
あら?
嫌だわ、あたしのアンヨがにおうわ。
2012年7月24日(火曜日) 晴れ あっちぃ。

最近、フローリングやペットシーツの上で
スライディングの楽しさを覚えてしまったラムセスとパピルス。

2匹してダダダダダーッと走ったかと思うと、
シューッとカーブをつけて滑って楽しんでいます。
ま、どうにでも楽しんでくれと思いながら、子キツネ2匹を見ています。

さてさて。
私が今年家庭菜園で力を入れていること。それは

『なーんにも手をかけないこと。』

昨年あまりに手をかけすぎて全然収穫できなかったナスとトマト。
今年は一切の手をかけず、剪定も芽かきもせずに様子を見ることに。
追肥もしない予定です。
さーて。去年と比べてどうなるかしら。

植物は手をかけすぎるとダメって言うし。
暑いなか庭に出るのも辛いし。(←この要素が大きい)
外に出ると蚊に追いかけられるし。(←これも大きい)

「単に面倒くさいだけやろ。」

という夫のぐさっと来るツッコミは無視しつつ
今年は実験的に「何もしない家庭菜園」を試みてみます。
伸び放題のナス。
2012年7月28日(土曜日) 晴れ 暑い

元気に国内逃亡中。

とはいっても近場なんですけど。

その間にも家庭菜園はぼーぼーになってしまいそうですが
今年のモットーは「手をかけない家庭菜園」ですから♪

8月1日に戻る予定です。
よろしければどうぞ。  前のページ(6月)   次のページ(8月